HOME > Tateiwa

立岩真也:ツィッター2017


Tweet


◆2017/11/30 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/936504561287675905
 「「私〔立岩真也〕の〔『現代思想』での〕連載は第140回。「星加良司『障害とは何か』の1」。分載していくが、全部を紹介することはない。雑誌買ってください。ただ…『社会モデル』の購入者には、この回の原稿を収録した増補版を無償で後日提供します。またお知らせします」→http://www.arsvi.com/ts/20172443.htm

◆2017/11/30 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/936503429823840256
 「「ストレッチャーの取り付けには6席(エコノミークラス)…その6席分…しかも…正規料金だったため、私の参加には他の参加者と比べてほぼ10倍の航空券代がかかっています」増田英明「人工呼吸器を装着した私の挑戦――障害学国際セミナー2017に参加して」『研究の現場』→http://www.arsvi.com/w/mh09.htm

◆2017/11/29 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/936049736099889153
 「『現代思想』12月号、特集「人新世――地質年代が示す人類と地球の未来」。私の連載は第140回「星加良司『障害とは何か』の1」→http://www.arsvi.com/ts/20170140.htm  「…長く留まるつもりはないのだが、身体の方から社会を見ていくことも必要だと思ってはいる。その際の見立てについて、道具立てについて…」」

◆2017/11/27 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/935379391546142720
 「「それは結局、利用者全体がその自らの利用に応じて費用を支払うことにもなる。あるいは直接に税を使ってその環境を整える場合もある。いずれがどの程度どんな理由で望ましいか…」(『差異と平等』)を検討すると、まず、直接に税を使うのがよいとなるはずだろうと→http://www.arsvi.com/ts/20172442.htm

◆2017/11/27 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/935378202230263808
 「「車椅子や人工呼吸器等々を使う人でも飛行機に乗れるようにすることを航空会社に義務づけ、その費用を負担させる…。全体に義務づけるのであれば(さらに企業の規模に大きな差がないといった条件があれば)企業の競争力に差は出ず、実効的なものとすることはできる」→http://www.arsvi.com/ts/20172442.htm

◆2017/11/26 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/935026857342222336
 「メール拝受「国内国外の旅行や自宅以外での宿泊については居宅介護、重度訪問介護、介護保険の訪問介護などは使えないと信じている自治体が多いと思います。…会議とか研修のためならいいというところもあります…観光だったらだめなのか…贅沢という感覚なようです」それに→http://www.arsvi.com/ts/20172442.htm

◆2017/11/26 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/935020355013320704
 「「74歳、ALS、増田英明、「人工呼吸器を着けてもっと生きようよ」を伝えに、本人だから伝えられる言葉を国際学会で…。寄付集めを続けていて、お願いです、ですが、それはそれとして、「本来」どうであるべきか。という話はある。」横塚晃一の文章&『差異と平等』より→http://www.arsvi.com/ts/20172442.htm

◆2017/11/26 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/935000141248860161
 「「妥当な生活水準が設定されるなら、その総額をどのように使うかは基本的に各人の自由であるとした後、その使用に際して付加的に必要な部分について、その費用が支給されるようにすればよいとした。ほぼそれでいけるはずである。」『差異の平等』(立岩真也・堀田義太郎)→http://www.arsvi.com/ts/20172442.htm

◆2017/11/24 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/934401970265133058
 「「大谷いづみ先生を囲む集い(東京)」報告。がくじゅつ的?部分→尊厳死/太田典礼/日本尊厳死協会/日野原重明/橋田壽賀子/死生学/生命倫理学/レスリー・バーク裁判…にリンク(橋田頁はないのでなし)。http://www.arsvi.com/ts/20171112oi.htm

◆2017/11/25 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/934388574597791745
 「「人を殺してならないのは当たり前のことにはなっている。だが「その上で」様々な事情を勘案するなら、仕方がないこともあるではないか。そんな具合に社会は動く。そして横田たちもその事情を知らないのではない。むしろ…親の苦労はよくわかっている。けれど」→http://www.arsvi.com/ts/20160037.htm
 ▽福井栄二郎@natganigpa
 「先日の立命館でのシンポの中で立岩真也さんが相模原の事件に触れて、「容疑者の身近にいる誰かが、彼を怒れなかったのか」という言葉を投げかけました。それが印象的で、今日もずっとそのことを考えながらビデオを見ていました。」

◆2017/11/24 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/934371954097766400
 「「大谷いづみ先生を囲む集い(東京)」報告。学術的大部分についてはまた。後半事件関連。「残念なことに…加害者は更生し、被害者であるわたしは回復せず迷惑をかけ続けているという物語を強化するために、簡単に立証できるような嘘と印象操作を連ねた「事実経過概略」を…」http://www.arsvi.com/ts/20171112oi.htm

◆2017/11/24 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/934345143766851585
 「【マスダ・ボストン・チャレンジ】。74歳・ALSの増田英明氏、「人工呼吸器を着けてもっと生きようよ」を伝えに、本人だから伝えられる言葉を国際学会で…。クラウド・ファンディングは終了しましたが、引き続き募金続行中です。郵貯銀行・振替口座への送金お願いしてます→http://www.arsvi.com/ts/20172441.htm

◆2017/11/23 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/933837368141873152
 「Nakamura, Karen(中村 かれん)氏集中講義関連情報掲載開始→http://www.arsvi.com/w/nk17.htm  学外からの参加希望これまでに2件。ざっと人数等わかっておきたいので立岩真也(tae01303@nifty.ne.jp)まで連絡ください。」
 ▽立岩真也@ShinyaTateiwa
 「カレンナカムラ氏(現在UCバークレー) 2018/01/08-011/2集中講義、立命館大学衣笠キャンパス。一般参加(?)可能です。ただ情報保障等、正規受講者に対すること以上はできないのでその点ご承知おきください。ざっと人数等わかっておきたいので立岩(tae01303@nifty.ne.jp)まで連絡ください。」

◆2017/11/22 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/933608577133973504
 「博士号取得者※リストとりあえずつくりました。http://www.arsvi.com/ts/dt.htm さきに記した数字にまちがいあり:54→48 他にすることありますがそれはおいおいだんだん。※立命館大学大学院先端総合学術研究科」

◆2017/11/22 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/933482087956414464
 「私が主担当で博士号取得した人、この10年ほどで54人?。リストつくります。ただまず、その多くは生存学研究センターの客員研究員になっていただいていますので、そのリストを→http://www.ritsumei-arsvi.org/aboutus/read/id/15
 ▽岸政彦@sociologbook
 「修了生のなかから毎年のように、大学にポストを得るものが出てます。そのうち先端研のウェブサイトにちゃんと、この修了生のページも作ります(はよせな……)。院生のうち、半分ぐらいは社会人かな。まあ、こういうところです。興味があればぜひ。明日、お待ちしております。」

◆2017/11/22 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/933479458295517184
 「arsvi.com/u/gsce.htm  にたいがい古いですが(なので今と違う部分ありますが)いくらかの情報があります。メールでの問い合わせ、じかの面談などうけます。立岩であれば→tae01303@nifty.ne.jp」
 ▽岸政彦@sociologbook
 「【お知らせ】人生いろいろです。いろいろな人生を、ともに学びましょう。立岩真也から生存学を、小川さやかから人類学を、千葉雅也と小泉義之から哲学を、吉田寛から感性学を学ぶことができます。そして私と一緒に、社会学と生活史を。社会人も歓迎です。明日18:50から、茨木キャンパスで。」

◆2017/11/22 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/933323269616185344
 「「逃げる」で検索してきたら→「建築と所有」(立岩 真也、聞き手:長島明夫)2011『建築と日常』2:42-63→http://www.arsvi.com/ts/20110025.htm
 ▽nan@bymiii
 「立岩先生の“自分の身を切る辛いことは避けてもいい”。ただ、“きちんと怒る”ことはしなくてはならない。という言葉が反芻しています。」

◆2017/11/22 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/933321355629490177
 「関西はおもしろい。…しょぼい、けどすごい、すごいけどしょぼい、つらいけどおもしろい、おもしろい、けどつらい…。「ここはぜひとも詳しく、できるだけ詳しく」と〔『関西障害者運動の現代史』の〕著者の定藤さんにお願いしたきたのでもある。」http://www.arsvi.com/b2010/1103sk.htm
 ▽福井栄二郎@natganigpa
 「昨日のシンポでの言葉が、まだ頭のなかをぐるぐるしてます。とくに岸先生の「ディテールは切ったら血が出る」と立岩先生の「とにかく何でもいいから、そのことに一番詳しくなること」という言葉。自分の胸に手を当てて、あーとかうーとか唸っています。」

◆2017/11/22 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/933319518851514369
 「→「だからこそはっきりさせたほうがよい」立岩真也2006『グラフィケーション』146(富士ゼロックス)→http://www.arsvi.com/ts/2006045.htm
 ▽Kohei Takahashi@tkohei_info
 「立命にて荻上さん、立岩さん、岸さんのトーク。岸さんの「ディテールによって傷つきディテールによって救われる」の意に共感しつつ、「一概には言えない」と言えるところまで分け入る態度の話を聞けて良かった。」

◆2017/11/22 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/933316834639540224
 「「こんな具合になされてよい仕事が分布している、こちらで研究してきた人たちの仕事はこんな感じで相互に関係していることを本等で示す。『生存学の企て』…はそんな本だ。…手伝って、よいものが出たらよかったと思う。そうした論文〜書籍はじつはじつにたくさんあって…」http://www.arsvi.com/ts/20172440.htm

◆2017/11/21 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/933135008079867904
 「chio通信原稿途中まで掲載〜後は購入を。「たんなる逃避のなにがわるい、ということはある。…ただ、逃げているだけだと敵はそのままだから、くやしい、ということはある。これはまちがっている、と思えるなら…」http://www.arsvi.com/ts/20170053.htm  マスダボストンチャレンジ続行→http://www.arsvi.com/w/mh09.htm
 ▽ジャパンマシニスト@japama_official
 「達成! 引き続きよろしくお願いいたします。chio通信連載中、立岩真也さんも支援中。」
.
◆2017/11/21 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/933110034061340672
 「本日「アジア精神障害者国際会議 日本初開催! オープンダイアローグ―アジアでのひろがり・ふくらみ、そして新たな対話を聴く!精神障害の本人たちに考案された、精神医療に代わる実践! インドで行われる当事者中心のワークショップを体験してみませんか?」だそうです→

