HOME > WHO >

萩原 浩史

はぎわら・ひろし

Tweet
last update: 20160728


■研究分野

 社会福祉学(とくに精神保健福祉)

■学歴

 2009.04 立命館大学大学院先端総合学術研究科一貫制博士課程入学
 2006.03 日本福祉大学大学院社会福祉学研究科社会福祉学専攻博士前期課程修了(社会福祉学修士)

■学術論文

◆2016.03 「三障害ワンストップをめぐる相談支援体制の再編――大阪市の場合」『Core Ethics』vol.12、275-286. [外部リンク:PDF
◆2015.03 「障害者分野におけるケアマネジメント導入をめぐる迷走と諸問題・1995年――2006年」『Core Ethics』vol.11、159-170. [外部リンク:PDF
◆2014.03 「障害者施策の変遷と相談支援・1996年――2000年」『Core Ethics』vol.10、179-190. [外部リンク:PDF
◆2012.03 「精神障害者と相談支援――精神障害者地域生活支援センターの事業化の経緯に着目して」,『Core Ethics』8, p.317-327. [外部リンク:PDF
◆2011.03 「テレビドラマにみる精神障害者像――『きちがい』から『心の病』へ」立命館大学生存学研究センター編『生存学』3,生活書院,pp. 133-143
◆2010.03 「行政主導による精神保健福祉に関する普及啓発活動――その批判的考察」『Core Ethics』6,立命館大学大学院先端総合学術研究科,pp. 339-348
◆2008.03 「精神障害者地域生活支援センターにおける地域交流――Aセンターの実践事例を基に」『社会福祉学研究』3,日本福祉大学大学院社会福祉学研究科,pp. 35-46

(査読なし)
◆2013.03 「精神障害者退院促進支援事業は何を「支援」したのか?――Aさんの事例調査分析にもとづく考察」後藤玲子編『トヨタ財団2010年度研究助成プログラム研究実績報告書 ノマド・逃がす・ケイパビリティ』,87-95.

■学会報告等

◇単独報告
◆2014.11.22 「精神障害者の退院支援をめぐる諸問題」2014年度ソーシャルワーク事例研究会キックオフ・フォーラム「地域包括ケアシステム構築のための他職種連携・協働の方法」 於:日本福祉大学名古屋キャンパス
◆2012.12.01 「精神障害者への相談支援--現場から見えてきたこと」支援のこれから研究会議「ケイパビリティ・アプローチの臨床的展開に向けて」, 立命館大学国際平和ミュージアム.
◆2010.08.29 「「きちがい」から「心の病」へ――テレビドラマにみる狂気の変遷」第10回「精神保健・医療と社会」研究会 於:立命館大学
◆2007.09.23 「精神障害者地域生活支援センターにおける地域交流実践の評価に関する研究」日本社会福祉学会第55回全国大会 於:大阪市立大学
◆2005.10.08 「精神障害者社会復帰施設と地域社会との共生関係成立条件に関する研究」日本社会福祉学会第53回全国大会 於:東北福祉大学
◆2005.09.03 「校区内の医療機関と地域の連携」2005年度豊中市公民分館研究大会 於:豊中市立アクア文化ホール
◆1999.11.12 「地域生活支援センターにおけるグループ形成の流れ」日本病院地域・精神医学会第42回全国大会 於:沖縄コンベンションセンター
◆1999.09.16 「地域生活支援事業について」第1回大阪医科大学臨床精神医学研究会 於:ホテルグランヴィア大阪

