HOME > WHO >

Foucault, Michel

ミシェル・フーコー
last update:20140111

このHP経由で購入すると寄付されます

◆箱田 徹 20130920 『フーコーの闘争――〈統治する主体〉の誕生』,慶應義塾大学出版会,320p. ISBN-10: 4766420667 ISBN-13: 9784766420661 \2500+税 [amazon][kinokuniya] ※
『フーコーの闘争――〈統治する主体〉の誕生』表紙

【関連サイト】

◇ Michel Foucault Archive (仏, 英ほか) http://michel-foucault-archives.org/
◇ Portail Michel Foucault (仏) http://portail-michel-foucault.org/ ※関連行事、出版物の案内など。
◇ Foucault News(英、仏ほか) http://foucaultnews.wordpress.com/ ※関連情報のアップデート
◇ Foucault Info (英) http://foucault.info/
◇ michel-foucault.com (英) http://www.michel-foucault.com/


一次文献
単著・編著
コレージュ・ド・フランス講義録
ミシェル・フーコー思考集成
その他
1次文献に関するウェブサイト
二次文献
邦語
邦語以外
関連雑誌
引用
関連催しもの

confession|告白・告解
discipline|規律・訓練


一次文献

単著・編著

◆は著書, ◇は編著 ※のあるものは生存学資料室にあり(以下同じ)

◆Foucault, Michel 1954 Maladie mentale et personnalité, Presses universitaires de France. =19971210 中山 元 訳 『精神疾患とパーソナリティ』,筑摩書房,265p. ISBN-10:4480083944 ISBN-13:978-4480083944 \840+税 [amazon][kinokuniya] *『精神疾患と心理学』との異同の指摘を含む。
◆Foucault, Michel 1961 Folie et déraison: histoire de la folie à l'âge classique, Plon →増補版 Histoire de la folie à l'âge classique: Folie et déraison, Gallimard. =197502 田村 俶 訳,『狂気の歴史――古典主義時代における』,新潮社,621p. ISBN-10: 4105067028 ISBN-13: 978-4105067021 \6300 [amazon][kinokuniya] p0601, c0105 ※
◆Foucault, Michel 1962 Maladie mentale et psychologie, Presses universitaires de France, 104p. =19700205 神谷 美恵子訳  『精神疾患と心理学』,みすず書房,173p. ISBN-10:4622023407 ISBN-13: 978-4622023401 [amazon][kinokuniya] ※
◆Foucault, Michel 1963 Raymond Roussel, Gallimard. =197501,豊崎光一訳 『レーモン・ルーセル』,法政大学出版局,261p. ISBN-10: 4588000608 ISBN-13: 9784588000607 \3200+税 [amazon][kinokuniya] p0601, c0105 ※
◆Foucault, Michel 1963 Naissance de la clinique : une archéologie du regard médical, Presses universitarires de France. =19691230 神谷 美恵子 訳 『臨床医学の誕生』,みすず書房,322p. ISBN-10: 4622022176 ISBN-13: 9784622022176 ※→20111110 神谷 美恵子『臨床医学の誕生』,みすず書房,392p. ISBN-10: 4622083418 ISBN-13: 978-4622083412 \3800+税 [amazon][kinokuniya]
→(改訂版)Foucault, Michel 1971 Naissance de la clinique: une archéologie du regard médical, Presses Universitaires de France.
◆Foucault, Michel 1966 Les mots et les choses: une archéologie des sciences humaines, Gallimard. =19740605 渡辺一民・佐々木明 訳,『言葉と物――人文科学の考古学』,新潮社,413p. ISBN-10: 410506701X ISBN-13: 9784105067014 \4500 [amazon][kinokuniya]  ※原書・翻訳共
◆Foucault, Michel 1969 L'archéologie du Savoir, Gallimard. =2012 =20120906,慎改 康之 訳 『知の考古学』,河出書房新社,440p. ISBN-10: 4309463770 ISBN-13: 9784309463773 \1300+税 [amazon][kinokuniya]
cf. =1970 中村 雄二郎 訳 『知の考古学』,河出書房新社,401p. ASIN: B000J9BR22
→19810210 中村 雄二郎 訳 『知の考古学』,改訳新版,現代思想選10,河出書房新社,367p. ISBN-10:4309707106 ISBN-13:978-4309707105
→19950825 中村 雄二郎 訳 『知の考古学』,改訳新版,河出・現代の名著,河出書房新社,372p. ISBN-10:4309706118 ISBN-13:978-4309706115
→20060221 中村 雄二郎 訳 『知の考古学』,新装版,河出書房新社,372p. ISBN-10:430924369X ISBN-13:978-4309243696
◆Foucault, Michel 1966 La pensée du dehors, Montpelier: Fata Morgana. (=1978, 豊崎光一訳『外の思考――ブランショ・バタイユ・クロソウスキー』朝日出版社. →=1999, 豊崎光一訳「外の思考」蓮實重彦・渡辺守章監修/小林康夫・石田英敬・松浦寿輝編『文学・言語・エピステモロジー』所収. )
◆Foucault, Michel 1970, Sept propos sur le septième ange, Montpelier: Fata Morgana.(=1999, 豊崎光一・清水正訳「第七天使をめぐる七言」蓮實重彦・渡辺守章監修/小林康夫・石田英敬・松浦寿輝編『歴史学/系譜学/考古学――1968-1970』所収. )
◆Foucault, Michel 1971 L'ordre du discours, Gallimard. (=1972, 中村雄二郎訳『言語表現の秩序』,河出書房新社. ) ※原書・翻訳共
◇Foucault, Michel ed., 1973 Moi, Pierre Rivière, ayant égorgé ma mère, ma soeur, et mon frère... : un cas de parricide au XIXe siécle, Gallimard. =197509, 岸田 秀・久米 博 訳 『ピエール・リヴィエールの犯罪――狂気と理性』,河出書房新社,291p.
→19950825 岸田 秀・久米 博 訳 『ピエール・リヴィエールの犯罪――狂気と理性』,改訂版新装,河出・現代の名著,河出書房新社,291p. ISBN-10:4309706134 品切
=20100820,慎改 康之・柵瀬 宏平・千條 真知子・八幡 恵一 訳 『ピエール・リヴィエール――殺人・狂気・エクリチュール』,河出書房新社,502p. ISBN-10: 4309463398 ISBN-13: 978-4309463391 \1300+税 [amazon][kinokuniya]
◆Foucault, Michel 1973 Ceci n'est pas une pipe, Montpelier: Fata Morgana. ※
=豊崎 光一・清水 正 訳 1986 『これはパイプではない』 哲学書房. ;=1999, 岩佐 鉄男 訳「これはパイプではない」蓮實重彦・渡辺守章監修/小林康夫・石田英敬・松浦寿輝編『歴史学/系譜学/考古学――1968-1970』所収. )
◆Foucault, Michel 1975, Surveiller et punir: naissance de la prison, Gallimard(=1977, 田村俶訳『監獄の誕生――監視と処罰』新潮社. ※ )(=1977, Alan Sheridan, trans. Discipline and Punish: The Birth of the Prison, New York: Pantheon Books, 1977. ※)
 [amazon][kinokuniya] ※
◆Foucault, Michel 1976 La volonté de savoir, Gallimard. (=1986, 渡辺守章訳『知への意志――性の歴史I』新潮社. ) ※原書・翻訳共
(=1977, Robert Hurley, trans. The History of Sexuality Vol.I: An Introduction, New York: Pantheon Books, 1978.)
◇Foucault, Michel ed., 1979 Herculine Barbin dite Alexina B., Gallimard. (=1980, 蓮實重彦訳「両性具有者と性」『海』137: 322-328.;1998, 浜名恵美訳「両性具有者エルキュリーヌ・バルバンの手記に寄せて」 バルザック ほか『書物の王国9 両性具有』国書刊行会:107-113.) ※翻訳(copy) *フーコーの序文のみ
◇Foucault, Michel ed., 1979 Les machines à guerir, aux origines de l'hôpital moderne,Bruxelles: P. Mardaga
◇Farge, Arlette, et Michel Foucault ed., 1982 Le désordre des familles : lettres de cachet des Archives de la Bastille au XVIIIe siècle, Gallimard.
◆Foucault, Michel 1984 L'usage de plaisirs, Gallimard. (=1986, 田村俶訳『性の歴史U――快楽の活用』新潮社. ) ※原書・翻訳共
◆Foucault, Michel 1984 Le souci de soi, Gallimard. (=1986, 田村俶訳『性の歴史V――自己への配慮』新潮社. ) ※原書・翻訳共

