HOME > WHO >

飯田 奈美子

いいだ・なみこ
Iida, Namiko : English Page

Tweet
last update:20171003


■経歴

・立命館大学大学院先端総合学術研究科 公共領域 博士後期課程 2009年度編入
・立命館大学大学院先端総合学術研究科先端総合学術専攻一貫制博士課程修了・博士(学術)2016年3月
・立命館大学大学院先端総合学術研究科 研究生 2016年4月〜
・立命館大学衣笠総合研究機構 生存学研究センター客員研究員 2016年12月〜

■博士論文

「対人援助におけるコミュニティ通訳者の役割考察 : 通訳の公正介入基準の検討」,立命館大学大学院先端総合学術研究科 課程博士学位請求論文,2016.
http://r-cube.ritsumei.ac.jp/handle/10367/7704

■受賞

2017年9月 日本通訳翻訳学会「第1回新崎賞」受賞
博士論文「対人援助におけるコミュニティ通訳者の役割考察 : 通訳の公正介入基準の検討」にて受賞
http://www.ritsumei-arsvi.org/news/read/id/772

■研究・実践テーマ

◆コミュニティ通訳研究
 ・在住外国人や聴覚障害者などの生活場面で必要とされる通訳について
 ・コミュニティ通訳の制度化やシステム構築について
 ・コミュニティ通訳の倫理について

◆在住外国人支援研究
 ・主に中国帰国者の介護や医療に関わる研究
 ・また、外国人支援団体のネットワーク化

◆修士論文 「埋もれた存在」からの脱却――中国帰国者、支援者のライフストーリーからみる移住の構図」 応用人間科学研究科 対人援助領域 2006年提出

■助成金

◆2010年度 大同生命厚生事業 地域保健福祉研究助成
「社会福祉学的視点からみたコミュニティ通訳の専門性確立に関する研究ー専門家とクライエントの関係調整の役割を通して」
◆2013年6月  オーストラリア政府 豪日交流基金 「サー・ニール・カリー奨学金研究出版賞」受賞
◆2016年度 日本科学協会 笹川科学研究助成 実践研究部門「在住外国人の母子保健支援と市民的専門性の形成―新たな通訳技術の構築」
◆2016年度 三菱財団 社会福祉事業・研究助成 「在住外国人の母子保健支援と市民的専門性の形成―新たな通訳技術の構築」

■編訳

◆Sandra,Hale 著 飯田奈美子 編 山口 樹子,園崎寿子,岡田仁子 翻訳 20140625 『コミュニティ通訳――オーストラリアの視点による理論・技術・実践』,文理閣,246 ISBN-10:489259735X ISBN-13:978-4892597350 \ 2,592  [amazon][kinokuniya]

■共著

◆2007年9月 『医療通訳入門』連利博監修 松柏社 第一部2章 「医療通訳における文化的背景の理解」
◆2013年7月 『対人援助学を拓く』村本邦子他編集 晃洋書房 「対人援助場面のコミュニティ通訳」第1部第5章
◆2013年10月 『医療通訳士という仕事−ことばと文化の壁をこえて−』中村安秀他編集 大阪大学出版会「医療通訳士倫理規程を読み解く」第1部第3章

■論文

◆2010年7月「中国帰国者の支援制度からみるコミュニティ通訳の現状と課題──通訳者の役割考察」『立命館人間科学研究』No.21 pp.75-88. PDF
◆2012年 伊藤 美保, 飯田 奈美子, 南谷 かおり, 中村 安秀「外国人医療における医療通訳者の現状と課題――医療通訳者に対する質問紙調査より」(査読付)『国際保健医療』 Vol. 27 (2012) No. 4 p. 387-394
◆2012年03月 「対人援助場面のコミュニティ通訳における「逸脱行為」の分析―事例報告分析を通して―」 『Core Ethics』8 pp.27-39. PDF
◆2014年 「対立型コミュニケーションと服従的説得型コミュニケーションにおける通訳者の中立性の考察」『Core Ethics』10 pp.13-23. PDF
◆2017年6月「対人援助のコミュニティ通訳者の役割考察―通訳の公正介入基準の提案―」『立命館人間科学研究』No.36, pp17-31.
 http://r-cube.ritsumei.ac.jp/bitstream/10367/8276/2/gl_36_iida.pdf

