Boulding, Kenneth Ewart




Boulding, Kenneth Ewart 1970・ 『社会科学のインパクト』 1970 犬田充・武者小路公秀・吉村融訳,ダイヤモンド社  千葉社0791共通
Boulding, Kenneth Ewart 1971 『社会動学入門』 1971 横田洋三訳,竹内書店,221p. 680
Boulding, Kenneth Ewart 1971・ 『経済学を超えて』 1971 公文俊平訳,竹内書店  千葉社0210共通
Boulding, Kenneth Ewart 1971・ 『紛争の一般理論』 1971 内田忠夫・衛藤瀋吉訳,ダイヤモンド社,421p. 1800 千葉社1179共通
Boulding, Kenneth Ewart 1972・ 『組織革命』 1972 岡本康雄訳,日本経済新聞社,374p. 950
Boulding, Kenneth Ewart 1973 The Economy of Love and Fear : A Preface to Grants Economics Wadsworth Publishing Co., Ltd.  立岩
Boulding, Kenneth Ewart 1973 『愛と恐怖の経済──贈与の経済学序説』 19750901 公文俊平訳,佑学社,240p. 1100 *
  cf. 贈与
Boulding, Kenneth Ewart 197907・ A primer on social dynamics
Boulding, Kenneth Ewart 197907・ 『歴史はいかに書かれるべきか』 197907 横田洋三訳,講談社,講談社学術文庫 ,252p. 360
Boulding, Kenneth Ewart 198011・ Ecodynamics
Boulding, Kenneth Ewart 198011・ 『地球社会はどこへ行く』 198011 長尾史郎訳,講談社,講談社学術文庫 ,2冊
Boulding, Kenneth Ewart 198812・ The world as a total system
Boulding, Kenneth Ewart 198812・ 『トータル・システム──ニューアカデミーの確立』 198812 高村忠成訳,第三文明社,280+5p. ISBN:447603148X 1800
Boulding Kenneth Ewart/嵯峨座 晴夫 監訳 198908・ The economics of human betterment
Boulding Kenneth Ewart/嵯峨座 晴夫 監訳 198908・ 『ヒューマン・ベターメントの経済学──生活の質へのアプローチ』 勁草書房,294+6p. 3708
Boulding, Kenneth Ewart ; eds, 1976 『所得分配の贈与経済学──富者と貧者への再分配 上・下』 1976 関口末夫訳,佑学社,182p.,p. 1800円+ 3600 千葉社1742共通

 「◇25 通常の歴史的な把握として、贈与の社会から交換の社会へという移行が描かれる。近代・現代社会における交換の優位という了解を前提し、これに対抗するものとして贈与の復権が言われたり、あるいはこうした近代社会についての「一面的」な理解を修正すべく、この社会における贈与の契機の存在が指摘されたりする。そしてここでは様々に贈与の有効性が言われる(Boulding[1973=1975]等)。こうした指摘に関連して▽184 第2章注13で少し述べた。ここで検討するのはこのことではない。

  • The transition from a gift society to an exchange society is depicted as part of the normal historical understanding of societal development. Some have accepted the view that exchange is predominant in modern/contemporary society and proposed in response a restoration of the status of giving. Others have pointed to various instances of giving that can be found in modern society to assert that this "one-sided" understanding of this society must be corrected. Here the effectiveness of various forms of giving has also been discussed (see Boulding [1973], Dahrendorf [1973], etc.) I briefly discuss issues related to these sorts of assertions in Chapter 2 Note 13. They are not a focus of examination here.
    UP:? REV:

    TOP HOME (http://www.arsvi.com)