コレージュ・ド・フランス講義

*原著刊行済は◆、未刊行は◇

◆1970-1971 『知への意志』
Foucault, Michel 2011 Leçon sur la volonté de savoir. Suivi de Le savoir d'oedipe: cours au Collège de France (1970-1971), Gallimard/Le Seuil.
◇1971-1972 『刑罰の理論と制度』 (Théories et Institutions pénales)
◆1972-1973 『懲罰社会』
Foucault, Michel 2013 La Société punitive: cours au Collège de France (1972-1973), Gallimard/Le Seuil.
◆1973-1974 『精神医学の権力』
Foucault,Michel 2003 Le pouvoir psychiatrique: cours au Collége de France (1973-1974), Gallimard/Le Seuil
=20060210 慎改 康之訳 『精神医学の権力:コレージュ・ド・フランス講義1973-1974年度(ミシェル・フーコー講義集成4)』,筑摩書房 476p. ISBN-10: 4480790446 ISBN-13: 978-4480790446 \5800+税 [amazon][kinokuniya] ※
◆1974-1975 『異常者たち』
Foucault, Michel 1999 Les Anormaux: cours au Collège de France (1974-1975), Gallimard/Le Seuil
=20021025 慎改 康之訳 『異常者たち:コレージュ・ド・フランス講義1974-1975年度(ミシェル・フーコー講義集成5)』,筑摩書房 414p. ISBN-10: 4480790454 ISBN-13: 978-4480790453 \5600+税 [amazon][kinokuniya] ※
◆1975-1976 『社会は防衛しなければならない』
Foucault, Michel 1997 Il faut défendre la société: cours au Collège de France (1975-1976), Gallimard/Le Seuil,
=20070825 石田 英敬・小野 正嗣訳 『社会は防衛しなければならない:コレージュ・ド・フランス講義1975-1976年度(ミシェル・フーコー講義集成6)』,筑摩書房,304+4p ISBN-10:4480790462  ISBN-13:9784480790460  \5040[amazon][kinokuniya] s03 ※
◆1977-1978 『安全・領土・人口』
Foucault, Michel 2004 Securité, Territoire, Population: cours au Collège de France (1977-1978), Gallimard/Le Seuil
=20070625 高桑 和巳訳 『安全・領土・人口:コレージュ・ド・フランス講義 1977-1978年度(ミシェル・フーコー講義集成7)』, 筑摩書房 541p. ISBN-10: 4480790470 ISBN-13: 978-4480790477 \5775 [amazon][kinokuniya] ※
◆1978-1979 『生政治の誕生』
Foucault, Michel 2004 Naissance de la biopolitique: cours au Collège de France (1978-1979), Gallimard/Le Seuil
=20080825 慎改 康之 訳 『生政治の誕生:コレージュ・ド・フランス講義1978-1979年度(ミシェル・フーコー講義集成8)』,筑摩書房 421p. ISBN-10: 4480790489 ISBN-13: 978-4480790484 \5775 [amazon][kinokuniya] s03 ※
◆1979-1980 『生者の統治』 Foucault, Michel 2012 Du Gouvernement des vivants: cours au Collège de France (1979-1980), Gallimard/Le Seuil.
◇1980-1981 『主体性と真理』 (Subjectivité et vérité)
◆1981-1982 『主体の解釈学』
Foucault, Michel 2001 L'herméneutique du sujet: cours au Collège de France (1981-1982), Gallimard/Le Seuil.
=20040205 廣瀬 浩司・原 和之 訳 『主体の解釈学:コレージュ・ド・フランス講義 1981-1982年度(ミシェル・フーコー講義集成11)』,筑摩書房 634p. ISBN-10: 4480790519 ISBN-13: 978-4480790514 \6720 [amazon][kinokuniya] c0192 ※
◆1982-1983 『自己と他者の統治』
Foucault, Michel 2008 Le Gouvernement du soi et des autres: cours au Collège de France (1982-1983), Gallimard/Le Seuil
=20100424 阿部崇訳 『自己と他者の統治:コレージュ・ド・フランス講義1982-1983年度(ミシェル・フーコー講義集成12)』,筑摩書房 505p. ISBN-10: 4480790527 ISBN-13: 978-4480790521 \6400+税 [amazon][kinokuniya]
◆1983-1984 『真理の勇気』
Foucault, Michel 2009 Le Courage de la vérité. Le Gouvernement du soi et des autres II: cours au Collège de France (1983-1984), Gallimard/Le Seuil.
=20120220 慎改 康之 訳 『真理の勇気:コレージュ・ド・フランス講義1983-1984年度(ミシェル・フーコー講義集成13)』,筑摩書房 459p. ISBN-10: 4480790535 ISBN-13: 9784480790538 \5900+税 [amazon][kinokuniya]

*原著はGallimard/Le Seuilから1997年に刊行開始。日本語は筑摩書房が版元

ミシェル・フーコー思考集成

Foucault, Michel 1994 Dits et écrits, 4 tômes, Gallimard.(=1998-2002, 蓮實重彦・渡辺守章監修/小林康夫・石田英敬・松浦寿輝編『ミシェル・フーコー思考集成』全10巻, 筑摩書房. ) ※

『ミシェル・フーコー思考集成 全10巻』筑摩書房
蓮實重彦・渡辺守章 監修/小林康夫・石田英敬・松浦寿輝編
◆T1954−1963 『狂気・精神分析・精神医学』
◆U1965−1967 『文学・言語・エピステモロジー』
◆V1968−1970 『歴史学・系譜学・考古学』
◆W1971−1973 『規範・社会』
◆X1974−1975 『権力・処罰』
◆Y1976−1977 『セクシュアリティ・真理』
◆Z1978    『知・身体』
◆[1979−1981 『政治・友愛』
◆\1982−1983 『自己・統治性・快楽』
◆]1984−1988 『倫理・道徳・啓蒙』

* 原著収録のすべてのテキストに記された番号に対応する形で日本語訳が掲載されているが, 実際には全訳でないもの(収録にあたって新たに訳出したわけではなく、既存の訳をそのまま収録している。主に来日時のインタビューや講演)も含まれる。

『フーコーコレクション』ちくま学芸文庫(全6巻+1巻)
フーコー・ガイドブック
1 狂気・理性
2 文学・侵犯
3 言説・表象
4 権力・監禁
5 性・真理
6 生政治・統治

* 第1巻は著作のごく簡単な要約と『思考集成T』所収の年譜、以降は『思考集成』の選集

その他

◇英語版独自編集(インタビュー、論文、講演など)
◆Foucault, Michel Morris, Meaghan and Paul Patton, eds. 1979 Michel Foucault: Power, Truth, Strategy, Sydney: Feral Publications.
◆Foucault, Michel Gordon, Colin ed., Gordon, Colin et al, trs. 1980 Power/knowledge: selected interviews and other writings 1972-1977, New York: Pantheon. ※
◆Foucault, Michel Rabinow, Paul ed. 1984 The Foucault Reader, New York: Pantheon Books.
◆Foucault, Michel Kritzman, Lawrence D. ed. 1988 Politics, Philosophy, Culture: Interviews and Other Writings 1977-1984, New York: Routledge.
◆Martin, Luther H., Huck Gutman and Patrick H. Hutton eds. 1988 Technologies of the self: a seminar with Michel Foucault, Amherst: University of Massachusetts Press. =19900129 田村俶・雲和子訳『自己のテクノロジー――フーコー・セミナーの記録』,セレクション21,岩波書店 249p. ISBN-10: 4000040561 ISBN-13: 978-4000040563
→19900907 田村俶・雲和子訳『自己のテクノロジー――フーコー・セミナーの記録』,セレクション21,岩波書店 249p. ISBN-10: 4000264095 ISBN-13: 978-4000264099
→20040116 田村俶・雲和子訳『自己のテクノロジー――フーコー・セミナーの記録』,岩波現代文庫 278p. ISBN-10: 4006001169 ISBN-13: 978-4006001162
◆Foucault, Michel Sylvère Lotringer ed., Hochroth, Lysa and John Johnston trs. 1996 Foucault Live (Interviews 1961-1984) , New York: Semiotext(e).
◆Foucault, Michel Sylvère Lotringer ed., Hochroth, Lysa and Catherine Porter trs. 1997 The politics of Truth , New York: Semiotext(e).
◆Foucault, Michel Joseph Pearson ed., 2001 Fearless speech , New York: Semiotext(e). =200209 中山 元 訳 『真理とディスクール――パレーシア講義』,筑摩書房 274p. ISBN-10: 448084712X ISBN-13: 978-4480847126 \2800+税 [amazon][kinokuniya]