■冊子

◆2008年2月 飯田 奈美子 編集 「在住外国人を対象とした言語保障を考える――コミュニティ通訳の現状と課題から」 立命館大学人間科学研究所 オープンリサーチ整備事業「臨床科学の構築」ヒューマンサービスリサーチ8

■研究ノート

◆「在住外国人および医療観光目的の訪日外国人に対する医療通訳の現状と課題」『立命館大学人間科学研究』 23号  2011年 47ー58 ページ

■書いたもの

◆2008年11月  書評 国際的な人の流れを考えるためにこの人この一冊『ことばが劈かれるとき:竹内敏晴』 『国際人流』第258号
◆2012年12月  「制度の壁 言葉の壁 こころの壁―日本における在留外国人への支援 コミュニティ通訳の現場からめてくるもの−飯田奈美子氏にきく」『国際者気福祉情報』第36号 インタビュー記事 京都国際社会福祉協力会
◆2013年2月  大阪府国際交流団体 「コミュニティ通訳について」
◆2013年6月1日  「中国帰国者・中国残留邦人とは」京都市民新聞 シリーズ人権心のかぎ
◆2013年12月  「当事者性の形成―中国帰国者介護予防教室『夕陽紅の会』の取り組みから」『コリアンコミュニティ研究』4号こりあんコミュニティ研究会
◆2014年 「中国帰国者の移住システムとその社会関係」『生存学──巻頭特集=病/障の身体を(で/から)舞う』7 立命館大学生存学研究センター【編】生活書院
◆2016年10月 「<博論要旨> 対人援助におけるコミュニティ通訳者の役割考察――通訳の公正介入基準の検討」『通訳翻訳研究への招待』No.16.p.186-189.
◆2017年9月 立命館大学生存学研究センター 研究の現場「対人援助場面のコミュニティ通訳現場―母子保健場面のコミュニケーション支援の調査報告書完成―」
http://www.ritsumei-arsvi.org/news/read/id/770
◆2017年9月 対人援助マガジン連載「対人援助通訳の実践から 第1回」対人援助学会
http://www.humanservices.jp/magazine/vol30/53.pdf

