HOME > WHO >

伊田 広行

いだ・ひろゆき



・〜2005? 大阪経済大学教員
・立命館大学非常勤講師 立命館大学大学院先端総合学術研究科非常勤講師(2006年度)

このHP経由で購入すると寄付されます

■著書・編著

◆伊田 広行 19950228 『性差別と資本制』,啓文社,473p. 3400 ※,
◆伊田 広行 1997 『樹木の時間――もう鼻血もでねえ』,啓文社
◆伊田 広行・ただ えみこ・森島 明美・伊藤 悟・蔦森 樹・やなせ りゅうた 199712 『セックス・性・世界観―新しい関係性を探る』,法律文化社,205p. ISBN: 4589020475 1995 [kinokuniya] 
◆伊田 広行 19980220 『21世紀労働論――規制緩和へのジェンダー的対抗』,青木書店,324p. ISBN: 4250980030 2800 [kinokuniya] ※,
◆伊田 広行 19980420 『シングル単位の社会論――ジェンダー・フリーな社会へ』,世界思想社,280p. ISBN-10: 4790706982 ISBN-13: 978-4790706984 2300 [amazon][kinokuniya] ※,
 内容(「BOOK」データベースより)
 家族単位から個人単位へ。差別的な社会秩序の変革を目標に、われわれの常識、法律・福祉など具体的諸制度を考察する。男女両性にとっての解放論。
 内容(「MARC」データベースより)
 家族単位制度のどこが差別的なのか。その問題点を明らかにし、差別的な社会秩序の変革を目標に、われわれの常識、法律・福祉など具体的諸制度を考察した上で、家族単位から個人単位への変革の必要性を説く。
◆伊田 広行 199804 『シングル単位の恋愛・家族論――ジェンダー・フリーな関係へ』,世界思想社,SEKAISHISO SEMINAR,288p. ISBN: 4790706990 2415 [kinokuniya] 
◆伊田 広行・堀口 悦子・石橋 富士子 200104 『いろんな国、いろんな生き方 ジェンダー・フリーの絵本』,大月書店,37p. ISBN: 4272404458 1890 [kinokuniya] 
◆20030420 『スピリチュアル・シングル宣言――生き方と社会運動の新しい原理を求めて』,明石書店,328p. ISBN: 4750317179 2400 [kinokuniya] ※
◆伊田 広行 200304 『シングル化する日本』,洋泉社,新書y,203p. ISBN: 4896917189 756 [kinokuniya] 
◆伊田 広行 200405 『はじめて学ぶジェンダー論』,大月書店,223p. ISBN: 4272350188 1995 [kinokuniya] 
◆伊田 広行 2006 『続・はじめて学ぶジェンダー論』,大月書店
◆日本女性学会・ジェンダー研究会 編 200606 『Q&A 男女共同参画/ジェンダーフリー・バッシング―――バックラッシュへの徹底反論』,明石書店
◆岩川直樹・斎藤貴男・伊田広行 編著 200702,『貧困と学力』「“エリートでない者”に必要な教育――貧困問題への教育からの回答」,明石書店
◆伊田 広行 200702 『これからのライフスタイル』(「仕事の絵本」シリーズD:絵・後藤範行)大月書店


■論文はこちら(ページ内リンク)


■伊田 広行 19950228 『性差別と資本制』,啓文社,473p. 3400 ※,

 「たしかに常に総資本と個々の資本の利害が一致する訳ではなく、<0416<しばしば矛盾を引き起こす。しかし、一見個別企業は自由に活動できるように見えようとも、その活動枠組みが、その時々の総資本の政策の指導下にあること、国家が諸階級の妥協の場でありつつも、体制維持の代理人として、総資本と基本的には利害を一(いつ)にしていることは、国独資論争を待つまでもなく政治経済学の常識である。
 しかも、個別資本の運動の総体による資本の蓄積運動は、個別資本の意志を越えた、独自の発展法則を持っており、この資本蓄積こそが再生産過程のあり方、その変化をも究極的に規定していくのである。」(416-417)

