HOME > WHO >

佐藤=ロスベアグ・ナナ

さとう=ろすべあぐ・なな
Sato-Rossberg, Nana : English Page
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/sn01.htm

last update: 20100415

・2003.04 立命館大学大学院先端総合学術研究科博士課程入学
・2007.03 立命館大学大学院先端総合学術研究科博士課程 先端総合学術専攻修了(博士:学術)


■職歴 教歴

・2007年9月-2008年6月 北京清華大学外国語学部日本語学科契約講師(日本語文法(中級・上級)、作文、新聞講読、視聴、日本史、日本文学、日本思想の全8科目10コマ担当)
・2008年4月- 立命館大学衣笠研究機構ポストドクトラル研究員(現職)
・2008年9月- 2009年1月 University College London, Centre for Intercultural Studies客員研究員 (立命館大学ポストドクトラル研究員海外派遣制度)
・2009年5月-2009年6月 University College London, Centre for Intercultural Studies客員研究員 (国際文化交流事業財団海外派遣助成)


■業績

T. 本・雑誌

(本・共著)
1. "La Loi sur la promotion de la culture des A?nous, sur la diffusion et la mise en valeur des connaissances relatives ? leurs traditions rel?ve-t-elle d'une politique multiculturelle ?", Paul Dumouchel編, Multiculturalisme et Nationalisme en Asie (Yukiko Chiche氏による翻訳). Paris: L'Harmattan(2010年3月刊行予定).
2. 「知里幸恵と知里真志保のアイヌ神謡訳−オノマトペと踊る謡−」『異郷の死―知里幸恵とそのまわり』西成彦・崎山政毅編、人文書院(2007年8月)

(雑誌・査読あり)
3. 「翻訳者としての知里真志保―アイヌ神謡と詩」『コアエシックス』第5号、立命館大学先端総合学術研究科、201-215(2009年3月)
4. "Chiri Mashiho's Performative Translations of Aynu Oral Narratives", Japanese Studies, Journal of the Japanese Association of Australia: Routledge, 135-148(2008年9月).
5. 「知里真志保と詩人たち−(1)『ユーカラ鑑賞』の共著者小田邦雄−」『コアエシックス』第3号、立命館大学先端総合学術研究科、197-211(2007年3月). [PDF]
9. 「『地名アイヌ語小辞典』から「厚い翻訳」を考察する」『Core Ethics』第6号、立命館大学先端総合学術研究科、229-239(2010年3月).
 
(査読なし)
6. 「アイヌ文化の振興並びにアイヌの伝統等に関する知識の普及及び啓発に関する法律は多文化主義か」『言語文化研究』第17号3巻、立命館大学国際言語文化研究所、223-38(2006年2月).
7. 「「知里真志保と詩人たち」を論じるために」『平和研究』第6号、立命館大学国際平和ミュージアム、85-97(2005年3月).
8. 「知里真志保の日本語訳におけるオノマトペに関する試論」『言語文化研究』第16号13巻、立命館大学国際言語文化研究所、113-25(2005年3月).


U. 研究ノート、研究報告

1. 「知里真志保のフィールドノート−1942年の夏」『コアエシックス』第1号、立命館大学先端総合学術研究科、83-94 (2005年3月).


V. 学会議事録

1.「知里真志保のアイヌ神謡訳にみる思想−折口信夫『国文文学の発生』との接点」、社会思想史学会第31回会大会議事録、41-6(2006年10月).
2."Multiculturalism and Colonialism, Three Examples from Japan's Past and Present: The Case of the Aynu Indigenous People"、Hawaii International Conference on Arts and Humanities第3回大会議事録、1625-31(2006年1月).


■学会報告

T. 国内学会

1. 「知里真志保のアイヌ神謡訳にみる思想−折口信夫『国文学の発生』との接点」、社会思想史学会第31回大会:東京(2006年10月).


U. 国際学会

1. "A Voice of Ainu Woman Translator". オーストラリア日本学会第16回大会:シドニー(2009年7月採択済み). (英語)
2. "A Dictionary of Place-Names as an Early Case of Thick Translation". Asian Translation Tradition第3回大会:イスタンブール(2008年10月). (英語)
3. "A Dictionary of Place-Names as an Early Case of Thick Translation". Canadian Association for Translation Studies第21回大会:ヴァンクーバー(2008年5月). (英語)
4. "Translating What Original? - Translations of Aynu Myth by Chiri Mashiho and Chiri Yukie". オーストラリア日本学会第15回大会:キャンベラ(2007年7月). (英語)
5. "The translation of 'The Prose of Karafuto-Aynu' by Chiri Mashiho". the International Association for Translation and Intercultural Studies第2回大会:ケープタウン(2006年7月). (英語)
6. "Multiculturalism and Colonialism, Three examples from Japan's Past and Present: The Case of Aynu/ Indigenous people". Hawaii International Conference on Arts and Humanities第4回大会:ホノルル(2006年1月). (英語)
7. "The Performative Writing of Mashiho Chiri - The Translation of Aynu-Chanted Myths". オーストラリア日本学会第14回大会:アデレード(2005年7月). (英語)
8. "Performing with Onomatopoeia - The Creative Writings of a 'Native Anthropologist' ". Hawaii International Conference on Arts and Humanities第3回大会:ホノルル(2005年1月). (英語)


V.シンポジウム講演他

1. 「知里幸恵と知里真志保について」シンポジウム『帝國の孤児たち』、国際言語文化研究所:京都(2006年6月).
2. 「知里真志保の日本語訳におけるオノマトペに関する試論」、シンポジウム『先住民という言葉に内実を与えるために』、立命館大学国際言語文化研究所:京都(2004年5月).
3. 「同化政策と主体変化の考察-−1920−40年代のアイヌを中心に」.国際シンポジウム『アジアにおける多文化主義とナショナリズム』、立命館大学国際言語文化研究所:京都(2005年2月).


■他

1. 展示解説 「アイヌ民族150年の歴史」、 『知里幸恵―銀のしずくふるふる』、立命館大学国際平和ミュージアム:京都(2004年5月―6月)




UP:July 28, 2008 REV:20080828, 20090524, 30, 20100409
Sato-Rossberg, Nana (English)  ◇WHO(Japanese) ◇WHO(English)

TOP HOME (http://www.arsvi.com)