■ラジオ

◆2013年5月5日6日  京都放送 「外国籍市民の人権について−中国帰国者」

■国内学会・シンポジウム等における発表

◆2006年3月 「行政通訳の対人援助性について、行政の立場から――福祉事務所生活保護場面の通訳」 第1回 日本パブリックサービス通訳翻訳学会(PSIT)大会
◆2007年9月 「コミュニティ通訳の課題とその専門性確立について」 第3回日本パブリックサービス通訳翻訳学会(PSIT)大会
◆2007年9月 「コミュニティにおける言語保障について」 パネルディスカッション 第3回日本パブリックサービス通訳翻訳学会(PSIT)大会
◆2007年12月 「福祉場面における言語保障について――コミュニティ通訳の現状と課題」 多言語コミュニティ通訳ネットワーク1周年記念シンポジウム
◆2007年12月15日 「在住外国人における言語保障について――コミュニティ通訳の現状と課題」 対人援助学会準備会
◆2008年6月1日 「対人援助場面における 言語保障の課題――コミュニティ通訳の事例分析から」 異文化間教育学会
◆2008年5月31日 「医療通訳について」 訪日外国人の医療と医療通訳を考えるシンポジウム
◆2008年10月 「コミュニティ通訳における通訳者育成の課題について」 第4回日本パブリックサービス通訳翻訳学会(PSIT)大会
◆2008年11月9日 「対人援助場面における在住外国人のコミュニケーションを考える――コミュニティ通訳の現状と課題から」 対人援助フォーラム
◆2009年1月28日 「臨床コミュニケーションとしての医療通訳」 大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD) 臨床カフェ
◆2009年6月 「多文化共生の福祉社会を目指して――外国人生活支援のありかたについて」 京都外国人高齢者障がい者生活支援ネットワーク(京都モアネット)総会
◆2010年1月10日 「中国帰国者の支援制度からみるコミュニティ通訳の現状と課題」 Translation Studies in the Japanese Context
◆2010年6月20日 「多文化共生プランの実現を目指して」京都外国人高齢者・障がい者生活支援ネットワークシンポジウム 於:龍谷大学アバンティ響都ホール
◆2010年10月24日「メディカルツーリズムと医療通訳を考えるみんなのシンポジウム」医療通訳研究会シンポジウム 於:西宮市大学交流センター
◆2010年11月6日「対人援助のコミュニケーションについて考える−対等性、固有性、アドボカシー」  対人援助学会第二回大会 ワークショップ 於:立命館大学
◆2011年1月17日 愛知淑徳大学多元文化学会 講演「コミュニティ通訳ー対人援助通訳 という新たな形」
◆2011年2月27日 第1回 支援のこれから研究会議 「コミュニティ通訳という仕事」於:立命館大学平和ミュージアム3階大会議室
◆2011年3月20日 多言語コミュニティ通訳ネットワークシンポジウム「医療通訳の「正確性」と「公平性」を考える―医療通訳倫理規定作成から」於:大阪大学中之島センター
◆2011年7月9日 「医療通訳士倫理規定」 医療通訳士協議会第4回大会 於:長崎
◆2011年9月10日 「対人援助場面のコミュニティ通訳における「通訳の逸脱行為」の分析―事例報告分析を通して」第11回日本通訳翻訳学会 口頭発表 於:神戸大学
◆2011年9月30日 「医療通訳倫理規定作成の意義とその課題について」 第18回多文化間精神医学会 パネル発表 於:東京丸の内
◆2012年3月4日 「中国帰国者の現状と課題」 京都市国際交流協会行政通訳相談事業公開シンポジウム 於:京都市国際交流会館
◆2012年3月22日 「コミュニケーション障害に対する」通訳行為を考える−「オリジナルの発言」とは何か」 第8回先端総合学術研究科・国際コンファレンス カタストロフィと正義 口頭発表 於:立命館大学
◆2013年4月27日 「当事者性の形成―中国帰国者介護予防教室『夕陽紅の会』の取り組みから」こりあんコミュニティ研究会 大阪市立大学西成プラザ
◆2013年6月15日 「コミュニティ通訳の役割と責任」移住連全国フォーラム2013 分科会 於:甲南大学
◆2016年9月「対人援助におけるコミュニティ通訳者の役割考察――通訳の公正介入基準の提案」 日本通訳翻訳学会第17回年次大会 於:同支社大学.
◆2017年1月「母子保健支援における保健師と通訳者の連携についての提案−保健師・外国人利用者・通訳者に対するアンケート調査結果から―」第34回びわ湖国際医療フォーラム 於:ピアザ淡海(滋賀県)
◆2017年5月 「在住外国人の母子保健支援における保健師と通訳者の連携について―保健師・外国人利用者・通訳者に対するアンケート調査結果から―」日本保健医療社会学会 於:佛教大学
◆2017年8月 行政通訳・相談事業10周年記念シンホ゜シ゛ウム「多文化子育て支援を考える」ファシリテータ 於:公益財団法人京都市国際交流協会
◆2017年9月 「対話通訳における通訳行為のなりたちについての考察―新生児訪問模擬通訳場面の会話分析から―」日本通訳翻訳学会第18回年次大会 研究発表 於:愛知大学