 ここで言及しているのは上野の『思想の科学』での連載→
 『家父長制と資本制』では以下の箇所(伊田の引用[416]よりも長く引用)
 「「自由市場の原則から言えば、個々の資本家はただ自己の経済合理性にしたがって利潤極大化をはかるべく行動すれば、それが最終的には「予定調和」に達するはずであった。それが私的資本が「私的」である理由である。個々の私的資本は、労働者の再生産に関与しない。労働者<0179<の供給は、資源の供給同様、市場の<外部>に、つまり「自然」に属している。しかも労働市場の成立は、商品市場と同じく、その<外部>からの供給に限界がないことを前提しなければならない。総資本は労働市場の再生産に関心を持つが、個々の資本の利害は、総資本の利害と一致するわけではない。」(上野[1990:179-180])
 「人口政策はしたがって、<近代>国民国家 nation state の成立当初から重要な政治課題だった。市場と個々の資本は労働力の再生産に不関与・無関心を示したが、国家はそうではなかった。」(上野[1990:234])

 以下は上野の(もとになった伊田の未発表論文に対する)応答
 「ここでの眼目は、竹中氏同様、資本制は「自己完結的システム」であり、したがって「自己運動」するということ、そのドライブが「資本蓄積」過程であって、上野は「資本蓄積論に無知」だということである。資本制は市場を超えており、その「自己完結的システム」は、総資本=国家独占資本であるという、絵に描いたように予定調和的な古典マルクス主義的資本制理解である。」(上野[1990:137])


 
>TOP

■言及

◆立岩 真也 1999/01/15 「一九九八年読書アンケート」
 『みすず』41-1(454)(1999-1):34
◆立岩 真也 2005/03/20 「<公共>から零れるもの」
  第59回公共哲学京都フォーラム「ジェンダーと公共世界」
 「さらに考えるべきことは、私の考えはほとんどはしょりますけれど、例えば伊田広行さんが『シングル単位の社会論』を出していますが(伊田[1998])、私は基本的にそれに賛成です。でも、そのシングル単位というのは、生活の保障は別に存在することが込みになります。このように言うと、よく言い返されるのは、そのような政策や社会潮流が、麗しいかどうかは知りませんが、家族なるものを破壊するのではないかという懸念あるいは疑問です。私は、そういうものを、たんなる妄説ではなくて、何かしらのリアリティを持った話だとして受け止めながら、しかしそれを否定するというしかたをすべきだろうと思います。言えることは幾つもあります。例えば先ほどの話で、一人一人が持っている愛情なり、家族という関係と、財の出入りがセットになることによって、かえってその間の愛情や親密性が破壊されることのほうがおそらく多いのです。私はあまりそういう言葉を使いませんが、親密圏なら親密圏という関係を保持する、あるいは保持すべきであるということと、一人一人の生活を保障する制度 があることは、なんら矛盾することではなくて、むしろ一人であれ二人であれ多人数であれ、そういった人たちが構成する、あえて言えば私的な関係を存在させる、むしろ十全に存在させるようなシステムとして構想することもできる。そちらのほうがよいのではないかという言い方ができるでしょう。そしてそれを、ある種の反動として現在現れている事態に対して、言っていくしかないのではないかと考えています。」



論文 (※は生存学資料室にあり)

【〜1999】
◆1991 「カップル単位からシングル単位へ――家父長制的調整概念によるマルクス主義フェミニズムの一展開」『情況』2巻10号 ※
◆1992 「フェミニズム論と小野先生の日本資本主義分析」小野義彦追悼集編集委員会編『小野義彦とその時代』知人社
◆1993 「シングル単位論観点による社会保障制度・税制度の等の再検討」竹中恵美子編『グローバル時代の労働と生活』ミネルヴァ書房
◆199503 「『介護保険構想』と当事者主体」『ジョンフル・ビギン』3 ※
◆1997 「関西でのウーマンリブとフェミニズムの動向」大阪社会運動協会編『大阪社会労働運動史』第7巻所収
◆1998 「家族単位社会が生みだすパート労働問題」『女性労働研究』34号1998年
◆199810 「買売春問題への私の態度」『女たちの21世紀』16号
◆199807 「シングル単位社会の可能性」『AERA Mook:家族学のみかた』,朝日新聞社
◆199808 「『主婦の復権』をめぐって:ジェンダーを誤解し家族単位思考に毒されている」『論座』1998年8月号,朝日新聞社
◆1999 「日本のパート労働の特徴とその劣悪状況の原因分析:欧州との比較および家族単位批判アプローチの観点から」『大阪経大論集』49巻第5号
◆1999 「労働の規制緩和がもたらすもの:労働システム再構築の課題」『大阪経大論集』49巻第5号
◆1999 「スピリチュアル・シングル――生き方と社会運動の新しい原理を求めて」『大阪経大論集』50巻第1−3号
◆1999 「スウェーデンの男女平等――その歴史、制度、課題」『大阪経大論集』50巻第1-2号
「スウェーデンはなぜ男女平等の社会になったか」池内靖子・二宮周平・姫岡とし子・武田春子編著『21世紀のジェンダー論』晃洋書房所収、1999
◆1999 「パートタイム労働と資本制」及び「ILOパート条約批准のために」「キーワード」「ドイツ事情」 国際交流基金編『女性のパートタイム労働――日本とヨーロッパの現状』新水社
◆1999 「ジェンダーバイアス(社会政策における)」『福祉社会事典』弘文堂
◆1999 「未来派シングル単位宣言」(およびQ&A)『週刊金曜日』1999年9月3日号

