>HOME >WHO

大林道子

おおばやし・みちこ


last update:20100825

女性問題研究者
・略歴
1959年,東京女子大学文学部社会学科卒
出版社勤務を経て,1976〜79年,米国カリフォルニア州立大学サクラメント校で女性学・社会学を学ぶ(社会学修士)。1990〜95年,東京大学医学部母子保健学教室にして研究生として妊産婦死亡について研究
現在,東京女子大学現代文化学部大学院非常勤講師
(『出産と助産婦の展望――男性助産婦問題への提言』著者紹介より)


■著書

◆19890420 『助産婦の戦後』 ,勁草書房,医療・福祉シリーズ30,330+5p. ISBN: 4326798637 2580→3570 [amazon][kinokuniya] ※/三鷹498
◆19940820 『お産−女と男と――羞恥心の視点から』 勁草書房,医療・福祉シリーズ58,351p. ISBN:4-326-79891-2 3090 [amazon][kinokuniya][kinokuniya][bk1] ※
◆20010405 『出産と助産婦の展望――男性助産婦問題への提言』
 メディカ出版,102p. ISBN:4-8404-0232-9 1050 (目次↓) [amazon][kinokuniya][bk1] ※

■論文

◆1982 「カリフォルニア州の無責任離婚法と成立の一背景」
 『日本婦人問題懇話会会報』36
◆198607「国民優生法に瀬木氏は関係せず」
 『助産婦雑誌』40-7
◆198608「瀬木氏と妊産婦手帳」
 『助産婦雑誌』40-8
◆198609「ドイツでの体験を妊産婦行政にいかした瀬木氏」
 『助産婦雑誌』40-9
◆198612「マチソンの助産婦再教育講習」
 『助産婦雑誌』40-12
◆198701「マチソン氏の構想による「母親学級」」
 『助産婦雑誌』41-1
◆198702「マチソン氏の助産婦教育の評価」
 『助産婦雑誌』41-2
◆1987 「産児調節運動と優生思想」
 『日本婦人問題懇話会会報』46:002-010 ※COPY
 (特集:産む選択と生殖技術)


REV:....20040821,27
助産/助産婦  ◇出産・出生とその前後  ◇WHO 
TOP HOME (http://www.arsvi.com