◆2017/11/21 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/932975839397814272
 「目標額速攻5日で達成。深謝。しかし、お金、その仕組みはまたお知らせしますが、とんでも、かかるのです。見当つかずびびって、いけそうだと思った額にはなりました。続行します。種々説明は毎日。引き続きよろしくお願い。【マスダ・ボストン・チャレンジ】→http://www.arsvi.com/w/mh09.htm
.
◆2017/11/20 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/932828673656238080
 「集中講義のビダルさんが2015年にいらした時に作ったもの→「What is Locked in Locken-In Syndrome ?」→http://www.arsvi.com/ts/20151120.htm  中味は『私的所有論』の一部でした。&http://www.arsvi.com/ts/20090039-e.htm にリンクされています。拙著『ALS』は日本語版のみ→http://www.arsvi.com/ts/2004b2.htm
 ▽立命館大学生存学研究センター@ritsumei_arsvi
 「フェルナンド・ヴィダル教授の4回連続セミナー ”Personhood, Body, and Brain” が現在開催中です。11月20, 21, 22, 24日 10:00-13:30 参加無料・要事前申込(2017lecturevidal@gmail.com) 講師: フェルナンド・ヴィダル教授(バルセロナ自治大学)http://www.r-gscefs.jp/?p=8208 (櫻井)」

◆2017/11/20 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/932784090377461765
 「カレンナカムラ氏(現在UCバークレー) 2018/01/08-011/2集中講義、立命館大学衣笠キャンパス。一般参加(?)可能です。ただ情報保障等、正規受講者に対すること以上はできないのでその点ご承知おきください。ざっと人数等わかっておきたいので立岩(tae01303@nifty.ne.jp)まで連絡ください。
.
◆2017/11/20 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/932592276936704000
 「「立岩真也 仕方なく」で検索したら→http://www.arsvi.com/ts/20162130.htm  「立岩真也 好き好んで」で検索したら→http://www.arsvi.com/ts/20150058.htm  後者の文章も使って今年作ったのは『生死の語り行い・2――私の良い死を見つめる本 etc.』http://www.arsvi.com/ts/2017b2.htm
 ▽畑中章宏@21世紀の民俗学@akirevolution
 「トークライブ「意思と介入」(荻上チキ・立岩真也・岸政彦)@立命館大学にかんして私は、岸さんが用いた「いちがいには言えない」という表現、立岩さんが自己責任論をめぐって指摘した「しかたなく」と「好き好んで」の相克といったことなどが印象に残った。」

◆2017/11/20 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/932588246965432320
 「「仕事のある部分をやって、次につないでいく。誰かがあるいは自分が考えるために、起こったできことを記述する。それを受けて〔他の誰かが〕考える。学問が増殖していくものであってよいとすれば…覆うべき最低限を覆うためにある」 樋澤吉彦『保安処分構想と医療観察法体制』http://www.arsvi.com/ts/20172440.htm

.◆2017/11/20 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/932430555093778432
 「「我々に向って集めた金で旅行することが悪いというならば…生活保護や年金で結婚し子供をつくるなどということは大変いけないことであり、そういうならば我々働けない者は生きていること自体贅沢だと」横塚晃一『母よ!殺すな』→http://www.arsvi.com/b2000/0709yk.htm …/MSCは公務ですが→http://www.arsvi.com/w/mh09.htm

◆2017/11/19 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/932508138128814080
 「ずっと…「ただ知ること(→書くこと)が大切だ」といったことを言っている。それが必要な部分・領域がやまほどある、と思っている。…短く言えるのならば、それはよいことだろう。だが世の中はそう簡単にいかない。だから…」樋澤吉彦『保安処分構想と医療観察法体制』http://www.arsvi.com/ts/20172438.htm

◆2017/11/19 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/932481869114851328
 「「〔精神保健福祉士の〕「変節」が起こった、のかもしれない。しかし…なぜ、自分たちは、保安処分に反対していた(してきた)のか。それを考えていくなら…よいではないかと思われたことは再度くつがえされる…はずなのだが」。樋澤吉彦『保安処分構想と医療観察法体制http://www.arsvi.com/ts/20172438.htm

◆2017/11/19 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/932430555093778432
 「樋澤吉彦『保安処分構想と医療観察応体制』「こういう論文は書かれねばならない。はっきりした派手なことなら、わざわざ調べるまでもないことがあるが、そんな変化でない変化があり、そしてその変化は、人の生活を変えることもある大きな変化だ。…本書はそれを捉えている」→http://www.arsvi.com/ts/20172438.htm

.◆2017/11/18 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/932023702375383041
 「【マスダ・ボストン・チャレンジ】3日目。今日は街頭募金。京都・四条河原町の高島屋前で、14〜17時、だそうです。日本自立生活センター(JCIL)の人たち他?がいます。通りかかってください。HPからもよろしく。いま522000円。→http://www.arsvi.com/w/mh09.htm

.◆2017/11/17 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/931508168668020736
 「見当つかないながら/見当つかないので、メモみたいなのものをすこし→http://www.arsvi.com/ts/20171118.htm 今日始まったお金集めのことも。明日、その日限りのおお安売り&売り上げ(廉売価格+いくらでも)→寄付、というのもやります。どうぞおいでください。」

◆2017/11/16 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/931445106707533824
 「利光惠子さん(立命館大学先端総合学術研究科で博士号取得、生存学研究センター客員研究員)の障害学会大会報告「1960年代の日本における障害者への強制不妊手術―――神奈川県の場合」含めとりあえずリンク・掲載→http://www.arsvi.com/d/s04.htm

.◆2017/11/16 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/931331868288417792
 「【マスダ・ボストン・チャレンジ】開始。74歳・ALSの増田英明氏、「人工呼吸器を着けてもっと生きようよ」を伝えに、本人だから伝えられる言葉を国際学会で…。ファンディングスタート。どうぞよろしく拡散たいへん歓迎→http://www.arsvi.com/w/mh09.htm

◆2017/11/15 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/931033617475584001
 「続きは、「人が暮らせるだけのものは十分に生産されている。そしてかえって働きたくて働けない人は余ってしまっている。若い人も中年の人も年とった人も余っている」「ほんとうはなにも足りないものはないということ」→11/18トークライブ(荻上チキ・立岩真也・岸政彦)→http://www.arsvi.com/ts/20171118.htm
 ▽やがわ@nov_saturday  「そこにたどり着く道はいくつかあるのに、見て見ぬ振りをしているのだろうな。→「人の世話の仕事はたしかにたいへんな仕事だが、それをその十分いる数の人たちが手分けていけばよい。」立岩真也「ほんとうはなにも足りないものはないということ」http://www.arsvi.com/ts/20160001.htm @ShinyaTateiwaさんから」

◆2017/11/15 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/930984962366480384
 「11/18荻上チキ・岸政彦・立岩真也鼎談。昨日思いついて、私の本とディスクを廉売し、その売り上げ(+いただいたカンパ分)を増田英明さん(京都市在住のALSの人)のボストンへの渡航費のための寄付にあてることに。販売は当日当会場限り。詳細についてはまたお知らせ→http://www.arsvi.com/ts/20171118.htm
 ▽荻上チキ@torakare
 「11月18日、立命館でイベントやるよ。岸さんと立岩さんと。障害学から民主主義まで、たぶん色々話すよ。」

◆2017/11/14 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/930417643034525697
 「矢吹康夫『私がアルビノについて調べ考えて書いた本――当事者から始める社会学』(201710、生活書院)→http://www.arsvi.com/b2010/1710yy.htm 障害学会会員の新刊等、会員宛メールで知らせていきます。入会方法→http://www.jsds.org/entry.html  からです。」

◆2017/11/13 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/930264234046320640
 「『SYNODOS JOURNAL』掲載の拙稿他掲載。あまり「生命」っぽい話をする気になれないのですが、せよと言われればします。しかし、もうした話です。しかしこういう時代・社会に「学問」をするということについてすこし話はするかもしれません。→http://www.arsvi.com/ts/20171118.htm
 ▽立命館大学生存学研究センター@ritsumei_arsvi
 「いよいよ今週末!11月18日(土)に立命館大学衣笠キャンパスにて、先端研主催企画トークライブ「意思と介入」を開催します!シノドス編集長の荻上チキさんをお迎えしての、先端研教員の岸政彦・立岩真也とのトークライブです。事前予約不要、参加無料。ぜひお越しください!」

◆2017/11/10 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/929158333256179713
 「「生存学研究センター〜先端研(先端総合学術研究科)関連単著・共著・編書318冊・続→http://www.arsvi.com/a/b1.htm 2016年のでは小川さやか『「その日暮らし」の人類学――もう一つの資本主義経済』とか」。11/12東京入試入学関連イベント関連続→「御入学関連まとめ5」→http://www.arsvi.com/ts/20171112.htm

◆2017/11/10 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/928968440223645698
 「「担当した韓国からの留学生6人。4人が博士号取得、1人が今年提出。博士号→書籍は1冊が…クァク・ジョンナン『日本手話とろう教育』、1冊が韓星民『情報福祉論の新展開』」「御入学関連まとめ4」→11/12東京入試入学関連イベント関連続→http://www.arsvi.com/ts/20171112.htm  開始は15時、事前申し込み不要」

◆2017/11/09 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/928582447301664768
 「11/12東京入試入学関連イベント関連続。「難病」→http://www.arsvi.com/d/n02.htm  研究する人以前まとまっていて論文等たくさんでた、がこのところ少し休止的…。やること種々有。(学費払って)研究する人求む。関連本『ALS』(立岩真也・医学書院)→「御入学関連まとめ4」→http://www.arsvi.com/ts/20171112.htm

◆2017/11/08 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/928561853042585601
 「11/12日曜15時東京入試入学関連イベント関連続。「視覚障害ある受け入れ院生たぶん8人。博士号2人、修士号取得2人、他在学中。博士1人が前便の韓星民、もう1人は植村要…院生受け入れについてそれなりの蓄積は多分あり」→「御入学関連まとめ4」→http://www.arsvi.com/ts/20171112.htm

