>HOME >Tateiwa

『唯の生』表紙    立岩 真也 20090325 『唯の生』,筑摩書房,424p.
   ISBN-10: 4480867201 ISBN-13: 978-4480867209 \3360

   □御注文→[amazon][kinokuniya]&↓
   
   □目次
   □書評・紹介
   □文献表 (別ファイル)
   □索引 (別ファイル)
   □English / [korean]

 

■立岩 真也 20090325 『唯の生』,筑摩書房,424p. ISBN-10: 4480867201 ISBN-13: 978-4480867209 3360 [amazon][kinokuniya] ※ et.

2700円+送料実費でお送りいたします。

*『唯の生』の定価が3360円(税込)となりました。『良い死』2500円+送料実費、『唯の生』2700円+送料実費でお送りいたします。

■ 関連する催等

◆2009/03/29 安楽死・尊厳死法制化を阻止する会3.29シンポジウム 於:東京
◆2009/03/27 JUNKU大阪トークセッション・森岡正博×立岩真也「生死を決める、その手前で」

 *いずれの催でもお買い求めいただけます。


 
■目次



目次

第1章 人命の特別を言わず/言う cf.Singer, PeterKuhse, Helga加藤 秀一

1 新しいことは古いことと同じだから許されるという説
 1 伝統の破壊者という役
 2 既になされているからよいという話
2 α:意識・理性…
 1 α:意識・理性…
 2 それは脱人間中心主義的・脱種差別的な倫理ではない
 3 それは人の生命の特別を言わない
 4 ただそれが大切だと言っているがその理由は不明である
2 関係から
 1 〈誰か〉への呼びかけ
 2 関係主義の困難
 3 かつて親などというものはなかったかのように
4 別の境界β:世界・内部
 1 世界・内部
 2 人間/動物
 3 復唱

第2章 近い過去と現在

1 二〇〇五年・尊厳死法案 [2005.5]
 1 患者の意思による、について
 2 不治で末期に限る、について
 3 伝統ある動きであることについて
2 一九七八年版/二〇〇三年版 [2005.6]
 1 二つの法案
 2 太田典礼 cf.太田 典礼
 3 変容?

第3章 有限でもあるから控えることについて――その時代に起こったこと

1 その時代に起こったこと、のために
 1 はっきりした早くよくわからない変化
 2 短絡
2 一九八〇年代
 1 老人病院批判
 2 寝たきり老人のいない国
 3 もう一つの発見
 4 要約
3 確認
 1 なおす/とどまる:本人において
 2 なおす/とどめる:援助者他において
 3 寝たきり/自立
 4 控える本人と控えさせない家族という図
4「福祉のターミナルケア」
 1 「福祉のターミナルケア」
 2 集会/番組/国会
 3 批判した人たち
5 限られた場所への移行
 1 医療の経済
 2 結果、生ずること
 3 予め限られている福祉への移行
 4 結果、生ずること
6 大勢の形成
 1 調査
 2 「たんなる延命」
 3 苦痛
 4 票の差
 5 職業人たち
 6 家族/市民
 7 人間学
7 経済
 1 経済的でない人々の賛同
 2 無駄が無駄であることを承諾すること
 3 それを仕事とする人たち
 4 改革が節約になると言ってしまうこと
 5 保険として主張し実現されることの制約
 6 「後期高齢者」
 7 やはり基本をはっきりさせる

第4章 現在

1 二〇〇五年春・夏 [2005.11]
 1 復唱・他
 2 四月の集会
 3 六月の集会

2 二〇〇六年三月 [2006.3]
 1 集会と事件
 2 意識がない(とされる)場合のこと
 3 自分のこと

3 二〇〇六年夏 [2006.7]
 1 事件後
 2 詮ない仕事

4 倫理委員会で
 1 倫理委員会で・二〇〇七年一月 [2007.1]
 2 何を伝えるか
 3 倫理委員会で・二〇〇八年七月 [2008.7]

5 日誌
 1 二〇〇五年
 2 二〇〇六年
 3 二〇〇七年
 4 二〇〇八年

第5章 死の決定について [2000.10] cf.小松 美彦

 1 書かれていないが前提されていること
 2 私・対・私たち、でなく
 3 決定を駆動するもの
 4 変更すること・言うこと

 [補] 小松美彦の本  [2004.08]

第6章 より苦痛な生/苦痛な生/安楽な死 [2004.11] cf. 清水 哲郎

 1 積極的行為/消極的行為の区別は怪しい→賛成
 2 緩和のために死が早くなることは認める→賛成
 3 緩和のための死/死のための死の区別が有効である→反対
 4 生と生の間の選択と生と死の間の選択は違う
 5 まとめ

 [補] 近刊の教科書から [2005.07]
 [補] 書評:清水哲郎『医療現場に臨む哲学II――ことばに与る私たち』[2000.1]

第7章 『病いの哲学』について cf.小泉 義之『病いの哲学』

 1 何か言われたことがあったか
 2 死に淫する哲学
 3 病人の肯定という試み
 4 病人の連帯
 5 身体の力を知ること

 [補]死/生の本・2 [2004.11]

