HOME > WHO >

村岡 潔

むらおか・きよし



 1993年,大阪大学大学院医学研究科博士課集団社会医学専攻単位取得退学
 専攻領域:医学概論,医療思想史,医療社会学
 現在,医療文化研究員・臨床医
 (黒田浩一郎編[19950425]より)
 →佛教大学文学部

 *以下は立岩のデータベースに入っていたものだけ。

◆20001210 「民間医療のアナトミー」
 佐藤純一編[2000:037-075]*
*佐藤 純一 編 20001210 『文化現象としての癒し――民間医療の現在』
 メディカ出版,309p. 2500 ※
◆20000915 「生物医学の「最高段階」としての遺伝子医療?!――我々の批判的スタイルはどうあるべきか」
 日本衛生学会ワークショップ「保健・予防と生命倫理」


◆19890820 「「病い」における治癒と信念」
 中川編[1989:158-169] ※
 中川 米造 編 19890820 『病いの視座――メディカル・ヒューマニティーズに向けて』
 メディカ出版,298p. 2600
◆1991   「<メディカル・ファッション>
 ――医学・医療における<流行>の意味に関する一考察」
◆19920310 「動力学としての<患者−医療者関係>――「脳死」・臓器移植およびプラセーボをめぐって」
 中川編[1992:]*
*中川 米造 編 19920310 『哲学と医療』(講座人間と医療を考える1)
 弘文堂,254p. 4100
◆19950425 「先端医療」
 黒田編[1995:225-244]*
*黒田浩一郎編 19950425 『現代医療の社会学』
 世界思想社,278+7p.,1950円 ※
◆19980130 「不妊治療」
 佐藤・黒田編[1998:158-184]*
*佐藤 純一・黒田 浩一郎 編 19980130 『医療神話の社会学』
 世界思想社,247+5p. 2200 ※
◆19980130 「遺伝子治療」(コラム)
 佐藤・黒田編[1998:188-190]*


 ※は生存学資料室にあり


医療社会学  ◇「人」

TOP HOME (http://www.arsvi.com)