◆2017/11/08 https://twitter.com/ritsumei_arsvi/status/928108609854087168
 ▽立命館大学生存学研究センター@ritsumei_arsvi
 「フェルナンド・ヴィダル教授の4回連続セミナー ”Personhood, Body, and Brain” が開催されます。11月20, 21, 22, 24日 10:00-13:30 参加無料・要事前申込(2017lecturevidal@gmail.com) 講師: フェルナンド・ヴィダル教授(バルセロナ自治大学) http://www.r-gscefs.jp/?p=8208 (事務局)」

◆2017/11/08 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/928397025405579264
 「苦痛は軽視されることがある。それはまず単純に…他の人はその人の苦痛を直接に感じないからでもある。さらに、この社会は即物的な快の追求によって支配されているなどと言われることもあるが、たぶんそれほどでもない。」『現代思想』連載分載「苦と死」続→http://www.arsvi.com/ts/2017243.htm

◆2017/11/07 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/928185810955812864
 ▽先端総合学術研究科(立命館大学)@sentan01
 「今週末11月12日(日)には、立命館大学衣笠キャンパスにて、先端総合学術研究科の入試説明会を開催します。参加予定教員は西成彦、岸政彦、松原洋子です。直接教員に相談できるチャンスです。ぜひお越しください!http://www.admissions.jp/category/orientation-schedule/ …

◆2017/11/07 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/928185810955812864
 「さらに不如意なことについて。人はわりあい簡単に人を殺すことはできるし苦しめることもできるし、実際に行なってきた。死なないようにすること苦しくないようにすることは、それより難しい。/むろん、人・社会の行ないによって…」→「不如意なのに/だから語ること」http://www.arsvi.com/ts/20172432.htm

◆2017/11/07 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/928143412540276737
 「博士論文が本になったのをランダム紹介『どんなムチャぶりにも、いつも笑顔で?!――日雇い派遣のケータイ販売イベントコンパニオンという労働』田中慶子」『日本の血友病者の歴史』(北村健太郎)「御入学関連まとめ1」→http://www.arsvi.com/ts/20171112.htm

◆2017/11/07 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/928108803190427648
 「杉田俊介さんとの共著『相模原障害者殺傷事件』には杉田さんの論を批判している箇所がいくつかあるのだが、読まれてないと思う→http://www.arsvi.com/ts/2017b1.htm  当日まだ本あったら出品してもらうかも」
 ▽立命館大学生存学研究センター@ritsumei_arsvi  「フェミニズム研究会 第9回公開研究会開催 2017年11月25日(土)13:30 - 「男らしさ」の所在――『非モテの品格』著者・杉田俊介さんをお迎えしてhttp://www.ritsumei-arsvi.org/news/read/id/779 … … ぜひご参加ください! (生存学研究センター事務局)」

◆2017/11/07 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/927883117741817856
 「いろんな場にいて、なにかをしてきたり、見知ってたりしてきて、それはたぶん大切なことだと思うのだが、そのままにしておけば、自分の記憶の中にとどまってしまう。そこでなにか書いて残す」「社会人院生」 →研究する人募集〜日曜東京イベント→http://www.arsvi.com/ts/20171112.htm

◆2017/11/06 https://twitter.com/sentan01/status/927757003354542080
 ▽立命館大学生存学研究センター@ritsumei_arsvi
 「11月20〜22・24日、バルセロナ自治大学のフェルナンド・ヴィダル教授の連続セミナー "Personhood, Body, and Brain"を、立命館大学衣笠キャンパスにて開催します。ぜひご参加ください! 参加無料・要事前申込」

◆2017/11/06 https://twitter.com/Shimazono/status/927680486943551488
 ▽島薗進@Shimazono
 「【嫌がらせ准教授「接近禁止徹底を」 病欠の立命大教授支援集会】京都新聞11/7 http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20171106000193 …

◆2017/11/06 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/927500308103667712
 「大谷氏最後挨拶。きれいごとのようですが、これ、私のためだけとは思っていなくて、学生だったらもっと立場弱かったりもするので、立命館のためにも、このことが…」

◆2017/11/06 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/927498479663964161
 「日本自立生活センター(JCIL)小泉さんの話。障害をもっていて、女性で、仕事をするということがとれだけたいへんなのか、みなさんにわかってほしいなと思って。精神的な重圧というかあるなかでこういうことが起こって…。やはり大学はあかん、と思います。」

◆2017/11/06 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/927496722380554240
 「加害者がいる教授会には出られない、ので、仕事をしていないみたいなことにもなりうる。むしろ加害者を、まずは教授会から外し、大谷氏が教授会で仕事できるように、まず手始めに、このかんについての間違った情報をただすことができるように。」

◆2017/11/06 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/927495642590486529
 「荻野美穂さん→http://www.arsvi.com/w/om02.htm  の話。池内靖子さん(元立命館大学産業社会部)の話。まあなさけないっていうか。大学っていのうは、なんか起こったときに自力で対応できないところなんだなと。」

◆2017/11/06 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/927486587947986944
 「恐いから、その人がいる可能性がある限り、学校行ってしたい仕事すべき仕事ができない。嘘ついても一切何もよいことがないのだから、それを前提に動くべきだ。というだけ。研究・教育組織として大谷氏の仕事を可能にすべく組織はその権限を行使し義務を果たす。というだけ。」

◆2017/11/06 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/927480038391406592
 「…わからないのでもあるが、とにかくあるものはある、ということ。報道各社、同期(大谷氏は2003年度入学、その大学院の最初の修了者だった)他の大学院修了者等多くの人が参加して話を聞いている。大谷氏の話いったん終わって島薗さんの話始まる」→http://www.arsvi.com/ts/20171106.htm

◆2017/11/06 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/927478476780617728
 「大谷氏5年間を語っている→http://www.arsvi.com/ts/20171106.htm  PTSDについての本については書いたことある→http://www.arsvi.com/ts/2004002.htm  が、どういう診断か裁判所がどう、jでなく、恐いものは恐い。語られてわかる気もするしやはりわからないのでもあるが…」

◆2017/11/05 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/927404097111703554
 「いくらかややこしい(勝手にややこしくされている)ところもありつつ、基本はきわめて簡単明瞭なこと…大谷さんの実質的な復職が果たされればよいだけのことです。しかしそれは実現していません。実現のためのみなさんの支援を求めます」18時〜http://www.arsvi.com/ts/20171105.htm

◆2017/11/05 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/927104862235500544
 「「その〔「運動」している〕人たちは忙しい。前に進む、あるいは後退を食い止める、その日々の仕事で手いっぱいのことが多い。これまでの経緯を振り返ったり、全体をまとめたり、そんなことをしている暇がない」そこで→「学者は後衛に付く」→http://www.arsvi.com/ts/20171112.htm

◆2017/11/05 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/927404097111703554
 「ことの発端には、大谷さんが入院した際、代替授業の措置が取られたこと〜大谷さんが働か/働けなかったことを加害者が容認できなかったことがあります。他方、学部の側は加害者の精神状態に対する「配慮」を行なってきたと自己了解しているふしがあります。しかし」http://www.arsvi.com/ts/20171105.htm

◆2017/11/05 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/927081221473026048
 「明日1106「大谷いづみさん職場復帰支援の集い」御参集を。島薗さんのブログの他こちらにも情報あり→http://www.arsvi.com/ts/20171106.htm 次の便で障害学会会員へのメール紹介。「これは、障害に関わることが幾重かに重なっているできごとでもあります。」http://www.arsvi.com/ts/20171105.htm」

◆2017/11/05 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/926986382047711232
 「「障害・病を有する人達の主張・運動の多くは記録も考察もされていない。資料の散逸が進み、今後しばらく長く活動してきた人の声を聞く最後の機会となる。研究を組織化し…その過程を明らかにする。」病者障害者運動史研究:科研費申請書→http://www.arsvi.com/ts/20171112.htm」

◆2017/11/05 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/926948296123228160
 「「じつはこの世には、人が調べたことのない領域、書いたことのない事実がたくさんある。どの辺りに「空き」があるか、それなら私たち研究者はある程度わかるから、伝えることができる。例えば…」(立岩真也)「社会人院生」→http://www.arsvi.com/ts/20171112.htm」

◆2017/11/04 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/926944648110546944
 「こちらにある生活書院の本2017年の分まで掲載→http://www.arsvi.com/p/s01.htm 本日日本社会学会大会(東大・本郷)に出店。購入どうぞ。私の関係は『流儀』『家族性分業論前哨』『私的所有論第2版』『生の技法第3版』『生存学の企て』『われらは愛と正義を否定する』…」

◆2017/11/04 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/926767920570564608
 「長く放置してきた「障害学」頁更新→http://www.arsvi.com/ds/ds.htm 障害学会/『障害学研長く放置してきた「障害学」頁更新→http://www.arsvi.com/ds/ds.htm  障害学会/『障害学研究』/障害学ML各頁へのリンクを見やすいところにもっていきました。「表紙」(http://www.arsvi.com/ )からだと左下「障害学/障害者と政策」から。」

◆2017/11/04 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/926716050908971009
 「2015年3月までの生活書院の本→http://www.arsvi.com/p/s01.htm それ以降途絶えているようですみません。これから増補します。新刊で樋澤吉彦新刊『保安処分構想と医療観察法体制』→http://www.arsvi.com/ts/20172426.htm  等々売られているはず、よろしくどうぞ。」
 ▽takahashi atsushi@seikatsushoin
 「日本社会学会大会@東京大学本郷キャンパス、初日出店開始しました。お待ちしています。 https://www.instagram.com/p/BbDYbxBl4i0/」

◆2017/11/04 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/926656899151413249
 「「兵庫県立こども病院障害者不妊手術称賛?事件」についての新聞3紙の記事掲載。「不幸な子供の生れない県民運動」についての1974年の大阪青い芝の会の兵庫県知事他宛の公開質問状・要求書掲載。松永論文を収録した『闘争と遡行』を紹介。→http://www.arsvi.com/ts/20170035.htm」

