HOME > WHO >

福本 英子

ふくもと・えいこ


このHP経由で購入すると寄付されます

■著書・編書

◆1979   『複製人間の恐怖――みんなの遺伝子工学』,文一総合出版
◆197908  『女性のライフワーク――愛と仕事に生きる』,潮文社,246p. 780
◆19830315 『危機の遺伝子――蝕まれる生命,操られる生命』,技術と人間,278+3p. 1600 ※/神奈川A27-219 *g
◆19840215 『生命操作』,現代書館,FOR BIGINNERS イラスト:福島豊彦,174p. 979 ※/千葉社2940 ** gs
◆古川 清治・山田 真・福本 英子 編 19880210 『バイオ時代に共生を問う――反優生の論理』,柘植書房,210p. ISBN-10: 4806801844 ISBN-13: 978-4806801849 17000 [amazon] ※
◆19890630 『生物医学時代の生と死』,技術と人間,253p. 1854 ※/杉並490/三鷹495 cf. b d
◆20020815 『人・資源化への危険な坂道――ヒトゲノム解析・クローン・ES細胞・遺伝子治療』,現代書館,322p. ISBN-10: 4768468322 ISBN-13: 978-4768468326 2500 [amazon][kinokuniya] ※



◆19981225 「人・資源化へのもう一つの突破口が開かれた――報告書『ヒト組織を用いた研究開発の在り方』の真意」(連載・遺伝子への介入の時代に 6)
 『季刊福祉労働』81
◆19990325 「ソニー映画『GATTACA』と動き出した遺伝子治療優生学」(連載・遺伝子への介入の時代に 7)
 『季刊福祉労働』82 cf.『ガタカ Gattaca』
◆19990625 「もうひとつの「優生学へのすべり坂」――子宮内遺伝子治療」(連載・遺伝子への介入の時代に 8)  『季刊福祉労働』83
◆19990925 「人の発生操作が始まる――「ヒト胚性幹細胞」騒動(1)」(連載・遺伝子への介入の時代に 9)
 『季刊福祉労働』84
◆19991225 「人の生殖細胞資源化を規制できるか」(連載・遺伝子への介入の時代に 10)
 『季刊福祉労働』85
◆20000325 「ヒトゲノム解析と国立循環器病センター騒動とミレニアム・プロジェクトの関係――遺伝子への介入の時代に 最終回」
 『季刊福祉労働』86
◆20000527 「ヒト胚をめぐって――その動きとたくらみ」(講演)
 優生思想を問うネットワーク連続講座2000年・第1回
◆20001125 「ヒトゲノム個体差解析と医療の崩壊」
 DNA問題研究会シンポジウム
 「遺伝子革命」の幻想――やはり生命は人の自由にはならなかった


◆1979   『複製人間の恐怖――みんなの遺伝子工学』
       文一総合出版
◆197908  『女性のライフワーク――愛と仕事に生きる』
       潮文社,246p. 780 
◆198105  「先天異常をめぐって」
       河出書房新社[1983:164-177]  
◆1983   「人種改良の目論み――遺伝子操作と優生思想」
       社会評論社編集部編[1983]  
◆19830315 『危機の遺伝子――蝕まれる生命,操られる生命』
       技術と人間,278+3p. 1600 ※/神奈川A27-219 *g
◆19830530 「人種改良の目論み――遺伝子操作と優生思想」
       社会評論社編集部編[1983:180-204]  千葉社3411共通
◆19840215 『生命操作』
       現代書館,FOR BIGINNERS イラスト:福島豊彦,174p. 979
       ※/千葉社2940 ** gs
◆19880210 「「商品化」される生命」
       古川他編[1988:007-043]  ※
◆19890630 『生物医学時代の生と死』
       技術と人間,253p. 1854 ※/杉並490三鷹495 cf. b d
◆19900630 「陰画としての「バイオエシックス」」
       池田・天野編[1990:101-102]  
◆19880320 「生命操作医療の構図と生命の唯一性」
       山口研一郎編[1998:243-272]
       *山口研一郎編 19880320        『操られる生と死――生命の誕生から終焉まで』
       小学館,287p. 1900