◇その他1次文献、資料集
◆Perrot, Michelle ed. 1980 L'Impossible prison: recherches sur le système pénitentiaire au XIXe siècle, Seuil.
◆Foucault, Michel 1990, "Qu'est-ce que la critique ? [Critique et Aufklärung] (27 mai 1978)," Bulletin de la Société française de Philosophie, 84(2): 35-63. (=2008, 中山元訳「批判と啓蒙」ミシェル・フーコー『私は花火師です』筑摩書房, 69-140. )
◆Foucault, Michel 1981 Omnes et Singulatim: Vers une Critique de la Raison Politique, the University of Utha Press. =19930225 北山 晴一・山本 哲士 『フーコーの〈全体的なものと個的なもの〉』,三交社,152p. ISBN-10: 4879191124 ISBN-13: 9784879191120 \1748 [amazon][kinokuniya] ※ p
◆Artières, Philippe, Laurent Quéro, et Michelle Zancarini-Fournel (édition établie et présentée par) 2003 Le Groupe d'information sur les prisons: archives d'une lutte 1970-1972, Editions de l'IMEC.
◆Foucault, Michel Saison, Maryvonne ed. 2004 La peinture de Manet, suivi de Michel Foucault, un regard, Editions du Seuil. (=2006, 阿部崇訳『マネの絵画』筑摩書房. )
◆Foucault, Michel and Roger-Pol Droit 2004 Michel Foucault: Entretiens, Odile Jabob. (=2008,中山元訳『私は花火師です』筑摩書房. )※2編のみ訳出
◆Foucault, Michel, Davidson, Arnold I., et Frédéric Gros eds. 2004 Philosophie: anthologie, Gallimard. ※フーコーの著作とDits et écritsからの抜粋集
◆ミシェル・フーコー/渡辺 守章 2007, 『哲学の舞台』(増補改訂版)朝日出版社.
◆Defert, Daniel, François Ewald, et Frédéric Gros eds. 2008 E. Kant, Anthropologie d'un point de vue pragmatique. précédé de Michel Foucault, Introduction à l'Anthropologie, Vrin. =201003 王寺 賢太 訳『カントの人間学』,新潮社,229p. ISBN-10: 4105067079 ISBN-13: 978-4105067076 2400+税 [amazon][kinokuniya]
※邦訳はフーコーの論文のみ
◆Philippe, Artières, Jean-François Bert, Pierre Lascoumes, Pascal Michon, Luca Paltrinieri, Ariane Revel, Judith Revel, et Jean-Claude Zancarini (textes choisis, traduits et présentés par) 2009 Les Mots et les Choses de Michel Foucault. Regards critiques 1966-1968, Caen: Presses universitaires de Caen/Saint-Germain-la-Blanche-Herbe: IMEC éditeur.
◆Philippe, Artières, Jean-François Bert, Pierre Lascoumes, Pascal Michon, Luca Paltrinieri, Ariane Revel, Judith Revel, et Jean-Claude Zancarini.(textes choisis, traduits et présentés par) 2010 Surveiller et Punir de Michel Foucault : Regards critiques 1975-1979, Caen: Presses universitaires de Caen/Saint-Germain-la-Blanche-Herbe: IMEC éditeur.

1次文献に関するウェブサイト

◆IMEC: Foucault, Michel(1926-1984) [外部リンク(ウェブページ)] http://www.imec-archives.com/fonds_archives_fiche.php?i=FCL
フーコーの一次資料と関連資料は、Institute Mémoires pour l'Éditions contemporaines (IMEC、フランス・カーン市)に所蔵されている。所蔵資料の一覧表もこのページからPDFファイルで閲覧できる。
◆Richard A. Lynch, Michel Foucault's shorter works in English Bibliography [外部リンク(PDFファイル)] http://www.michel-foucault.com/bibmf/mfbiblio.pdf
※全体は3部構成。1)本編:Dits et écrits所収論文の英訳(英語版は抄訳のため)の所在、2)Appendix I:DE原著第4巻(=Quarto版第2巻)にある追加文献表(DE未収録分)英訳の所在、3)Appendix II:上記1、2に含まれない文献(英語のみ含む)の英訳の所在。


二次文献

邦語(単著)

* 1994年以前の日本語でのフーコーの一次・二次文献については次の文献表を参照。
滝本往人 1994, 「《資料》――ミシェル・フーコー文献一覧」『思想』, 846: 1-80.

◆1978 蓮實 重彦 『フーコー・ドゥルーズ・デリダ』 朝日出版社 1500 
◆1984 桑田 禮彰・福井 憲彦・山本 哲士 編 『ミシェル・フーコー』 新評論 ※
◆19871215 山本 哲士 『ディスクールの政治学――フーコー, ブルデュー, イリイチを読む』 新曜社, 429p. 2900
◆19890520 田村 俶  『フーコーの世界』 世界書院, 240p. 杉並135-5
内田 隆三 19900320 『ミシェル・フーコー――主体の系譜学』,講談社,212p. ISBN-10:4061489895 ISBN-13: 978-4061489899 \756 [amazon][kinokuniya]
金森 修 19940630 『フランス科学認識論の系譜――カンギレム・ダゴニェ・フーコー』,勁草書房,321p. ISBN-10:4326252958 \3000[amazon][kinokuniya] ※
◆中山 元 199606 『フーコー入門』,ちくま新書,238p. ISBN-10: 4480056718 ISBN-13: 978-4480056719 \777 [amazon][kinokuniya] ※ p0206
山田 富秋 20000630 『日常性批判――シュッツ・ガーフィンケル・フーコー』,せりか書房,209+24p.  ISBN-10: 4796702261 ISBN-13: 978-4796702263 \2625 [amazon][kinokuniya] ※
◆関 良徳 20010405 『フーコーの権力論と自由論――その政治哲学的構成』,勁草書房,243,20p. ISBN-10: 4326351233 ISBN-13: 978-4326351237 \3465 [amazon][kinokuniya]
重田 園江 20030915 『フーコーの穴――統計学と統治の現在』,木鐸社.281p. ISBN-10: 4833223376 ISBN-13: 978-4833223379 [amazon]
◆檜垣 立哉 20060510 『生と権力の哲学』,筑摩書房,252p. ISBN-10:448006303X ISBN-13:978-4480063038 \777 [amazon][kinokuniya] bp fm05 ※
◆沢野 雅樹 20060623 『死と自由――フーコー、ドゥルーズ、そしてバロウズ』,青土社,257p. ISBN-10:4791758188 ISBN-13:978-4791758180 \2310 [amazon][kinokuniya] ※ l03 d01 fm05
◆小畑 清剛 20070517 ,ナカニシヤ出版,308p. ISBN-10: 4779501407 ISBN-13: 978-4779501401 2730 [amazon][kinokuniya] ※ b
◆芹沢 一也・高桑 和巳編 20070910 『フーコーの後で――統治・セキュリティ・闘争』 慶應義塾大学出版会,278p.  ISBN-10: 4766414047 ISBN-13: 978-4766414042 2100 [amazon] ※
箱田 徹 20130920 『フーコーの闘争――〈統治する主体〉の誕生』,慶應義塾大学出版会,320p. ISBN-10: 4766420667 ISBN-13: 9784766420661 \2500+税 [amazon][kinokuniya] ※

邦語(論文)