◆2017/11/03 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/926379346750717953
 「11月6日18:00〜「大谷いづみさん職場復帰支援の集い」、当日進行案掲載。その都度記者による質問を受けるというかたちを考えています。よろしくお願いいたします。取材希望の報道機関は立岩(tae01303@nifty.ne.jp)まで→http://www.arsvi.com/ts/20171106.htm」

◆2017/11/03 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/926371788853993472
 「姿形や振舞い、その差異について。それらは他の人に移動できず、多くの場合その人にとどまる。そしてそれに対する人々の好悪の感情も動かしがたいと言われる。それは差別者の居直りの言葉でもある。しかし完全に否定することはできない。じつは社会的なものだ構築されたものだと言えばすむことでもない。」http://www.arsvi.com/ts/20172430.htm

◆2017/11/03 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/926337637761159168
12日東京企画〜こちらの大学院に、例えばどんな人が来るとよいと思ってるか?→「例えば政策・制度の記述分析解析がまったく足りてないと思います。それからこちらで始めているのは運動史研究。資料集め、聞き取り進めています。志ある人たちの参画を待ち望んでいます。」http://www.arsvi.com/ts/20171112.htm


松永真純「兵庫県「不幸な子どもの生まれない運動」と障害者の生」を再録した本の頁にリンク、わたしたちの内なる優生思想を考える会「『不幸な子どもの生まれない運動]への称賛を公言してはばからない兵庫県立こども病院と、それを容認する兵庫県に抗議し、記載の削除・訂正を求めます」全文を収録→http://www.arsvi.com/ts/20170035.htm

◆2017/11/02 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/925895997238132738
「他人から得るという時のその他人にも身体があり、身体と身体との接点に例えば羞恥が生ずることがある。とすると、ときに代替も容易でないことがある。」前田拓也「パンツ一枚の攻防」草山太郎「介助と秘めごと」等を含む倉本智明編『セクシュアリティの障害学』等→http://www.arsvi.com/ts/20172430.htm

◆2017/11/01 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/925841783052910592
 わたしたちの内なる優生思想を考える会「『不幸な子どもの生まれない運動]への称賛を公言してはばからない兵庫県立こども病院と、それを容認する兵庫県に抗議し、記載の削除・訂正を求めます」全文収録→http://www.arsvi.com/ts/20170035.htm  私の名も入ってるが私は削除要求には同調せず

◆2017/11/01 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/925633726750498816
 『現代思想』特集エスノグラフィ続。「レズビアンであることを「引き受ける」――沖縄のLGBT活動の中で」砂川秀樹/「この島の土になる――解毒剤としての質的調査」有薗真代/「最後に握りしめた一枚をめぐるアクティブ・エスノグラフィ」金菱清→http://www.arsvi.com/m/gs2017.htm#11

◆2017/11/01 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/925625667667947520
 「「人がみな同じにできるのであれば、分配といった主題も現われないだろう。しかし…差はあってしまう。だが、できること…は多く手段の水準にある。手段は多くの場合に複数ある。また…一人の人だけしかできないということはたいへん少ない……ならば」http://www.arsvi.com/ts/20172430.htm」

◆2017/11/01 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/925527779944251393
 「小川さやか・小泉義之・竹中悠美・立岩真也東京出張トークイベント。なにか一つまとめて(調べて、考えて)博士論文を書こう、かなという人、どうぞ。立岩まで連絡いただければ、個別面談の時間とります。当日とびいりりでも可能なかぎり対応します→http://www.arsvi.com/ts/20171112.htm 」
 ▽小川さやか@machingirl2011
 「11月12日に立命館大学先端総合学術研究科の東京企画で、立岩真也、小泉義之、竹中悠美、小川さやかで、トークイベントをします。ぜひ来てください。」

◆2017/11/01 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/925516748572434432
 「「毎日新聞』「兵庫県立こども病院 障害者不妊手術称賛?団体など抗議文」。『兵庫県立こども病院移転記念誌』で名誉院長小川恭一氏1960〜70年代兵庫県の「不幸な子どもの生まれない運動」を賞賛。文章全文収録、古井正代・立岩真也コメント他→http://www.arsvi.com/ts/20170035.htm」

◆2017/11/01 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/925499124555833344
 「生存学研究センターサイトの1つ1年で13,484,480ヒット→http://www.arsvi.com/z/h04.htm 先月1日平均約4万ヒット。だんとつでアクセス多かったのはだんとつで大谷氏いづみ氏関係→http://www.arsvi.com/ts/20171106.htm。10月14日掲載開始で31日までに12768ヒット。」

◆2017/10/31 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/925231803312435201
 「『現代思想』11月号「エスノグラフィ――質的調査の現在」続:「カギ括弧を取り外した辺野古を描き出す」熊本博之/「戦争のある風景 寓話的日誌による同時代のスケッチ」中村寛/「オートエスノグラフィに溢れる根拠なき世界の可能性」小川さやか→http://www.arsvi.com/m/gs2017.htm#11」

◆2017/10/31 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/925228043290869762
 「『現代思想』11月号→http://www.arsvi.com/m/gs2017.htm#11 著者等関連頁へのリンク等あるこの雑誌頁→http://www.arsvi.com/m/gs2017.htm わりあい強力なものです。ご覧ください。私はこの号では「不如意なのに/だから語ること」→http://www.arsvi.com/ts/20170139.htm

◆2017/10/31 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/925142108045959169
 「その前の二十年ぐらい、私はただの文学少年だった。いや、文学以前に、そこらにあるものを読んでいた。田舎には学校の図書室と公民館の図書室ぐらいしかなかった。家にあった、祖母がたぶんぎりで取っていた『家の光』という農協のけっこう厚い月刊誌とか」http://www.arsvi.com/ts/20170053.htm

◆2017/10/30 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/924900945846083584
 「たしかに社会は社会的に構築されているのだろう。ただ…簡単にはどうにもならないものが種々ある。それに区切られ制約されたり、それを扱ったりものを言ったりし、…絡まり堆積して、社会がある。その簡単にどうにもならないものとして身体もある」http://www.arsvi.com/ts/20172429.htm」

◆2017/10/29 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/924797260537278464
 「『現代思想』11月号、特集「エスノグラフィ――質的調査の現在」。続き:「幻の「転回」――オーラルヒストリー研究の対象と方法をめぐって」朴沙羅/「フランス社会学の〈フィールド〉との出会い」川野英二/「家族をつくる――沖縄のふたつの女性の調査から」上間陽子(続く)→http://www.arsvi.com/m/gs2017.htm#11」

◆2017/10/29 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/924790757747073024
 「『現代思想』11月号、特集「エスノグラフィ――質的調査の現在」。「それぞれの「小石」――中動態としてのエスノグラフィ」岸政彦+國分功一郎、「プリンとクワガタ――質的調査における断片的なディテールについて」岸政彦(続く)→http://www.arsvi.com/m/gs2017.htm#11」

◆2017/10/29 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/924627708956499968
 「大谷いづみ控訴審第1回1213知らせ含め、1106職場復帰支援の集い関連頁を更新→http://www.arsvi.com/ts/20171106.htm  そしてまず対応すべきで対応できる所属学部(立命館大学産業社会学部)の教員たちにお知らせ。教員組織としてとりうる対応がきっととられるはず。」

◆2017/10/29 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/924576181126496256
 「韓国でのパラリンピックに際して、韓国障害者運動(の一部)が反対したが、それはとくだん障害者のスポーツを否定したわけではなく、そんなことに金を使うなら、自分たちにまわせと言った。これは単純な主張だが、…考慮に値する論点である」障害学会大会で→http://www.arsvi.com/ts/20171029.htm」

◆2017/10/29 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/924569041569660929
 「障害学会大会での玉木幸則さんへの質問:『24時間テレビ』がくだらなくつまらないのは言うまでもない。「パリバラ」がおもしろくないと私は――相模原事件の際に出演させてもらったのではあるが、ゆえに――思う。玉木さんはどう考えるか?→http://www.arsvi.com/ts/20171029.htm」

◆2017/10/29 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/924495379583741952
 「『Chio通信』03号発売に合わせ『Chio通信』02号掲載の「そんなこともあって、「能力主義」について考えはじめた――何がおもしろうて読むか書くか 第2回」をHP公開→http://www.arsvi.com/ts/20170052.htm 『Chio』講読どうぞ。」
 ▽ジャパンマシニスト@japama_official
 「そしてもちろん、定期購読特典「Chio通信」3号も同時刊行! 山極壽一さん「ゴリラの父親修行」、永野三智さん「守るのは、こどもと私とこの荷物だけ」、立岩真也さん「どういうふうに喧嘩をするのか、その方法論もあったほうがよい」、山田真さん「なんで、いものは さいごには しぬの?」他」

◆2017/10/29 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/924410974005747713
 「障害学会大会、10月29日、2日め予定通りあるそうです。当日参加可。種々をディスクに入れたもの当日当会場かぎり超大廉売しています。参加費払ったうえでも、超おとくです。台風直下の神戸学院大学ポートアイランドキャンパスへどうぞよろしく。→http://www.arsvi.com/ts/20172428.htm

◆2017/10/27 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/923758629781610496
 「樋澤吉彦新刊『保安処分構想と医療観察法体制』。「まず、ちかごろ数多くなった、精神保健福祉士の養成といった場所にいる皆さんは、読んでくださいませ。…その人たちはなにか正しいことを教えることになっているし、なにかものを知っていることになっている人だからだ」→http://www.arsvi.com/ts/20172426.htm

◆2017/10/27 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/923714267810893824
 「昨年ダブリンでの国際会議に提出されるはずだった日本ALS協会会長岡部宏生声明→http://www.arsvi.com/2010/201612oh.htm … 引き継ごうとする動きを続報予定 https://youtu.be/RR_Z-FmrRZ0  https://youtu.be/5euJhZLeF20 @YouTubeさんから」※
 「境を超えて - Beyond the awareness gaps ALS患者岡部宏生のある1日を描いたショートムービー One day story about Hiroki Okabe a ALS patient. My RODE Reel 2016参加作品」

◆2017/10/26 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/923469317869518848
 「「一方になおりたい人たちがいる。他方にそれをよしとしない人がいる。両方を同時に思っている人たちもいる。どうなっているのか、それを考えることが重要だと思う。偶然始まって続いている「生存学」という企画は…そんなものにもなっている。つまり」http://www.arsvi.com/ts/20172424.htm