■雑誌に掲載された文章

◆197609  「先天奇形をめぐる二,三の報告」
 『技術と人間』05-09
◆198012  「加速する遺伝子組換え技術の産業化」
 『技術と人間』09-12
◆198204  「科学者への疑問」
 『技術と人間』11-04
◆198204  「分子生物学の衝撃と科学者の責任」
 『技術と人間』11-04
◆198204  「改訂ガイドラインを読んで」
 『技術と人間』11-04
◆19820625 「「遺伝子工学につぶされない障害者運動を」――福本英子氏に聞く」
 (季節風・インタビュー)
 『福祉労働』15:085-087 ※
◆198303  「生命操作の時代の優生学」
 『技術と人間』12-03
◆198304  「生命操作の時代の
 『技術と人間』12-04
◆19830601 「危機に立つ生命―生物科学と新しい優生学時代」
 『月刊ペン』16-06:60-65 ※COPY
◆19831225 「遺伝子組換え時代」
 『福祉労働』21:015-021 ※
◆198403  「「体外受精規制法」を提案する」
 『技術と人間』13-03
◆198403  「「体外受精規制法」を提案する」
 (特集:体外受精と人権)
 『技術と人間』13-03:010-019
◆198409  「産婦人科会の過剰警備と密室性」
 『技術と人間』13-09
◆19840925 「「発生予防」と成熟する人口管理装置」
 『福祉労働』24:020-030 ※
◆198410  「生命操作の論理・人権の立場」
 『技術と人間』13-10
◆198503  「生と死の管理
」 『技術と人間』14-03臨増
◆198503  「生と死の管理(脳死――脳死は社会に何をもたらすか?)」
 『技術と人間』14-03臨増:120-126
◆198608  「連載・生物医学時代の生と死」
 『技術と人間』15-08,9,10,11,12,16-1〜5,7〜9,12
◆198609  「生物医学時代の生と死-2-東北大学の体外受精」
 『技術と人間』15-09:119-127
◆198611  「生物医学時代の生と死-3-日本での体外受精の歩み」
 『技術と人間』15-11:096-105
◆19870510 「脳死と臓器移植――日本医師会の中間報告を読んで」
 『技術と人間』16-05:90-97
◆198707  「生物医学時代の生と死ー9ー脳死容認劇の背景」
 『技術と人間』16-07:132-143
◆198708  「生物医学時代の生と死ー10ー臓器移植医療が開く世界」
 『技術と人間』16-08:120-127
◆19870925 「脳死――他者に決定される死とは」
 (リレー連載・私たちの生と生活――病院化社会を超えられるか2)
 『福祉労働』36:140-154 ※
◆198711  「出産の国家管理への道」
 『技術と人間』16-11臨増
◆19880310 「遺伝子治療と優生政策」
 『技術と人間』17-03:10-13
◆19890110 「本番を迎えた生物技術社会――バイオテクノロジー社会を展望する」
 『技術と人間』18-01:27-31
◆19890110 「本番を迎えた生物技術社会―バイオテクノロジー社会を展望する」
 (特集・いま,現代技術を問う)
 『技術と人間』18-01:27-31
◆19890210 「脳死臨調登場の経緯」
 『技術と人間』18-02:042-043
◆19890210 「脳死臨調登場の経緯」
 (シンポジウム「脳死・臓器移植をめぐって」)(特集・生命技術と市民)
 『技術と人間』18-02:042-043
◆199009  「なぜ脳死・臓器移植に反対するのか」
 (特集:なぜ脳死・臓器移植に反対するのか)
 『技術と人間』19-09:027-31
◆199105  「最近の脳死・臓器移植をめぐる動き」
 (脳死・臓器移植を問う――脳死・臓器移植をめぐる動きと「脳死社会」)」
 『技術と人間』臨時増刊号:012-22
◆19960130 「生命の価値を何が決めるのか――良い遺伝子・悪い遺伝子」
 『仏教』34:083-092 ※

◆福本 英子・天笠 啓祐 199202 「脳死臨調答申を批判する」
 (特集:脳死臨調答申を批判する)
 『技術と人間』21-02:012-20
◆福本 英子・畦地 豊彦 19870510
 「エイズ――つくられたパニックから立法へ」
 『技術と人間』16-05:12-16
◆福本 英子・『技術と人間』編集部 19910710
 「脳死臨調「中間意見」を批判する」
 『技術と人間』20-07(215):008-017
◆福本 英子・『技術と人間』編集部 19920210
 「脳死臨調答申を批判する」
 『技術と人間』21-02(222):012-020 ※
◆福本 英子・野辺 明子 198004
 「連載・先天異常と子供たちの未来」
 『技術と人間』09-04


REV:20081126
優生(学・思想)  ◇生殖技術  ◇

TOP HOME (http://www.arsvi.com)