>HOME >WHO

岩井 圭司

いわい・けいじ

last update:20110306

■1961〜。精神科医。一九八六年に神戸大学医学部医学科卒業。現在兵庫教育大学教員。

http://researchmap.jp/iwaik/">
 プロフィール
 精神科の医師ですが、現在は教員養成大学で臨床心理学・精神保健学を担当しています。専門は精神病理学、主たる関心領域はPTSDをはじめとする心的外傷関連領域、および統合失調症。
 いま最も力を入れているのは、精神的被害の法廷評価、すなわち「被害者鑑定」です。これを、刑事精神鑑定、成年後見に係る民事精神鑑定に次ぐ「第3の精神鑑定」と位置づけ、より多くの医師・心理職が積極的に裁判関与できる環境づくりをめざし、研究・啓発・提言を行っています。この十年間で、私的鑑定を合わせると60余件の裁判に関与してきました。
 臨床家としては恩師中井久夫教授のほか、中井先生を通してH.S.Sullivanに学び、また近年はM.Ericksonに私淑しています。
 1961年大阪生まれ。奈良で育ち、1980年大阪教育大学附属高校天王寺校舎卒業、1986年に神戸大学医学部医学科卒業。
 精神保健指定医、日本精神神経学会専門医、同 指導医、日本臨床心理士認定協会認定臨床心理士。」

2007年4月 - 現在兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科(博士課程) 副研究科長
2005年4月 - 現在兵庫教育大学 大学院学校教育研究科 教授
2004年3月 兵庫教育大学 学校教育学部 教授
2000年4月 - 2004年3月兵庫教育大学 学校教育学部 助教授
1998年8月 - 2000年3月兵庫県立精神保健福祉センター 課長
受賞 2007年5月日本精神神経学会 精神医療奨励賞

岩井 圭司 200801 「医学と心理学のすきまから――学校の先生たちへ、親たちへ 」(臨床現場に学ぶ叱り方――精神科の現場から)
『こころの科学』93-96
岩井 圭司 「労災としての自殺――職場メンタルヘルスの視点から」<トピック1>職場メンタルヘルス)
神戸大学医学部神緑会学術誌 23 111-114 2007年8月
西 泰信, 岩井 圭司 「運動依存についての探索的研究」
精神医学 49(4) 377-384 2007年
岩井圭司 2007 「これからの精神病理学の役割と機能、あるいは反・精神病理学」,『精神医療』第4次(45) 77-83(特集 精神医学理論の危機)
岩井 圭司 200605 「PTSD訴訟事例に関して――精神科医にできることとしなければならないこと」,『精神神經學雜誌(Psychiatria et neurologia Japonica)』108(5) 470-474

阪本 健二 199901 『精神療法の旅路――阪本健二論文集』,星和書店 ISBN:4791103890

岩井圭司,20020810,「犯罪被害とメンタルヘルス――被害者と援助者を襲う『離断』について」『精神医療』4-27(102): 145-9.

岩井圭司・墨岡孝・弘末明良・黒川洋二(司会),19980525,「座談会 生物学的精神医学を越えるもの」,『精神医療』4-13(88): 55-75.

■翻訳

◆Sullivan, Harry Stack 1962 Schizophrenia as a Human Process, Norton=1995 中井 久夫・岩井 圭司・加藤 しをり・安 克昌・片岡 昌哉 訳『分裂病は人間的過程である』、みすず書房,500p. ISBN-10: 4622040972 ISBN-13: 978-4622040972 7560 [amazon][kinokuniya] ※ m.

■言及

◆立岩 真也 2013/11/** 『造反有理――身体の現代・1:精神医療改革/批判』(仮),青土社


UP: 20110306 REV:20130816  QLOOKアクセス解析
WHO 

TOP HOME(http://www.arsvi.com)