>HOME >WHO
折笠 美昭
おりがさ・よしあき



東京新聞記者

1981年 発症
1982年 

■折笠 智津子 19861220 『妻のぬくもり 蘭の紅』
 主婦の友社,226p.,1200 ※

pp.10-13

「 おしぼりを持って、すぐに部屋に戻ってみますと、声をかけても返事がありません。顔が真っ青です。白目を出して、咽喉から奇妙な音が洩れています。「呼吸が出来ないのだ」と思いました。
 アキは次第に胸の筋肉を侵され、いつか呼吸困難になることを予測しておりましたから、その時に備えて彼は、長男冬航と人工呼吸の練習をしていました。
 咄嗟に、そのことを思い出し、「お兄ちゃん、起きて!パパがおかしいのよ」。
 冬航が口移しの人工呼吸を続け、その間に119番し、さらにアキと私の両方の肉親に電話をして急を知らせました。救急車を迎えるため美帆を外に出しましたが、アキは意識が戻る様子もなく、「おかしいなあ、お腹にばかり空気が入っちゃうんだ」と冬航。
 正視していられないほど、苦しそうなアキ。ああ、もう駄目なのかしら、と思いました。

      *

 アキに、この死の病≠ェ現れはじめたのは、五十六年春頃のことです。指の震えにはじまり、やがて親指から次第に力を失い、腕がだるく、重くなってゆきました。
 夏には、よく「肩がこる」と訴えるようになり、細いボールペンで字を書くことが困難(p.11)になってきました。小石なども遠くへ投げることが出来ず、「おかしいなあ」と首を傾げておりました。
 冬になる頃には、庭木の鋏も使えず、車のハンドルも回しきれなくなりました。ある日、電車の吊り革を掴もうとして、そこまで腕が上がらず、とてもショックを受けた様子でした。暮れには、食事のときお箸が使いづらそうで、私が渡したお茶碗を取り落としたりしました。
 五十七年のお正月休みに、ある大学病院に行きましたが、四十肩・五十肩という診断でした。
 でも、悪くなるばかりで、首も回らないほどになりました。やはりおかしいと、五月、北里大学病院に精密検査のため入院したところ、「筋萎縮性側索硬化症」とのことでした。
 家庭医学の本によると、この病気は筋肉を動かす神経系統が侵され、指、腕の脱力、さらに足に及んで歩行も不能になり末期には舌の萎縮、嚥下(飲み下し)困難などを起こし、多くは発病後数年以内に死亡――と説明されていました。
 「早ければ一年ほどで……」という先生のお話。このことは、私たち家族と会社が知ってからも、アキには告げずにおりました。
 次第に不自由になる体をおして通勤を続けましたが、秋には息苦しく歩行も困難となって休職、家で床に就きました。(p.12)
 年が明けてからは、食事もほとんどとることが出来ず、話をするもの苦しそうです。「春になれば楽になるかなあ」と本人が申しておりますうちに、この二月十三日の出来事となったのでした。
        *
 到着した救急車の人は、一目見て切迫した容態とわかったようで、「北里へお願いします」という私の頼みに、「とても北里までは無理です。もちませんよ!」。酸素吸入をほどこしながら、途中の休日診療所で紹介状を受け取り、至近の昭和大学病院へ急行しました。
 そこで二時間ほど救急処置を受けました。酸素を送り込む呼吸器が口に取り付けられ、点滴などもして、ようやく血圧も50から60、70まで上がり、「何とか動かせそうです」。
 二人の医師が付き添って下さって、相模原市の北里大学病院に転送、ICU(集中治療室)に入りました。」

◆p.170
「 危篤状態で緊急入院したアキは、「何とも言えません。ここ一両日がヤマです」という先生のお話でしたが、手術可能なまで意識も体力も取り戻し、入院六日目、気管切開して、口から差し込んでいた人工呼吸器の管を、直接咽喉に取り付けました。」

■折笠 美秋 1989 『死出の衣は』,富士見書房 [4]



「 ×月×日 朝寒。午後日射し強し。田崎義昭部長教授本院より立ち寄ってくれる。「顔色も良いですね」。五年前ALSとの診断を受けた教授。病気の真相は私本人には匿され、妻だけが苦悩し続けたあの時期――。」(p.56)



「 ここ旬日、泥沼を這うようなパニック状態が続き、日記も体裁をなさぬものとなった。実は、先日末、「(お腹の)薬の種類や量を変えてみます」との事で、新しい薬の服用が始まったが、強烈な副作用が現れた。その一つは全身の倦怠感。身の置きどころ無い強いだるさの一方、とても頭が重く、目も開かず、顔の筋肉が動かないので会話も出来なくなってしまった。

 困った事に、物を飲み下せなくなった。小さな固形物は勿論、液体までが鼻や目から噴き出す有様で、胃液も口へ上って来る始末だった。栄養が摂れないので、たちまち体(p.214)重がガタッと落ちたが、「心配いりません」と言われた。

 薬の中止をお願いしたが、なんとか別の薬に替えてもらうには日数がかかった。飲み下しの方はやや改善され、流動食だけは摂れるようになったが、今度は排尿困難となり、管を入れ導尿してもらわねばならなくなった。そのため。薬の量を減らしてもらえたが、昼夜も判らない心身の混沌と引き込まれるような睡魔などは解消されていない。再び薬の中止か取り替えをお願いしているのだが・・・・・・。

