HOME > WHO >

松枝 亜希子

まつえだ・あきこ
Matsueda, Akiko : English Page

last update: 20130421

立命館大学大学院先端総合学術研究科

■論文

◆2009/03/31 「抗うつ剤の台頭――1950 年代〜70年代の日本における精神医学言説」『Core Ethics』vol.5:293-304 [PDF]
◆2010/03/31 「トランキライザーの流行――市販向精神薬の規制の論拠と経過」『Core Ethics』vol.6:385-399 [PDF]
松枝 亜希子 2013/03/31 「1960-70年代の保健薬批判――高橋晄正らの批判を中心に」 『Core Ethics』9 p.211 PDF

■研究ノート

◆松枝 亜希子 2008/03/41 「向精神薬への評価――1960年代から80年代の国内外における肯定的評価と批判」,『Core Ethics』(立命館大学大学院先端総合学術研究科発行)、4号、pp 465-473
全文(PDF):http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/ce/2008/ma01.pdf

■学会報告等

◆松枝 亜希子 2007/09/16-17 「薬を使用する際の葛藤・逡巡――病を巡る負担における力学について」
 障害学会第4回大会 於:立命館大学
◆松枝 亜希子 2008/05/18 「向精神薬への評価――1960年代から80年代の国内における肯定的評価と批判」(MS Word)
 日本保健医療社会学会第34回大会 於:首都大学東京

◆松枝 亜希子 2008/11/23-24 「抗うつ剤普及のポリティクス」
(要旨:http://www.gakkai.ne.jp/jss/research/point/poster/POS_028.pdf
 第81回 日本社会学会 大会 於:東北大学
◆松枝 亜希子 2008/12/06 「抗うつ剤普及のポリティクス――1950年代〜1970年代における言説」グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点主催研究会「ケア研究会」 於:立命館大学
◆松枝 亜希子 2009/05/23 「市販薬としての向精神薬の位置付け」グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点主催研究会「ケア研究会」(第7回福祉社会学会大会プレ報告) 於:立命館大学
◆松枝 亜希子 2009/06/07 「1950-60年代のトランキライザーの隆盛」
 第7回福祉社会学会 於:日本福祉大学名古屋キャンパス
◆2009/09/26-27 「向精神薬が規制されるにいたった経緯とその論拠――トランキライザーの事例から 」 障害学会第6回大会・報告要旨 於:立命館大学
◆2009/12/05 「1950-70年代のトランキライザーの隆盛――規制の論拠と経過」,2009年度グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点院生プロジェクト「精神保健・医療と社会」研究会,第三回研究会

■プロジェクト

グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点院生プロジェクト
「ケア研究会」 研究メンバー 2008年度