【2000】
◆2000「<シングル単位>から結婚・離婚をみれば」『性と生の教育』26号(2000年1月)
◆2000 「スウェーデンから学ぶもの――個人単位政策によって男女平等を達成した新福祉国家」『女性労働研究』37号
◆2000 「シングル単位で考える魂ふれあう性のあり方」『週刊金曜日』2000年3月24日号
◆2000 「専任の立場から」大学非常勤講師問題会議編『大学危機と非常勤講師運動』こうち書房
◆2000 「ジェンダー・エシックスの自覚からシングル単位思想の獲得へ」杉本貴代栄 編著『ジェンダーエシックスと社会福祉』ミネルヴァ
◆2000 「パートタイマー」「パート労働法」「家内労働」「育児・介護休業法」「人材派遣法」「ILO156号・家族的責任条約」部落解放・人権研究所編『部落問題・人権事典』解放出版社

【2001】
◆2001 「21世紀のジェンダー論 @―C」、季刊『SEXUALITY』1-4号、エイデル研究所発行
◆2001 「フェミニズム戦略としてのシングル単位論」『女性労働研究』39号
◆2001 「混乱を受け入れるビジョンをもとう」『賃金実務』(産労総合研究所)875号〔2001年3月1日号〕
◆2001 「オランダ・モデルをどう評価すべきか」『女性労働研究』40号

【2002】
◆2002 「豊かな未来社会ってどんなの?」「大阪経済大学地域政策学科編『地域政策のすすめ』法律文化社
◆2002 「セックスワークからみえること:水島報告へのコメント」『職場の人権』14号

【2003】
◆2003 「〈ぎりぎり〉の実践へ――自分の振り返りと現在とこれから」『大阪経大論集』53巻第5号
◆2003 「新しい社会運動の模索――〈スピ・シン主義〉視点からの考察」『大阪経大論集』53巻第5号
◆2003 「〈たましい〉が存在する場所――「混沌の闇世界」という領域への気づき」『大阪経大論集』53巻第6号
◆2003 「〈スピ・シン主義〉的な個人の生き方を考える@−D」『大阪経大論集』53巻第6号-54巻4号
◆2003 「ナショナリズム批判――〈スピ・シン主義〉の観点から」『大阪経大論集』54巻第1号 
◆2003 「〈スピ・シン主義〉の思想的位置」『大阪経大論集』54巻第3号
◆2003 「結婚制度肯定論の批判的検討――望月嵩氏の伊田批判に対しての反論」『大阪経大論集』54巻第4号
◆2003 「シングル単位視点からみえる「結婚」と「恋愛」」『家族社会学研究』第14巻2号
◆2003 「もてない女」@〜F 連載『月刊あれこれ』あれこれ株式会社
◆2003「政治家っていったい何をしているの?――地方政治を内側から調べる」大阪経済大学地域政策学科編『フィールドワークのすすめ』法律文化社
◆2003 「地域政策のニューデザイン」大阪経済大学経済学部編『大阪の経済再生と地域の創生』法律文化社
◆2003 「〈スピリチュアリティ〉概念をめぐる一考察」日本ホスピス・在宅ケア研究会・スピリチュアル部会編『スピリチュアルケアとスピリチュアリティ』(スピリチュアルケアテキスト第1集)
◆2003 「受容・共感と簡単に言うが・・・」月刊『部落解放』2003年5月
◆2003 「私の反戦=非戦の論理」『情況』2003年8・9月号、情況出版
◆200309 「労働者の新しい学び――労働教育ワークショップ」(共同執筆)『職場の人権』第24号
◆「シングル化社会の行方とわたしたちの対応――〈スピリチュアル・シングル主義〉的発想から」『経済科学通信』
◆2003  「やむにやまれず動き出す、スピリチュアルな人」『Volo(ウォロ)』2003年12月号
◆2003  “Part-time work in Japan: An approach to explaining the inferior status of part-time workers” Carl le Grand and Toshiko Tsukaguchi-le Grand eds. “Women in Japan and Sweden: Work and family in two welfare Regimes”Almqvist & Wiksell International, Stockholm (英文論文)

