HOME > WHO >

川端 美季

かわばた・みき
[English] / [Korean]
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/km02.htm
http://flowism.iiyudana.net/index.html

last update: 20130421
立命館大学大学院先端総合学術研究科


■論文
◆川端 美季 20130322 「あとがき」 「『障害学国際セミナー2012――日本と韓国における障害と病をめぐる議論――』,生存学研究センター報告20
◆20120320 「2011 年夏、ベルリンで――IALMH 報告・ドレスデン衛生博物館・ベルリンPublic Bath 探訪」『生存学』Vol. 5, 生活書院 pp. 267-269.
◆川端 美季 20100730 「明治・大正期における公衆浴場をめぐる言説の変容――衛生・社会事業の観点から」 [PDF]『立命館人間科学研究』21:119-132
◆川端 美季 20090331 「京都における公設浴場の設置過程及び運営に関する考察」 『Core Ethics』vol.5: 89-98
◆川端 美季 20070331 「『湯屋取締規則』及び『湯屋営業取締規則』に関する考察」 [PDF] 『Core Ethics』vol.2: 59-72

■研究ノート
◆川端 美季 20080331 「公衆浴場の法的規制における欠格条項の変遷」[PDF]『Core Ethics』Vol.4: 407-415

■その他・書評等印刷されたもの
◆川端 美季 20100320 「初夏のシドニーで――豪州日本研究学会参加記録・Public Bath探訪」『生存学』Vol. 2: 402-404 [amazon][kinokuniya]
◆川端 美季 200712 「遺伝から感染へ――19世紀末のイギリスの結核を事例に 書評 Worboys, Michael 2001 "From Heredity to Infection : Tuberculosis 1870-1890," Gaudilliere, Jean-Paul & Lowy, Ilana ed., Heredity and Infection : The History of Disease Transmission, London and New York: Routledge, 81-100.」『生物学史研究』79: 72-75
◆川端 美季 20060819 「書評 岩本通弥「装い――穢れと清潔」(新谷尚紀・波平恵美子・湯川洋司編『暮らしの中の民俗学@一日』吉川弘文館 2003年)」 日本科学史学会生物学史分科会夏の学校、コミュニティ嵯峨野
◆川端 美季 200606 「清朝勃興の要因――天然痘と満州族 書評Chia-Feng Chang, 2002, “Disease and Its Impact on Politics,Diplomacy and the Military: The Case of Smallpox and the Manchus(1613-1795)”, Journal of the History of Medicine and Allied Sciences,Vol.: 57. 2, pp. 177-197.」『生物学史研究』76: 66‐69

■学会発表・報告など
◆20120325 「近代日本における精神障害者の法的排除について」第 2 回近現代精神医療史ワークショップ, 名古屋国際センター.
◆20120204 「近代日本における公衆浴場の衛生史的研究」第20 回医療・社会・環境研究会, 大阪大学.
◆20111109 ポスター報告 「近代日本の法規制における「精神病者」の排除――公衆浴場を中心に」 国際プログラム「第2回 障害学国際研究セミナー」
◆20110718 報告"The Legal Exclusion of Mental Patients from Public Baths in Modern Japan" Interenational Congress on Law and Mental Health 於:フンボルト大学
◆20100123 報告「近代公衆浴場の成立」 医療・社会・環境研究会 於:立命館大学
◆20090716 報告「Public Baths and Governments before and after the Pacific War」 豪州日本研究学会日本語研究大会(JSAA-ICJLE) 於:ニューサウスウェールズ大学
◆20090416 講義「論文の書き方・資料の探し方・メールの書き方」立命館大学産業社会学部大谷いづみ教授ゼミナール「卒業研究指導5B」ゲストスピーカー 於:立命館大学
◆20090315 報告「公衆浴場と欠格条項について」 青柿舎勉強会 於:青柿舎
◆20081101 報告「京敏における公設浴場の設置について」 医療・社会・環境研究会 於:梅田サテライト
◆20080513 講議「論文の書き方・資料の見つけ方――公衆浴場を例に」 立命館大学江川ひかり教授文学部講義「人文総合科学演習TIH」での講義 於:立命館大学
◆20080109 講義「史料をいかに語らせるのか――公衆浴場を例に」立命館大学江川ひかり教授文学部講義「史料が語る世界L」での講義、於:立命館大学
◆20071109 報告"The Transition of the Prohibited Acts and the Limitations of the Users in Public Baths" 国際医学史科学史会議 於:長崎大学医学部
◆20071027 報告「明治・大正期における東京の湯屋に対する法的規制の展開」公衆衛生学会第66回大会 於:愛媛県県民文化会館
◆20070805 報告「遺伝から感染へ――19世紀末のイギリスの結核を事例に 書評 Worboys, Michael 2001 "From Heredity to Infection : Tuberculosis 1870-1890," Gaudilliere, Jean-Paul & Lowy, Ilana ed., Heredity and Infection : The History of Disease Transmission, London and New York: Routledge, 81-100.」日本科学史学会生物学史分科会夏の学校 於:おくたま路
◆20070407 報告「公衆浴場法における営業者の役割」日本医史学会第108回大会 大阪市立大学医学部
◆20061026 報告「公衆浴場法の成立」 第65回日本公衆衛生学会総会 於:富山県民会館
◆20060513 報告「『大日本私立衛生会雑誌』にみる公衆浴場」 第107回日本医史学会総会及び学術大会 於:中津市文化会館

■作成しているファイル
医学史文献目録


UP:20071121 REV:20080627, 0829, 20090524, 0625,20100415, 20110831, 20120926
Kawabata, Miki (English)  ◇WHO
TOP HOME (http://www.arsvi.com)