◆1980 杉山 光信 「権力概念の転換――社会科学にとってのフーコー」 『中央公論』1980-7→1983 杉山 光信 『思想とその装置2 現代フランス社会科学の革新』 新曜社,[1983b:1-22]
◆19841210 関 曠野  「(書評――桑田他『ミシェル・フーコー』)」 『日本読書新聞』19841210→関[1985:241-243](「フーコーとは何物なのか『ミシェル・フーコー』」)
 関 曠野 1985 『資本主義』 影書房  
◆19860520 金塚 貞文 「ポルグラフィーと身体, そしてオナニスムの仕掛け――フーコー『性の歴史』とからめて」 栗原他編[86:236-253]  
◆19861016 養老 孟司  「書評――M・フーコー『性の歴史T 知への意志』 『週刊文春』1986-10-16→養老[198909:140-144](「フーコーの「知への意志」」)
 養老 孟司 19890925 『唯脳論』 青土社, 269p. 1600 三鷹114
◆198712 立岩 真也  「FOUCAULTの場所へ――『監視と処罰――監獄の誕生』を読む」, 『社会心理学評論』6, pp.91-108. (1987年12月) 70枚
◆19890820 野島 直子 「現代医学の「系譜学」――フーコーを読む」 中川編[89:234-243]  
◆19951231 栗栖 聡  「フーコー――権力ゲームの分析学」 藤原・飯島編[1995:355-374]
 藤原 保信・飯島 昇蔵 19951231 西洋政治思想史・U』 新評論, 488p. 4429 ※
◆199612 米谷 園江 「ミシェル・フーコーの統治制研究」『思想』870 pp.77-105
◆19981001 酒井 隆史 「生に折り畳まれる死――フーコーの権力論を再考する」 『現代思想』26-12(1998-10):104-133 
◆19981122 堀 大幹  「身体論からみた主体の形成――精神分析を経由したフーコーの再解釈」 日本社会学会第71回大会報告 
◆200006 山田 富秋 『日常性批判─シュッツ・ガーフィンケル・フーコー』, せりか書房
◆20010515 園田 浩之  「行為としてのフーコー――構築主義/言説分析/オートポイエーシス」, 馬場靖雄編[2001:159-200]
 *馬場 靖雄 編 20010515 『反=理論のアクチュアリティー』, ナカニシヤ出版, 244p. 2500 ※
◆20010913 林田 幸広 「ポスト・フーコー的法権力の台頭――差延に感染する<否(ノン)>権力」 『九大法学』82:163-236
◆2005/05/25 立岩 真也 「死/生の本・5――『性の歴史』」(医療と社会ブックガイド・49)
 『看護教育』46-05:(医学書院)
◆2012/11/01 箱田 徹 「市民社会は抵抗しない――フーコー自由主義論に浮上する政治」『情況』「思想理論編」1(201212別): 223-243 ※

※のあるものは生存学書庫にあり

邦語以外(単著)

☆伝記・評伝
◆Mauriac, Claude, [1988] 1976 Le Temps immobile, vol. 3: Et comme l'espérance est violente, Grasset.
◆Eribon, Didier 1989 Michel Foucault (1926-1984), Flammarion (=1991, 田村俶訳『ミシェル・フーコー伝』新潮社. )
◆Macey, David 1993 The Lives of Michel Foucault, London: Hutchinson.
◆Miller, James 1993 The Passion of Michel Foucault, New York: Simon and Schuster(=1998, 田村俶ほか訳『ミシェル・フーコー――情熱と受苦』筑摩書房. )
◆Colombel, Jeannette 1994 Michel Foucault: la clartè de la mort, Odile Jacob.
◆Eribon, Didier 1994 Michel Foucault et ses contemporains, Fayard.

☆研究書
【1970年代】
◆Guédez, Annie 1972 Foucault, Editions Universitaires. (=1975, 久重忠夫訳『ミシェル・フーコー』朝日出版社. )
◆Baudrillard, Jean 1977 Oublier Foucault, Auvers-sur-Oise: Galilée. (=1984, 塚原史訳『誘惑論序説――フーコーを忘れよう』国文社. )
◆Veyne, Paul, [1996] 1979 Comment on écrit l'histoire, suivi de Foucault révolutionne l'histoire, Seuil. (=1982, 大津真作『歴史をどう書くか――歴史認識論についての試論』法政大学出版局. )

【1980年代】
◆Dreyfus, Hubert L., and Paul Rabinow 1982 Michel Foucault: Beyond Structuralism and Hermeneutics, with an afterword by Michel Foucault, Chicago: University of Chicago Press. (=1996, 山形頼洋ほか訳『ミシェル・フーコー――構造主義と解釈学を超えて』筑摩書房. ) (=1984, Fabienne Durand-Bogaert, trans., Michel Foucault, un parcours philosophique: au-delà de l'objectivité et de la subjectivité, avec un entretien et deux essais de Michel Foucault, Gallimard. )
◆Badinter, Robert et al. eds. 1985 Michel Foucault: une histoire de la vérité, Syros. (=1986, 桜井直文訳『ミシェル・フーコー――真理の歴史』新評論. ※)
◆Kremer-Marietti, Angèle 1985 Michel Foucault: Archéologie et généalogie, Livre de Poche. (=1992, 赤羽研三ほか訳『ミシェル・フーコー――考古学と系譜学』新評論. ※) ◆Rajchman, John 1985 Michel Foucault: the Freedom of Philosophy, New York: Columbia University Press.(=1987, 田村俶訳『ミシェル・フーコー――権力と自由』岩波書店. )
◆Smart, Barry 1985 Michel Foucault =19910730 山本 学 訳 『ミシェル・フーコー入門』,新曜社,274p. ISBN: 4788503964 ISBN-13: 978-4788503960 ¥2625 [amazon][kinokuniya] ※ p
◆Blanchot, Maurice 1986 Michel Foucault tel que je l'imagine, Montpellier: Editions Fata Morgana. (=1986, 豊崎光一訳『ミシェル・フーコー――想いに映るまま』哲学書房. )
Deleuze,Gilles 1986 Foucault,Les Editions de Minuit =198710 宇野 邦一 訳 『フーコー』,河出書房新社,228p. ISBN-10:4309240976 ISBN-13:978-4309240978 \  [amazon] →199905 河出書房新社,新装版,228p. ISBN-10:4309242189 ISBN-13:978-4309242187 \  [amazon] →20070820 河出書房新社,河出文庫,263p. ISBN-10:4309462944 ISBN-13:978-4309462943 \1050 [amazon]
◆Hoy, David Couzens ed. 1986 Foucault: A Critical Reader, New York: Blackwell. (=1990, 椎名正博・椎名美智訳『フーコー――批判的読解』国文社 )
◆Merquior, José-Guilherme 1986 Foucault ou le nihilisme de la chaire, Presses Universitaires de France. (=1995, 財津理訳『フーコー――全体像と批判』河出書房新社. )
◆Certeau, Michel de 1987 Histoire et psychanalyse entre science et fiction, Gallimard. → Certeau, Michel de 2002 Histoire et psychanalyse entre science et fiction (Nouvelle édition revisée et augmentée, précédé de Luce Giard, " Un chemin non tracé "), Gallimard. (=2003, 内藤雅文訳『歴史と精神分析――科学と虚構の間で』法政大学出版局. )
◆Association pour le Centre Michel-Foucault 1989 Michel Foucault philosophe: rencontre internationale, Paris, 9, 10, 11 janvier 1988, Seuil.
◆Gary, Gutting 1989 Michel Foucault's archaeology of scientific reason, Cambridge: Cambridge University Press. (=1993, 金森 修・大谷隆昶訳『理性の考古学――フーコーと科学思想史』産業図書. ※)

【1990年代前半】
◆Bernauer, James W. 1990 Michel Foucault's Force of Flight: Towards An Ethics for Thought, New Jersey: Humanities Press International. (=1994, 中山元訳『逃走の力――フーコーと思考のアクチュアリティ』彩流社. )
◆Burchell, Graham, Colin Gordon and Peter Miller eds. 1991 The Foucault Effect: Studies in Governmentality: with Two Lectures by and an Interview with Michel Foucault, Chicago: The University of Chicago Press.
◆Rajchman, John 1991 Truth and Eros: Foucault, Lacan, and the Question of Ethics, New York: Routledge.
◆Giarded, Luce ed. 1992 Michel Foucault: Lire l'oeuvre, Grenoble: J. Millon.
◆Lazzeri, Christian, et Dominique Reynié eds. 1992 La raison d'Etat: politique et rationalité, Presse Universitaire de France.
◆Roudinesco, Elisabeth 1992 Penser la folie, Galilée.
◆Brossat, Alain ed. 1994 Michel Foucault: les jeux de la vérité et du pouvoir, Nancy: Presses universitaires de Nancy.
◆Adorno, Francesco Paolo 1996 Le Style du philosophe: Foucault et le dire-vrai, Éditions Kimé.
◆Gutting, Gary ed. 1994 The Cambridge Companion to Michel Foucault, New York: Cambridge University Press.
◆Kelly, Michael ed. 1994 Critique and Power: Recasting the Foucault/Habermas Debate, Cambridge, Mass.: MIT Press.
◆Smart, Barry ed. 1994-1995 Michel Foucault: Critical Assessments, 7 volumes, London: Routledge.
◆Halperin, David M. 1995 Saint Foucault: Towards A Gay Hagiography, New York: Oxford University Press.(=1997, 村山敏勝訳『聖フーコー――ゲイの聖人伝に向けて』太田出版. ) (=2000, Didier Eribon, trans., Saint Foucault, EPEL.)