【2004】
◆2004 「スピリチュアルケアをめぐる議論を見渡す」『大阪経大論集』54巻第5号
◆2004 「自殺防止活動とスピリチュアルケアについて」『大阪経大論集』54巻第6号
◆2004−2005 「スピリチュアルに生きる人々@〜G」『大阪経大論集』54巻第5号〜55巻6号
◆2004 「家族にすがらないと生きていけない経済からシングル単位の経済へ」アジア女性資料センター機関誌『女たちの21世紀』No.37
◆200405 「ジェンダーフリーとシングル単位論への疑問・批判を考える」『大阪経大論集』55巻第1号
◆2004 「家族とジェンダー」アジア女性資料センター人権ワークブック作成委員会編『ジェンダーと人権ワークブック』アジア女性資料センター発行
◆200407 「幸福な生き方、充実した生き方について」『大阪経大論集』55巻第2号
◆2004 「スピリチュアルケアをめぐる論点」、日本ホスピス・在宅ケア研究会・スピリチュアル部会編『スピリチュアルケアの理解を深める』(スピリチュアルケアテキスト第2集)
◆200407 「『長いもの』解体の一歩へ:性同一性障害、特例法にあえて功を見る:家族像の“標準”根強いが……」『朝日新聞』2004年7月29日夕刊
◆2004 「Japanese Women in their 30's : Change and Traditional Values」『DAWN』2004年12月号

【2005】
◆200503 「書評  ベル・フックス『フェミニズムはみんなのもの:情熱の政治学』」 日本女性学会誌『女性学』12号 2005年3月発行
◆2005 「私にとってのアンペイドワーク論」 姫岡とし子・池内靖子・岡野八代・中川成美編『労働のジェンダー化――性による労働の再編成』平凡社 所収
◆200504 「NHK番組改ざん問題の背後にあるもの――スピリチュアリティはどこに立ち現れるのか」『情況』2005年4月号
◆2005 「『フェミ嫌い』の論理あるいは気分・無意識に対する私の語り方」『唯物論研究』93号、2005夏、(「性に向かい合う哲学」特集)  
◆200510「フェミを見切っているつもりのあなたへ――フェミニズムの魅力」『現代の理論』5号、2005年10月発行
◆2005 「ジェンダー視点から「新自由主義への対抗」を考える――シングル単位型の社民主義へ」『季刊ピープルズ・プラン』第32号(2005秋号)
◆200512 「家族のあり方とジェンダー・フリー・バッシング」木村涼子編『ジェンダー・フリー・トラブル―――バッシング現象を検証する』白澤社、2005年12月発行
◆???? 「ケアについて」日本ホスピス在宅ケア研究会スピリチュアルケア部会編『テキスト スピリチュアルケア』No3

【2006】
◆2006 「暮らし方/働き方にジェンダーの視点を入れるということ」 労働教育センター編集部・編『ジェンダーバッシングを超えて』(女も男も――自立平等――NO107)労働教育センター発行
◆200607 「バックラッシュ状況とジェンダー概念」女性労働問題研究会編『女性労働研究』No50(青木書店)
◆200610 「攻撃的であることを見直す」「ジェンダーフリー・バッシングの言説」ジェンダー・学び・プロジェクト編集『ジェンダーの視点から社会を見る』(解放出版社、2006年10月)
◆200608 「ジェンダーをめぐる言説を振り返る」『ヒューライツ』No221 2006年8月 解放出版社
◆200608 「フェミニストの一部がどうしてジェンダーフリー概念を避けるのか」若桑みどり・他編著『「ジェンダー」の危機を超える! 徹底討論!バックラッシュ』青弓社、2006年8月

【2007】
◆200702 「ジェンダー重視時代の新しい政治」畑山敏夫・平井一臣編『新 実践の政治学』法律文化社


REV:..20030927 20051225 20060123, 0313, 0403, 20090205
労働  ◇女性の労働・家事労働・性別分業  ◇家族  ◇フェミニズム  ◇WHO

TOP HOME (http://www.arsvi.com)