HOME > WHO >

浅倉 むつ子

あさくら・むつこ


last update:20100822

このHPを経由して amazon・bk1 で購入していただけたら感謝。
(購入額の3〜6%が、また[boople]からその本を買うと5〜7%が、寄付されます。)

◆浅倉 むつ子 20040925 『労働法とジェンダー』,勁草書房,双書ジェンダー分析7,235p. ISBN:4-326-64863-5 3675 [kinokuniya][bk1] *f

◆2004/03/27 公開国際シンポジウム「労働法のジェンダー分析」

 *岡野さんより
 *参加には申込みが必要です。

公開国際シンポジウム「労働法のジェンダー分析」

ジェンダーの視点からの労働法の見直し・再構築をテーマに、海外から新進気鋭の研究者たちを招き、国際シンポジウムを開きます。最後に大脇雅子氏(参議院議員)による記念講演を行います。ふるってご参加ください。

日時:2004年3月27日(土)9:30〜18:00 (受付開始9:00)
会場:立命館大学 衣笠キャンパス・創思館(京都市北区等持院北町56-1)
主催:「労働法のジェンダー分析」研究会
(科研費基盤研究(C)研究代表者:浅倉むつ子(東京都立大学)、石田眞(早稲田大学))
参加料:1000円(日英同時通訳・資料代込み)
定員:先着80名
お申し込み・お問い合わせ:E-mailもしくはFAXで受け付けます。「氏名、住所、所属、電話番号、メールアドレス」を明記の上、E-mail( intell@comp.metro-u.ac.jp )かFAX(03-5286-1853(早稲田大学・石田眞))へお申し込みください。

プログラム:
9:00〜9:30 受付
9:30〜10:15 第1部 労働法のジェンダー分析
  浅倉むつ子(東京都立大学)、Joanne Conaghan(英・ケント大学)、
  Kerry Rittich(カナダ・トロント大学)
10:15〜10:30 休憩
10:30〜12:30 第2部 差別と雇用平等
  Consuelo Chacartegui(スペイン・ポンペウ・ファブラ大学)、
  Linda Krieger(米・カリフォルニア大学バークレー校)、
  相澤美智子(東京大学)、Juliet Bourke(豪・シドニー大学)、
  Carole Cooper(南アフリカ・ウィットワタースランド大学)
12:30〜14:00 昼食
14:00〜15:15 第3部 仕事と家庭の両立と社会法 Part1
  Julia Lopez(スペイン・ポンペウ・ファブラ大学)、
  Guy Davidov(イスラエル・ハイファ大学)、
  Rosemary Owens(豪・アデレード大学)
15:15〜15:30 休憩
15:30〜16:45 第4部 仕事と家族の両立と社会法 Part2
  Deborah Maranville(米・ワシントン大学)、林弘子(福岡大学)、
  Anna Chapman(豪・メルボルン大学)
16:45〜17:00 休憩
17:00〜 第5部 記念講演 
大脇雅子(弁護士、参議院議員)

※各報告テーマは、英文プログラムをご参照ください。


UP:20040313 REV:20100822
WHO  ◇労働  ◇フェミニズム 

TOP HOME (http://www.arsvi.com)