HOME > WHO >

中山 茂樹

なかやま・しげき


・憲法学
・西南学院大学 法学部 助教授→京都産業大学大学院 法務研究科 准教授


■研究テーマ

◆生命倫理と憲法学――生命倫理,憲法,権利
◆研究分野:公法学、哲学・倫理学、社会学(個人研究)

◆憲法訴訟論――司法権,憲法,訴訟
◆研究分野:公法学(個人研究)


■著書・論文等

◆中山 茂樹 20101020 「妊娠中絶の権利は「自己決定権」か――公私区分の一断面」,大石・毛利・土井編[2010:495-520]
*大石 眞・毛利 透・土井 真一 編 20101020 『各国憲法の差異と接点――初宿正典先生還暦記念論文集』,成文堂,720p. ISBN-10: 4792304989 ISBN-13: 978-4792304980 [amazon][kinokuniya]
◆中山 茂樹 20050805 「法における「尊厳死」の捉え方」,『思想』976(2005-08):062-077
5.「妊娠中絶の権利は『自己決定権』か―公私区分の一断面」大石眞ほか編『初宿正典先生還暦記念論文集 各国憲法の差異と接点』(成文堂、2010年)495頁 ◆中山 茂樹 20040330 「共に生きるということ――生命倫理政策と立憲主義」,山崎 喜代子 編 20040330 『生命の倫理――その規範を動かすもの』,九州大学出版会,308p. ISBN-10: 4873788242 ISBN-13: 978-4873788241 \2800 [amazon][kinokuniya] ※
◆中山 茂樹 20001220 「会話のために――秋葉悦子先生のコメントへの応答」,『法の理論』20:199-210
◆中山 茂樹 20000220 「胎児は憲法上の権利を持つのか――「関係性」をめぐる生命倫理と憲法学」,『法の理論』19:13-57
◆中山 茂樹 1997,1998 「基本権を持つ法的主体と持たない法的主体――「人格」をめぐる生命倫理と憲法学 一・二(完)」,『法学論叢』141-6:50-71,143-4:47-65


■所属学会

・日本公法学会
日本医事法学会
日本生命倫理学会
日本法社会学会


■生存学にかかわる研究会への参加
◇2009/09/05土 「研究の自由と倫理を考える――生命科学をめぐって」
 主催:立命館大学大学院先端総合学術研究科、立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点、立命館大学生存学研究センター
 於:立命館大学衣笠キャンパス創思館403・404教室




法・法学  ◇医療に関する法律   ◇生命倫理[学](bioethics)  ◇WHO

TOP HOME (http://www.arsvi.com)