HOME > WHO >

野口 裕二

のぐち・ゆうじ


このHP経由で購入すると寄付されます

社会学
東京学芸大学

1955年生まれ 北海道大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学
現在 東京学芸大学教育学部教授
(大村・野口編[20000920]執筆者紹介より)

◆野口 裕二 編 20090410 『ナラティヴ・アプローチ』,勁草書房,279p. ISBN-10:432665340X ISBN-13: 978-4326653409 \2940 [amazon][kinokuniya] ※
◆野口 裕二 20050125 『ナラティヴの臨床社会学』,勁草書房,252p. ISBN:9784326653027 (4326653027) 2730 [amazon] ※ b e01 s
◆野口 裕二 20020601 『物語としてのケア――ナラティヴ・アプローチの世界へ』,医学書院,シリーズケアをひらく,212p. ISBN:4-260-33209-0 2310 [amazon][kinokuniya][bk1] ※ b m/s01
◆野口 裕二・大村 英昭 編 20010730 『臨床社会学の実践』,有斐閣選書1646,318+ivp. ISBN:4-641-28054-1 2100 [amazon][kinokuniya] ※ sm
◆大村 英昭・野口 裕二 編 20000920 『臨床社会学のすすめ』,有斐閣,252p. ISBN:4-641-12102-8 1785 [amazon][kinokuniya] ※ sm
◆野口 裕二 19960325 『アルコホリズムの社会学――アディクションと近代』,日本評論社 198p. ISBN:4-535-58201-7 2100 [amazon][kinokuniya][kinokuniya] ※ sm, m,

◆20010220 「臨床のナラティブ」
 上野千鶴子編[2001:043-062]*
*上野千鶴子編 20010220 『構築主義とは何か』
 勁草書房,305p. 2800 ※



◆1997   「アダルト・チルドレン現象の社会学」
 『アディクションと家族』14-3
◆1999   「社会構成主義という視点――バーガー&ルックマン再考」
 小森・野口・野村編
◆小森 康永・野口 裕二・野村 直樹 編 1999 『ナラティブ・セラピーの世界』
 日本評論社
◆1999   「ナラティブ・セラピーとはなにか――物語としてのケアのために」
 『看護学雑誌』63-10
◆20000331 「臨床実践への社会学的接近」
 三重野・平岡編[2000:139-160]*
 *三重野卓・平岡公一編 20000331 『福祉政策の理論と実際――福祉社会学研究入門』 東信堂,263p. 3000 ※
◆20000920 「サイコセラピーの臨床社会学」
 大村・野口編[20000920:013-035]*
 *大村 英昭・野口 裕二 編 20000920 『臨床社会学のすすめ』
 有斐閣,252p.
◆20010730 「集団療法の臨床社会学」
 野口・大村編[2001:001-023]*
 *野口 裕二・大村 英昭 編 20010730 『臨床社会学の実践』
 有斐閣選書1646,318+ivp. 2000 ※

 

◆19960325 『アルコホリズムの社会学――アディクションと近代』
 日本評論社,198p. 2000 ※

 「ここで注意すべき点は、この「意志の病」という信念が誤りであることが、決して証明されな(p.22)い論理的構造になっている点である。」(pp.22-23)


cf.
◆立岩 真也 2002/07/25「出口泰靖・野口裕二」(医療と社会ブックガイド・18)
 『看護教育』2002-07(医学書院)


REV:....20030320, 20070421, 1231, 20090531
医療社会学  ◇アルコール依存/アルコール依存症/アルコホリズム  ◇社会学(者)  ◇WHO

TOP HOME (http://www.arsvi.com)