HOME > WHO >

金城 清子

きんじょう・きよこ



 法学
 津田塾大学

◆198402 「男女平等とは」
 『法学セミナー増刊 女性と法』
 →鈴木尚子編[198510:135-148]*
 鈴木 尚子 編 19851012 『資料戦後母性の行方』
 ドメス出版,論争シリーズ2,296p. 3500
◆19840213
 「アファーマティブ・アクションとは(法のなかの性)」,
 『時の法令』1204:31-36
◆19850620 『家族という関係』
 岩波新書,207p. 580 千葉社4800共通
◆198511  『法のなかの女性』
 新潮社,新潮選書 ,226p. 780
◆19860120 『家族という関係』
 岩波書店,岩波新書 ,207p. 480 ※/三鷹367.3
◆198604  『法女性学のすすめ――女性からの法律への問いかけ改訂版』
 有斐閣,有斐閣選書 ,220+4p. 1400
◆他 1987 『女性法学』
 尚文社
◆1987   『法女性学』
 尚文社 3700
◆他 198804『女性法学 増補版』
 尚学社,276p. 2500
◆19890125 「女性と離婚・相続」
 Ozawa・木村・伊部編[1989:073-093]  ※
◆19910903 『法女性学――その構築と課題』
 日本評論社,308p. 3700 ※/千葉社4837共通
◆19920830 『法女性学のすすめ 第3版――女性からの法律への問いかけ』
 有斐閣選書101,239p. 1648 三鷹367.2

◆1980   「女性解放のための法律学」
 『家族史研究』1980秋
◆198001  「女性の権利と国際人権条約」
 『自由と正義』1980-01
◆19800915 「男女平等の原理――資本主義社会と社会主義社会」
 『ジュリスト』07?
◆19810201 「家族生活と男女平等の原理」(女性と法律 3)
 『ジュリスト』0733:126-132 ※COPY
◆19810215 「女性の働く権利と男女平等の原理」(女性と法律 4)
 『ジュリスト』0734:063-070 ※COPY *r
◆19810315 「刑法と男女平等の原理――二重基準の性モラルと性差別」(女性と法律 5)
 『ジュリスト』0736:087-094 ※COPY
◆19810701 「国籍法違憲訴訟と簡易帰化制度――沖縄の実情を考える」
 『ジュリスト』0745:112-117 ※COPY
◆19811001 「男女平等の原理――差別撤廃条約と日本国憲法」
 『ジュリスト』0750:?なし
◆1983   「教育と男女平等」
 『津田塾大学紀要』
◆198302  「男女平等とは」
 『法学セミナー増刊総合特集シリーズ』 [女性と法]:
◆198303  「国際連合における男女平等原理の発展」
 『国際関係学』10
◆198303  「性による分業と法」
 『法社会学』35 *r
◆19830415 「国籍を有する権利と国籍法改正」
 『ジュリスト』07?
◆198402  「男女平等とは」
 『法学セミナー増刊総合特集シリーズ』25→鈴木尚子編[198510:135-148]
◆19840213 「アファ−マティブ・アクションとは(法のなかの性)」
 『時の法令』1204:31-36 *r
◆198408  「婦人差別撤廃条約にみる男女平等権と日本国憲法」
 『ジュリスト』08?
◆19841213 「スタッフとして活躍する女性たち――企業法務部で(法のなかの性)」
 『時の法令』1234:039-044
◆198507  「女性学とは何か――ウィメンズ・スタデーズからフェミニストスタディーズへ」
 『ジュリスト増刊総合特集』039(女性の現在と未来)
◆198507  「離婚制度をめぐって――家族機能の変化と法の対応」
 『法学セミナー増刊総合特集シリーズ』30[女性そして男性]:
◆19861215 「売買春――法はモラルを強要できるか(レポ−ト′86)」
 『時の法令』1295:34-47 ※COPY
◆19870601 「国際化時代と家族」
 『法律時報』59-07(723):040-044 ※COPY
◆19870701 「性のモラルと男女平等――夫婦間レイプ裁判の提起したもの」
 『法律時報』59-08(724):024-029 ※COPY
◆19900601 「セクシュアル・ハラスメントと男女雇用機会均等法」
 『ジュリスト』0956:037-041 ※COPY *r
◆19901001 「性的自由の保障と強姦罪」
 『法学セミナー』35-10(430):032-035 ※COPY
◆19911001 「書評:伊東良徳・大脇雅子・紙子達子・吉岡睦子『教科書の中の男女差別』
 『法学セミナー』36-10(442):131 ※COPY

 ※は生存学資料室にあり


法律・法律学  ◇家族  ◇医療と法  ◇生命倫理  ◇フェミニズム/フェミニスト (feminism/feminist)  ◇WHO

TOP HOME (http://www.arsvi.com)