【1990年代後半】
◆Barry, Andrew, Thomas Osborne and Nikolas Rose eds. 1996 Foucault and Political Reason: Liberalism, Neo-liberalism and Rationalities of Government, Chicago: University of Chicago Press.
◆Gros, Frédéric 1996 Michel Foucault, Presses universitaires de France. (=1998, 露崎俊和訳『ミシェル・フーコー』白水社. )
◆Davidson, Arnold I. ed. 1997 Foucault and His Interlocutors, Chicago: University of Chicago Press.
◆Fortier, Frances 1997 Les stratégies textuelles de Michel Foucault: un enjeu de véridiction, Québec, Nuit blanche.
◆Franche, Dominique ed. 1997 Au risque de Foucault, Editions du Centre Georges-Pompidou.
◆Gros, Frédéric 1997 Foucault et la folie, Presses universitaires de France. (=2002, 菊地昌実訳『フーコーと狂気』法政大学出版局. )
Monod, Jean-Claude 1997 Foucault: la police des conduites, Michalon.
◆Fimiani, Mariapaola, Nadine Le Lirzin, trans. 1998 Foucault et Kant: critique, clinique, éthique, L'Harmattan.
◆D'Alessandro, Lucio, et Adolfo Marinoed, Francesco Paolo Adorno et Nadine Le Lirzin, trans. 1998 Michel Foucault: trajectoires au coeur du présent, L'Harmattan.
◆Han, Béatrice 1998 L'ontologie manquée de Michel Foucault, Grenoble: J. Millon. (=2002. Edward Pile, trans., Foucault's Critical Project: Between the Transcendental and The Historical, Stanford, Calif.: Stanford University Press.)
◆Moss, Jeremy ed. 1998 The Later Foucault: Politics and Philosophy, London: Sage.

【2000年代前半】
◆Carrette, Jeremy 2000 Foucault and Religion: Spiritual corporality and political spirituality, London: Routledge.
◆Zancarini, Jean-Claude ed. 2000 À propos de "Il faut défendre la société": lectures de Michel Foucault 1, Lyon: ENS Editions,
◆Artières, Philipp, et Emmanuel Da Silva eds. 2001 Michel Foucault et la médecine, Editions Kimé.
◆Bonnafous-Boucher, Maria 2001 Un libéralisme sans liberté: pour une introduction du terme de "libéralisme" dans la pensée de Michel Foucault, L'Harmattan.
◆Eribon, Didier dir. 2001 L'Infréquentable Michel Foucault: renouveaux de la pensée critique, EPEL.
◆Gros, Frédéric, ed. 2002 Foucault: le courage de la vérité, Presses universitaires de France.
◆Revel, Judith 2002 Dictionnaire Foucault, Ellipses. → 2008 Dictionnaire Foucault, Ellipses.
◆Boullant, François 2003 Michel Foucault et les prisons, Presses universitaires de France.
◆Gros, Frédéric, et Carlos Lévy eds. 2003 Foucault et la philosophie antique, Editions Kimé.
◆Le Blanc, Guillaume, et Jean Terrel eds. 2003 Foucault au Collège de France: un itinéraire, Bordeaux: Presses universitaires de Bordeaux.
◆Moreau, Pierre-François ed. 2003 Sur les Dits et écrits: Lectures de Michel Foucault 3, Lyon: ENS Editions.
◆da Silva, Emanuel ed. 2003 Foucault et la philosophie: Lectures de Michel Foucault 2, Lyon: ENS Editions.
◆Artières, Philippe ed. 2004 Foucault, la littérature et les arts: actes du colloque de Cerisy, juin 2001, Editions Kimé.
◆Bernauer, James and Jeremy Carrette eds. 2004 Michel Foucault and Theology: The Politics of Religious Experience, Burlington: Ashgate.
◆Chevallier, Philippe 2004 Michel Foucault: Le pouvoir et la bataille, Nantes: Pleins Feux.
◆Le Blanc, Jocelyne 2004. L'archéologie du savoir de Michel Foucault : pour penser le corps sexué autrement, L'Harmattan.
◆Leclercq, Stéfan, ed. 2004 Abécédaire de Michel Foucault, Mons: Sils Maria.
◆Potte-Bonneville, Mathieu 2004 Michel Foucault: l'inquiétude de l'histoire, Presse Universitaire de France.
◆Beaulieu, Alan (sous la direction de) 2005 Michel Foucault et le contrôle social, Québec: Presses de l'Université Laval.
◆Cusset, François 2005 French Theory: Foucault, Derrida, Deleuze & Cie et les mutations de la vie intellectuelle aux Etats-Unis, La Découverte. (=2010, 桑田光平・鈴木哲平・畠山達・本田貴久訳『フレンチ・セオリー――アメリカにおけるフランス現代思想』NTT出版. )
◆Gutting, Gary 2005 Foucault: A Very Short Introduction, New York: Oxford University Press. (=2007, 井原健一郎訳『フーコー』岩波書店. )
◆Gutting, Gary ed. 2005 The Cambridge Companion to Michel Foucault (Second Edition), New York: Cambridge University Press.
◆Revel, Judith 2005 Foucault: expériences de la pensée, Bordas. → 2010 Foucault, une pensée du discontinu, Fayard/Mille et une nuits
◆Afary, Janet and Kevin B. Anderson 2005 Foucault and the Iranian Revolution: Gender and the Seductions of Islamism, Chicago: University of Chicago Press.
◆Granjon, Marie-Christine ed. 2005 Penser avec Michel Foucault: théorie critique et pratiques politiques, Karthala.

【2000年代後半】
◆Chartier, Roger, et Didier Eribon eds. 2006 Foucault aujourd'hui: actes des neuvièmes rencontres INA-Sorbonne, 27 novembre 2004, L'Harmattan.
◆Cusset, Yves, et Stéphane Habered eds. 2006 Habermas et Foucault: parcours croisés, confrontations critiques, CNRS.
◆Artières, Philippe, et Mathieu Potte-Bonneville 2007 D'après Foucault: gestes, luttes, programmes, Prairies ordinaires.
◆Legrand, Stéphane 2007 Les Normes chez Foucault, Presses Universitaires de France.
◆Bellahcene, Driss 2008 Michel Foucault ou l'ouverture de l'histoire à la vérité: Eloge de la discontinuité, L'Harmattan.
◆Bourdin, Jean-Claude, Frédéric Chauvaud, Vincent Estellion, Bertrand Greay, et Jean-Michel Passerault eds. 2008 Michel Foucault: savoirs, domination et sujet, Rennes: Presses Universitaires de Rennes.
◆Dillon, Michaeul, and Andrew W. Neal (ed.) 2008 Foucault on Politics, Security and War, Houndmills, Basingstoke, Hampshire : Palgrave Macmillan
◆Razac, Olivier 2008 Avec Foucault, après Foucault : Disséquer la société de contrôle, L'Harmattan.
◆Veyne, Paul 2008, Michel Foucault. Sa pensée, sa personne, Albin Michel. (=2010, 慎改康之訳『フーコー――その人その思想』筑摩書房. )
◆Binkley, Sam and Jorge Capetill (ed.) 2009 A Foucault for the 21st Century : Governmentality, Biopolitics and Discipline in the New Millennium, Newcastle : Cambridge Scholars.
◆Fimiani, Mariapaola, Nadine Le Lirzin, trans. 2009 Erotique et rhétorique: Foucault et la lutte pour la reconnaissance, L'Harmattan.
◆Cassou-Noguès, Cassou-Noguès et Pascale Gillot (Sous la direction de) 2009 Le Concept, le sujet et la science. Cavaillès, Canguilhem, Foucault, Vrin.
◆Chevallier, Philippe, et Tim Greacen eds. 2009 Folie et justice: relire Foucault, Toulouse: Erès.
◆Machery, Pierre 2009 De Canguilhem à Foucault: la force des normes, La Fabrique.
◆Potte-Bonneville, Mathieu. 2009 Foucault, Ellipses.
◆Dupont, Nicolas-Alexandre 2010 L'impatience de la liberté : Ethique et politique chez Michel Foucault, Editions Kimé.
◆Terrel, Jean 2010 Politiques de Foucault, Presses Universitaires de France.
◆Vigo de Lima, Iara 2010 Foucault's Archaeology of Political Economy, Palgrave Macmillan, 256p. ISBN-10:0230242618 ISBN-13: 9780230242616 US$100.00 [amazon][kinokuniya] .


