>HOME >WHO
増井 徹
ますい・とおる



・1953年、東京都渋谷区生まれ、東京大学大学院、理学博士。(財)癌研究会癌研究所、米国立癌研究所、京都大学。1996年より国立医薬品食品衛生研究所細胞バンクに従事。2005年より(独)医薬基盤研究所・生物資源研究部。ヒト由来研究資源取り扱いの倫理性について研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです〔出典のまま〕)(『バイオ研究の舞台裏――細胞バンクと研究倫理』著者紹介より)


■研究分野

・資源保全学
・公衆衛生学・健康科学


■著書

岩志 和一郎・増井 徹・白井泰子長谷川 知子甲斐克則 20080515 『講義 生命科学と法』,尚学社,207p. \2625 ISBN-10: 486031056X ISBN-13: 978-4860310561 [amazon][kinokuniya]
◇水澤 博共・小原 有弘・増井 徹 20071105 『バイオ研究の舞台裏――細胞バンクと研究倫理』,裳華房,174p. ISBN-10: 4785387823 ISBN-13: 978-4785387822 \1680 [amazon][kinokuniya]


■生存学にかかわる研究会への参加
◇2009/09/05土 「研究の自由と倫理を考える――生命科学をめぐって」
 主催:立命館大学大学院先端総合学術研究科、立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点、立命館大学生存学研究センター
 於:立命館大学衣笠キャンパス創思館403・404教室


UP:20090622 REV:20091225
WHO 

TOP HOME(http://www.arsvi.com)