>HOME >WHO
秋元 波留夫
あきもと・はるお
1906〜2007


このHP経由で購入すると寄付されます

1906年1月29日 - 2007年4月25日。精神医学者。長野県長野市出身。
東京都立松沢病院院長、金沢大学名誉教授、日本精神衛生会会長、日本精神保健政策研究会会長、日本てんかん協会監事、社会福祉法人きょうされん理事長、きょうされん顧問など歴任

■略歴
   1929年  東京帝国大学医学部卒業
          北海道帝国大学医学部精神医学教室助手
   1935年  東京府立松沢病院医員、東京帝国大学医学部副手
   1937年  東京帝国大学医学部講師、外来医長
   1941年  金沢医科大学(現在金沢大学医学部)教授
   1958年  東京大学医学部教授
   1966年  東京大学退官、国立武蔵療養所
          (現在国立精神・神経センター)所長
   1977年  国立武蔵療養所退職、名誉所長
   1979年  東京都立松沢病院院長
   1983年  東京都立松沢病院退職

http://iryojimu.blog46.fc2.com/blog-entry-178.html
 「院長が2年くらいいなかった時期もあって、もうこの人しかまとめられないということで、引退していた70代の先生がきて、それでまた正常化したわけです。」

■著書(※は書庫にあるもの。◆は書籍◇は論文)

1960's
◇秋元波留夫  19641031 「精神障害者の人間性回復のために――精神衛生法の全面改正にあたって」、『精神衛生』NO92-93:p3

1970's
◆秋元 波留夫 19700815 『職場の異常心理』,日本工業新聞,243p. ASIN: B000J9ZJ30  504 ※
◆秋元 波留夫 19710715 『異常と正常――精神医学の周辺』 ,東京大学出版会,299p. ISBN-10: 4130050648 ISBN-13: 978-4130050647 ※
◇秋元 波留夫 1974 「精神科看護を考える」,「精神科看護」1-1→秋元[19760330:104-139]
◆秋元 波留夫 編 19750915  『作業療法の源流』 ,金剛出版,344p. ASIN: B000JA02S6 5800 [amazon] ※ [広田氏蔵書]
◆秋元 波留夫 19760330  『心の病気と現代』 ,東京大学出版会,305p. ASIN: B000J9WD5C 1260 [amazon] ※ m. [広田氏蔵書]
◆秋元 波留夫 19760531 『精神医学と反精神医学』,金剛出版,371p. ASIN: B000J9WA3M [amazon] 13567〜 ※ m. [広田氏蔵書]

1980's
◆秋元 波留夫 198003 『心の医療――生きる権利の原点をもとめて』,大月書店,213. ASIN: B000J89QTO [amazon]
◆秋元 波留夫 19850523 『迷彩の道標――評伝/日本の精神医療』,NOVA出版,290p. ISBN-10: 4930914191 ISBN-13: 978-4930914194 \2940 [amazon][kinokuniya] ※ m. ut1968.
◆秋元 波留夫 19851107 『未来のための回想』 ,創造出版,114p ※
◇秋元波留夫  198608 「精神障害者の地域サービスはどうなっているか――「共同作業所」の実践から」、『臨床精神医学』第15巻第8号:p1327
◆秋元波留夫 19870610 『精神障害者の医療と人権』,ぶどう社,246p. ISBN-10: 4892400688 ISBN-13: 978-4892400681  2400 ※

1990's
◆秋元 波留夫・上田 敏 19900815 『精神を病むということ』,医学書院,326p. ISBN-10: 4260117505 ISBN-13: 978-4260117500 \4725 ※
◆秋元 波留夫・冨岡 詔子 199106 『新 作業療法の源流』, 三輪書店, 376p. ISBN-10: 4895900088 ISBN-13: 978-4895900089 \4587
◆秋元 波留夫 199109 『精神障害者リハビリテーション――その前進のために 』,金原出版, 287. ISBN-10: 430715035X ISBN-13: 978-4307150354
◆秋元 波留夫 199601 『空想的嘘言者に蹂躙された日本――社会病理学的一考察』,「新樹会」創造出版, 55p ISBN-10: 4881582410 ISBN-13: 978-4881582411
◆秋元 波留夫・調 一興・藤井 克徳 編 19990129 『精神障害者のリハビリテーションと福祉』,中央法規出版,251p. ISBN-10: 4805817771 ISBN-13: 978-4805817773 2730 [amazon][kinokuniya] ※

2000's ◆秋元 波留夫 20020228 『実践 精神医学講義』,日本文化科学社,1044p. ISBN-10: 4821073153 ISBN-13: 978-4821073153 14700 [amazon][kinokuniya] ※
◆秋元 波留夫 20020620 『新・未来のための回想』,創造出版,328p. ISBN-10: 4881582720 ISBN-13: 978-4881582725 \2940 ※
◆秋元 波留夫・天野 直二・仙波 恒雄 20030911  『二十一世紀 日本の精神医療――過去・現在・未来を見据えて』 ,SEC出版,103p. ISBN-10: 4434035045 ISBN-13: 978-4434035043 \1680 ※
◆秋元 波留夫 200402 『精神医学遍歴の旅路――10の講演』,創造出版,231p. ISBN-10: 4881582917 ISBN-13: 978-4881582916 \2940
◆秋元 波留夫 200411 『明るく生きるてんかんの時代――てんかんを考える会5周年記念講演』,萌文社, 62p. ISBN-10: 4894910101 ISBN-13: 978-4894910102 \500
◆秋元 波留夫/上田 敏 構成 20050916 『99歳精神科医の挑戦――好奇心と正義感』,岩波書店,246p. ISBN-10: 400022543X ISBN-13: 978-4000225434 1995 [amazon][kinokuniya] ※ m.
◆秋元 波留夫・清水 寛 200609 『忘れられた歴史はくり返す――障害のある人が戦場に行った時代』,きょうされん,86p. SBN-10: 4894911132 ISBN-13: 978-4894911130 \700 cf.共同作業所全国連絡会(共作連)