◆2017/10/26 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/923472296613896192
 「障害と病とがどのように重なりどのように分かれるかは、言葉の使い方次第でありつつ、両者は多くの場合に併存する。二つは分けることができるが、同時に、それは一つの人において、また同一の要因によって、ともに現われることがある。」→http://www.arsvi.com/ts/20172423.htm

◆2017/10/25 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/922984124633116672
 「トークライブ「意思と介入」(荻上チキ・立岩真也・岸政彦)関連情報掲載開始、っても広告文を巡る岸さんとのやりとり+少し+選挙に関わること少し→http://www.arsvi.com/ts/20171118.htm  増補予定」
 ▽立命館大学生存学研究センター@ritsumei_arsvi
 「本研究センター・センター長の立岩真也さんと、運営委員の岸政彦さんが登壇されます。ぜひ、ご参加ください。立命館大学「大学院ウィーク」企画「意思と介入」日時:2017年11月18日(土)14:00〜17:00 於:立命館大学衣笠キャンパス創思館カンファレンスルーム(櫻井)」

◆2017/10/24 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/922954855584473088
 「『現代思想』10月号掲載の「どこから分け入るか――連載・138」について。「境界や複合や、境界に関わる混乱が生じている部分を、ある程度の範囲でまず大括りに括って、それから見ていくのがよい。社会的事実の形状に合わせるのである。」→http://www.arsvi.com/ts/20172422.htm

◆2017/10/24 <a href="https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/922607977927909376">https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/922607977927909376</a><br>
 「大谷いづみさん於立命館大学続。前便に記したことを所属学部は加害者に対して「指示」すること〜まったく当然で簡単なこと〜不当な被害にあっている労働者の労働を護り、彼女の授業を受けられるようにすることは、(まずは学部の)当然の義務→http://www.arsvi.com/ts/20171106.htm」<br>
<br>

◆2017/10/24 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/922605356492001280
 「大谷いづみさん職場復帰支援の集い」昨日までのヒット数10913、いいね328→http://www.arsvi.com/ts/20171106.htm#s … まず加害者は大谷さんが学校の日に学校に来ないこと。それを実行するのがまずふつうに非を認めわびることの一部。だが加害者はそれを拒否している。(続)」


◆2017/10/24 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/922592990304096256
 「11月6日ハートピア京都での「大谷いづみさん職場復帰支援の集い」。これは参加しないければならん、という人とても多く、会場変更。大会議室、200名まではいります。申し込み不要ですができれば連絡を。記者会見もその「集い」の中でと思っています。http://www.arsvi.com/ts/20171106.htm」

◆2017/10/24 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/922591350742306817
「星加…の道行きを紹介し…あまりうまくいっていないと評価し…別の同定の仕方を提示するというのが榊原[2016]で行なわれている…。…同意するが…「障害」を自分で(研究者の方で)取り出そうとするということの意義がどこにあるだろうか…」→http://www.arsvi.com/ts/20172421.htm
 ▽takahashi atsushi? @seikatsushoin
 榊原賢二郎さんが、小社刊『社会的包摂と身体』で、本年度の日本社会学会奨励賞を受賞されました。正式には学会大会での理事会で承認されてからになるとの事ですが、大会当日の11月5日には榊原さんの記念講演も開催されるとのことです。おめでとう??ございます。版元としても大変誇らしく思います。」

◆2017/10/23 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/922457496433733634
 「身体…に関わって…(1)機能の差異があり、(2)姿形・生の様式の違いがあり、(3)苦痛があり、そして(4)死の到来がある。加えれば、(5)加害性がある。それは…全体ではない。…快楽がある。…生まれることや産むことがある。ただ…」http://www.arsvi.com/ts/20172420.htm

◆2017/10/23 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/922396612999000064
 「ソウルでの講演終わり。正確な情報得ていないが、扶養義務廃止の政府方針→撤回→講義→(日本でいうと厚生労働)大臣が段階的点撤廃を表明とのこと。ほんとなら大きな変更。それが韓国でできている。なお今日は精神障害関係、資料※とだいぶ違う話 ※http://www.arsvi.com/ts/20171023.htm」

◆2017/10/22 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/921893379880841216
 「昨日韓国光州市で講演。光州市の市長は、しかじかの数の障害者を施設から出て暮らせるようにすることを公約して選挙選して、市長になってやってるとのこと。そういう選挙もある。昨日の話のために(急に移動中に)作った資料(一部間違いあり)→http://www.arsvi.com/ts/20171021.htm」

◆2017/10/21 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/921616805902168064
 「選挙に関係して稀に書いたもの並べました→http://www.arsvi.com/ts/20172418.htm 「選択の前に」(2001)『朝日新聞』、「選挙に行くということ」(2004)『朝日新聞』、「選挙はあった。しかし」(2009) 時事通信配信、「政権交代について」(2009)『京都新聞』…」

◆2017/10/19 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/920980658414956544
 「私は増税論者だ。しかしそれは、いまの増税やむなしというその主張とははっきり異なる。多くあるところから多く、でなければ、税が税である意味がない」〜保険のようなものでしかないならわざわざ強制する意味もない→前の選挙前に『税を直す』→http://www.arsvi.com/ts/20172417.htm
 ▽田仁翠蔭@tian2ren2
 (耕論)「内なる差別」見つめて 亀山郁夫さん、立岩真也さん、田口亜希さん:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/DA3S12830384.html …
〜日本は税の累進性を緩めてから長く、国民も知らないままに受け入れ〜。高齢化などで社会保障費が財政を圧迫したと誤解し、将来を必要以上に不安視〜」

◆2017/10/19 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/920931020676898816
 「批判に答えられないのは、言っていることが変なんだから、仕方ないとして、それが目立つ批判に答えられないのは、言っていることが変なんだから、仕方ないとして、それが目立つための嘘であったと公然と言うに至っては、がくぜん、とはもうしないが、こんな人(長谷川豊)を候補にする政党というのは…。「腎臓病何十万人の…」→http://www.arsvi.com/ts/20172416.htm」
 ▽じゅりあん@Juli1juli1
 さすがハフィントンポスト!もう1度、読まねば。
 ▼【もう一度読んで欲しい】#長谷川豊 アナ「殺せ」ブログと相模原事件、社会は暴論にどう対処すべきか? #立岩真也 http://huff.to/2kwVAka 」

◆2017/10/19 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/920659936371032065
 「→http://www.arsvi.com/ts/20110006.htm  こういうこと(など)があって、私(たち)は反共のみなさんとはまったく別の理由でその党に投票してこなかったのだが、こういう状況であるとなると(→例えば私が暮らす京都1区の候補者…)、投票行動をたがえざるをえないということにもなる。」
 ▽naruhisa007@naruhisa007
 「この立岩さんの論考は、特に障害者運動における「左と左の対立」について書かれているんだけど、日本の選挙は「右と右の対立」という状況になっている、というわけです。」

◆2017/10/18 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/920659936371032065
 「http://www.arsvi.com/ts/20171106.htm→」「大谷いづみさん職場復帰支援の集い」への参加の呼びかけ」への「いいね」309。「いいね」はいろいろありますが、この要求についての賛意と私(ども)は受け取るとしようかと思います。」
 ▽みーなは金木犀を探している@373vx
 「学生にかなりのセクハラしたってせいぜい数か月の停職で復帰してるんですよ 同僚教員へのパワハラは1か月で済むらしいし 普通の企業ならたとえ解雇にならなくても被害者と部署を離すとかの配慮はあるはずなのに、数か月で同じ学部に復帰するとか恐怖でしかない」

◆2017/10/18 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/920541952386281472
 「今日は19時から大阪駅近くで。貰った題は「相模原事件から考える」→http://www.arsvi.com/ts/20171018.htm ←資料には長谷川豊(日本維新の会)の論――この人本格的にとてもまずい――へのコメント再録も。岸(政彦)さん来ると言ったいたがほんと? 物販あり〜買って荷物軽くしてください」

◆2017/10/17 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/920174759165358080
 「「選挙に行くということ」2004年初出の全文→http://www.arsvi.com/ts/2004025.htm この時は海外派兵が問題になっていた。問題の深刻さは種々で異なるにせよ、民主制において民は政治に加担してしまっている、こんな人・党に政治をやらせることの重さを、道義的責任を負ってしまう。」
 ▽YAMASHITA, Takashi@Yamacha611
 「立岩真也『希望について』所収、「選挙に行くということ」(2004年)は、現在でも響く。「今の選挙区制度のせいもあり、議席をとれる政党は一貫性のない中途半端なことしか言えず、たしかにわけがわからない。こんな場合には、こちらの立ち位置をはっきりさせ、そこから距離を測るしかない。(続」


◆2017/10/17 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/920052553517166592
 「「大谷いづみさん職場復帰支援の集い」参加呼びかけ→http://www.arsvi.com/ts/20171106.htm  1016までのヒット数8479、他。引き続き「いいね」他よろしくお願い。個別に返信できていませんが反応非常に大きいです。会場同一施設内の大きなところに変更〜またお知らせします。」

◆2017/10/16 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/919842020675371008
 「明後日10/18「国際人権大学院大学(夜間)の実現をめざす大阪府民会議」2017年度プレ講座で話。19時〜。いただいた題は「相模原事件から考える」→http://www.arsvi.com/ts/20171018.htm 40人くらいとのこと。言われていたより多いですが、それでもこじんまりでよいのではと。

★◆2017/10/15 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/919537823375437824
 「まだそこまでは思わないことにしています。まず所属学部が普通になすべき対応をすることです。遅い、けれども、しかし今になってしまったのだから仕方ない。今するしかないし、それは可能。追加情報貰った意見等掲載開始→http://www.arsvi.com/ts/20171106.htm
 ▽エスペロ@soramamesan
 「ヒドイ大学なのですね、立命館って。」

★◆2017/10/15 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/919507006548885504
 「要点は「大谷さんは氏と出会うことなく安心・安全な就労ができるような環境調整を求めてきましたが実現しませんでした」という点。この極めて慎ましい望みを大学が実現させればかなり違います。そしてそれは可能なことです→ツィッター・HPに支持を→http://www.arsvi.com/ts/20171106.htm