 こうした状態に居ると、一番注意しなくてはいけないのは、暗く厭世的な気分に陥る事。「こんな有様で、文章も言葉も伝えられないならば、生きている甲斐が無い」。更には、私もとうとう「早く死なせて欲しい」と訴えてしまった。どれほど妻や子を裏切り失望させる言葉だったことか。「早く死なせて欲しい。だけど、誰も死なせてくれる事は出来ないんだよね。生きるしかないんだ。負けないで生きるよ」――。」(pp.214-215)


 「玉川さんの場合、私とは逆に、目が開かなくなってからも手の動きが比較的最後まで残ったので、指の動きで五十音を示すなど、コミュニケーションには様々な工夫が凝らされるが、遂に体中のどんな所もピクとも動かなくなり、意志伝達の手段は全く失われる。然し、脳や知能は正常に働き、外部からの全てを理解し、あちらからも懸命に語りかけ(p.216)ているに違いないと、奥さんは熱心に”会話”し続ける――。
 この病気では、呼吸器の管が外れて窒息死してしまう事故が多いと、この本にも書かれており、玉川さんも、看護婦が抜管に気付かず、それで亡くなってしまう。嘆き切れない死。
 現に、抜管の危険性は日常の事で、痰を喉から吸引するなどのために、呼吸器を外し、いったん仮留めしたまま、しっかり留め直す事を忘れてしまうケースが少なくない。外れ易いので、その都度、目と口を使って「きつく留めて」となんとか合図を伝え、留め直してもらっているが、やがて目も口も動かなくなり、「外れそうだ」と判っていながら、注意を喚起する手段の無い日が来よう。当然その時は、たとえ外れても、これまでのようにナースコールを吹いて知らせる力は失せていようし……。」(pp.216-217)*
 *玉川よ志子『終わりに言葉なきことがあり』(未見)


 
>TOP

■立岩『ALS――不動の身体と息する機械』における言及

 [8]一九八二年・「「早ければ一年ほどで……」という先生のお話」(北里大学病院で、妻に。折笠[1986:12])
 [22]一九八二年・「筋肉を動かす神経系統が侵され、指、腕の脱力、さらに足に及んで歩行も不能になり末期には舌の萎縮、嚥下(飲み下し)困難などを起こし、多くは発病後数年以内に死亡――と説明されていました。」(「家庭医学の本」、折笠[1986:12])
 [65]一九八二年・「お正月休みに、ある大学病院に行きましたが、四十肩・五十肩という診断でした。/でも、悪くなるばかりで、首も回らないほどになりました。やはりおかしいと、五月、北里大学病院に精密検査のため入院したところ、「筋萎縮性側索硬化症」とのことでした。」(折笠[1986:12])一九八一年に発症、妻が告げられ医学書[22]を読み、医師の説明を聞く。北里大学病院に入院した本人の書に折笠[1989]。
 [168]折笠智津子による夫・美昭[65]の一九八二年の入院の前後についての記述。「おしぼりを持って、すぐに部屋に戻ってみますと、声をかけても返事がありません。顔が真っ青です。白目を出して、咽喉から奇妙な音が洩れています。「呼吸が出来ないのだ」と思いました。/アキは次第に胸の筋肉を侵され、いつか呼吸困難になることを予測しておりましたから、その時に備えて彼は、長男冬航と人工呼吸の練習をしていました。/咄嗟に、そのことを思い出し、「お兄ちゃん、起きて!パパがおかしいのよ」。/冬航が口移しの人工呼吸を続け、その間に一一九番し[…]/到着した救急車の人は、一目見て切迫した容態とわかったようで、「北里へお願いします」という私の頼みに、「とても北里までは無理です。もちませんよ!」。酸素吸入をほどこしながら、途中の休日診療所で紹介状を受け取り、至近の昭和大学病院へ急行しました。/そこで二時間ほど救急処置を受けました。酸素を送り込む呼吸器が口に取り付けられ、点滴などもして[…]相模原市の北里大学病院に転送、ICU(集中治療室)に入りました。」(折笠[1986:10-13])「危篤状態で緊急入院したアキは、「何とも言えません。ここ一両日がヤマです」という先生のお話でしたが、手術可能なまで意識も体力も取り戻し、入院六日目、気管切開して、口から差し込んでいた人工呼吸器の管を、直接咽喉に取り付けました。」(折笠[1986:170])
 [270]折笠美秋[168]が玉川よ志子『終わりに言葉なきことがあり』(未見)に言及しながら。「この病気では、呼吸器の管が外れて窒息死してしまう事故が多いと、この本にも書かれており、玉川さんも、看護婦が抜管に気付かず、それで亡くなってしまう。嘆き切れない死。/現に、抜管の危険性は日常の事で、痰を喉から吸引するなどのために、呼吸器を外し、いったん仮留めしたまま、しっかり留め直す事を忘れてしまうケースが少なくない。外れ易いので、その都度、目と口を使って「きつく留めて」となんとか合図を伝え、留め直してもらっているが、やがて目も口も動かなくなり、「外れそうだ」と判っていながら、注意を喚起する手段の無い日が来よう。当然その時は、たとえ外れても、これまでのようにナースコールを吹いて知らせる力は失せていようし……。」(折笠[1989:216-217])


※おことわり
・このページは、公開されている情報に基づいて作成された、人・組織「について」のページです。その人や組織が作成しているページではありません。
・このページは、文部省科学研究費補助金を受けている研究(基盤(C)・課題番号12610172)のための資料の一部でもあります。
・作成:立岩 真也
・… REV:20020717, 0727, 1015, 20030409, 12, 0714, 20101002
ALS 

TOP HOME(http://www.arsvi.com)