☆雑誌の特集号
◆"Michel Foucault: le monde entier," Critique, 471-472, août-septembre 1986.
Le Débat, 41, septembre-novembre 1986.
◆"Michel Foucault et la (post)modernité," Criminologie, 1(26),1993 (http://www.erudit.org/revue/crimino/1993/v26/n1/index.html).
◆"Michel Foucault, surveiller et punir: la prison vingt ans après," Sociétés et représentations, 3, novembre 1996.
◆"Michel Foucault et la subjectivité," Archive de philosophie, 65(2), avril-juin 2002, (http://www.cairn.info/revue-archives-de-philosophie-2002-2.htm).
◆"Biopolitique et biopouvoir," Multitudes, 1, mars 2000, (http://multitudes.samizdat.net/rubrique.php3?id_rubrique=61).
◆"Michel Foucault: de la guerre des races au biopouvoir," Cités, 2, avril 2000.
◆"Marx et Foucault," Actuel Marx, 36, 2e sémestre 2004.
◆"Michel Foucault (1984-2004)," Vacarme, 29, 2004, (http://www.vacarme.org/rubrique105.html).
◆"Foucault, dix ans après," Rue Descartes, 11a, 1994.
◆"Michel Foucault: généalogie, esthétique, contrôle," Chimères, 54/55, 2004, (http://www.revue-chimeres.fr/).
◆"La biopolitique (d')après Michel Foucault," Labyrinthe, 22, 2005, (http://www.revuelabyrinthe.org/sommaire1010.html).
◆"Gilles Deleuze, Michel Foucault, Continuité et disparité," Concepts, 8, 2004.
◆"Des sociétés ingouvernables?," Esprit, Novembre 2005, (http://www.esprit.presse.fr/archive/review/detail.php?code=2005_11).
◆"Special Issue Commemorating the 20th Anniversary of Foucault's Death," Philosophy & Social Criticism, 5-6(31), September 2005, (http://psc.sagepub.com/content/vol31/issue5-6/).
◆"Présence de Foucault," Critique, 696, mai 2005.
◆"Michel Foucalt: de Kant à soi," Critique, 749, octobre 2009.
◆"Special Issue Michel Foucault," Theory, Culture & Society, 6(26), November 2009, (http://tcs.sagepub.com/content/vol26/issue6/).



関連雑誌

◇ Foucault Studies (英) http://rauli.cbs.dk/index.php/foucault-studies/
◇ Materiali Foucaultiani (伊英仏) http://portail-michel-foucault.org/ ※関連行事、出版物の案内など。

>TOP

引用・言及

■一望監視方式 (panopticon)

◆立岩『私的所有論』第6章注9(p.252)より

「内田隆三[1990:176-180]、等。その具体的な仕組みについてはよく知られているから紹介するまでもない――常に監視されうるが、監視者は監視される者には不可視な装置であり、監視される者は視線の可能性により自ら行為を規制してしまい、常時の監視が不要になる。図式として随分すっきりとしているためもあるだろう、多くの人によってそれ(だけ)が取り出され、私が私の行為の監視者、「主体」になる「機制」が語られた。だが少なくとも監獄等で採用された具体的な装置としての一望監視方式は、監視者が現実にいる可能性があるという前提の下にのみ成立する。この装置は、まず規律・訓練のための監視を最大限の効率で達成するものであり、特に知との結びつきが重要である。フーコーは、規律・訓練的な社会の形成に結びつく学問的な歴史過程に関し、「臨床医学・精神医学・児童心理学・心理的教育学・労働管理化などが、規律・訓練の構成要素として形成される」と述べ、ここで一望監視方式の発明の重要性を言う(Foucault[1975=1977:224])。」

■告白

「少なくとも中世以来、西洋社会は、告白というものを、それから真理の産出が期待されている重要な儀式の一つに組み入れていた。一二一五年のラテラーノ公会議による改悛の秘蹟の規則化、それに続く告解の技術の発展、刑事裁判の手続きにおける告発に重点を置く方式の後退、有罪性の試錬(誓言、[探湯のような]神明裁判、神の裁き)の消滅と訊問ならびに調査の方法の発展、犯罪の追及において行政府の占める役割の増大――しかもそれは私人間の調停という方策を犠牲にして実現された――、異端審問裁判所の設置、これらすべては、世俗的ならびに宗教的権力の次元において、告白に中心的な役割を与えることに寄与してきた。そもそも「告白(aveu)」という語ならびにこの語がさし示してきた法律的機能の変遷は、それ自体において特徴的である。他者によってある人間に与えられる、身分、本性、価値の保証としての「告白[告解]」から、ある人間による、自分自身の行為と思考の認知としての「自白[告解]」へと移ったのである。個人としての人間は長いこと、他の人間達に保証を求め、また他者との絆を顕示することで、(家族、忠義、庇護などの関係がそれだが)自己の存在を認識してきた。ところが、彼が自分自身について語ることができるか語ることを余儀なくされている事実の言説によって、彼を他人が認識することになった。真実の告白は、権力による個人の形成という社会的手続きの核心に登場していったのである。
 ……告白は、西洋世界においては、真理を産み出すための技術のうち、最も高く評価されるものとなっていった。(9)それ以来、我々の社会は、異常なほど告白を好む社会になったのである。告白はその効力を遥か遠くまで広めることになった。裁判において、医学において、教育において、家族関係において、愛の関係において、もっとも日常的次元から最も厳かな儀式までである。……人は告白をする――というか、告白をするように強いられているのだ。告白が自発的でないか、あるいは何らかの内的要請によって強制されていない場合には、告白は奪い取られる。人は告白を魂のなかから狩り出し、肉体から奪い去る。中世以来、拷問は告白には影のようにつきまとい、告白が力を失いそうになると、それを支えてやる黒い双子なのである。(10)最も優しい愛情がそうであるように、権力の最も血腥いものも、告白を必要としている。西洋世界における人間は告白の獣となった。」(Foucault [1976=1977:273-274=1978:58-59])

「権力についての全く転倒したイメージ(13)を抱かない限りは、我々の文明においてあれ程久しい以前から、自分が何者であるか、自分が何をしたか、自分が何を覚えているか、何を忘れたか、隠れているもの、考えも及ばないもの、考えなかったと考えるもの、それが何かを言わなければならぬという途方もない要請を執拗に繰り返すあれらのすべての声が、我々に自由を語っているなどとは考えられないはずだ。西洋世界が幾世代もの人間をそれに従事させた、産出するための厖大な仕事であり――その間に、他の作業が資本の蓄積を保証していたわけだが――そこに産み出されたのは、人間の《assujettissement》[服従=主体−化]に他ならなかった。人間を、語の二重の意味において《sujet》[臣下・服従した者と主体]として成立させるという意味で言っているのである。想像してみなければならぬのは、十三世紀初頭に、すべてのキリスト教徒に対して、少なくとも一年に一回は跪いて、自分の犯した過ちのことごとくを、どの一つも落とすことなく、一つ一つ告解しなければならぬという命令が、どれほど途方もない要求に思えたかということである。」(Foucault [1976=1977:275=1978:60])

■自殺

 「彼らは、自殺についてしていけない唯一の問いだというのに、「なぜ」という問いを問わずにはいられない。
 「なぜだって? 単に、私が望んだからだ」。[…]
 博愛主義者たちへの忠告がある。本当に自殺の件数が減ることをお望みならば、十分に反省された、平静な、不確実さから解放された意志をもって命を断つ者しか出ないようにしたまえ。自殺を損ない、惨めな出来事にしてしまう恐れのある不幸な人々に自殺を任せてはならないのだ。いずれにせよ、不幸な者の方が、幸福な者よりも遥かにたくさん存在するのだから。」(Foucault[1979=1987:186-188])