★◆2017/10/15 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/919491408561442816
 「「多く持つ人たちの中に多くを払うのに抵抗する人がいるのは当然のことだ」の続きは「しかし、基本的な方向として、賛成する人も十分に多くいると思う」。そういう場合に税(と選挙)が機能します→http://www.arsvi.com/ts/20100025.htm  私は増税論者です。しかし今の増税策には与しない。」
 ▽マフィン@muffindoughnut
 「立岩真也さんの税に関する文章を読んだけど、人には心があるから「多く持つ人たちの中に多くを払うのに抵抗する人がいる」とどうしても思ってしまう。まあ社会の価値観が変われば違うかもしれないし、変えようとしなければ価値観が変わらないのも確か。http://www.arsvi.com/ts/20100025.htm

◆2017/10/14 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/919166053040529408
 「長谷川豊(日本維新の会比例南関東ブロック候補)→「言論を公に発信した人は、反論に対してきちんと答えるべきです。間違っていたらそれを認めるべきです。最低限のルールです。もとの発言もですが、さらにその後の対応がどうしようもありません」→http://www.arsvi.com/ts/20160039.htm
 ▽seafurry @seafurry
「立岩真也「「長谷川豊アナ「殺せ」ブログと相模原事件、社会は暴論にどう対処すべきか?」(インタビュー:泉谷由梨子)」 (http://www.arsvi.com/ts/20160039.htm @ShinyaTateiwaさんから)これは冷静かつ公正な良い記事。」


◆2017/10/14 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/919175391834619904
 「集めることと使うことがあります。前者については『税を直す』(立岩真也・村上 慎司・橋口昌治)をどうぞ→http://www.arsvi.com/ts/2009b2.htm 2009年、当時の民主党への「政権交代」の直前に出版。ことはまともな方角には行かなかったでしたが。」
 ▽マフィン@muffindoughnut<br>
 「@ShinyaTateiwa ツイートを取り上げていただきありがとうございます。前ツイートでは呼び捨てになってしまい申し訳ありませんでした。立岩先生の言説に頷くと同時に社会の余裕や持続可能性を信じ切れない自分もいます。また自閉症連続体の時代では勉強させていただきました。」

◆2017/10/14 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/919160429909127168
 「「大谷いづみさん職場復帰支援の集い」への参加の呼びかけ(島薗進・立岩真也)→http://www.arsvi.com/ts/20171106.htm まずはこのできごとを知ってください。そして支援してください。「集い」は11月6日18:00〜。ご参集を。もっと詳しくはその集い+で。どうかよろしく。」

◆2017/10/13 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/918854095900831745
 「長谷川豊という「言うまでもなく、端的に間違っており、何も考えていないことがよくわかります」人物が、国会議員の候補に、しかも政党が比例代表にあげる候補になったということは、たいへん驚くべきことで悲しむべきことです。続報します→http://www.arsvi.com/ts/20160039.htm
 △マフィン @muffindoughnut
 「長谷川豊の立候補に対して、立岩真也のような人にきちんと対峙してもらいたいものだ。|「全員に対して医療サービスを提供して、その皆が生きられる時まで生きても、社会は困りません」「そしてひどい暴言にはきちんと対峙する、無視する、馬鹿にする」http://www.huffingtonpost.jp/2016/11/22/hasegawa-yutaka_n_13162488.html

◆2017/10/09 
「岡部宏生さん(日本ALS協会)「国会出席拒まれた、ALS患者の岡部さん 共生社会へ論戦を」『東京新聞』2017年10月6日朝刊+2016/05/23参議院厚生労働委員会「参考人質疑」(動画)等々掲載してもらいました→http://www.arsvi.com/w/oh07.htm

◆2017/10/07 
 「第14回障害学会大会。2017年10月28日、29日に神戸学院大学ポートアイランドキャンパス、前田拓也大会長で開催。10月13日事前申し込み締切→http://maedat.com/jsds2017/ 障害学頁増補予定→http://www.arsvi.com/ds/ds.htm


 「『生死の語り行い・2』。文献表の文献1087。言説の布置を検討。ゴーラー/デーケン/死生学/小泉義之/死を見つめる本/良い死の本/死はタブーの本/自分らしい私の死の本/アリエス/エリアス/サドナウ/チャンブリス/家で死ぬ本/摩耗と不惑についての本→http://www.arsvi.com/ts/2017b2.htm


◆2017/10/07 
 「2017/10/18「国際人権大学院大学(夜間)の実現をめざす大阪府民会議」2017年度プレ講座、立岩真也「相模原事件から考える」(与えられた題)19:00〜21:00 (参加費1000円だそうですが)どなたたでも参加可とのことです→http://www.arsvi.com/ts/20171018.htm

◆2017/10/05 
 「「障害という捉え方のもとでは、身体に存在する契機は「インペアメント(impairment)」ということになるのだろうが、それより広く、個々の身体において存在する事態があり、その差異があり、それがもたらすものがある。さしあたり五つ…」http://www.arsvi.com/ts/20172415.htm

◆2017/10/02
 「塩川伸明「一九一七年と一九九一年――ロシア革命一〇〇周年に寄せて」「『現代思想』10月号特集ロシア革命100年→http://www.arsvi.com/m/gs2017.htm#10 塩川さんとは一度池袋ジュンク堂で稲場振一郎氏交え鼎談。拙著読書ノートも→http://www.arsvi.com/w/sn03.htm

◆2017/10/02
 「どういう話を(私のほうからは)したよいのかと思います。希望とかありましたら知らせてもらえるとうれしいです。あと、『SYNODOS JOURNAL』に載せてもらった原稿、今は見れないようなのでこっちに再掲する予定(立岩真也)→http://www.arsvi.com/ts/0.htm

◆2017/09/30
 「『現代思想』10月号特集ロシア革命100年→http://www.arsvi.com/m/gs2017.htm#10 なぜ、これほどの犠牲を/亀山郁夫、革命はいかに語りえるか/和田春樹+池田嘉郎、一九一七年と一九九一年――ロシア革命一〇〇周年に寄せて/塩川伸明、ロシア革命とスターリン/横手慎二(続く)」

◆2017/09/30
 「明日10/01 13時30分〜斎藤義彦さん講演「広がる「尊厳死・安楽死」――オランダの状況を中心に」於:東京→http://www.arsvi.com/d/et-2017.htm 斎藤さんの本は幾度か紹介→http://www.arsvi.com/w/sy10.htm 『生死の語り行い・1』『2』に収録」

◆2017/09/30
 「「安くすませるためにそして/あるいは労働に赴かせるために、家族にさせる、のか、施設にいれる、のか。どちらがあたっているのかという問いがあるはずだ…この問いをそのままにしておくのはよくないと思う」『家族性分業論前哨』(立岩真也・村上潔)http://www.arsvi.com/ts/20172414.htm

◆2017/09/30
 「「英国の障害学の人ではマイケル・オリヴァーらがその線を言う。ごく簡単に紹介したことがある…。かつて生活と労働の場が分かれていなかった時に目立たなかった人たちが…」→立岩真也2006/12/25「『障害の政治』――医療と社会ブックガイド・66」→http://www.arsvi.com/ts/20172413.htm

 ……

◆2017/09/09 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/906321427103604736
 河野秀忠さんに最後にあったのはバクバクの会で絶不調の講演をさせてもらった時だからもう7年前→
http://www.arsvi.com/ts/20100028.htm
終刊になった『そよ風のように街に出よう』に最後に載った「もらったものについて・17」→
http://www.arsvi.com/ts/20170017.htm

◆2017/09/09 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/906297995511046150
 河野秀忠(かわの・ひでただ)氏逝去。『そよ風のように街に出よう』、ゆめ風基金、等々。1942〜2017/09/08。通夜9月9日(土)午後6時〜、告別式9月11日(月)午後0時30分〜→
http://www.arsvi.com/w/kh12.htm

◆2017/08/24 
「家で死ぬ」、といった題をもつ本がたくさんある。それと対にされる――というのは正確ではなく、「ホスピス」が対置されることもあり、さらに「在宅ホスピス」といった言葉も現われる――「病院で死ぬこと」系の本とともに、出版年順にいくつかをあげる。38冊紹介。


いつもながらわけわからんアマゾンですが一時在庫なし表示→1冊在庫→売れてなくなる→の後いまは5冊在庫、で買えます→http://www.arsvi.com/ts/2012b3.htm の[amazon]から。もちろん他の本屋さんでも。大量購入は著者割引価格で提供可。


「電子書籍…かさばらないし…増補版を無料で提供させてもらっているし、よいと思うのだが、数からいったら、…累計総計…5冊とか…。紙の本の1000分の1といったところ。この調子だとあと何百年かかかりそうだが、それで自前の…」→http://www.arsvi.com/ts/20172406.htm


◆2017/
「死生学・死学・臨死学…」といった題をもつ本を22冊紹介。

「『生死の語り行い・1』…の続篇として…出そうと考えて出せなかった…『生死の語り行い・2』…長寿を全うされた日野原重明先生は立派であったとして…麗しく語られることが麗しくない事態をもたらすのでもある言論の堆積をまとめて示す必要がある」http://www.arsvi.com/ts/20172406.htm


◆立岩 真也 2017/02/01 「生の現代のために・18:資料について 連載・130」,『現代思想』45-3(2017-2):16-30


「つよくなくてもやっていける」(立岩真也、『朝日新聞』2001-1-1朝刊「論壇/二十一世紀の入り口で」)。これは『人間の条件』(2010)に再掲されたもののよう。『自由の平等』(2004)にも再掲されております→http://www.arsvi.com/ts/2001013.htm


以前こちらの大学院に在籍されていた的場和子さんのツィッターが始まったという知らせを深田さんからいただきました→https://twitter.com/matobakazuko 的場さん→http://www.arsvi.com/w/mk04.htm 深田さん→http://www.arsvi.com/w/fk02.htm


「それらをインペアメントといった言葉で括ることはできないし、その必要もない。人・身体の水準において捉えられるできごとがあり、その帰属先がときにその身体の内部や表面に見いだされることがある。まずはそのように理解すること…そして」→http://www.arsvi.com/ts/20172410.htm

