HOME > WHO >

小西 真理子

こにし・まりこ
English Page

last update:20150113

Tweet


Researchmap http://researchmap.jp/marikokonishi/

【学歴】
・立命館大学大学院 文学研究科 博士課程前期課程(2009.4〜2011.3)〔修士・文学〕
・立命館大学大学院 先端総合学術研究科 一貫制博士課程3年次編入(2011.4〜2014.3)〔博士・学術〕(学位論文「共依存の倫理――精神分析と臨床心理を越えて」)


【経歴】
・日本学術振興会特別研究員DC2・立命館大学(2012.4〜2014.3)
・McGill大学大学院研修生;哲学科(Graduate Research Trainee, Montreal, Canada)(2012.8〜2013.7)
・日本学術振興会特別研究員PD・東京大学(2014.4〜2015.3)
・日本学術振興会特別研究員PD・国際基督教大学(2015.4〜 )
・立命館大学衣笠総合研究機構客員研究員(2014.4〜 )


【研究テーマ】
・共依存の倫理的考察
・関係性の病理学――修復的正義とケアの視点を経て――


【業績】

■論文
[論文:査読あり]
◆「共依存と病理性――アルコホリックの妻を追う」『生存学』vol.5, 生活書院, pp.151-165, 2012年3月
◆「自己紹介に嗜癖する――ギデンズ、フーコーを手掛かりに」、日本嗜癖行動学会誌『アディクションと家族』vol.29-2, pp.149-156, 2013年5月

[論文:査読なし]
◆ “What is Enabling: A Study of Support Groups of the Tohoku Earthquake”『立命館言語文化研究』vol.24 (4), pp.73-86, 2013年3月


■国内発表
[口頭発表:査読あり]
◆「自己紹介に嗜癖する――ギデンズ、フーコーを手掛かりに」第22回日本嗜癖行動学会大分大会, 大分市コンパルホール, 2011年11月
◆「共依存という語の存在意義――フェミニズムによる批判の検討」第66回関西倫理学会大会, 立命館大学, 2013年11月3日
◆「ケアの倫理に内在する自立主義――共依存概念を媒介にして」第65回日本倫理学会, 一橋大学, 2014年10月5日


■国際会議
[口頭発表:査読あり]
◆ “What is Enabling: A Study of Support Groups of the Tohoku Earthquake”, The 8th International Conference of the Faculty of Core Ethics and Frontier Sciences; Catastrophe and Justice, Soshikan Conference Room, Ritsumeikan University, Kyoto, Japan, 22 March, 2012 (in English).
◆ “Similarities and Differences between the Ethics of Care and Japanese Amae”, Symposium international; Les éthiques du care et du souci: quels apports pour les sciences sociales?, Université d’Ottawa, Faculté des sciences sociales, Ottawa, Canada, 30 April, 2013 (in English).
◆ “The Double Effect of Confession: Narration and Sexual Addiction,” The 2nd Asia Pacific Behavioural and Addiction Medicine Conference (2nd APBAM) ; Transforming Journeys, Singapore, 23 May, 2013 (in English).
◆“Codependence as a Symbiosis: Focusing on Sexual Relationship,” 8th Global Conference: The Erotic: Exploring Critical Issues, Inter-Disciplinary.Net, Mansfield College of University of Oxford, Oxford, United Kingdom, 18 September, 2013 (in English).
◆“True Self as False Self: Some Differences between Theories of Psychoanalysis and Popular Psychology,” 16th International Conference for Academic Disciplines (Barcelona 2014), Universitat Autonoma de Barcelona, 16 Jun 2014 (in English).
◆“Education for Young Couples or Governmentality? : Japanese Policy for love relationship related to Domestic Violence,” Reconceptualizing Diversity: Engaging with Histories, Theories, Practices, and Discursive Strategies in Global Contexts, International Association for Intercultural Education (IAIE), Hyatt Regency in Toronto, Toronto, Canada, 29 October, 2014 (in English).
◆“Relational Perspectives on "True Self" Analyzing Psychoanalytic and Popular Psychological Theories,” IARPP 2015 Conference "The Relational Pulse: Controversies, Caricatures and Clinical Wisdom," The International Association for Relational Psychoanalysis (IARPP), Intercontinental Toronto Centre, Toronto, Canada, 25 June, 2015 (in English).


■翻訳
◆ローズマリー・ラーナー著, 小西真理子訳「文化的、イデオロギー的な遭遇と衝突の条件についての現象学的考察」『現代思想』vol.38-7, 青土社, pp.100-131, 2010年5月
◆Roddey Reid(カリフォルニア大学)“Public Bullying and Democratic Culture, or, Abject Subjecthood in US Daily Life,” 立命館大学人文科学研究所回復研究会資料共訳, 2010年6月
◆キャロル・ギリガン著, 小西真理子訳「道徳の方向性と道徳的な発達」『生存学』vol.7, 生活書院, 2014年3月, pp. 229-244.
◆谷徹編『間文化性の哲学』, 担当:分担執筆, 範囲:翻訳「文化的、イデオロギー的な遭遇と衝突の状況についての現象学的考察」,文理閣, 2014年8月.


■解題
◆「キャロル・ギリガン」『生存学』vol.7, 生活書院, 2014年3月, pp. 245-251.


■受賞歴
・2005年度 立命館大学父母教育後援会文学部長優秀賞受賞(インターンシップ「子供・青年の居場所作り」)小西真理子他7名
・2006年度 立命館大学父母教育後援会文学部長教育賞受賞(卒業論文「中絶のあるべき姿 ――ケアの倫理がもたらしたもの――」)


■奨学金
・2009年度 立命館大学院特別奨励奨学金B給付
・2010年度 立命館大学院特別育英奨学金A給付
・2011年度 立命館大学院博士課程後期課程研究奨励奨学金B給付
・2011年度 立命館大学グローバルCOEプログラム奨励奨学金B給付
・2012年度 立命館大学院博士課程後期課程研究奨励奨学金S給付
・2013年度 立命館大学院博士課程後期課程研究奨励奨学金S給付


■競争的資金
◆2012-2013年度 日本学術振興会特別研究員研究奨励費(DC2)
◆2014-2016年度 日本学術振興会特別研究員研究奨励費(PD)


【所属学会】
・日本倫理学会
・関西倫理学会
・日本嗜癖行動学会
・The International Association for Relational Psychoanalysis
・International Association for Relationship Research


【その他】
◆立命館大学生存学研究センター『研究の現場』「共依存――依存的な関係性を考える」2012.4.1
http://www.ritsumei-arsvi.org/news/read/id/475

◆平成25(2013)年度採用日本学術振興会特別研究員申請ガイダンス、過年度採用者体験談にて報告、2012.4.4

◆カナダにおける海外教育と研究(“My Overseas Education and Research in Canada”) 2012.11.6
http://www.arsvi.com/2010/121106km-e.htm

◆立命館大学大学院 先端総合学術研究科 紹介映像 2012
https://www.youtube.com/watch?v=bnBEFZq8Pyk


UP:20110606 REV:20110706 0712 0722 20120210 0416 20130416, 1004, 20140426, 20150113
WHO 

TOP HOME (http://www.arsvi.com)