Foucault, Michel 1979 "Un Plasir si simple", Gai Pied 1979=1987 増田一夫訳、「かくも単純な悦び」、『同性愛と生存の美学』、哲学書房:184-190 <38>*

 *立岩[1998→2000:38]で引用
 ・1998/07/01「空虚な〜堅い〜緩い・自己決定」、『現代思想』26-7(1998-7):57-75(特集:自己決定)
 →立岩『弱くある自由へ』(青土社、2000)

■フーコーと社会福祉学

 三島 亜紀子 1999 「社会福祉の学問と専門職」,大阪市立大学大学院修士論文 より

 「……フーコーのどういった部分が社会福祉学に導入されたかを検討したい。引用された参考文献をみると、主に『監獄の誕生』(Foucault[1975=1977])と『知の考古学』(Foucault[1969=1981])、『性の歴史』(Foucault[1976=1986])に集中している。そのなかでも最もよく用いられたのは、やはりソーシャルワーカーが名指しされた『監獄の誕生』であった(Rojek[1986]、Parton[1991][1994]、Hendrick[1993]、Howe[1994]、Webb[1996]など)。同著の第4部「監獄」では、第3部「規律訓練」で考察した「パノプティコン」に代表される監獄の機能を社会との相関で描いているが、特にその周辺部分が適用されている。
 冒頭に記載されたダミアンの公開処刑のような酷い身体刑から、諸権利の停止という「おだやかな」処罰行為へと移行する際に、科学的な知が挿入されていくが、社会福祉学もそうした知の一つであったと自覚される(Howe[1994:527])。「規律・訓練に反する者や危険有害な者の行為をむりやりに規格化する実務」を一つの「技術」として再び「<規律・訓練=(学問)>」(Foucault[1975=1977:296])となるというフーコーの論にアイデンティティーをみいだすのである。それゆえ、社会福祉学の範疇で浮遊するうたかたのソーシャルワーク理論も、「言説」(discourse)であるという認識にいたった(Parton[1991:3-5][1994:11、29]、Howe[1994:517-519]、Payne[1997:30-31])。
 もう一つの主体化の装置として、セクシュアリテが『性の歴史』で分析されたが、これもしばしば引用されている。福祉対象者である「クライエント」とは、規格化の対象であると同時に、身体を通した「主体化」を経て操作されるものと把握された(Hendrick[1994:2]、Parton[1994:11]、White and Smith[1997:277])。第2章で考察したように、社会福祉学はとりわけフレックスナーの呪縛が強まってからは、長い間「精神医学の氾濫(psychiatric deluge)」(Woodroofe[1961=1977])の時代であったことを忘れてはならない。こうした過去を背負い、フーコーの精神分析の分析を自らへの訓戒として受け止める(あるいは反発する)のは、いわば自然の成り行きであった。」(三島亜紀子[1999:170]、終章第4節「社会福祉学という場にあるM.フーコー」)

■その他
「文芸復興は、悲惨さからその神秘的な実定性*13 をうばってしまった。しかもそのことは、思考の二重の動き、つまり<貧乏>からその絶対的な意味を取り除き、<慈善>から、それが保持する<貧乏>の救済という価値を取りのぞく二重の動きによっておこなわれた。」(Foucault[1972=1975:75])

「道徳が行政上の指示をとおして重圧を加えるような、強制収容の場所をこのように作り出したことは重要な現象である。道徳的な義務づけと市民法とが驚くべき綜合をおこなう、道徳本位の施設が、初めて創設されたのである。国家の秩序は、もはや心情の無秩序を許容しない。なるほど、道徳的な過ちがよしんば最も個人的な形式においても、都市の成文法であれ慣習法であれ、法律に対する侵犯という形をおびるのはヨーロッパ文化では最初のことではない。だが、古典主義時代のこの《大幽閉》の本質と新しい事態は、法律はもはや有罪宣言をしない、という点にある。つまり、ひたすら道徳的反省をおこなう居住区に閉じ込めて、そこでは、心を治めるはずの法律が、厳格な肉体的強制を通じて、妥協も認められず手加減も加えられず適用されるようになる。精神的次元の原理が身体的次元のそれへ移る一種の転換性、前者から後者へ、強制や権力の濫用によらずに完全に移る可能性がそこには規定される。道徳律のあますところない適用は、もはや完成(神の掟や意志などの完成)に属さない。それは社会的綜合の次元ではすぐに効力をあらわすことができる。道徳は、貿易や経済がそうであるのとおなじく行政的に管理されるのである。  こうして、絶対王制の立法制度のなかに――恐らくその専横の象徴となった立法制度そのもののなかに――ブルジョア的で、やがて共和派的となる大いなる観念、つまり、美徳もまた一つの国事であり、それをみなぎらせるためには立法措置を採りうるし、それを尊重させる確信をいだくためには権力をうちたてることができる、そういう観念が刻みこまれるのである。監禁施設の壁は、十七世紀にブルジョア意識が夢見はじめるあの倫理的居住区がもつ、いわば否定的なものを閉じ込める。それは、そこをただちに逃れ出ようとする人々にふり当てられている倫理的な居住区であり、上訴を許さぬ力によって――威嚇だけが勝ちほこるような、そして美徳が、それじたい価値を含んでいるので、その償いとして罰をうけずにすむような、善の絶対権によって法が支配している居住区である。ブルジョア中心の都市の闇のなかに、こうした異様な善の共和国が生まれたのであって、悪の領分に入っていると疑われるすべての者が、この強制的にこの善の共和国に収容された。それは、古典主義時代のブルジョアジーの大きい夢の、大きい配慮の裏面である、つまり、国家の掟と心情の掟がついに同一化した姿だった。」(Foucault [同:92-93])

「新教徒諸国にとってと同じくカトリック教会にとって、監禁は、権力本位のモデルという形をとりつつ、社会の幸福についての神話を表わす。つまりそれは治安と宗教にかかわり、治安のめざす秩序は、宗教の原理にとって透けてみえるであろうし、宗教の側の要求は、制約をうけずに、宗教のさまざまの規則と他におよぼす拘束の内部で充足されるだろう。秩序は美徳と適合しうることを証明しようという一種の企てが、こうした制度には存在している。その意味で、《幽閉》は、都市の形而上学とともに宗教の政治学をもひめ隠している。そして、一方には神の国、他方にはエデンの園を追われた人間が自分の手で建設した諸都市――その他者を隔てる差異のなかで、監禁はいわば暴力的に綜合化をこころみる努力として位置づけられる。古典主義時代の監禁施設は、《治安》の、――完全な都市の建設という立場からすると、それじたいが宗教の俗世間的な等価物として把握されていたところの《治安》の、もっとも密度の高い象徴を形づくっている。『治安論』で、ドラマールは、治安を司どる事柄のなかの第一にして根本的なものは宗教であると考えているが、そのテキストには、監禁のもつあらゆる道徳的主題が表明されていないだろうか?「われわれが治安によって課されるいっさいの義務を完全にはたすほど賢明であれば、ただ一つの事柄だけをつけ加えれば済むだろう。その場合には、他の事柄に気をくばらなくとも、もはや風俗の堕落はおこるまい。節制によって疲労は追い払われ、勤勉と質素と先見の明によって、生活に必要なものはいつも手に入るだろう。慈善のおかげで悪弊は放逐されるので、公共の平安は確保されるだろう。謙虚と質朴さが、人間の学問のなかにある危険で無益なものをとり除くだろうし、正しい信仰心が学問と芸術のなかにみなぎるだろう。――結局、貧しい者は自発的に救済されるし、乞食は追放されるだろう。宗教だけが遵守されると、治安の他のすべての部分は完全になると言うのは、ほんとうだ。――かくして、あらゆる立法家が、<宗教>を基礎にして国家の幸福と永続をうちたてたのは、きわめて賢明な策だった」。」(Foucault[同:94-95])

