>HOME >WHO
小幡 光子
おばた・みつこ
Obata, Mitsuko : English Page
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/om04.htm


立命館大学大学院先端総合学術研究科

■ 研究テーマ
 「急性期医療の場における人間の尊厳にかかわるケアの探究−ICU看護師の経験から−」(仮)

■ 学歴
1974年3月 法政大学法学部法律学科卒業
1981年3月 川崎市立高等看護学院卒業
1989年3月 琉球大学大学院保健学研究科(保健学専攻)修士課程修了
2006年4月 立命館大学大学院先端総合学術研究科博士課程3年次編入

■ 職歴
1974年−1978年 日本鋼管鶴見造船所(造船資材室)
1981年−1987年 大分医科大学医学部付属病院(看護師 )
1989年−1990年  同上(副看護師長)
1990年−1994年 東京医科歯科大学医学部付属病院(副看護師長)
1994年−2008年 大分大学医学部看護学科 基礎看護学講座
2008年4月−現在 三重大学医学部看護学科 成人看護学・クリティカルケア看護

■ 所属している学会
日本看護科学学会(評議員)
日本集中治療医学会
日本生命倫理学会
日本看護研究学会(評議員)
日本難病看護学会
日本保健医療社会学会
日本クリティカルケア看護学会

■ 研究業績 (研究テーマ関連)

◆ 著作・論文など(単・共著とも)
◇ 2005「呼吸・循環機能と障害―循環機能障害とその成り立ち」1−4章 58〜61, 89〜91, 92〜98,ナーシング・グラフィカI,健康の回復と看護−呼吸・循環機能障害,深谷智恵子他編.  
◇ 2003「音楽療法に内在するケアの探求」第33回日本看護学会−看護総合−論文集,
37〜39.(岩本睦恵,小幡光子)
◇ 2002「患者の尊厳を支える援助」TACSシリーズ,成人看護学−急性期,
井上智子 他編, 建帛社
◇ 1998 「心筋梗塞(回復期)患者の看護の展開」クリニカルスタディ, 19(6号),臨時増刊号24-29, 医学書院.
◇ 1998 「クリティカルケアとしてのリハビリテーション看護」看護技術, 44(10), 臨時増刊号,12-17,医学書院.
◇ 1997「人間にとっての循環の意味, 看護上の問題とその抽出プロセス」臨床看護学セミナー, 機能障害をもつ人の看護 (全10巻) 「循環機能障害をもつ人の看護」 (第3巻), 1-43,146-165, 小幡光子 他編, メヂカルフレンド社.
◇ 1997「『抑制』 に対するナースの意識と私の提案」エキスパートナース, 13(2),24-27,小学館.
◇ 1995 「外科的な治療を必要とした患者の事例」標準看護学講座.成人看護学各論,循環器系, 169-190,山崎慶子 他編, 金原出版.
◇ 1992「抑制」ナーシング・トゥディ,7(1),52-55,日本看護協会出版会.

◆ 学会発表
◇2009/07/19 「看護師はいま――医療・看護をめぐる現状報告」
 2009年度第2回ケア研究会 於:立命館大学衣笠キャンパス創思館414

◇ 2006「A Comparison of Nursing Services in Japan and China」
第3回延邊科学技術大学国際学術集会. (王氷霜,小幡光子)

◇ 2004
・「看護学生の独居ALS在宅療養者訪問活動の報告 第1報;クライエントを中心に」第9回日本難病看護学会.
・「看護学生の独居ALS在宅療養者訪問活動の報告 第2報;学生の成長」第9回日本難病看護学会.
・「看護学生の独居ALS在宅療養者訪問活動の報告 第3報;教員の教育的配慮」第9回日本難病看護学会.(荒川満枝,岩本睦恵,上原みなこ,小幡光子)

◆ その他
◇ 2005「医療背景の変化に伴う術後譫妄の発生状況と予防的看護介入の検討」文部科学省科学研究費補助金(基盤研究C2)研究成果報告書
◇ 2001「 臨床の場における抑制(身体的拘束)に対する看護者の倫理的判断と対処行動−ICUでの抑制の実態と看護者の判断・行動に関する調査研究−」文部科学省科学研究費補助金(基盤研究C2)研究成果報告
◇ 1997「 『人の死』をどのように考えるか」
「学生教育・社会教育における「死生学(サナトロ ジー)」の担う役割について−その将来的展望と基礎・学際的研究の試みから−」平成8年度 川崎医療福祉大学プロジェクト研究(研究代表者:近藤功行)研究成果報告書.


■その他
◇プロジェクト
グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点院生プロジェクト
「ケア研究会」 研究メンバー 2008年度

■作成しているファイル

看護


UP:20071121 REV:20081105, 1210, 15, 20090508, 0728
Obata, Mitsuko (English)  ◇WHO 

HOME(http://www.arsvi.com)