HOME > WHO >

伊東 香純

いとう・かすみ
[English]

Tweet
last update:20170403


・所属
立命館大学大学院 先端総合学術研究科 公共領域 2015年度入学

・連絡先
itokasumi24(at)gmail.com

■研究テーマ

精神障害者のグローバルな社会運動

■所属学会

日本病院・地域精神医学会
障害学会

■業績

◆論文:査読あり
◇伊東香純,20170330,「支援された意思決定と代理意思決定の違い――国連障害者権利条約採択までの過程から」『Core Ethics』13: 1-12.
◇伊東香純,20160330,「ストレングスモデルにおけるリカバリー概念の批判的検討」『Core Ethics』12: 1-11.[pdf]

◆論文:査読なし
◇伊東香純,20170315,「決定を認められてこなかった人たちからの代理意思決定への批判――国連障害者権利条約採択までの過程から」渡辺克典(編)『生存学センター報告28 障害/社会をめぐる新たな展開と課題――連続セミナー「障害/社会」3』 ,100-132.

◆国内学会報告
(口頭報告)
◇伊東香純,20161015,「精神障害のある被拘禁者の精神医療施設への移送――国連被拘禁者処遇最低原則の改訂過程」(WS1)企画・司会:中田友貴,題目:「刑事司法と精神・発達障害における法心理学的研究の展開を目指して――若手研究者の視点から」,法と心理学会第17回大会 2016年10月15日16日 於:立命館大学大阪いばらきキャンパス(大阪府茨木市)
◇伊東香純,20161013,「『心理社会的障害』の意味――障害問題の解消の仕方に関する差異」(I-B2-4),第59回日本病院・地域精神医学会総会 2016年10月13日14日 於:練馬文化会館・区民産業プラザCoconeriホール(東京都練馬区)
◇伊東香純,20151106,「AAとサバイバーの運動を一括りにする言説の批判的検討――メアリー・オーヘイガンの指摘を基に」(I-E1-6),第58回日本病院・地域精神医学会総会 2015年11月6日7日 於:パルテノン多摩(東京都多摩市)

◆国際学会報告
(ポスター報告)
◇Kirihara Naoyuki, Ryugan, Kato Makiko, Yasuhara Soichi, Yamada Yuhei, Kinoshita Tomoo, Yamamoto Kiyoshi, Sakane Teruyoshi, Sawada Yumiko, Kaya Satoshi, Taniguchi Mayu, Shirataki Yasuko,Ito Kasumi, and Hasegawa Yui, 20161126-28, "The Alternatives to Psychiatry in Japan," Intarnational Network Toward Alternative and Recovery, 20161126-28 於:ラバサ・インターナショナル・コンベンション・センター(インドプネー市)[link]
◇Ito, Kasumi, 20160922-23, "The Situations of Persons with Psychosocial Disabilities all over the World; Issues Concerning Legal Capacity," 障害学国際セミナー 2016年9月22日23日 於:立命館大学大阪いばらきキャンパス(大阪府茨木市)[link]
◇Ito, Kasumi, 20151130, "The Formation of TransAsian Alliance of Persons with Disabilities Psychosocial Disabilities; On Transforming Communities for Inclusion in Asia (TCI-Asia) ," 障害学国際セミナー 2015年11月30日 於:チャンフーゴンセンター(中国北京市)[英語版][日本語版]

◆そのほか印刷されたものなど
◇伊東香純,20170401,「精神障害者のグローバルな草の根運動の研究――誰も閉め出さない世界のために」立命館大学生存学センター『研究の現場』
◇伊東香純,20170318,「世界の精神障害者のおかれている状況――法的能力に注目して 」長瀬修・桐原尚之・伊東香純(編)『生存学センター報告29 障害学国際セミナー 2016――法的能力(障害者権利条約第 12 条)と成年後見制度』,288-295.
◇伊東香純,20170215,「AAとサバイバーの運動を一括りにする言説の批判的検討――メアリー・オーヘイガンの指摘を基に」『病院・地域精神医学』59(2): 181-182.
◇伊東香純,201607,「アジアの精神障害者の社会運動」『おりふれ通信』: 3-4.
◇伊東香純,20120228,「オランダのファミリーグループカンファレンスについて」「精神保健と医療・社会」研究会(編)『精神障害者の意思決定支援』立命館大学生存学研究センター(発行),38-59.[link]

