HOME > WHO >

渋谷 敦司

しぶや・あつし


 社会学
 茨城大学

◆198506 「マルクス主義フェミニズム理論の展開――Lise Vogel著 Marxism and the Oppression of Womenの紹介と検討を中心に」
 『立命館産業社会論集』44:169-186
◆19850625 「「現代婦人論入門」伊藤セツ著,「私の女性論」竹中恵美子著」
 『旬刊賃金と社会保障』916:050-053
◆19860210 「アメリカ女性学瞥見――大学キャンパスにおけるフェミニズムの実践」
(海外婦人研究動向)
 『賃金と社会保障』0931:039-040 ※COPY
◆19880125 「アメリカフェミニズム理論と女性運動の現局面」
(婦人労働問題研究−13−)」
 『賃金と社会保障』0978:027-035
◆19880125 「アメリカフェミニズム理論と女性運動の現局面」
 『賃金と社会保障』0978:027-035 ※COPY
◆19900625 「在宅福祉ボランティア活動と女性労働問題」
 『賃金と社会保障』1036:024-032
 (特集:婦人労働問題研究18――家族・家庭政策と女性の自立)

 ※は生存学資料室にあり


社会学(者)  ◇家族  ◇WHO

TOP HOME (http://www.arsvi.com)