HOME > WHO >

石川 信義

いしかわ・のぶよし
1930〜

last update:20101230

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C0%EE%BF%AE%B5%C1

精神科医。1930年群馬県桐生市に生まれる。平成21年2月まで、医療法人赤城会・三枚橋病院理事長。旧制二高を経て、1952年、東京大学経済学部を卒業。会社勤務ののち、1962年、東京大学医学部を卒業して精神科医となる。東京大学附属病院神経科、都立松沢病院勤務を経て、1968年、群馬県太田市に三枚橋病院を創設し、日本初の完全開放の精神病院を実現。以来、精神病院の自由・開放化、精神障害者の地域化(ノーマライゼーション)運動に力を尽くす。一方、1961年、第5次南極観測隊に参加。1965年、東京大学カラコルム遠征隊の副隊長・登攀隊長をつとめる。

■著書

◇石川 信義 20100527 『開かれている病棟――三枚橋病院でのこころみ 新装版』 ,星和書店,381p. ISBN-10: 4791100182 ISBN-13: 978-4791100187 2284 [amazon][kinokuniya] ※ m

◆仙波 恒雄・石川 信義 198310 『精神病院を語る――千葉病院・三枚橋病院の経験から』,星和書店,336p. ISBN-10: 479110093X ISBN-13: 978-4791100934 [amazon][kinokuniya] ※ m

◆石川 信義 19900520  『開かれている病棟 おりおりの記』 ,星和書店,327p. ISBN-10: 4791101987 ISBN-13: 978-4791101986 [amazon][kinokuniya] ※ m

◆石川 信義 19900501 『心病める人たち――開かれた精神医療へ』,岩波新書,248p. ISBN-10: 400430122X ISBN-13: 978-4004301226 819 [amazon][kinokuniya] ※ m

◆石川 信義 19780425 『開かれている病棟――三枚橋病院でのこころみ』,星和書店,381p. ISBN-10: 4791100182 ISBN-13: 978-4791100187 2284 [amazon][kinokuniya] ※+[広田氏蔵書] m.

 「昭和三八年、精神科医になってはじめて、私は精神病院というところを見た。
 鉄格子の向うには、これまで想像したことのない世界が広がっていた。
 「これはひどい」。心の底からそう思った。あまりのことに心が凍りついて、私は声も立てられなかった。この日に受けた衝撃を私は生涯わすれまい。

 「N病院の閉鎖病棟……。鍵のなかへ入ったとたん、顔をしかめて私は棒立ちになった。」(石川[1990:12])

■言及

広田 伊蘇夫 20010810 「序説」,藤沢・中川編[2001:3]*
*藤沢 敏雄・中川 善資 編 20010810 『追悼 島成郎――地域精神医療の深淵へ』,批評社,『精神医療』別冊,215p. ISBN-10: 4826503350 ISBN-13: 978-4826503358 [amazon][kinokuniya] ※ m

 「あらためて記すまでもなく、島は日本における戦後、唯一の政治闘争、1960年安保闘争の指導者だった。しかし、私にとっての島は、砂川基地反対闘争以来、心の奥底に居座り続けた信頼の星だった。年月を経て、精神病院の開放運動に一石を投じつづけた私の朋友、石川信義と共に、当時、砂川小学校の講堂に寝泊まりし、降り続く雨の中、デモ隊の一員として国家権力に対峙し、反安保闘争の前哨戦として、1959年11月の国会突入時には、これも石川と共に国会の横柵を越え、正門の鉄扉を叩きつづけた。いずれも島の信条に共感した行動であった。論理を越え、自らの行動をもって、亡びゆかんとする人間的情念を呼び起こす魔性こそ、島成郎の本質だった。」(広田[2001:3])

◆立岩 真也 2011/02/01 「社会派の行き先・4――連載 63」,『現代思想』39-2(2011-2): 資料

◆立岩 真也 2011/05/01 「社会派の行き先・7――連載 66」,『現代思想』39-5(2011-5):- 資料

UP:20101230 REV:20110314
精神障害/精神医療  ◇WHO 

TOP HOME (http://www.arsvi.com)