◆そのほか報告
◇伊東香純,20160521,「アジアの精神障害者の状況――TCI-Aの報告から」[link]主催:TCI-ASIA(2015)を報告する有志の会・共催:立命館大学生存学研究センター・全国「精神病」者集団,「共生に向けたアジアにおける精神障害者の実践 〜TCI-A 2015報告事業 京都編〜」 於:立命館大学朱雀キャンパス[案内]

◆翻訳
◇TCI-Asia, 2016, "Submission to the UNCRPD Monitoring Committee, Day of General Discussion, Article 19: Executive Summary," Committee on the Rights of Persons with Disabilities, [link].(=2016,伊東香純(訳),「第19条の一般的討議の日のUNCRPDのモニタリング委員会への提案――エグゼクティブ・サマリー」[link].)
◇WNUSP, APCD, and TCI-Asia, 2015, "Recommendations on Incheon Strategy and persons with Psycho-social Disability,"(=2016,伊東香純(訳),「インチョン戦略と精神障害についての提言」[link].)
◇Kim, Hyung Shik, 201511, "Inclusion of Persons with Psychosocial Disabilities: With Special Reference to Cross-Disability Collaboration and Article 19 of the Convention," the International Human Rights Commission of Korea and KAMI, International Symposium on CRPD and Inclusion of Persons with Psychosocial Disabilities, 45-61.(=2016, 伊東香純(訳),「精神障害者のインクルージョン――障害の種別をこえた協力と障害者権利条約第19条を中心に」[link].)
◇Ikehara, Yoshikazu, 201511, "Inclusion and Legal Capacity of the Persons with Psychosocial Disabilities in Japan," the International Human Rights Commission of Korea and KAMI, International Symposium on CRPD and Inclusion of Persons with Psychosocial Disabilities, 189-199.(=2016,伊東香純(訳),「日本における精神障害者のインクルージョンと法的能力」[link].)
◇Stantegoeds, Jolijn, 20160724, "Experience and Advocacy in the Netherland,"(=20160228,伊東香純(訳),「オランダでの経験とアドボカシー」,「精神保健と医療・社会」研究会(編)『精神障害者の意思決定支援』立命館大学生存学研究センター(発行),6-17.)[link]

◆通訳
◇2016年11月21日-24日 learning institute (TCI-Asia) 於:ラディソンブルホテル(インドプネー市)
◇2016年3月2日-4日 the TCI-Asia plenary 於:アマリウォーターゲイトホテル(タイバンコク市)
◇2015年11月17日-19日 "International Symposium on CRPD and Inclusion of the Person with Psychosocial Disabilities"(17日)、"TCI-Asia Workshop on Transforming Communities for Inclusion"(18日)、TCI-Asiaの内部会議(19-21日のうち19日のみ) 於:オラカイソンドパークホテル(韓国仁川市)

■研究プロジェクト・研究資金

◆個人
◇2017年4月-2018年3月 立命館大学大学院博士課程後期課程研究奨励奨学金 研究奨励奨学金S
◇2016年6月-2017年2月 立命館大学生存学研究センター 2016年度若手研究者研究力強化型「国際的研究活動」研究費
◇2016年4月-2017年3月 立命館大学大学院 育英奨学金 後期課程進学奨励
◇2015年4月-2016年3月 立命館大学大学院 大学院進学奨励奨学金 奨励A

