>HOME >WHO
Silvers, Anita
アニタ・シルヴァース


このHP経由で購入すると寄付されます

◆ 動画を見てみる(含略歴)
http://ethics.sandiego.edu/video/CSULB/Genome/4_silvers.html
(2001年4月に行われた、ゲノム計画に関する会議で発表するSilvers. 題目は、「<予測的な遺伝子検査>[*]と差別」)
[* その人の身体の不調の原因を診断するために行われる遺伝子検査ではなく、将来どのようなことがその人に起こるかを調べるために行われる遺伝子検査]

◆ もう一つの略歴[2002年9月]
http://philosophy.la.psu.edu/ethics/anita_silvers_bio.htm

 [以下、上記二つの略歴を組み合わせた抄訳]
  カリフォルニア州立大学教授(哲学)。これまでに七冊の本を出版。また、倫理学・生命倫理学・医療倫理学、正義、社会哲学、美学、法学、フェミニズム、障碍学に関する、百本以上の論文・単行本の一部分を執筆。2002には、Eva Kittay[フェミニズム理論の理論家]とともに、「正義、平等、そして障碍という挑戦」という、NEH[National Endowment for the Humanities: 国立人文学基金] 夏季セミナーを開く。 The California Faculty Association[カリフォルニア教員組合]は、彼女が、障碍を持つ人々にとって高等教育をより近づきやすいものにしたことを称え、平等権利賞を授与した。  彼女は現在、医療の配分における・また保険制度における予測的な遺伝子検査の役割を分析する、二つの国家計画にたずさわっている。


☆ 主要共著

1998a (with David Wasserman and Mary B. Mahowald), Disability, Difference, Discrimination : Perspectives on Justice in Bioethics and Public Policy , (afterword by Lawrence C. Becker), (Point/counterpoint), Rowman & Littlefield.
・目次を見てみる
http://www.rowmanlittlefield.com/Catalog/TOC.shtml?command=Search&db=^DB/CATALOG.db&eqSKUdata=0847692221


☆ 主要編書

2002 (with Rosamond Rhodes and Margaret Battin), Medicine and Social Justice , Oxford University Press.
・目次を見てみる
http://www.oup-usa.org/toc/tc_019514354X.html

2000 (with Leslie Pickering Francis), Americans with Disabilities: Exploring Implications of the Law for Individuals and Institutions, Routledge,432p. ISBN-10: 0415923689 ISBN-13: 978-0415923682 [amazon]※ ds


1998b (with Margaret P. Battin and Rosamond Rhodes), Physician assisted suicide : expanding the debate, (Reflective bioethics), Routledge.
・内容を見てみる
amazon


*作成:
UP:20030218 REV:1230
WHO  ◇遺伝子…  ◇ADA(障害をもつアメリカ人法)  ◇医療経済(学)  ◇障害者団体・組織  ◇障害学(Disability Studies)

TOP HOME(http://www.arsvi.com)