HOME > WHO >

石井 美智子

いしい・みちこ


last update:20100825
 法学
 東京都立大学

 *以下立岩のデータベースにあったものだけ

●新着

◆20020822 「中絶の権利」
 市野川編[2002:066-072]*
*市野川 容孝 編 20020822 『生命倫理とは何か』
 平凡社,202p. 2400 ※


1979   「プライヴァシー権としての堕胎決定権
     ――アメリカ判例法による堕胎自由化」,
     『東京都立大学法学会雑誌』19-2:79-170 <212>
1981   「英国「1967年堕胎法」の成立過程」,
     『東京都立大学法学会雑誌』21-2:169-234 <212>
1982   「優生保護法による堕胎合法化の問題点」,
     『社会科学研究』34-4 <212>
19830916  「「医療」としての堕胎
     ――英国一九六七年堕胎法の改正論議にみる同法の特徴と問題点」,
     唄編[1983:410-461] <212>
1983b   「堕胎問題の家族法的分析(一)――家族形成権の概念を基礎として」,
     『社会科学研究』35-4 <212>
1985   「堕胎問題の家族法的分析(二)――家族形成権の概念を基礎として」,
     『社会科学研究』36-5 <212>
198609  「治療としてのリプロダクション――人工受精・体外受精の法的諸問題」
     『ジュリスト増刊総合特集』044(日本の医療これから):198-204
19900630 「堕胎の自由化と女性の権利」
     広渡・平石・小森田・大沢編[1990:031-050]
1991   「オーストラリア(ヴィクトリア州)」
     『比較法研究』53:21ー28 <94>
19940830 『人工生殖の法律学』 有斐閣,205p. 1700<91,94,212,432>
19960130 「人工生殖の問題点――妊娠と中絶の法律学」
     『仏教』34:093-109 ※




法律・法律学  ◇医療と法(学)  ◇生命倫理WHO 

TOP HOME (http://www.arsvi.com)