HOME > WHO >

渋谷 望

しぶや・のぞむ


このHP経由で購入すると寄付されます

・社会学
・千葉大学

◆20031025 『魂の労働――ネオリベラリズムの権力論』,青土社,293p. ISBN:4-7917-6068-9 2310 [kinokuniya][bk1] ※
□内容説明[bk1]
資本が最優先され、個人が弱体化するこの競争社会をいかにして生き抜くか。管理社会、介護など、現代思想の最重要キーワードを軸に、消費社会の権力ゲームがはらむ矛盾を抉り出し、まったく新しい労働論を打ち立てる試み。
□著者紹介[bk1]
1966年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科後期博士課程単位取得退学。千葉大学文学部助教授。専攻は社会学。著書に「音の力」「エイジングと公共性」など。

 ◇紹介:http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db2000/0310sn.htm

◆20030815 「排除空間の生政治――親密圏の危機の政治化のために」
 齋藤 編[2003:107-129]*
*齋藤 純一 編 20030815 『親密圏のポリティクス』,ナカニシヤ出版,268p ISBN:4-88848-725-1 2730 [kinokuniya][bk1] ※

◆渋谷 望・空閑 厚樹 編 20021107 『エイジングと公共性』,コロナ社,217p. ISBN:4-339-07836-0 1890 [kinokuniya] ※
 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db2000/0211sn.htm


UP:20040822 REV:20050101
社会学(者)  ◇WHO

TOP HOME (http://www.arsvi.com)