HOME > WHO >

Heumann, Judith E.

ジュディ・ヒューマン


このHP経由で購入すると寄付されます

1948 生
 1歳半 ポリオ (NHK…2歳)
   車いすのため小学校への入学を拒否される 4年生になって特別学級ができ
   るまでは家庭教師について勉強
   高校入学時も拒否されるが,母親がほかの母親と共同して闘い,通学用のバ
   スなどを用意させる
   ロング・アイランド大学入学 寮に入ることを拒否される 学部長と交渉 
   認められる
   教員採用試験(スピーチと演劇) 筆記試験・口述試験バス 身体検査で不
   合格
   ニューヨーク市教育委員会を相手に裁判 勝訴
70 ニューヨークの「活動する障害者の会」づくりに専念
 73 UCLAの大学院
   一時,上院議員の秘書をするためワシントンへ
 75 CIL副所長
77 「リハビリテーション法」の早期実施をめぐってのデモンストレーションの
   指導的役割を果たす
  * NHK[1982:56:58]
 88 RI出席のため来日
現在 世界銀行顧問

『そよ風』15(83年):10-13,8(81):33-37,9(81):33-37

◆19880901 「共に手を携えて」 三ツ木編[1988:364-368] ※

◆「アメリカの障害者教育を一変させた個別障害者教育法(IDEA)の役割」
 J・ヒューマン&D・エリングスタッド
 『季刊福祉労働』86 2000年3月25日発行
◆インタビュー  ジュディ・ヒューマン
 (前・世界障害研究所副所長、現在米国教育省特殊教育・リハビリテ−ション・サービス局次長)
 「当事者が政策決定過程で重要な位置を占めることが大切です」
 『季刊福祉労働』81 1998年12月25日発行


UP:? REV:20030604
WHO  ◇障害者・障害者運動 in USA
TOP HOME (http://www.arsvi.com)