◆△
『自閉症連続体の時代』(付:争いと償いについて、立岩真也、2014、みすず書房)→http://www.arsvi.com/ts/2014b1.htm


河野秀忠さんに最後にあったのはバクバクの会で絶不調の講演をさせてもらった時だからもう7年前→http://www.arsvi.com/ts/20100028.htm 終刊になった『そよ風のように街に出よう』に最後に載った「もらったものについて・17」→http://www.arsvi.com/ts/20170017.htm

河野秀忠(かわの・ひでただ)氏逝去。『そよ風のように街に出よう』、ゆめ風基金、等々。1942〜2017/09/08。通夜9月9日(土)午後6時〜、告別式 9月11日(月)午後1時30分〜→http://www.arsvi.com/w/kh12.htm

◆2017/09/24 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/911790897670504449
 「『現代思想』9月号連載「切り離した「障害」をときにいくらかは特別扱いすることによって、そこに入らない「非−能力」についてはそのままにして、差別してもよいことにして、能力主義を維持してきた、近代社会を維持してきたということにならないか」http://www.arsvi.com/ts/20172412.htm」

◆2017/09/19 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/910093980343296000
 「以前こちらの大学院に在籍されていた的場和子さんのツィッターが始まったという知らせを深田耕一郎さんからいただきました→https://twitter.com/matobakazuko  的場さん→http://www.arsvi.com/w/mk04.htm  深田さん→http://www.arsvi.com/w/fk02.htm」

◆2017/09/19 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/910007171861045249
 「「それらをインペアメントといった言葉で括ることはできないし、その必要もない。人・身体の水準において捉えられるできごとがあり、その帰属先がときにその身体の内部や表面に見いだされることがある。まずはそのように理解すること…そして」→http://www.arsvi.com/ts/20172410.htm」

◆2017/08/17

明日09/18頭部外傷や病気による後遺症を持つ若者と家族の会22周年記念講演会,於:エル・おおささ,いただいた題は「重い障害を持った当事者が地域で生きて行くために」どなたもどうぞ。http://www.arsvi.com/ts/20170918.htm 富山県高岡市の中島基樹さんいらっしゃるとのこと。

◆ものを置く場所を作る〜ものおき?〜

レディガガでニュースになっている線維筋痛症の頁増補してもらいました→http://www.arsvi.com/d/fms.htm 上から3分の1あたりの報道のところ。かなりの数の会、個人のHP、ツィッター紹介しています。「痛み」→http://www.arsvi.com/d/pain.htm


◆2017/08/11
09/18(月)立岩真也「重い障害を持った当事者が地域で生きて行くために」(いただいた題)。頭部外傷や病気による後遺症を持つ若者と家族の会22周年記念講演会、於:エル・おおさか→http://www.arsvi.com/ts/20170918.htm 無料、どなたかも参加可とのことです。

◆2017/09/03
 「本稿でできないのは…一つに、これまで何が問われ何が主張されてきたのかを辿ることである。…これまであまり記述され検討されたことがないが、重要な課題だと思う」→本日すこし話うかがう→http://www.arsvi.com/ts/20170903.htm 「できない・と・はたらけない」は『希望について』所収。」

◆2017/09/03
 「「昨日〜本日共同連at立命館大学びわこくさつキャンパス。物販の部屋で物販中。昨日1冊売れました。『生の技法』『相模原障害者殺傷事件』等。『差異と平等』忘れていたがわるくない。本日も販売。午後斉藤懸三さん堀利和さん他に公開インタビュー→http://www.arsvi.com/ts/20170903.htm」

◆2017/08/30 
 「多田〔富雄〕は期間制限が鶴見〔和子〕を殺したのだと糾弾するのだが…上田〔敏〕は「リハビリテーションは全人間的復権」であるといういつもの話を繰り返し、鶴見の辞世の句などを紹介し…ている。言論の空間がこのようにぬるくてよいのかという」→https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi/posts/1939463219653989

◆2017/08/30 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/902717732310859776
 「かつて障害者運動(のある部分)が批判したリハビリテーションの専門家が「社会モデル」を言っている。[…]運動の側が言ってきたことを「敵」が認めてしまうのである。/だから、このような時世においては」立岩真也編『社会モデル』→http://www.arsvi.com/ts/20172405.htm

◆2017/08/29 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/902336326032269313
 「多田富雄の本の「解説」〜「上田敏のような人(たち)は、その人(たち)が批判に値するほど立派なことを言ったから、ではなく、きちんと批判されるべきであると考えている。…電子書籍?はそれで作ったのでもある」『リハビリテーション/批判』→http://www.arsvi.com/ts/20172404.htm

◆2017/08/28 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/902075787192352768
 「『社会モデル』を増補。…星加良司の『障害とは何か』…と榊原賢二郎の『社会的包摂と身体』…からの長い引用・紹介を置いた。『現代思想』(→本)で私の考えを書こうと思うけれども、そんなに長くは書けない。そんなこともあって…」→http://www.arsvi.com/ts/20172403.htm

◆2017/08/27 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/901648630607601664
 「例えば障害者権利条約を旗印にしていろいろを言うというのは、運動としては当然の方向であると思いながらも、距離をとって考えてみてよいとも思っている。そしてそれは他の社会運動について、さらに社会の将来を考えておくことにも関わってくることだろう。」→http://www.arsvi.com/ts/20172401.htm


◆2017/08/26 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/901421478947594241
 「「障害(学)は近代を保つ部品である」。実際そう私はそう思っている。「…、しかし」→http://www.arsvi.com/ts/20172401.htm 『現代思想』連載はずっと続いていた現代史ものをいったん中断、障害(学)とか社会モデルとかについてのすこし理屈ぼい本を準備することに。」

◆2017/08/25 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/901036225909317633
 「Zizek「社会を発展させるには労働力の二〇パーセントだけが再生産すればよく、残りの八〇パーセントは純粋に経済的な視点からはただの余剰になってしまっている。」http://www.arsvi.com/b2000/0000bj.htm 『自由の平等』で引用→http://www.arsvi.com/ts/2004b1.htm +http://www.arsvi.com/d/r04.htm

◆2017/08/24 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/900700496935112704
 「『社会モデル』Ver.1.2発行。星加良司『障害とは何か』、榊原賢二郎『社会的包摂と身体』の紹介、立岩真也"On "the Social Model""日本語版収録→http://www.arsvi.com/ts/2016m2.htm 前の版購入の方には無料送付します→tae01303@nifty.ne.jp」

◆2017/08/24 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/900531769534853120
 「『生の技法』「初版の第7章…は、かなりいろいろと大切なことが註に書いてあるのだが、たぶんほとんど読んでもらってない…旧第8章はHPでご覧になれる。」→http://www.arsvi.com/ts/20172400.htm 旧第8章:http://www.arsvi.com/ts/1990a04.htm

◆2017/08/21 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/899496554524008448
 「この本〔『生の技法』〕はおおざっぱにも、拾い読みでも斜め読みでもなんでも読んでほしいと思うとともに、すくなくともある人たちには細かに読んでもらいたいものだと思う。そしてそれはたいがいかなえられないという不全感を…」→http://www.arsvi.com/ts/20172400.htm

◆2017/08/20 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/899192238319824898
 「『性の歴史』の「性」は「死」に置き換えられる。08/18の続き:「フーコーは、新奇なそして妙なことを言った人だと思われることがある。しかし私はそんなに新しいことを言ったわけではないと思う。きわめてまっとうな…」→『生死の語り行い・2』http://www.arsvi.com/ts/2017b2.htm

◆2017/08/20 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/899186395532726272
 「「「私的所有を問う」(2001)『グラフィケーション』118(富士ゼロックス)〜『労働の分配が正解な理由』(同誌、2002)→http://www.arsvi.com/ts/2002041.htm『希望について』に収録」→「聞く話す履歴・芹沢俊介」http://www.arsvi.com/ts/20172399.htm

◆2017/08/20 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/899106453847461888
 「「一つは『現代思想』…特集=「コミュ障」の時代。もう一つは…『生死の語り行い・2――私の良い死を見つめる本 etc.』…『良い死』『唯の生』『生死の語り行い・1』に続く4冊め。…電子書籍苦戦していますがそのうち、と思うことにして」http://www.arsvi.com/ts/20172398.htm

◆2017/08/19 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/898788515147784192
 「「相模原での事件の後、障害者の親の会の人たちが、事件について発言をし、発言を求められ応えた。それが真剣なものであったことを疑わない。ただ…青い芝の会が七〇年に談判し批判したその相手は、そうした組織の人たちであった。そのこともまた『相模原』の同じ章で紹介した。」→http://www.arsvi.com/ts/20172397.htm

◆2017/08/18 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/898551683332157440
 「「自分のことを語ったり、自分のことを反省したりする。それはどこかなんだか怪しい、だまされた感じがする。…主体になることによって、何かに従属してしまう…このような理解は、ニーチェの…」(「フーコー『性の歴史』」)『生死の語り行い・2』http://www.arsvi.com/ts/2017b2.htm

◆2017/08/18 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/898548649319432193
 「「私たちには、「どちらの気持ちもわかる」といったことを言う以外に何か言えることはないのだろうか。ある、と私は思う。そう思うことと、その〔相模原市の施設での〕事件はいったい何だったのだろうと思うこととはつながっている。しかし…」http://www.arsvi.com/ts/20172396.htm

◆2017/08/17 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/898382924852195328
 「『現代思想』2017年8月号「コミュ障」の時代→http://www.arsvi.com/m/gs2017.htm#08 続き:森川すいめい/矢原隆行/山森裕毅/綾屋紗月/上岡陽江/岩川ありさ/菊池美名子/貴戸理恵/アサダワタル 連載の話はこの回でいったん中断→http://www.arsvi.com/ts/20170136.htm

◆2017/08/17 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/897922679889575936
 「誕生日祝い感謝〜配信(返信等も)は専らhttps:/twitter.com/ShinyaTateiwaで〜こちらよろしくお願いいたします。新刊『生死の語り行い・2――私の良い死を見つめる本 etc.』。電子書籍?のみで提供。800円→http://www.arsvi.com/ts/2017b2.htm


