HOME > WHO >

小辻 寿規

こつじ・ひさのり
English Page

Tweet
last update:20140908


所属 立命館大学大学院先端総合学術研究科大谷大学
生年月日 1985年7月7日
メールアドレス gr003089*ed.ritsumei.ac.jp (*=@)

■研究テーマ

社会的孤立問題の解決政策〜無縁社会をどう変えていくのか〜

■関心事

まちの居場所(まちの縁側orコミュニティカフェ)、孤独死(孤立死)、東日本関東大震災

■学歴

1985年7月7日生 京都府京都市出身
2004.04 大谷大学 文学部 社会学科 入学
2008.03 同大学 文学部 社会学科 卒業
2008.04 立命館大学大学院 社会学研究科 前期博士課程 入学
2010.03 同大学院 社会学研究科 前期博士課程 修了
2010.04 同大学院 先端総合学術研究科 一貫制博士課程3年次 入学

■職歴

2010.11〜2011.03 立命館大学研究推進プログラム「基盤研究」リサーチ・アシスタント(RA)
2011.04〜2012.03 立命館大学衣笠研究機構グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点リサーチ・アシスタント(RA)
2011.07〜2013.06 京都市社会教育委員
2012.04〜2014.03 日本学術振興会特別研究員DC2
2013.02〜 特定非営利活動法人つながるKYOTOプロジェクト理事長
2014.04〜 大谷大学社会学科地域連携コーディネーター

■教歴

2008.04〜2011.09 立命館大学産業社会学部ティーチング・アシスタント
2011.04〜2011.09 立命館大学大学院先端総合学術研究科ティーチング・アシスタント
2014.04〜 大谷大学社会学科地域連携コーディネーター(フィールドワーク担当)

■専門分野

政治学(政策提言、まちづくりなどを含む)、社会学(高齢者の社会的孤立問題、居場所づくり)、社会調査、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)における可能性

■業績 ◇論文(査読有り)
・単著
◆小辻寿規 20110331 「高齢者社会的孤立問題の分析視座」『コア・エシックス』7:109-120、立命館大学大学院先端総合学術研究科 [PDF].
◆小辻寿規 201302** 「まちの居場所の研究──まちの学び舎ハルハウスの事例より」『生存学研究センター報告19 戦後日本の老いを問い返す』:79-97、生存学研究センター
・共著
◆小辻寿規・小林宗之 20110331 「孤独死報道の歴史」『コア・エシックス』7:121-130、立命館大学大学院先端総合学術研究科  [PDF].
◆小林宗之・小辻寿規 201105** 「新聞報道から見る高齢者所在不明問題」『生存学』4 、生活書院
◇論文(査読無し)
・単著
◆小辻寿規 201303** 「『まちの居場所』の誕生と変遷」『創地共望 ―立命館大学地域情報研究センター紀要―』2:26-38、立命館大学地域情報研究センター

◇学会発表・報告など
◆小辻寿規 20080925 「東アジア共同体設立における問題点」東アジアの共生と協同に関する学生フォーラム,立命館大学
◆小辻寿規 20091226 「『地域包括支援センターにおける介護予防・地域支援事業実施状況に関する調査報告書(第1次集計)』孤立潜在化関連業務とケース・相談経験の報告」、高齢者の孤立・潜在化研究会、立命館大学
◆小辻寿規 20100307 「市バス70号系統を考えるアンケート報告」、南太秦学区ワークショップ(MM70号系統(市バス70号)に乗ってサンサ右京へ GO!)、南太秦小学校ふれあいサロン
◆小辻寿規 20100911 「京都から市民の繋がりを」第89回きゅうたなべ倶楽部情報交換会、龍馬館
◆小辻寿規 20100925 「「人をつなぐ福祉のコミュニティづくり」チーム〜つながるKYOTOプロジェクト報告〜」京都市未来まちづくり100人委員会成果報告会、京都御池創生館、つながるKYOTOプロジェクトメンバーとの共同発表
◆小辻寿規 20110209 「京都市におけるまちの縁側の取り組み――京都市におけるまちの縁側調査より」ふれあいの居場所普及サミットin山形、遊学館山形県生涯学習センター
◆小辻寿規・小林宗之 20110209 「明治・大正期の新聞紙面に見る高齢者所在不明問題」ふれあいの居場所普及サミットin山形、遊学館山形県生涯学習センター
◆小辻寿規 20110305 「無縁社会とは何なのか――それにどう対抗していくのか」、"脱"無縁社会シンポジウム〜まちの縁側/地域の居場所の挑戦〜、キャンパスプラザ京都

