>HOME >WHO
霜田 求
しもだ・もとむ
http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/eth/shimoda.htm

last update: 20130928


■編書

◆霜田 求・樫則 章・奈良 雅俊・朝倉 輝一・佐藤 労・黒瀬 勉 20070827 『医療と生命』,ナカニシヤ出版,シリーズ「人間論の21世紀的課題」3 176p. 1995 ISBN-10:4779501857 ISBN-13: 978-4779501852   [amazon] ※ b be

■論文

◆200611 「尊厳死と安楽死――問題点の整理」,『麻酔』第55巻増刊号:84-92 http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/eth/mspaper/paper24c.pdf

◆200103 「実践的問いの文脈性と手続き性――正当化を軸とする倫理学的思考の可能性」,『倫理学研究』31:120-126(関西倫理学会) http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/eth/mspaper/mspaper08.htm
◆200103 「生命操作をめぐる倫理問題――社会的文脈に定位する視角から」,『コミュニケーション理論を軸とした実践哲学の可能性についての研究』平成11〜12年度科学研究費補助金・基盤研究(C)(2)研究成果報告書・研究代表者:霜田求 pp.45-59
 http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/eth/mspaper/mspaper09.htm

◆20000325 「生命と死をめぐる実践的討議――障害新生児の安楽死問題を手がかりにして」,川本・高橋編[2000:53-75] http://ponto.cs.kyoto-wu.ac.jp/~shimoda/b3.pdf [PDF]
*川本 隆史・高橋 久一郎 20000325 『応用倫理学の転換――二正面作戦のためのガイドライン』,ナカニシヤ出版,274p. ISBN:44888485534 ISBN-13:978-4888485531 2415 [amazon][kinokuniya] ※
◆200003 「実践的討議の道徳性――ハーバーマスとアレクシーを手がかりにして」,『熊本学園大学経済学部開設三十周年記念論文集』熊本学園大学経済学部編 449-473頁 http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/eth/mspaper/mspaper05.htm cf.ハーバーマス
◆200003 「コミュニケーションと道徳・倫理・政治――公共的自律の可能性」,入江幸男・霜田求編『コミュニケーション理論の射程』,ナカニシヤ出版,pp.31-55 http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/eth/mspaper/mspaper03.htm
◆200006 「法−道徳関係と正義のエートス――G・ラートブルフの法哲学における重心移動をめぐって」,『社会変動とエートスの関係』平成9〜11年度文部省科学研究費補助金・基盤研究(C)(2)研究成果報告書・研究代表者:神野慧一郎 74-91頁 2000年6月) http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/eth/mspaper/mspaper06.htm
◆200010 「討議理論における法と道徳――妥当概念を軸にして」,『西日本哲学会年報』8:71-84(西日本哲学会) http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/eth/mspaper/mspaper07.htm

◆199803 「環境倫理学におけるパトスと知――共苦・責任・公正」,『感情の解釈学的研究』平成9年度科学研究費補助金・基盤研究(B)(2)研究成果報告書・研究代表者:山形頼洋 http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/eth/mspaper/mspaper04.htm cf.環境倫理学 Environmental Ethics

◆199704 「死をめぐる問い」,石崎嘉彦・山内廣隆編『人間論の21世紀的課題――応用倫理学の試練』,ナカニシヤ出版,pp.197-214 http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/eth/mspaper/mspaper01.htm [リンク切れ]


UP:20080806 REV:20080817, 20130928
生命倫理学  ◇WHO 

TOP HOME(http://www.arsvi.com)