>HOME >WHO
赤林 朗
あかばやし・あきら


 *立岩のデータベースにあったものだけ

 あかばやし あきら
 東京大学医学系大学院・国際地域保健学助手→
 東京大学医学系大学院・健康科学看護学科・保健社会学教室助手
 (〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1)
 →京都大学→東京大学

◎論文

森岡 正博・赤林 朗 1988
      「「脳死」身体の各種利用はどこまで許されるか」
      『中央公論』1988-5:256-268 <212>
◆赤林 朗・森岡 正博 1989
      「アメリカにおける<脳死身体>を利用した医学的研究」
      『医学のあゆみ』148-12:819-820 <211>
◆1994   「おまかせ的医療システムの本質」
      森岡 編[1994:135-143] *<169>
      *森岡 正博 編 1994 『「ささえあい」の人間学』,
       法藏舘,359p.
◆赤林 朗・大井 玄 1995
      「医療・看護実践および教育の場における”クリニカル・エシックス”」
      『生命倫理』5-1:55-59 
◆1996   「生命倫理」
      『Medicina』32-6:1188-1190 

◎翻訳

このHPを経由して[boople][bk1]で購入していただけると感謝。
(購入額の約3%が、またHP内の[boople]のところから買っていただけると5%が、寄付されます。)

◆Jonsen, Albert R. ; Siegler, Mark ; Winslade, William J.  1992
  Clinical Ethics: A Practical Approach to Ethical Decisions in Clinical Medicine, McGrow-Hill 
  =19970725 赤林 朗・大井 玄 監訳,『臨床倫理学――臨床医学における倫理的決定のための実践的なアプローチ』,新興医学出版社,221p. 3000



生命倫理  ◇WHO 

TOP HOME(http://www.arsvi.com)