HOME > WHO >

折本 昭子

おりもと・あきこ

Tweet
last update:20151001

http://jitsugen.tone21.net/HITO/Orimoto/sakuhinten.html

<略歴>
 1934年新潟、仮死状態にて産声もあげず生を受ける。そのため脳性麻痺者として生涯を歩むことになる。
 1939年、京都に転居、二度目の母を迎える。
 1944年、本籍である茨城に移る。
 1950年、最終学歴である佐賀中学校を卒業。この年、一個の人間としてはぐくんでくれた母を失う。
 1960年、土浦市中央公民館にて県南障害者の会を結成。
 1961年、人生の師である大仏和尚さんに出逢う。
 その後、障害者運動をしながら、土浦やつくばで一人暮らしをして生活している。

<発表作品>
 創生 昭和32年8月〜35年12月 月刊
 砂金 昭和35年1月〜41年3月 月刊
 石  昭和44年1月〜45年7月 季刊
 豹文 昭和47年7月〜48年6月 季刊
 「蛾の舞 折本昭子歌集」 昭和61年7月発行

http://blog.livedoor.jp/no036/archives/51505382.html


UP: REV:20151001

青い芝の会  ◇障害者(の運動)史・人  ◇WHO
TOP HOME (http://www.arsvi.com)