◇共同報告
◆2004.07.16 「病棟と社会復帰部門の協働・連携の試み」第32回日本精神科病院協会・精神医学会 於:神戸ポートピアホテル

◇その他
◆2016.06.23 関西福祉科学大学「精神保健福祉援助実習指導T」ゲスト講師、「地域活動支援センターにおける超☆本当の相談支援事業の実際」、於:関西福祉科学大学
◆2016.06.15 大阪精神障害者地域生活支援連絡協議会定例会「社会保障政策からみた地域活動支援センターの変遷――1970年代から2010年代にかけて」講師、於:エル・おおさか
◆2015.11.18 淀川区保健福祉センター・淀川区地域自立支援協議会「アルコール依存症事例検討会」司会、於:淀川区保健福祉センター
◆2015.06.11 関西福祉科学大学「精神保健福祉援助実習指導T」ゲスト講師、「地域活動支援センターにおけるかなり本当の相談支援業務の実際」、於:関西福祉科学大学
◆2015.02.21 財団法人京都市国際交流協会行政通訳研修「メンタルヘルスを抱えている相談者の相談対応について――燃え尽きてしまわないために」講師、於:京都市国際交流会館
◆2014.08.18 西淀川区地域自立支援協議会居宅介護事業所部会研修会「精神障害者にホームヘルプサービスが必要な理由――地域移行支援から考える」講師、於:西淀川区役所
◆2014.06.05 関西福祉科学大学「精神保健福祉援助実習指導T」ゲスト講師、「地域活動支援センターにおけるホントに本当の相談支援業務の実際」、於:関西福祉科学大学
◆2014.02.07 2013年度関西福祉科学大学 福祉・保育実習セミナー「次世代を担う専門職をともに育てる――実践現場から大学や学生に求めること」シンポジスト、於:シェラトン都ホテル大阪
◆2013.07.12 淀川区社会福祉協議会推進員研修「しんどさへの理解――精神障害から身近な心の健康まで」講師、於:淀川区社会福祉協議会
◆2013.06.06 関西福祉科学大学「精神保健福祉援助実習指導T」ゲスト講師、「地域活動支援センターにおける相談支援業務の実際」、於:関西福祉科学大学
◆2012.11.14 西淀川区地域自立支援協議会居宅介護事業所部会研修会「「しんどさ」への理解――精神障害から身近なメンタルヘルスまで」講師、於:西淀川区役所
◆2012.11.08 平成24年度淀川区地域自立支援協議会研修会「発達障がい児への支援」司会、淀川区役所
◆2012.07.12 淀川区地域自立支援協議会「相談支援フォーラム」パネリスト、淀川区役所
◆2012.06.07 関西福祉科学大学「精神保健福祉援助実習指導T」ゲスト講師、「地域活動支援センターにおける相談支援業務の実際」、於:関西福祉科学大学
◆2011.10.08 大阪精神保健福祉士協会定例会「これからの精神保健福祉に期待すること」司会、於:エル・おおさか
◆2011.06.20 NPO法人Flat・きた 自立生活センターFlat・きた職員研修、講師、「精神保健福祉基礎講座―精神障害の理解から具体的支援まで」、於:自立生活センターFlat・きた
◆2011.06.09 関西福祉科学大学「精神保健福祉援助実習指導T」ゲスト講師、「地域活動支援センターにおける相談支援業務の実際」、於:関西福祉科学大学
◆2010.10.23 大阪精神保健福祉士定例会「本音で語ろう!退院促進」司会,主催:大阪精神保健福祉士協会 於:大阪市社会福祉研修・情報センター
◆2010.09.25 日本福祉大学大学院「福祉サービスマネジメント特講T」実務家教員、「地域住民との協働関係に向けたPSWの役割」 於:日本福祉大学名古屋キャンパス
◆2010.09.09 平成22年度淀川区地域自立支援協議会研修会「障害者支援における余暇活動の意義」パネリスト、主催:淀川区地域自立支援協議会 於:淀川区役所
◆2010.07.10,07.17 日本福祉大学「ソーシャルワーク演習T」ゲスト講師、於:日本福祉大学
◆2010.02.07 精神障害者地域生活支援全国規模フォーラムin大阪 パネルディスカッション「これからの生活支援のあり方」パネリスト、主催:大阪精神障害者地域生活支援連絡協議会 於:クレオ大阪東
◆2010.01.14 平成21年度淀川区地域自立支援協議会研修会「障害程度区分認定からサービス利用の流れについて」司会、主催:淀川区地域自立支援協議会 於:淀川区役所
◆2009.10.09 淀川区地域支援システム研修会「障がい者が地域で生活するために―淀川区における相談支援事業について」シンポジスト、「地域での障がい者支援について考える」 主催:淀川区役所 淀川区保健福祉センター 淀川区社会福祉協議会 於:淀川区民センター
◆2009.09.09 日本福祉大学大学院「福祉サービスマネジメント特講T」実務家教員、「地域住民との協働関係に向けたPSWの役割」、於:日本福祉大学名古屋キャンパス

■印刷されたもの

◆2014.06 「第2章第2節 精神障害者の退院支援をめぐる諸問題」野口定久編集代表・ソーシャルワーク事例研究会編『ソーシャルワーク事例研究の理論と実際 個別援助から地域包括ケアシステムの構築へ』中央法規、41-55.
◆2014.05 「第2章第4節15 地域活動支援センター」関西福祉科学大学社会福祉実習教育モデル研究会編『相談援助実習ハンドブック』ミネルヴァ書房、54-56.
◆2013.05 「迷走する退院支援――大阪市の現状から」『PSW通信』No.184/2012.5.15,3-4.
◆2010.10 「地域における包括的支援体制の構築をめざして――地域連携を考えて」,『地域に生きる』43,社会福祉法人北摂杉の子会,7
◆2009.03 「地域住民から「待った」が掛った!――精神障害者施設が行う地域交流」,『日本福祉大学大学院ケース教材』,日本福祉大学大学院GP推進委員会
◆2003.03 「第13章 事例研究W(精神障害者地域生活支援センター――ケアマネジメントを中心に)」,相澤譲治・篠原由利子編『精神保健福祉援助演習』,(株)kumi,pp.177-192
◆2002.12 「ひゅうまん通信――精神障害者が地域でともに暮らしていくために」,『広報とよなか』12月号,豊中市政策推進部広報公聴課,8-9
◆2002.08 「巻き込まれ型生活支援のあり方――自治会活動を通じて」『Facilites Net』6(1),全国精神障害者社会復帰施設協会,55-60
◆2000.03 「シリーズ 暮らしの拠点生活支援センター――病院敷地内だが医療色が少ない地域生活支援センター」,『精神保健ジャーナル ゆうゆう』37,萌文社,60-65

■所属学会等

◇日本社会福祉学会 [外部リンク]学会HP
◇関西社会福祉学会 (上記の日本社会福祉学会HP→地方部会情報→関西)
◇日本社会福祉士会 [外部リンク]団体HP
◇日本精神保健福祉士協会 [外部リンク]団体HP

■社会的活動

◇大阪地方裁判所精神保健参与員(2005年07月〜2015年03月)
◇大阪市障害支援区分認定審査委員(2006年04月〜)
◇日本福祉大学実務家教員(2007年04月〜2012年03月)
◇淀川区地域自立支援協議会委員長(2008年07月〜2011年03月・2013年04月〜2015年03月)
◇大阪精神保健福祉士協会運営委員(2010年04月〜2014年03月)
◇NPO法人スリーピース監事(2010年04月〜)


UP: 20090608 REV: 20100225, 0301, 20110410, 201200608, 20130522, 1113, 20140708, 0824, 20150331, 20160406, 20160408, 20160728
WHO 

TOP HOME (http://www.arsvi.com)