HOME > WHO >

小笠原 信之

おがさわら・のぶゆき
http://www.meijigakuin.ac.jp/~inaba/


このHPを経由して[boople][amazon][bk1]で購入していただけると感謝。

・ジャーナリスト

■記事

◆小笠原 信之 20060901 「再燃する延命治療中止の法制化――お寒い終末期医療の現状を放置して」
 『からだの科学』250(2006-9):2-12(日本評論社)\1600
 http://www.nippyo.co.jp/maga_karada/index.htm
 議員連盟のヒアリングで/法制化への疑問も/尊厳死協会がリード/死ぬ権利が死ぬ義務へ
 安楽死と尊厳死/不確定さを度外視した二者択一/「自己決定」の背景
 緩和ケアが行き渡らないのに

■著書

◆小笠原 信之 20031120 『許されるのか?安楽死――安楽死・尊厳死・慈悲殺』,緑風出版,260p. ASIN: 4846103137 1890 [kinokuniya][amazon] ※, d et

■訳書

◆Hendin, Herbert 1997 Seduced by Death: Doctors, Patients, and Assisted Suicide、Georges Borchardt, Inc.=20000330 大沼安史・小笠原信之訳、『操られる死――<安楽死>がもたらすもの』、時事通信社、323p. ASIN: 4788799367 2800 [kinokuniya][amazon] ※

cf. ◇立岩 真也 2001/04/25 「死の決定について・1」(医療と社会ブックガイド・4)
『看護教育』42-4(2001-4):302-303(医学書院)




UP:20060728 REV:
WHO

TOP HOME (http://www.arsvi.com)