◆プロジェクト
◇法心理・司法臨床研究会,2016年度,「法心理・司法臨床領域における矯正の問題についての理解の深化および実践的協働の在り方の検討」立命館大学大学院学生研究会活動支援制度(代表者:齋藤絢子):研究メンバー
◇病者障害者運動研究団,2016年度,「病者障害者運動研究」,2016年度 生存学研究センター研究プロジェクト(代表者:立岩真也):院生グループ副担当者
◇母子世帯の生活困窮研究会,2016年度,先端総合学術研究科院生プロジェクト(代表者:笹谷絵里):研究メンバー
◇「認知」研究会,2016年度,先端総合学術研究科院生プロジェクト(代表者:佐藤伸彦):研究メンバー
◇「精神保健・医療と社会」研究会,2015年度,「意思決定支援の実践の集積に関する研究」,2015年度 生存学研究センター若手研究者研究力強化型(代表者:立岩真也):実務担当者(副)

■受賞歴

◇立命館大学リサーチプロポーザルコンテスト 敢闘賞

■arsvi.comで作成/関連しているファイル

障害者の権利条約
障害者の権利条約 第12条
障害者の権利条約 第12条(作業部会)
障害者の権利条約 第12条(第3回特別委員会)
障害者の権利条約 第12条(第4回特別委員会)
障害者の権利条約 第12条(第7回特別委員会)
障害者の権利条約 第12条(第8回特別委員会)

障害者施設で入所者19人刺殺

World Network of Users and Survivors of Psychiatry (WNUSP)

Transforming Comminities for Inclusion, Asia (TCI-Asia)

Mary O'Hagan
◇O'Hagan, Mary 1990 "Two Accounts of Mental Distress" [抜粋訳]
◇O'Hagan, Mary 200103 "Recovery Competencies for New Zealand Mental Health Workers" [抜粋訳]
◇O'Hagan, Mary 200211 "Living Well" [抜粋訳]
◇O'Hagan, Mary 200207 "Let the Sunshine in" [抜粋訳]
◇Mental Health Commission 200406 "Our Lives in 2014: A Recovery Vision from People with Experience of Mental Illness for the Second Mental Health Plan and the Development of the Health and Social Sectors" [抜粋訳]
◇Mental Health Commission 2006 "The Acute Crisis: Towards a Recovery Plan for Acute Mental Health Services in New Zealand" [抜粋訳]
◇RAC研究会 200703 『システムから変えたニュージーランド――当事者参加のあり方』
◇Mental Health Advocacy Coalition 2008 "Destination: Recovery / Te Unga ki Uta: Te Oranga" [抜粋訳]
◇O'Hagan, Mary 200912 "Leadership for Empowerment and Equality: A proposed model for mental health user/survivor leadership" [抜粋訳]
◇O'Hagan, Mary 2009 "Recovery Article for Mental Health Today" [抜粋訳]
◇O'Hagan, Mary et al. 200906 "Consumer Survivor Initiatives in Ontario: Building for an Equitable Future" [抜粋訳]
 ◇O'Hagan, Mary Madness Made Me

Jolijn Santegoeds
◇Santegoeds, Jolijn 20130419 "Torture and ill-treatment in mental health care in the Netherlands"
◇Santegoeds, Jolijn 20130718 "Presentation text on the Eindhoven Model - COSP"
◇Santegoeds, Jolijn 20131103 "FGC in mental health care - Belgrade conference"
◇Santrgoeds, Jolijn 20150724 "Presentation text Experiences and Advocacy 24July" 【全訳】
◇Santegoeds, Jolijn 20150728 "Tamaaoba psychiatric hospital visit"
◇Santegoeds, Jolijn 20150730 "Report of my visit to Youwa psychiatric hospital" 【全訳】

Tina Minkowitz


UP:20150602 REV:20150604, 0803, 20160117, 0528, 0809, 1214, 20170403
WHO

TOP HOME (http://www.arsvi.com)