HOME > WHO >

萩原 由加里

はぎわら・ゆかり



立命館大学大学院先端総合学術研究科

■研究テーマ

■業績

◆論文
「京都におけるアニメーション制作――J・O・スタジオ・トーキー漫画部の活動より」『Core Ethics』vol.5、立命館大学大学院先端総合学術研究科、2009年3月pp.261-272 [PDF]
「1930年代から40年代の日本アニメ製作 ―手引書を中心に―」『Core Ethics』Vol.4、立命館大学大学院先端総合学術研究科、2008年3月、pp.265-275

◆学会発表・報告など
「政岡憲三論―黎明期の日本アニメーション―」日本アニメーション学会・関西アニメーション部会,京都大学,2008年11月9日
「オタクからクリエーターへ ―ガイナックス3作品の分析―」〈花・歌・人形〉の開かれた文化研究会(同志社大学人文科学研究所第10研究) 於:同志社大学、2008年7月9日
「日本アニメの系譜」アジア藝術学会第5回日本大会、立命館大学、2007年8月27日



UP:20080627 REV:20090524
WHO

TOP HOME (http://www.arsvi.com)