◇出版されたもの
◆小辻寿規 200911** 「孤立潜在化関連業務とケース・相談経験」『地域包括支援センターにおける介護予防・地域支援事業実施状況に関する調査報告書(第1次集計)』:26-27、立命館大学人間科学研究所 医療・福祉エンパワーメントプロジェクト・サブプロジェクト 高齢者の援助拒否・孤立・潜在化問題研究会
◆小辻寿規 201011** 「脱無縁社会――社会的孤立問題に対する市民からのアプローチ」『福祉のひろば』128(439):26-27、かもがわ出版
◆小辻寿規 201012** 「書評――新しい公共を担う人びと」『協う』122:15 くらしと協同の研究所
◆小辻寿規 編 201103** 『人と人とをつなぐまちの縁側マップ11'〜京都版〜』つながるKYOTOプロジェクト
◆小辻寿規 201103** 「まちの縁側と無縁社会」『人と人とをつなぐまちの縁側マップ11'〜京都版〜』:29 つながるKYOTOプロジェクト
◆小辻寿規 20130220 「まちの居場所の研究──まちの学び舎ハルハウスの事例より」 小林 宗之・谷村 ひとみ 編 『戦後日本の老いを問い返す』,生存学研究センター報告19,153p. ISSN 1882-6539 

◇新聞掲載
◆小辻寿規 20110208 「北区・まちの学び舎 ハルハウス 集い支え合う場に」『京都新聞』
◆小辻寿規 20110302 「地域の絆作り 手助け 活動内容 HPで公開 5日、シンポでも発表 立命大生、サロンや施設 実態調査」『京都新聞』
◆小辻寿規 20110308 「ひとこと:居場所、選択自由に−「“脱”無縁社会シンポジウム」を開いたメンバー・小辻寿規さん」『京都新聞』

◇ラジオ出演
◆小辻寿規 20110228他 「まちづくりチョビット推進室」第70回“脱”無縁社会シンポジウム〜まちの縁側/地域の居場所の挑戦〜ってご存じですか?3月5日(土)に来てね、 京都三条ラジオ・カフェ、http://www.kohsei-const.co.jp/chobitto/110324.html


■所属学会・研究会・勉強会

日本社会学会(http://www.gakkai.ne.jp/jss/)
総合社会福祉研究所(http://www.sosyaken.jp/)
高齢者の孤立・潜在化研究会(http://homepage2.nifty.com/senzaika/)

■行政委嘱委員

◆京都市未来まちづくり100人委員会委員(2009年〜)
 http://kyoto-machiza.jp/

■奨学金・奨励金等

◆2010年度立命館大学大学院博士課程後期課程研究奨励奨学金B
◆2010年度グローバルCOEプログラム奨励奨学金B

■所属及び出身塾

◆小沢一郎政治塾10期生
 http://www.ozawa-ichiro.jp/seijijuku
◆創業塾 平成21年度生(京都商工会議所)(修了)

■ブログ

社会学者見習い兼コンサルタントの徒然なる叫び(http://blog.goo.ne.jp/hkproject)

■twitter

小辻寿規公式twitter(http://twitter.com/hkproject)

■その他

◆「無縁社会の生き方を考える」 http://www.ritsumei-arsvi.org/news/read/id/453
◆第8回京都学生人間力大賞候補者 http://www.ritsumei-arsvi.org/news/read/id/456

■arsvi.comで作成/関連しているファイル

UP:20100722 REV:20110406, 0707, 1006, 20140908
WHO  ◇老い研究会 

TOP HOME (http://www.arsvi.com)