HOME > WHO >

井上 輝子

いのうえ・てるこ



 女性学

 *以下はもちろんごく一部です。

◆198009  『女性学とその周辺』
      勁草書房 2000
◆19810610 「女性の,女性による,女性のための学問」
      女性学研究会編[1981:055-061]
◆19810625 「マスコミにあらわれた性役割神話の構造」
      女性社会学研究会編『女性社会学をめざして』:266-308
      千葉社2970/共通三鷹
◆19840316 「「女性とは何か 上・下」E.シュルロ・O.チボ−編
      西川祐子・天羽すぎ子・宇野賀津子訳
      ――女性の未来を語るための多様な発想の糸口」
      『朝日ジャーナル』26-11:073-075
◆19901120 「メディアの性役割情報と子どもの自我形成――大学生の自己分析」
      女性学研究会編『ジェンダーと性差別』:042-062  三鷹
◆1991   「女性学の先駆者としての山川菊栄」
      『日本婦人問題懇話会会報』51:065-070
◆199105  「メディアが育てる少年・少女」
      『新しい家庭科We』1991-05:20-23
◆199106  「女性に関する情報の整備が進んできた」
      『出版ニュース』6月上旬号:8-11
◆19921201 「核家族のあとに見えてくるもの」
      『婦人公論』077-12(0941):113-117 ※COPY
◆1993   「書評:江原由美子編『フェミニズムの主張』」
      『社会学評論』44-
◆     「メディア・セクシズムを撃つ――「女性とメディア」研究の動向と課題」(研究動向)
      『女性学研究』02:158-189
◆19920430 『女性学への招待――変わる/変わらない 女の一生』
      有斐閣,209p. 1648 ※/千葉社4898共通

編書

◆井上 輝子 編
 1991   『データにみるかわさきの女性』
      川崎市
◆井上 輝子・江原 由美子 編
 19910425 『女性のデータブック――性・からだから政治参加まで』
      有斐閣,303p. 2987 ※/千葉社4633共通 *r
◆井上 輝子・江原 由美子 編
 19950330 『女性のデータブック――性・からだから政治参加まで 第2版』
      有斐閣 *r
◆井上 輝子・江原 由美子 編
 19991220 『女性のデータブック――性・からだから政治参加まで 第3版』
      有斐閣,307p. 3200 ※ *r
◆井上 輝子・女性雑誌研究会 編
 19890930 『女性雑誌を解読する――COMPAREPOLITAN 日・米・メキシコ比較研究』
      垣内出版,275p. 2800 千葉社5151共通

 ※は生存学資料室にあり



女性学  ◇フェミニズム  ◇WHO

TOP HOME (http://www.arsvi.com)