「……人々は、失業がもはや怠惰と混同できないような相貌をおびているのを見てきた。人々は農村のすみずみにまで、貧しさと無為との強制が拡がっているのを見てきた――かつてはそうした事態に、道徳生活のもっとも直接的でもっとも純粋な形態を正しく認めていたと思っていたのにもかかわらず、こうしたすべての事情によって明らかになったのは、恐らくは貧困は単に罪の次元にのみ属しているのではあるまいという点である。「乞食は貧困の所産であり、貧困じたいは、農耕や手工業生産とか商品の値上りや人口過剰のために起こった偶然の諸事件の結果である」。貧窮は経済的な事象になったのである。
しかしながら、貧窮は偶発的ではないし、――また永久に排除されるように定められているわけでもない。人間には無くすことのできない若干の貧困が存在している――社会がどのような形態をとっても、かりに無為の人々がすべて働くようになっても、時間のはてまで、そうした社会につきまとうはずの、貧窮の一種の宿命が存在している。すなわち「よく統治された国家においても、生まれおちたときに貧しい人々や偶然に貧しくなった人々だけは、貧乏人でいなければならない」。この種の根本的な貧困は、いわば他人に譲り渡しえないものであって、生まれつきにせよ偶然にせよ、それは、人々が受けとらぬわけにはいかぬ分け前のようなものである。長い間、人々は、貧乏人が存在していないような国家を想いうかべる能力をもたなかった。それほど、欠乏の状態は人間の運命と社会の構造のなかに刻みこまれているように思われたのだった。財産propriété、 労働travail、貧窮indigence は、十九世紀にいたるまで、哲学者たちの思考のなかでずっと結びあわされてきた用語である。
 人々の努力では排除できない点によって必然的である、この貧乏の分け前は、それが富裕というものを存在可能にさせている点からしても、必然的である。欠乏状態にある人間の階級が労働してくれるが、しかもあまり消費はしないおかげで、一つの国民は富裕になり、その田畑や植民地や鉱山から利益をあげ、全世界で販売されるようになる商品を製造する。要するに、貧乏人をもたぬような国家は貧乏になるだろう。貧窮が、国家における不可欠の要素となるのである。貧窮にこそ、一社会のもっとも秘密な、だがもっとも現実的な生活が隠されている。貧乏人が諸国民の支柱と栄光とを形づくるのである。しかも貧乏人の貧困は、人々の力では排除されえないものであって、それを賞揚し、それを敬わなければならない。」(Foucault[1972=1975:429-430]なお最初の引用文はJ.P.Brissot de Warville の『刑法理論』、1781、次のものは『百科全書』の「施療院」の項目)

「重商主義中心の経済では、生産者でもなく消費者でもない<貧乏人>は、占めるべき位置をもたなかった。というのは、放浪者で失職者で無為である貧乏人は監禁施設にのみ所属していたのであって、監禁こそは、貧乏人が社会から追放され、いわば抽出される場合の処置だったのだから。工業が出現しはじめ、それによって働き手が必要になってくると、貧乏人は、国民という団体のなかにふたたび加えられるのである。」([同:430])

◆立岩 真也 2013/12/10 『造反有理――精神医療現代史へ』,青土社,433p. ISBN-10: 4791767446 ISBN-13: 978-4791767441 2800+ [amazon][kinokuniya] ※ m.

 「「反精神医学」とひとまとめに称されたものの命脈は尽きたことになっている。そしてそのような認識は、他の国でも同じようであり、そのまとめ方(例えはShorter[1997=1999]における)がずいぶんと乱暴であることは以前述べたことがある(立岩[2002])。けれどもそうではない、そして終わっていない。
 まず輸入されたものとしての「反精神医学」と、実際にこの国で考えられ、なされたことに懸隔がある――その導入については阿部[2009b][2010]等。たしかに、一九七〇年代初頭から続けて書籍が翻訳され刊行されている。『ひき裂かれた自己』(Laing[1960a,1969=1971])、『狂気と家族』(Laing & Esterson[1964=1972])、『反精神医学』(Cooper[1967=1974])、『経験の政治学』(Laing[1967=1973])、『反−精神医学と精神分析』(Mannoni[1970=1974])、『狂気の思想――人間性を剥奪する精神医学』(Szazz[1970=1975])、『自己と他者』(Laing[1960b=1975])、『家族の政治学』(Laing[1969=1979])。加えれば、『狂気の歴史――古典主義時代における』(Foucault[1961→1972=1975])、『精神疾患と心理学』(Foucault[1962=1970])、『ピエール・リヴィエールの犯罪――狂気と理性』(Foucault[1973=1975])もこの頃に日本で翻訳が出ている(cf.廣瀬[2010])。イタリアでのバザーリア(Franco Basaglia)らの改革についてSchmid[1977=1985→2005]☆21。(バザーリア、クーパー、レイン、サスについて小俣[2013:15,41,126-127,199-200]。)」(立岩[2013:116-117])

 「彼〔秋元波留夫〕が幾冊もの本でほぼまったく同じに語る「歴史」がおかしなものであることについて指摘することはより容易であり、また確認しておく必要のあることである。かつて狂気は鬼神等々によるものであったとされる。そんなことが多様にあったし、今もあることは否定しない。ただ、それらと現在精神疾患(さらに発達障害)とされるものとがどこまで重なっていたのかは別のことであり、実際十分には重なってはいなかったはずだ。そして、それらの人がフランスであればピネルが鎖から、日本であれば、呉秀三が「私宅監置」から解き放ったという。前者について、フーコーがピネルについて記したことを、彼が鎖を解いたということが史実として異なるという指摘と受けとめ、たしかにそれは事実ではないようだといったことを神谷美恵子が紹介しており(神谷[1973])、そしてその論文は、ピネルの著書の一部(Pinel[1801=1976])とともに秋元編[1975]に収録されている。けれども基本的に問題にされたのがそうした事実の水準にあったわけではないことは捉えられていない☆12。」(立岩[2013:247])

 「☆12 「一九七三年はじめに精神医学史に関心ある者の問でちかごろ論議をまきおこしている話題のひとつがいわゆる「ピネル神話」である。ことの起りはミッシェル・フーコーが「狂気の歴史」(一九六一)や「精神疾患と心理学」(一九六六)の中でピネルの功績として伝えられてきたものは神話にすぎない、と言い出したことにある。ピネルは一七九三にパリのビセートル病院で鎖につながれていた精神病者たちを解放したということになっているが、実際はどうかと言えば、「病人たちのまわりに道徳的な鎖を再びはりめぐらし、収容施設を一種の恒久的審判所のようなものにしてしまった」(「精神疾患と心理学」、邦訳一二五ぺージ)のだという。何しろ構造主義者として脚光を浴びている人物が何年もかかって研究したあげくの発言だから、関係者一同が少なからず衝撃をうけたのも当然であろう。その結果、いったい事実はどうなのか、とあらためて検討する人びとが出てきた。その現われのひとつがポステルらの論文(一九七一)であって、大橋がその趣旨を専門誌に紹介している。その紹介文との重複は避けたいが、ポステル論文を要約すると次のようになる。」(神谷[1973→1975:70]、文献はPostel[1971]、大橋博司[1971])
 「資料が不足しているとはいえ、以上見てきただけでも「ピネル神話」は多分に神話めいて考えられてくる。しかし精神医療の現場で少しでも苦しんだことのある者ならば、哲学者フーコーのように簡単に、烈しく、ピネルを責めることはできないであろう。患者は社会から護られることを必要とし、同時に社会もまた患者から護られることを必要とする、というきびしい事態の生じることは現場ではどうしても避けられないのだから、精神医学自体がもっと進歩しない限り、精神科医は患者と社会との間でゆれ動く存在にならざるを得ないのだと思う。」(神谷[1973→1975:94])
 また秋元は、「心の病気と社会とは切断することのできない関連をもっているのであり、「社会が自らの姿をそこにみとめようとしない病のかたちの中に、じつは社会がかえって自らを表現している」(ミッシェル・フーコー著、神谷美恵子訳『精神疾患と心理学』、みすず書房)のである。」(秋元[1971→1976a:14])と終わる「心の病気と社会」という文章で、「ピネルは政府の意志に抗して、狂者を鎖から解放する「暴挙」を実行した。この「暴挙」がやがて世論の支持をうけることができたのは、ワイヤーの時代にくらべて、はるかに広く深くヒューマニズムが時代精神の底流を形成するようになっていたためであろう。」(秋元[1971→1976a:8])と記している。」(立岩[2013:392-393])


関連催しもの

◇2009/08/01
「フーコーの仕事について――酒井隆史氏と論じる」
 於:立命館大学衣笠キャンパス

*作成:立岩 真也橋口 昌治箱田 徹
REV:20020904 20050523 20080824,0901,0930 20090610 20100410,0411,0420,0616,1203, 1210, 1220, 20110124, 28, 20110204, 20120411, 20130526, 0914, 20140111
WHO 

TOP HOME (http://www.arsvi.com)