HOME > WHO >

蔵田 伸雄

くらた・のぶお

http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~q16628/index.htm

last update: 20130923

 倫理学・生命倫理学
 三重大学→北海道大学(200110〜)

 http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~q16628/index.htm
×http://www.human.mie-u.ac.jp/~kurata/

 上記ホームページに詳細なリストがあります。ぜひご覧ください

◆19950331 「成人に対する遺伝子スクリーニングと遺伝情報のプライバシー――自分の遺伝情報を知る権利、知らない権利、知らせない権利」
 『ヒトゲノム解析研究と社会との接点 研究報告集』(京都大学文学部倫理学研究室)1995年3月31日138〜150頁
◆19950331 「L.B.アンドリュース&A.ジェィガー;職場で得られた遺伝情報の守秘義務」
 『生命・環境・科学技術倫理研究資料集U』
 (千葉大学普遍科目「科学技術の発達と現代社会U」企画運営委員会)
 1995年3月31日213〜222頁
◆19951101 「定言命法と規則功利主義」
 『実践哲学研究』第18号(京都大学文学部倫理学研究室内実践哲学研究会)1〜21頁
 http://www.ethics.bun.kyoto-u.ac.jp/jk/jk18/kurata.html
◆19951101 「共同体主義とは何か・正と善」(研究報告)
 『実践哲学研究』第18号(京都大学文学部倫理学研究室内実践哲学研究会)65〜69頁
 http://www.ethics.bun.kyoto-u.ac.jp/jk/jk18/right.html
◆1996 「wrongful life とは何か」
 『ヒトゲノム解析研究と社会との接点 研究報告集 第2集』(京都大学文学部倫理学研究室)pp.29〜34
◆19960410 「英語圏のバイオエシックスの中のカント――英語圏の研究動向」
 土山・井上・平田編[1996:229-260]*
*土山 秀夫・井上 義彦・平田 俊博 編 19960410 『カントと生命倫理』,晃洋書房,262p. 2800
◆19960630 「遺伝情報のプライバシー――特に遺伝的雇用差別の問題について」
 『生命倫理』第7号(日本生命倫理学会) 1996年6月30日 35〜39頁
◆1997 「出生前診断と選択的人工妊娠中絶に関する試論――問題点の整理と文献リスト」
 千葉大学編『生命・環境・科学技術倫理研究T』1997 pp.109〜127
◆1998 遺伝情報のプライバシーに関する文献のリストとコメント

◆「遺伝子診断と遺伝子治療の倫理問題」
 『第9回研究助成報告論文集』(上廣倫理財団)(印刷中)


REV: 20091017, 20130923
生命倫理[学] (bioethics)  ◇WHO

TOP HOME (http://www.arsvi.com)