HOME > WHO >

大岩 日出夫

おおいわ・ひでお


『ALSと共に!2001』

http://homepage2.nifty.com/ooiwa/

・徳島県
日本ALS協会徳島県支部 

立岩の文章における言及

 [71]一九九九年・四月、疲労感、喉の異常、九月、かかりつけ医が甲状腺機能障害診断、筋力低下、声が出難い。「十一月:甲状腺機能障害治療薬効果無、病院巡り、耳鼻科、脳外科、総合病院、整形外科、内科…原因不明そして神経内科、とたらい回し/十二月:総合病院の神経内科にて運動ニューロン病、確定診断の為、国療徳島病院へ転院、二〇〇〇年一月:勤務先へ休職願い/徳島病院へ検査入院/二月:ALS告知」(大岩[2001])

 [86]大岩日出夫(徳島県)も運動ニューロン病と言われ、後に別の病院でALSと告げられた。「九九年四月:公私共に超多忙、疲労感、喉の異常。九月:かかり付け医にて甲状腺機能障害診断、筋力低下、声が出難い。/十一月:甲状腺機能障害治療薬効果無、病院巡り、耳鼻科、脳外科、総合病院、整形外科、内科・・原因不明そして神経内科、とたらい回し/十二月:総合病院の神経内科にて運動ニューロン病、確定診断の為、国療徳島病院へ転院/〇〇年一月:勤務先へ休職願い、徳島病院へ検査入院/二月:ALS告知」(大岩[2001])



※おことわり
・このページは、公開されている情報に基づいて作成された、人・組織「について」のページです。その人や組織が作成しているページではありません。
・このページは文部省科学研究費補助金を受けている研究(基盤(C)・課題番号12610172)のための資料の一部でもあります。

・作成:立岩 真也
UP:20021003 REV:
日本ALS協会徳島県支部  ◇ALS
TOP HOME (http://www.arsvi.com)