HOME > WHO >

太田 啓子

おおた・けいこ

Tweet
last update: 20151224

・立命館大学 衣笠総合研究機構 客員研究員


■専門

・障害者福祉
障害学


■研究テーマ

・就労支援におけるジレンマ問題
・インクルーシブデザインにおける障害のある人の仕事の可能性


■研究業績

【分担執筆】
◇太田 啓子 2011/04/28 「職業訓練における指導員のジレンマ」 横須賀 俊司・松岡 克尚編 『障害者ソーシャルワークへのアプローチ』 明石書店 ISBN-10:4750333859 ISBN-13:9784750333854 [amazon][kinokuniya]

【論文】

◇太田 啓子 2007 「『軽度』身体障害者のライフサイクルにおける困難な場面への対処プロセス――対処方法と障害に関する意識の変容」『生活科学研究誌』6,pp.225-234.
◇太田 啓子 2007 「『軽度』身体障害者のライフサイクルにおける障害観の変容――他者との関係性に焦点をあてて」『障害学研究』3, pp.90-116.
◇太田 啓子 2007 「インクルーシブデザイン・ワークショップにおけるユーザー役割と課題――デザインプロセスへの参加実践から」『児童・家族相談所紀要』24,pp.29-41.
◇太田 啓子 2008 「社会参加における『軽度』身体障害者の特性に関する研究――人生を送る中で『獲得したもの』に焦点をあてて」『社会福祉学』49(3),pp.29-40.
◇太田 啓子 2008 「『軽度』身体障害者の障害観に及ぼす時代背景の影響――世代間比較を通して」『生活科学研究誌』7,pp.207-217.
◇太田 啓子 2008 「障害のある人の『学び』に関する一考察――インクルーシブデザイン・ワークショップ後のユーザーインタビューから」『日本ボランティア学会』2008年度,pp.100-115.
◇太田 啓子 2009 「「軽度」身体障害者の生活障害にみる障害観の変容に関する研究――資格取得者を中心とした肢体不自由者へのライフストーリー・インタビューを通して」(大阪市立大学博士論文)
◇太田 啓子 2012 「発達障害者の就労支援からみた共生社会に関する一考察――X就労移行支援事業所でのフィールドワークをもとにして」『教育と文化』66,pp.88-97.


【報告書】

◇財団法人たんぽぽの家 2009 『インクルーシブデザインワークショップ――障害のある人とともに学ぶユーザーリテラシー』インクルーシブデザインにおけるユーザー教育プログラムの開発のための調査研究,三菱財団助成事業. ※4・5章執筆
◇財団法人たんぽぽの家 2010 インクルーシブデザインの手法によるユーザー参加型の仕組みづくりに関する調査研究,厚生労働省自立支援調査研究事業. ※ユーザーに関する章、コラムを執筆
◇太田 啓子 2010 「進行性難病者の社会参加における折り合いのつけかた――2人の当事者の重度化プロセスに焦点をあてて」,主任研究者 鳥海直美「社会福祉実践における意思決定過程に関する実証的研究――葛藤経験の現象学的分析」(平成19年度〜平成21年度,科研研究 基盤B)
◇太田 啓子 2014  「発達障害者の就労支援における指導員のジレンマ状況と価値規範に関する研究」主任研究者 鳥海直美「ジレンマ状況におけるソーシャルワーク実践の価値生成に関する実証的研究」第3章,pp56-71(平成22年度〜平成25年度,科研研究 基盤B)
◇一般財団法人たんぽぽの家 2015 厚生労働省 障害者芸術活動支援事業 報告書  ※奈良県内の障害者芸術活動の現状調査部分を担当、報告書執筆  http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/sanka/bunka.html


【学会等報告】

◇太田 啓子 2006 「「常時介助を必要としない障害者」にとっての社会参加上の障壁と戦略」,第3回障害学会,於:長野大学
◇太田 啓子 2007 「日本における障害者雇用の現状と課題――就労支援現場での問題意識から」,2007年度日本ボランティア学会報告要旨集,pp.47於:大阪市立大学
◇太田 啓子・堀 智晴 2007 「困難な場面への対処方法からみた「軽度」身体障害者の「生きる術」――対処のプロセスと背景要因」,日本社会福祉学会第55回全国大会報告要旨集,pp.213,於:大阪市立大学
◇太田 啓子 2008 「「軽度」身体障害者の障害観に及ぼす時代背景の影響――世代間比較を通して」,日本社会福祉学会第56回全国大会要旨集,pp.268,於:岡山県立大学
◇太田 啓子 2009 「「軽度」身体障害者のライフストーリー・インタビューからみる障害観の変容と支援の可能性」,障害学研究会 関西部会,於:茨木
◇太田 啓子 2009 「インクルーシブデザインにおける障害のある人の仕事の可能性」, 第6回障害学会 ポスター発表,於:立命館大学
◇太田 啓子・梁 陽日 2010 「発達障害者を対象とした就労支援の現状と課題――就労移行支援事業所における実践を踏まえて」,日本社会福祉学会第58回全国大会,於:日本福祉大学
梁 陽日・太田 啓子 2010 「障害者のエンパワメントを目的としたグループワークの考察――職業リハビリテーションセンター、就労移行支援事業所での実践を事例として」,日本社会福祉学会第58回全国大会,於:日本福祉大学
◇荒井 利春・ジュリア カセム・太田 啓子・秋谷 英紀 2010 パネルディスカッション「ユーザー参加型UDワークショップの意義と将来展望」,第3回国際ユニヴァーサルデザイン会議2010inはままつ,於:アクトシティ浜松
 http://www.ud2010.net/


【その他】
◇2015 京都工芸繊維大学 デザインラボにて、cmtデザインプロジェクトに当事者として参加。2015年12月19日〜2016年1月30日 3331 アーツ千代田にて展示。
 http://kyoto-design-lab.tumblr.com/tagged/news


UP:20100324 REV:20101211, 20130829, 20151221, 1223, 1224
WHO

TOP HOME (http://www.arsvi.com)