HOME > WHO >

中村 陽一

なかむら・よういち


このHPを経由して[boople][bk1]で購入していただけると感謝。
(購入額の約3%が、またHP内の[boople]のところから買っていただけると5%が、寄付されます。)

 社会学
 都留文科大学→立教大学

◆中村 陽一・川崎 賢子 編 20000229 『アンペイドワークとは何か』,藤原書店
 http://www.fujiwara-shoten.co.jp
◆20000229 「編集意図」
 川崎・中村編[2000:004-007]


◆198902 「「女性たちの生活ネットワ−ク――生活クラブに集う人びと」佐藤慶幸編著」
 『現代の理論』26-02:086-088
◆199003 「家族を“ひらく”ために−上−家族幻想と消費社会」
 (家族のなかの“おとこ”たち)」 『月刊社会教育』34-03:6-9
◆199005 「家族を“ひらく”ために――家族幻想と消費社会−下−」
 『月刊社会教育』34-05:72-76
◆199011 「消費社会における<転向>問題の意味と可能性」
 (特集:「転向」から「自閉」へ?)
 『思想の科学 第7次』134:13-19
◆199012 「月例研修会が「生き生き人生」をつくる――福岡県福岡吉井町農協」
 (自分づくり,人づくり<特集>――職員教育活動の事例を見る)」
 『農業協同組合』36-12:27-32
◆199111 「新たな展開をみせる協同組合運動
 ――環境問題への取り組み事例が意味するものは」
 (環境問題をじっくり考えよう)
 『協同組合経営研究月報』458:17-22
◆199307 「生活協同組合で働くということ――ちばコ−プの事例によりながら」
 (特集:「協同組合らしさ」の探求)
 『協同組合経営研究月報』478:41-48
◆19930701 「市民活動の社会経済学・4――ワーカーズ・コレクティブの射程」
 『経済セミナー』462:056-057 ※COPY
◆19940515 「NPOがめざすもの」
 『広告』304:26-27 ※COPY

 ※は生存学資料室にあり


NPO  ◇社会学(者)  ◇WHO

TOP HOME (http://www.arsvi.com)