終わりに

索引

文献表


>TOP

■紹介・書評

◆2009/03/03 http://d.hatena.ne.jp/thigasikawabata/20090303/1236605454
◆2009/04/17 http://d.hatena.ne.jp/al-ghad/20090417
◆2009/04/21 http://d.hatena.ne.jp/SugarCheap/20090421/p1
◆2009/04/24 http://d.hatena.ne.jp/schizophrenic/20090424
向井 承子 2009/05/10 「書評:立岩真也『唯の生』――生死めぐる難題に挑む」,『東京新聞』『中日新聞』2009-05-10
 http://www.tokyo-np.co.jp/book/shohyo/shohyo2009051002.html
 「生死めぐる難題に挑む
 ふつうに暮らしていてなにか変だと思うことが増えている。ことに、生死にかかわる人生の大事で、答えがみつからぬまま結論を制度に委ねようとする傾向も目立つ。
 そのむずかしさは、たとえば「としよりや病人は大切に」というのがあたりまえだったような、私たちの感性に組み込まれてきた文化の根本まで覆すところにある。  本書には、現代の生死をめぐる困難な課題がぎっしりと詰まる。決して論理的に居丈高に説き伏せようとするのではない。著者特有の螺旋(らせん)状に思考を積み重ねる文体を通して、読者はひとりの思想家が生死をめぐる混沌(こんとん)の地平に立ち竦(すく)む姿を見る思いとなる。それほどの難題が現代の生と死に立ちはだかる。
 たとえば、臓器移植法のいう脳死という概念。生きているように見えても法が定めれば死。だが動いている心臓を取り出すことへの違和感は残る。また「不治で末期」と診断されたら尊厳死を選べるための法制化の必要をいう人もいる。そう願う人もいるだろう。だが、そもそも「不治」や「末期」の診断は確かか、治療やケアは十分だったのか、技術や社会環境の吟味を求める人もいる。
 しばしば、高齢者には「過剰な医療」は不要と言われる。そういうこともあるだろう。だが、政治的に喧伝(けんでん)されるうちに、いつのまにか世間がそう思うようになり、やがて制度化され、老いるほどに医療が受けにくくなった歴史は現実である。
 一九八〇年代以降現在まで時代に登場した言葉が大量に採集され分析の対象となる。いま生死の境につきつけられる難題とは、生々しいほど具体的な現実が複雑に絡みあい編み出したものだった。膨大な作業の末に「これだけ言葉を重ねてきて…要するにどう考えるのかと問われるかもしれない」と記す。だが、読後、心に残るのは「生きることを否定する価値を信じる必要はないこと」との巻末の明言だった。」
◆2009/05/10 http://jnetmore.blog50.fc2.com/blog-entry-325.html
◆2009/05/12 http://archive.mag2.com/0000156149/20090512050000000.html
◆2009/05/13 http://d.hatena.ne.jp/ogawa-s/20090513/p3
◆伊藤 氏貴 2009/06/01 「書評:立岩真也 『唯の生』」,『文學界』2009-6
 http://www.bunshun.co.jp/mag/bungakukai/
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E6%B0%8F%E8%B2%B4
 http://www.meiji.ac.jp/bungaku/teachingstaff/teacher_a/ito%20uji.html
◆2009/04/24 http://d.hatena.ne.jp/schizophrenic/20090424/1240537065
◆2009/05/24 http://askatasuna.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_9331.html
◆2009/07/05 http://jiyuu-gennsou.at.webry.info/200907/article_4.html
◆2009/07/05 http://jiyuu-gennsou.at.webry.info/200907/article_6.html
◆2011/10/17 http://blog.m3.com/pheasant/20111017/1

■言及/著者による言及

◆立岩 真也 2009/03/25 「『現代思想』特集:ケアの未来――介護・労働・市場」(医療と社会ブックガイド・92),『看護教育』49-3(2009-3):-(医学書院),
◆立岩 真也 2009/05/25 「『唯の生』」(医療と社会ブックガイド・94),『看護教育』49-4(2009-4):-(医学書院),
◆立岩 真也 2009/07/25 「『良い死』『唯の生』続」(医療と社会ブックガイド・96),『看護教育』49-7(2009-7):-(医学書院),
◆立岩 真也 2010/05/01 「『税をなおす』の続き――連載 54」,『現代思想』38-5(2010-5):- 資料
◆立岩 真也 2010/08/16 『人間の条件――そんなものない』,理論社,りみちパン!セ,392p. ISBN-10: 4652078552 ISBN-13: 978-4652078556 1500+ [amazon][kinokuniya] ※
◆立岩 真也 2010/12/01 「人間の特別?・1――唯の生の辺りに・8」,『月刊福祉』2010-12
◆立岩 真也 2011/01/01 「人間の特別?・2――唯の生の辺りに・9」,『月刊福祉』2011-1


UP:20080619 REV:20081226 20090129, 0305, 20, 25, 27, 20090525, 27, 20100415, 1004, 20111023
『良い死』  ◇安楽死・尊厳死  ◇立岩 真也  ◇Shin'ya Tateiwa 

TOP HOME(http://www.arsvi.com)