HOME > WHO >

三ツ木 任一

みつぎ・ただかず


 →放送大学

 *以下は立岩のデータベースに入っていたものだけ。

◆19841215 「リハビリテーションサービス」
 仲村・板山編[1984:160-172] ※
◆1988 「肢体不自由者の在宅生活」
 三沢・三ツ木編[1988:167-219]

◆編 19880901 『続自立生活への道――障害者福祉の新しい展開』
 全国社会福祉協議会,仲村優一・板山賢治監修,xiv+435p. 2000 ※
◆編 19930320 『障害者の福祉』
 日本放送出版協会,213p. 2060 ※
◆編 1997   『障害者福祉論』,
 放送大学教育振興会,放送大学教材 ※

◆三ツ木 任一・赤塚 光子 19831120 「重度障害者の在宅生活を充実させる教育プログラム」
 小島編[1983:96-104]

◆19810320 「安積純子・岡原正幸・尾中文哉・立岩真也
 『生の技法――家と施設を出て暮らす障害者の社会学』」
 『われら人間』056:32-33 ※
◆19820801 「アメリカの施設を訪ねて」
 『障害者の福祉』02-08:36-39 ※COPY
◆19870810 「小規模作業所はだれのもの?」
 『はげみ』1987-8・9(195):2-3 ※COPY
◆19900101 「第1回自立生活問題研究全国集会の開催」
 『月刊福祉』73-01(1990-01):070-071 ※COPY
◆19910301 「障害者の自立と社会参加」
 『月刊福祉』74-03(1991-03):024-029 ※COPY
◆19910920 「(本/新刊紹介)小谷 節子著『風のシャワー――あるソーシャルワーカーの覚書』」
 『われら人間』058:32-32

◆19911220 「(本/新刊紹介)障害者アートバンク編『障害者の日常術』」
 『われら人間』059:32-32

◆19920320 「八代英太・冨安芳安編『ADAの衝撃』
 『われら人間』060:31 ※
◆三ツ木 任一・赤塚 光子 198102
 「在宅重度脳性マヒ者を対象とした自立生活プログラムの試み」
 『はげみ』156:10-17→障害者自立生活セミナー実行委員会編[1983:68-76] ※
◆199103 「障害者の自立と社会参加」
 『月刊福祉』74-04:024-029
 (特集:社会福祉制度改革と障害者福祉対策)

 ※は生存学資料室にあり



WHO
TOP HOME (http://www.arsvi.com)