◆秋元波留夫教授還暦記念刊行会 編 19680625  『秋元波留夫教授還暦記念論文集・上巻』 ,秋元波留夫教授還暦記念刊行会,365p. ASIN: B000J9VUYW [amazon] ※ m.
◆秋元波留夫教授還暦記念刊行会 編 19680625 『秋元波留夫教授還暦記念論文集・下巻』,秋元波留夫教授還暦記念刊行会,341p. ASIN: B000J9VUYW [amazon]

■引用

>TOP



◆秋元 波留夫  19641031 「精神障害者の人間性回復のために――精神衛生法の全面改正にあたって」、『精神衛生』NO92-93:p3

「三、医療施設の問題
 精神衛生における医療施設の問題はAction for Mental Health(1961)のなかで、Jack Ewaltが強調しているように、依然として精神衛生法の中心課題core problemである。どんなに精神医学的治療が進歩しても、精神病院の問題は常に新しい相貌を呈しつつ論ぜられ、改革されなければならないだろう。わが国における医療施設の主要な部分をしめる精神病院は、量と質との両面において多くの問題を蔵している。まず病床数の絶対数の不足ができるだけ速やかに解消されなければならないが、この最も大切な精神病床の増床が、これまあであまり計画的に行われなかったことは遺憾である。[…]
 公私の比は九三対七となり、精神障害者に対する医療施設がもっぱら公共の責任において運営されていることがわかるのである。米国における私立精神病院は公立のそれとは性格を異にしており、経済的に比較的恵まれた階級の患者を扱うデラックスな病院が多い。このような様相はひとり米国に限らず、欧州各国の精神病院の在り方に共通する。[…]
 私立精神病院は公共の病院とは異なった機能と性格をもち得るものであり、それはすでに欧米諸国において証明済みである。この点で日本のみが例外であるとは考えられない。」pp3-4(東京大学教授)



◆秋元 波留夫 19850523 『迷彩の道標――評伝/日本の精神医療』,NOVA出版,290p. ISBN-10: 4930914191 ISBN-13: 978-4930914194 \2940 [amazon][kinokuniya] ※ m. ut1968.

 「昭和四十四年は東大安田講堂占拠事件が発火点となって大学紛争の火の手が全国に広がった年である。東大精神科ではこの年九月、精神科医師連合のなかの一部の者によって病棟及び研究室が占拠され、教授が教授室から追いだされてにげだすという醜態が演ぜられる始末であった。分裂病は神話である、などという馬鹿馬鹿しい幻想にとり憑かれた連中は精神疾患の生物学的研究を敵視して、攻撃を加えた。」

◆秋元 波留夫 20020620 『新・未来のための回想』,創造出版,328p. ISBN-10: 4881582720 ISBN-13: 978-4881582725 \2940 ※

 「歴史はくりかえすという言葉があるが、19世紀初頭ドイツ語圏精神医学で吹き荒れた精神論と身体論の激しい抗争・とくに精神論者の身体論者に対する攻撃の再現が1960年代の、精神障害は社会的抑圧の産物であると主張する「反精神医学 antipsychiatry」の生物精神医学に対する攻撃であった。イギリス、アメリカなど欧米の反精神医学が言論上の攻撃であったのに対して、わが国の大学紛争に触発された反精神医学は問答無用の暴力的攻撃であった。この暴力に屈して、わが国の大学の精神医学教室のなかに精神障害の治療や成因に関する神経科学的研究を一切放棄するところもあらわれるという始末であった。
 わが国の精神医学が反精神医学の暴力に操帝(×)されて、研究能力を喪失した1970年代から1980年代にかけて、いち早く反精神医学を克服した欧米の精神医学は、分子生物学、形態的・機能的脳画像法、神経心理学などの脳研究の画期的な進歩をとりいれ、精神障害、とくに分裂病を脳の障害として見る根拠を提供する実証的研究にとりくむようになり、多くの成果が挙げられている。アメリカの女性精神科医ナンシイC.アンドレアセンNancy C.Andreasen(1984)の次の言葉はこのような状況を端的に物語っている。」(秋元[2002:179])

■言及

◆立岩 真也 2010/11/01 「社会派の行き先・1――連載 60」,『現代思想』38-(2010-11): 資料
◆立岩 真也 2011/**/** 「もらったものについて・6」r,『そよ風のように街に出よう』80:-
◆立岩 真也 2011/02/01 「社会派の行き先・4――連載 63」,『現代思想』39-2(2011-2): 資料
◆立岩 真也 2013/06/01 「精神医療についての本の準備・3――連載 90」,『現代思想』41-(2013-5):- →
◆立岩 真也 2013/07/01 「精神医療についての本の準備・4――連載 91」,『現代思想』41-(2013-7):- 
◆立岩 真也 2013/11/ 『造反有理――精神医療現代史 へ』,青土社 ※


*作成者:三野 宏治
UP:20090803 REV:20090923, 20101013, 1201, 20130510  QLOOKアクセス解析
精神障害/精神医療  ◇精神障害/精神障害者・年表アメリカの脱入院精神医学医療批判/反精神医学

TOP HOME(http://www.arsvi.com)