■研修

◆2007年6月9日 京都市国際交流協会行政通訳・相談員研修 「多文化共生と通訳・相談員の姿勢について」
◆2007年10月19日 京都市職員研修 「外国籍市民等とのコミュニケーション研修」
◆2008年1月25日 京都市消防局職員研修 「外国籍市民等とのコミュニケーション研修」
◆2008年7月25日 京都市教育委員会 学校通訳ボランティア第1回研修 「通訳者として活動するにあたって――通訳者の姿勢と役割について」
◆2008年8月24日〜25日 世田谷福祉専門学校手話通訳ゼミ研修 「コミュニティ通訳の基礎知識について――"自己決定のできるコミュニケーション"を考える」
◆2008年8月25日 東京都武蔵村山市手話通訳者研修 「コミュニティ通訳の基礎知識について――手話通訳事例検討」
◆2008年12月5日 大阪府国際交流財団 「医療通訳ボランティア養成研修」
◆2008年12月12日 京都市職員研修 「外国籍市民等とのコミュニケーション研修」
◆2009年3月29日 手話センターひろしま医療通訳スキルアップ研修 「医療通訳スキルアップ研修――コミュニティ通訳と患者が"自己決定のできるコミュニケーション"を考える」
◆2009年1月8日 京都市長寿すこやかセンター主催 介護関係者研修 「異なる文化的背景をもつ高齢者への支援在日コリアンと中国帰国者へのサポートから」
◆2009年 3月29日 手話センターひろしま「医療通訳スキルアップ研修−コミュニティ通訳と患者が"自己決定のできるコミュニケーション"を考える−」
◆2009年8月29日 松原市役所通訳翻訳ボランティア研修「コミュニティ通訳の役割――対象者の自己決定を尊重する通訳」
◆2009年9月13日、27日 岡山県国際交流協会コミュニケーションボランティア研修「コミュニティ通訳とは――行政通訳の事例から」
◆2009年10月10日、11日 HOPEプロジェクト広島電話通訳研修「おもてなしの心で訪日外国人を受け入れるとは 」
◆2009年10月18日 京都府国際センターコミュニティ通訳研修「コミュニティ通訳とは――教育、福祉、医療など対人援助場面の通訳について」
◆2009年11月7日 京都府国際センターコミュニティ通訳研修 シンポジウムコーディネーター:「コミュニティ通訳の現場から――多様な対象者のことばの架け橋になることとは」
◆2009年11月20日 京都市役所職員研修「外国籍市民等とのコミュニケーション研修」
◆2009年11月21日 京都市聴覚言語障害センター手話通訳者研修「自己決定を尊重するコミュニティ通訳のあり方」
◆2009年12月4日 京都市教育委員会学校通訳ボランティア研修「実践!教育場面の通訳――こんな時、どうする?」
◆2010年1月30日 京都市国際交流協会在住外国人のサポートにかかわる人のための実践研修「通訳ボランティアとして活動するために」
◆2010年3月6日 京都YWCA APT相談員研修「自己決定を尊重するコミュニティ通訳のあり方」
◆2010年3月7日 大阪府国際交流財団 医療通訳ボランティアスキルアップ研修 ワークショップ 
◆2010年3月20日 浜松市多文化共生センター 多文化社会のためのソーシャルワーク研修「コミュニティ通訳のあり方を考える」
◆2010年9月12日、11月7日 岡山県国際交流協会コミュニケーションボランティア研修「コミュニティ通訳とは――行政通訳の事例から」
◆2010年11月10日 京都中央看護保健専門学校 「医療場面のコミュニケーションを考える―医療通訳の役割から」
◆2010年11月11日 大阪大学連続講座 医療通訳とコミュニティ 「コミュニティと医療通訳」
◆2010年11月26日 京都市役所職員研修「外国籍市民等とのコミュニケーション研修」
◆2011年3月11日 京都市教育委員会学校通訳ボランティア研修「実践!教育場面の通訳――こんな時、どうする?」
◆2011年3年26日 京都市国際交流協会 行政通訳相談員実践研修
◆2011年5月16日 大阪府国際交流団体 コミュニティ通訳ボランティア研修
◆2011年10年13日 大阪大学人間科学研究科 連続講座 医療通訳とコミュニティ 「コミュニティと医療通訳」
◆2011年11年12日 岡山県国際交流協会 多文化共生コミュニケーションサポーター研修
◆2011年11年16日 京都中央看護保健専門学校 「医療場面のコミュニケーションを考える―医療通訳の役割から」
◆2011年11月21日 大阪府国際交流団体 コミュニティ通訳ボランティア研修
◆2012年2月4日 徳山データサービス 医療通訳研修 「医療通訳概論」
◆2012年3月9日 京都市教育委員会学校通訳ボランティア研修「実践!教育場面の通訳〜こんな時、どうする?〜」
◆2012年5月22日 大阪府国際交流団体 コミュニティ通訳研修講師(5/22,5/24)
◆2012年6月9日 徳島データサービス 「通訳概論」
◆2012年7月19日 鳥取県国際交流財団 医療通訳ボランティア養成講座
◆2012年8月24日25日 鳥取県国際交流財団 コミュニティ通訳ボランティア研修
◆2012年9月7日 東大阪市文化国際課 通訳ボランティア研修
◆2012年9月8日 京都市国際交流協会 カウンセリングディ通訳ボランティア研修
◆2012年10月4日 大阪府国際交流団体 通訳サポーター連絡会講師料(10/4,11/9) 
◆2012年11月10日 岡山県国際交流協会 多文化共生コミュニケーションサポーター研修会
◆2012年12月16日 堺市国際交流プラザ ボランティア通訳研修
◆2013年2月16日 京都市国際交流協会 行政通訳相談員実務研修
◆2013年3月10日 京都YWCA APT相談員研修コミュニティ通訳者の心構え」
◆2013年4月12日 京都市教育委員会学校通訳ボランティア研修「実践!教育場面の通訳 〜こんな時、どうする?〜」
◆2013年5月19日 京都市国際交流協会 カウンセリングディ通訳ボランティア研修
◆2013年12月10日 醍醐消防分署研修「中国残留邦人と中国帰国者の人権問題について―その歴史とコミュニケーション注意点について」
◆2013年12月22日 京都市国際交流協会  行政通訳相談員研修
◆2015年2月 京都国際社会福祉センター福祉職研修「日本における在留外国人への支援〜国際化の足元〜」
◆2015年10月 大阪大学医学系研究科国際・未来医療学講座 医療通訳実践論「倫理規程を読み解く 」
◆2016年5月 福岡AWC 通訳・相談員研修「対人援助のコミュニティ通訳と通訳倫理−通訳者の役割について−」
◆2016年9月 中国残留孤児援護基金 「中国帰国者の支援と通訳について−介護支援を中心に―」
◆2016年10月30日 堺市立国際交流プラザ 「コミュニティー通訳研修(中国語通訳対象「医療・保健」分野 )」
◆2016年11月 京都市保健センター保健師対象研修 「外国人等利用者とのより良いコミュニケーションのために 配慮すること」
◆2016年12月 京都市行政通訳相談事業行政通訳相談員研修 「通訳の基本的姿勢と通訳倫理」
◆2017年1月 かながわ自治体の国際政策研究会研修 「2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に関わる外国人観光客への支援について」
◆2017年2月 徳島県国際交流協会ボランティア通訳研修「コミュニティ通訳の注意点と倫理規定について」
◆2017年3月 沼津市地域自治課国際係ボランティア研修「外国人との交流の際に気を付ける点―言語、文化・習慣、宗教について― 」
◆2017年5月  大阪大学医療通訳養成コース 「医療通訳者の役割」於:大阪大学中之島センター
◆2017年7月  岡山県国際交流協会「地域共生サポーター養成講座」
◆2017年9月 大阪大学医療通訳養成コース 「医療通訳倫理」於:大阪大学中之島センター

