HOME > WHO >

安立 清史

あだち・きよし
http://www.lit.kyushu-u.ac.jp/~adachi/index.html



・安立 清史
・あだち きよし
・社会学
・九州大学助教授→
 http://www.lit.kyushu-u.ac.jp/~adachi/index.html
×http://www.lit.kyushu-u.ac.jp/soci_wel/adachi.html

◆安立 清史・杉岡 直人 編 20011110 『社会学』(社会福祉士養成講座),ミネルヴァ書房
 http://www.lit.kyushu-u.ac.jp/~adachi/2001/2001-11/Minerva_sociology.htm
 *安立さんのホームページ内。目次を掲載。
 http://www.minervashobo.co.jp/

◆20000517 安立さんより

すがすがしい新緑の候、みなさまにはお元気でお過ごしのことと存じます。

さて、私は、先日、アメリカでの二ヶ月間の在外研究から帰国しました。
そのご報告もかねて、ホームページを更新しました。
 http://www.lit.kyushu-u.ac.jp/~adachi/index.html

ジョンズ・ホプキンス大学でのNPO研究の模様や、UCLA、ハーバード大学、ニューヨークでの取材なども含めて、まずは写真アルバムにいたしました。研究レポートのほうは、これから取りかかります。
アメリカ滞在中に書き送った、ロスアンゼルス便り、ボルティモア便り、ハーバード便りなども収録しました。
まずは、帰国のご挨拶とホームページ更新のご案内をさせていただきます。



 cf.NPOふくおか

 *以下、詳しくは安立さんのホームページをご覧ください。

■著書
◆安立 清史 19981130 『市民福祉の社会学――高齢化・福祉改革・NPO』,ハーベスト社,226p. \2625 ISBN-10:4938551403 ISBN-13:978-4938551407 \2625 [amazon][kinokuniya] ※ s bp l9sf0000 npo v05 p02 hd g01 d10 ms
◆安立 清史・杉岡 直人 編 20011110 『社会学』(社会福祉士養成講座),ミネルヴァ書房,190p. ISBN-10: 4623034097 ISBN-13: 978-4623034093 2730 [amazon] ※
◆安立 清史 20080222 『福祉NPOの社会学』,東京大学出版会,260p. ISBN-10: 4130560654 ISBN-13: 978-4130560658  5985 [amazon] ※ b 0so/s4000000 s
◆田中 尚輝・安立 清史・浅川 澄一 20031010 『介護系NPOの最前線――全国トップ16の実像』,ミネルヴァ書房,206p. ISBN-10: 4623038890 ISBN-13:978-4623038893 1995 [amazon] ※ b a02 p02 l

■論文

1.「後期資本主義下の社会運動」
単著
1985年6月
『ソシオロゴス』, 東京大学大学院社会学研究科 No. 9

2.19860701 「都市における反原発市民運動の生成と展開」
『ソシオロゴス』10:001-011 ※
単著

3.19870701 「運動と社会――『波うつ土地』の場面から眺めあげた現在」
『ソシオロゴス』11:001-013 ※

4.「環境問題をめぐる社会意識の変化」
単著
1987年9月
『日本社会事業大学社会事業研究所年報』,23

5.「原宿地域住民の生活と福祉−住民意識調査の分析を通して−」
共著
1988年10月
『日本社会事業大学社会事業研究所年報』,24

6.「都市変貌と住民の環境意識−原宿地域住民意識調査結果の分析−」
単著
1989年3月
『日本社会事業大学研究紀要』, Vol.35

7.「高齢者対策の動向と課題」
共著
1989年10月
『社会事業研究所年報』,25

8.「都市環境−変化・認知・運動−」
共著
1990年3月
『日本社会事業大学研究紀要』第36集

9.「重層する都市空間」
共著
1990年 6月
関東社会学会編『年報社会学論集』, 関東社会学会, 3

10.「環境アセスメントと高齢化アセスメント−環境アセスメント理論の検討と高齢化アセスメントの構想−」
単著
1990年12月
『社会事業研究所年報』Vol.26