■作成しているファイル

「薬について(とくに精神医療で薬の使うことを巡る言説)」

■文献紹介

高橋 晄正 19640831 『新しい医学への道――現代医学の矛盾』,紀伊国屋書店,291p. ASIN:B000JAFIM6 250 [amazon] d07 m
高橋 晄正 196902 『社会のなかの医学』,東京大学出版会,UP選書,301p.,ASIN:B000JA14RO [amazon] ※
高橋 晄正・藤木 英雄・森島 昭夫・柳沢 文徳 19730410 『食品・薬品公害――消費者主権確立への闘いのすすめ』,有斐閣,374p. ASIN: B000J9OA8K 880 [amazon] d07 m
◆高杉 晋吾 19740710 『日本の人体実験――その思想と構造』,三笠書房,311p. ASIN: B000J9OWG0  980 [amazon] m. d07.
◆Gartner, Alan / Riessman, Frank 197703 Self-help in the human services, Jossey-Bass Inc Pub.=198509 久保紘章監訳,『セルフ・ヘルプ・グループの理論と実際――人間としての自立と連帯へのアプローチ』,川島書店,201p. ISBN: 4761003235 2500 [amazon]
吉田 おさみ 19810100 『"狂気"からの反撃――精神医療解体運動への視点』,新泉社,276p. ISBN: 4787780085 1575 [品切] [amazon][kinokuniya]
吉田 おさみ 19831201 『「精神障害者」の解放と連帯』,新泉社,246p. 1500 ISBN-10: 4787783157 ISBN-13: 978-4787783158 [amazon][kinokuniya] ※/杉並369 *
◆秋元 波留夫 19870610 『精神障害者の医療と人権』ぶどう社,246p. ISBN-10: 4892400688 ISBN-13: 978-4892400681  2400 [amazon] m.
◆「精神病」者グループごかい編 19900900 『わしらの街じゃあ!――「精神病」者が立ちあがりはじめた 増補改訂版』,社会評論社,254p. ISBN:0030-90124-3351 1733 (200206品切)[kinokuniya]
Mary O'Hagan 1991 Stopovers: On My Way Home from Mars=199910 長野英子訳,『精神医療ユーザーのめざすもの――欧米のセルフヘルプ活動』,解放出版社,245p. 4-7684-0054-X 1890 ※ ** [amazon][kinokuniya][bk1] ※ d m s/s01
◆Katz,Alfred H. 1993  Self-help in America : a social movement perspective=19970710 久保紘章監訳,『セルフヘルプ・グループ』,岩崎学術出版社,177 p. ISBN-10: 4753397068 ISBN-13: 978-4753397068 【品切】 [amazon]
◆谷中 輝雄 19930301 『旅立ち 障害を友として――精神障害者の生活の記録』,やどかり出版,精神衛生実践シリーズ12,289p. ISBN-10: 4946498117 ISBN-13: 9784946498114 2039 [やどかり出版][本やタウン]
◆「精神障害者の主張」編集委員会編 199407 『精神障害者の主張――世界会議の場から』,解放出版社,302p. ISBN:4-7592-6101-X 2100
◆「病」者の本出版委員会編 19950430 『天上天下「病」者反撃!――地を這う「精神」者運動』,社会評論社,230p. 2000+税 [amazon]
◆Wurtzel,Elizabeth 1994 Prozac Nation: Young and Depressed in America, Houghton Mifflin, Riverhead Books, New York 368p. ISBN-10: 1573229628 ISBN-13: 978-1573229623 [amazon] ※=20010425 滝沢 千陽 訳,『私は「うつ依存症」の女――プロザック・コンプレックス』,同朋舎,284p. ISBN-10: 4062107023 ISBN-13: 978-4062107020 [amazon][kinokuniya] ※ m.
◆月崎 時央 20020325 『精神障害者サバイバー物語――8人の隣人・友達が教えてくれた大切なこと』,中央法規出版,255p. ISBN:4-8058-2184-1 1890
◆斉藤 道雄 20020416 『悩む力――べてるの家の人びと』,みすず書房,241p. ISBN:4-622-03971-0 1800 ※ ** [amazon][bk1] ※
浦河べてるの家 20020601 『べてるの家の「非」援助論――そのままでいいと思えるための25章』,医学書院,253p. ISBN:4260332104 2100 [amazon][kinokuniya]
◆古川 奈都子 編 20041010 『心が病むとき、心が癒えるとき――仲間たちの体験から』,ぶどう社,126p. ISBN-10: 4892401757 ISBN-13:9784892401756 1365 [amazon] m.
浦河べてるの家 20050220 『べてるの家の「当事者研究」』,医学書院,297p. ISBN-10: 4260333887 ISBN-13: 9784260333887 2100 [amazon] m.
◆川村 実・佐野 卓志・中内 堅・名月 かな 20050515 『統合失調症とわたしとクスリ――かしこい病者になるために』,ぶどう社,128p. ISBN-10: 4892401773 ISBN-13:978-4892401770 1365 [amazon] m.
◆Gazzaniga,Michael S. 2005 The Ethical Brain,Dana Press=20060202 梶山あゆみ訳,『脳のなかの倫理――脳倫理学序説』,紀伊國屋書店,262p. ISBN-10: 4314009993 ISBN-13:978-4314009997 1890 [amazon] ※ m.

■言及

◆立岩 真也 2011/10/01 「社会派の行き先・12――連載 71」,『現代思想』39-(2011-10): 資料

「☆10 精神安定剤の類が新聞や受験雑誌で大々的に宣伝され、広範に売られ、買われ使われていた時期があった。それにやがて規制がかかるようになる。これらについては松枝[2008][2009][2010]。ただ、病院で医師が処方する薬については事実上規制はないようなものだった。[…]」


UP:20070722 REV:0731, 0908, 0922, 1020, 1027, 1109 20080105, 0628, 1102, 1105, 24, 20090524, 0610, 23, 20110912, 20130421
Matsueda, Akiko (English)  ◇WHO

TOP HOME (http://www.arsvi.com)