■多文化共生施策

◆2016年6月 大阪市 多文化共生施策にかかる有識者意見聴取事業「コミュニティ通訳・翻訳(ボランティア)システムの構築に向けて」
◆2017年1月 和歌山県国際交流協会在住外国人ネットワーク推進会議 ファシリテーター
◆2017年6月,9月,12月,2018年1月 和歌山県国際交流協会「外国人住民とのネットワーク会議〜外国人住民の意見を施策に〜」ファシリテーター

■ワークショップ

◆2011年1月29日〜30日 7回ファイザーヘルスリサーチワークショップ 「安心して、前向きに生きられる社会の実現「つながり」の可能性」於ファイザー研修施設(東京)参加

■その他活動

◆多言語コミュニティ通訳ネットワーク 共同代表 2006年9月設立 http://mcinet.info/
◆きょうと外国人支援ネットワーク 幹事 2006年9月立ち上げ
http://blog.canpan.info/kyotoshiennet/archive/1
◆京都市国際交流協会 行政通訳相談事業 コーディネーター 2007年4月〜
◆京都市中国帰国者支援相談員(中国語通訳者) 2012年〜2016年
◆一般財団法人 自治体国際化協会 地域国際化推進アドバイザー 2016年〜
◆一般社団法人全国医療通訳者協会(NAMI)理事 2016年〜 https://national-association-mi.jimdo.com/
◆日本パブリックサービス通訳翻訳学会(PSIT)理事 http://psit.jp/
◆医療通訳協議会(JAMI) 監事 http://jami.hus.osaka-u.ac.jp/
◆社会福祉士




UP:20090714 REV:20100411, 20110403, 0407, 1202, 0627,20140729, 0801, 20170315, 0317, 1003
WHO 

TOP HOME (http://www.arsvi.com)