HOME > WHO >

林 徳榮

イム・ドクヨン
Lim, DeokYoung
林 徳榮:韓国語頁

last update: 20110418

・所属: 立命館大学院先端総合学術研究科一貫制博士課程
・メールアドレス:today39(at)naver.com

■研究テーマおよびび関心分野

・資本主義構造とマイノリティーの存在様式の変化との関係
・社会(福祉)政策、貧困及び反貧困運動、貧困の様相の変化

■学歴

・2004 韓国ヨンセ(延世)大学経済学科専攻、経営学科副専攻卒業
・2008 韓国ソンゴンフェ(聖公会)大学一般大学院社会福祉学科修了

■職歴

・2008-2009 韓国都市研究所研究員

■その他活動

・2002 延世大学39代総学生会副総学生会長
・2007 聖公会大学社会的企業研究センター「日本大阪地域探訪」 プログラム参加及び 報告書共同著述
・2009 大阪市立大学都市研究プラザソウルサブセンターディレクター
・(現) 労働社会科学研究所編集委員
・(現 ホームレス行動、露宿者人権共同実践団、障害と人権バルバダック(足裏)行動、青い鳥縁結ぶ学校の会員

■編集(本)

・2008、2011 『ソズンシック(徐俊植)獄中書簡』 労働社会科学研究所改定版1刷および2刷 (共編)

■論文

・2008 『韓国資本主義移行時期の浮浪人及び浮浪人政策性格考察―――マルクス理論を中心に』 聖公会大学院修士学位論文
・2012/03/31 「1960年代韓国における「浮浪児」の生成と実態」『Core Ethics』8, p.63 PDF
・2013/03/31 「韓国における公的扶助制度の扶養義務――その実態と家族への影響を中心に――」 『Core Ethics』9 p.27 PDF

■その他書いたもの

・2007 「ヨスで殺害された移住労動者たち」 『情勢と労働』 第21号、pp.30-35
・2008 「貧困児童と住居」 『韓国都市研究所創立記念国際シンポジウム資料集』 (共著)
・2008 「韓国のいわゆる路宿者に関する始理論的考察 1」 『情勢と労働』 第32号、pp.24-61
・2008 「書評 フリードリヒ・エンゲルス『イギリス労動者階級の状態』」 『情勢と労働』 第33号、pp.128-145
・2009 「日本路宿村探訪記」 『情勢と労働』 第42号、pp.129-142
・2010 「社会福祉という単語の使い道に対して」 『情勢と労働』第60号、pp.75-99
・2010 「龍山(ヨンサン)事件報告」 日本希望製作所メールマガジン『希望の風便り』 第6号
・2011 【翻訳】「??? ??? ? ????? ???」『情勢と労働』 No.69、労働社会科学研究所、pp.100-102; 沢木勇「マスコミ報道から見える被爆労働の問題」『思想運動』 スペース伽耶、No.868
・2011 「安い賃金で被爆労動を強いられている日本労動者たち」『情勢と労働』 No.70、労働社会科学研究所、pp.72-86
・2011 【翻訳】「?? ??? 6? ?? ??-1」『情勢と労働』 No.71、労働社会科学研究所、pp.101-113;ラウル・カストロ「社会主義と祖国の独立を維持・発展させる-キューバ共産党第六回大会にたいする報告」『社会評論』 No.166、スペース伽耶、pp.68-87
・2011 【翻訳】「?? ??? 6? ?? ??-2」『情勢と労働』 No.72、労働社会科学研究所、pp.81-87;ラウル・カストロ「社会主義と祖国の独立を維持・発展させる-キューバ共産党第六回大会にたいする報告」『社会評論』 No.166、スペース伽耶、pp.68-87
・2011 【翻訳】「?? ??? 6? ?? ??-3」『情勢と労働』 No.73、労働社会科学研究所、pp.99-107;ラウル・カストロ「社会主義と祖国の独立を維持・発展させる-キューバ共産党第六回大会にたいする報告」『社会評論』 No.166、スペース伽耶、pp.68-87
・2011/07 「日本での空き缶回収を禁止した条例をめぐった騒動」『ホームレスニュース:創刊準備号』 No.15、ホームレス行動
・2011/08 「原発は貧乏な人によって運営される」『ホームレスニュース:創刊準備号』 No.17、ホームレス行動
・2011/10 「釜ヵ埼での夏お祭り」『ホームレスニュース:創刊準備号』 No.18、ホームレス行動
・2011/12 「野宿現場とセクシュアルハラスメント問題」『ホームレスニュース:創刊準備号』 No.19、ホームレス行動
・2011/12 「日本の野宿者に対する強制撤去:自然再生を名目として人間が退去される」『ホームレスニュース:創刊準備号』 No.20、ホームレス行動
・2012/01 「釜ヶ埼での越冬闘争」『ホームレスニュース』 No.1、ホームレス行動
・2012/03 「3・11東日本大震災以降1年」『ホームレスニュース』 No.2、ホームレス行動

■学会・研究会・シンポジウム報告

・2009 「障害者住居支援政策現況と課題」 障害者脱施設政策委員会月例セミナー
・2011/07/09 「日本における障害者の住宅政策、現況と示唆点」グローバルCOE「生存学」創成拠点 国際プログラム、京畿[キョンギ]大学、ソウルキャンパス(ポスター発表)
・2011/09/09 「『無住居者』の歴史、『浮浪者』から『ホームレス』へ」『反貧困運動の歴史を語る』セミナー、 韓国都市研究所(口頭発表)
・2011/11/09 「1950年代韓国におけるハンセン病者に対する虐殺と社会的視線――飛兎里(ビトリ)事件を中心に」 第2回 障害学国際研究セミナー、立命館大学衣笠キャンパス(ポスター発表)

■研究・調査に関する経歴

・2007 『路宿人政策の評価と改善法案』 韓国保健社会研究院研究補助員
・2008 『利用者のサービス及びプログラム満足度の調査』 ヤンチォン(陽川)障害者総合福祉館、研究補助員
・2008 『国民賃貸住宅団地共生型福利施設設置方案』 国土海洋部、共同研究員
・2008 『公共賃貸住宅団地住居福祉サービスの社会的価値評価研究』 住宅管理公団、共同研究員
・2009 『貧困児童青少年住居支援ガイドライン設定及び事業評価』 美しい財団、共同著述
・2010 『外国の障害者住居政策事例調査研究』 国土研究院、共同研究員
・2010 『非住宅居住民人権実態調査』 国家人権委員会、共同研究員
・2010 『現場で見た住居福祉伝達体系研究』 ソンブック(城北)住居福祉センター、共同研究員

■所属学会・研究会・勉強会

■arsvi.comで作成/関連しているファイル


UP: 20110418 REV:
林 徳榮:韓国語頁  ◇WHO 

TOP HOME (http://www.arsvi.com)