11.「高齢者と地域環境」
単著
1990年12月
『社会保障研究所研究報告』9002

12.「地域環境と高齢者」
単著
1991年 3月
『日本社会事業大学研究紀要』第37集

13.「在宅福祉サービスの展開過程(1)−福祉公社に関する全国調査結果から−」
単著
1992年 3月
『社会事業研究所年報』Vol.27

14.「都市環境をめぐる住民意識の構造−環状7号線沿道住民意識調査の結果から−」
単著
1992年 3月
『日本社会事業大学研究紀要』,第38集

15.CONTEMPORARY URBAN ENVIRONMENTAL CONSCIOU SNESS
単著
1992年 9月
the wheel extended,NO.81

16.「フランスにおける高齢者福祉の動向」
単著
1993年3月
『GERONTOLOGY-NEW HORIZON-』, Vol.5, No.2, メディカルレビュー社

17.「フランスにおける高齢者福祉の新たな展開」
単著
1993年 3月
『社会事業研究所年報』Vol.28

18.「現代日本人の都市環境意識」
単著
1993年 3月
『日本社会事業大学研究紀要』,第39集

19.「高齢者のための福祉活動への参加意欲の要因分析」
共著
1993年6月
『社会老年学』,No.38,東京都老人総合研究所

20.「住民参加型在宅福祉サービス活動の担い手の意識」
単著
19931101
『月刊福祉』76-13(1993-11):054-057 ※
全国社会福祉協議会

21.「在宅福祉サービスの展開過程(2)−地域特性からみた福祉公社−」
単著
1993年12月
『社会事業研究所年報』Vol.29、日本社会事業大学社会事業研究所

22.「高齢化社会におけるボランティア活動の参加促進要因に関する研究」
単著
1994年3月
『平成5年度 シニアプラン公募研究年報』

23.「在宅福祉サービスの展開過程(3)−福祉公社の現状と担い手の意識−」
単著
1994年3月
『日本社会事業大学研究紀要』第40集、日本社会事業大学

24.「高齢者の価値意識・態度に関する国際比較研究(その2)−フィンランド・トゥルク市の高齢者との比較を中心に−」
共著
1995年3月
『日本社会事業大学社会事業研究所年報』31

25.「ボランティア活動の日米比較@」
単著
1996年8月
『月刊福祉』8月号,全国社会福祉協議会

26.「ボランティア活動の日米比較A」
単著
1996年9月
『月刊福祉』9月号,全国社会福祉協議会

27.Expansion of Formalized In-home Services for the Japan's Aged
共著
1996年10月
Journal of Aging & Social Policy, Vol.8,No.2/3, The Haworth Press, Inc.

28.「過疎高齢化地域の福祉を中心とした村おこし−福岡県星野村を事例として−」
共著
1998年3月
『人間科学』Vol.4, 九州大学文学部人間科学科

■著書

1.『日本のシンクタンク』
共著
1985年3月
東京大学新聞研究所編、東京大学新聞研究所研究叢書G(制作:東京大学出版会、発行:東京大学新聞研究所)

2.『社会福祉の開発と改革』
共著
1990年5月
中央法規出版

3.『社会運動論の統合をめざして−理論と分析』
共著
1990年9月
成文堂

4.『社会福祉の現代的課題−地域・高齢化・福祉−』
共著
1993年 4月
サイエンス社 ※

5.『明日の高齢者ケアNo.9 高齢者ケアのニューウェーブ』
共著
1993年12月
中央法規出版

6.『ジェンダーの社会学』
共著
1994年3月
放送大学教育振興会

7.『高齢化社会の地域と企業』
共著
1994年9月
同文館

8.『高齢化とボランティア社会』
共著
1996年3月
弘文堂

Public Policy and the Old Age Revolution in Japan
共著
1996年10月
The Haworth Press

10. Total Care of the Elderly- A Multidisciplinary Approach
共著
1996年12月
5th Asia/Oceania Regional Congress Of Gerontology

11.『福祉社会・家族・市民運動−21世紀の市民社会と共同性−』
共著
1998年4月
梓出版社

12.『市民福祉の社会学―高齢化・福祉改革・NPO−』
単著
1998年11月
ハーベスト社 ※

13. 『福祉政策の理論と実際−福祉社会学入門』
共著
1999年3月(予定)
東信堂


 ※は生存学資料室にあり



社会学(者)  ◇WHO

TOP HOME (http://www.arsvi.com)