返信:
http://www.arsvi.com/ts/e.htmhttp://www.arsvi.com/ts/e.htm に全部ではありませんが掲載されています。『私的所有論 英語版』ご覧いただければ有り難いです→http://www.arsvi.com/ts/2016b2.htm

◆2017/08/15 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/897291551767801857
 「『グラフィケーション』編集長の田中和男さん7月8日逝去との知らせ。原稿や対談でお世話になった。合掌。そのうちの一つ『労働の分配が正解な理由』(2002)→http://www.arsvi.com/ts/2002041.htm 『希望について』に収録→http://www.arsvi.com/ts/2006b1.htm

◆2017/08/13 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/896701265740046336
 「『人間の価値――1918年から1945年までのドイツ医学』『医学と戦争』を紹介→http://www.arsvi.com/ts/2001010.htm 『第三帝国と安楽死――生きるに値しない生命の抹殺』,『ナチスドイツと障害者「安楽死」計画』を紹介→→http://www.arsvi.com/ts/20010009.htm

◆2017/08/13 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/896700391873695744
 「NHKで番組。「戦争と医学 731部隊」、情報増補していませんが、こちらにある本の書誌情報にはリンク→http://www.arsvi.com/d/mw.htm 「人体実験」→http://www.arsvi.com/d/e04.htm 拙文では→http://www.arsvi.com/ts/2001010.htm(続く)」

◆2017/08/13 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/896538050452377600
 「「島田療育園…への公的支援の拡大を求めた公開書簡「拝啓池田総理大臣殿」…によって知られている作家水上勉が同じ六三年…障害児が生まれたらその生死を決める政府の委員会を作ったらよいといったことを語っていることを紹介した。」http://www.arsvi.com/ts/20172396.htm

◆2017/08/12 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/896347956831440897
 「『現代思想』2017年8月号。特集=「コミュ障」の時代→http://www.arsvi.com/m/gs2017.htm#08 平田オリザ/國分功一郎/千葉雅也/武田砂鉄/樫村愛子/大黒岳彦/斎藤環/信田さよ子(続く) 私の連載は「福嶋あき江/虹の会・2」http://www.arsvi.com/ts/20170136.htm

◆2017/08/12 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/896152459009073153
 「殺すことと救うことの間の距離はときにそんなに遠くはない。その遠くなさ、近さは何通りかあり…言うべきことは何通りかある。そのことについては…「道筋を何度も「作ること」に書いたのだが、実際にこの人がこういう場にいてこんなことも言っている…というような示し方でその近さがわかることもある」http://www.arsvi.com/ts/20172396.htm

◆2017/08/11
紹介みていただけて感謝、しかし捌けたわけでもないので(=1こ、のまま)「素朴唯物論を支持する」(立岩真也、2013、『現代思想』)を追加収録→『所有と国家のゆくえ』(稲葉振一郎・立岩真也)→http://www.arsvi.com/ts/2006b2.htm よいとりあわせなのではと〜いかが。

◆2017/08/11
 「「『そよ風のように街に出よう』(りぼん社)が91号で終刊となった。…売り出し開始。この最終号も、バックナンバーも、買いつくしてください。私はそこに「もらったものについて・17」を書いている。以下再録していく。ただ、」→http://www.arsvi.com/ts/20172395.htm」

◆2017/08/10
 「発刊以来累計総販売量「1」シリーズ4。『所有と国家のゆくえ』(稲葉振一郎・立岩真也、2006)→http://www.arsvi.com/ts/2006b2.htm テキストファイル版広告より:「書店で買えなくなりましたのでまずはテキスト・ファイルで。点検かねてひさしぶりにみてみましたが、勉強になります。」600円」


 「『唯の生』→http://www.arsvi.com/ts/2009b1.htm 第5章「死の決定について」で小松美彦の、第6章「より苦痛な生/苦痛な生/安楽な死」で清水哲郎の、第7章「『病いの哲学』について」で小泉義之の論を紹介、検討。例えば小松と私の主張は近いが理路は異なる。」


 「横田弘対談集『否定されるいのらからの問い』古本で16351円〜とすごいことに。ここに収録されたいた私との(第2)対談は『青い芝・横塚晃一・横田弘:1970年へ/から』→→http://www.arsvi.com/ts/2016b1.htm 第1・第3対談→http://www.arsvi.com/b2010/1603yh.htm」



Peter Singer、Helga Kuhse らの「脱人間中心主義」「脱種差別」が評価されることがあるが違うだろう→『唯の生』第1章「人命の特別を言わず/言う」。その脱人間中心主義は、普通に考えると、とても人間中心主義的である→http://www.arsvi.com/ts/2009b1.htm

△『生死の語り行い・1――尊厳死法案・抵抗・生命倫理学』(立岩真也・有馬斉、生活書院)でよいのは有馬の「功利主義による安楽死正当化論」があること。功利主義者による肯定論がだいたいわかる(誤解との指摘あれば、有馬さんに検討してもらいます)。とくに研究者はPCで見ると便利。電子書籍版総売上数4ですが→http://www.arsvi.com/ts/2012b2.htm

引用御礼。科研費の(おちた)応募書類の一部です。cf.病者障害者運動史研究→http://www.arsvi.com/d/hsm.htm 『与えられる生死:1960年代――『しののめ』安楽死特集/あざらしっ子/重度心身障害児/「拝啓池田総理大学殿」他』→http://www.arsvi.com/ts/2015b1.htm

◆2017/08/05 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/893807801981517824
 「「その都度その人の手・指をそのチューブから(やさしく)取りのけることも強制ではある。二つの行ないに違いがないとは言わない。ただ両方とも強制であることはわかっておいた方がよい。」http://www.arsvi.com/ts/20162204.htm→『相模原障害者殺傷事件』p.32 その私は「精神科医療の身体拘束を考える会」のよびかけ人でもある。http://www.arsvi.com/d/m2017.htm」


◆2017/08/05 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/893807801981517824
 「「その都度その人の手・指をそのチューブから(やさしく)取りのけることも強制ではある。二つの行ないに違いがないとは言わない。ただ両方とも強制であることはわかっておいた方がよい。」http://www.arsvi.com/ts/20162204.htm→『相模原障害者殺傷事件』p.32 その私は「精神科医療の身体拘束を考える会」のよびかけ人でもある。http://www.arsvi.com/d/m2017.htm


◆2017/08/05 
 「横田弘対談集『否定されるいのらからの問い』古本で16351円〜とすごいことに。ここに収録されたいた私との(第2)対談は『青い芝・横塚晃一・横田弘:1970年へ/から』→→http://www.arsvi.com/ts/2016b1.htm  第1・第3対談→http://www.arsvi.com/b2010/1603yh.htm …」

◆2017/08/05 
 「本日、重度訪問介護従業者養成研修、於:京都。もう始まっていて、私は1630〜1830。資料作成→「重訪、なにそれ?」→http://www.arsvi.com/ts/20170805.htm 講師、『生の技法』人数分2割引販売+1万円で受けます&こういう、わかるはず的な文章で冊子(書籍)作成のつもり。」

◆2017/08/05 
 「高校教科書を出している出版社の人と話。歴史・地理以外がまとめられて「公共」という括りになり必修になるそう。私がいる職場は(今は)「公共」って言うがほぼ関係なし。関係して「〈公共〉から零れるもの」収録の『家族性分業論前哨』(立岩真也・村上潔)→http://www.arsvi.com/ts/2011b1.htm」

◆2017/08/04
「発刊以来累計総販売量「1」シリーズ3。『生存の争い――のために・1』→http://www.arsvi.com/b2000/0504ts.htm 集会「尊厳死っ、てなに?」のために作ったもの。川口有美子「決めめられない人のそばに佇んで」「他者による承認の儚さ」は編集者の目にとまり、やがて『逝かない身体――ALS的日常を生きる』に。」

◆2017/08/03
『闘争と遡行・1 於:関西・+』先頭は松永真純「兵庫県「不幸な子どもの生まれない運動」と障害者の生」。「闘争と遡行」は結局『弱くある自由へ』という題で出た本の、当初考えた題。その本が出た時のインタビューが立岩真也「闘争と遡行」→http://www.arsvi.com/b2000/0509ts.htm


◆2017/08/03
多田富雄:「日本のリハビリ医学の先駆者である上田敏氏」が(詳細略すと)リハ上限設定が「患者を苦しめていることに対し、一言も反対の声を上げないのは、学者として、また医師としての良心に恥じないのだろうか」→『リハビリテーション/批判』→http://www.arsvi.com/ts/2017m1.htm

◆2017/08/02
 「発刊以来累計総販売量「1」シリーズ2。『生死の語り行い・1』Kindle版→http://www.arsvi.com/ts/2012b2.htm。1000円。購入者「電子書籍」おまけ一つ→立岩に連絡を→tae01303@nifty.ne.jp 「勉強」したい人等こういう形式でもっていた方が得なはず」


 「『fonte』(全国不登校新聞社)に載ったインタビュー(2005、2009、2012)。「ニートを生み出す社会構造は」「尊厳死・安楽死」「尊厳死・安楽死」「出生前診断・選択的中絶」「家族に金があろうと生活保護はとればいい」→http://www.arsvi.com/ts/20172394.htm」


◆2017/07/31
累計総販売量1シリーズ1。『生死の語り行い・1』ePUB版→http://www.arsvi.com/ts/2012b2.htm。作成丸1週間はかかってます。文献たくさん紹介している本でそこへのたくさんリンクあり、ePUBに慣れるとこちらの方が便利。1500円高い? 買った人にはなにか「電子書籍」おまけします

◆2017/07/31
 「「後に国会議員その他になる保坂展人らが『学校解放新聞』を創刊するのが八四年、東京シューレが始まるのが八五年だそうだ。そういうものにかかわっていた大学の友人もいた。ただ私はこの方面のつきあいはほぼなかった。『不登校新聞』のインタビューを受けたりといったことはずっとずっとあとのことになる。」http://www.arsvi.com/ts/20172394.htm」


 「「NZ男性身体拘束後死亡事件:関連報道」→http://www.arsvi.com/2010/20170518restraintmurder.htm#027 拘束について、以下に再録されていない部分他で少し→http://www.arsvi.com/ts/20170027.htm」

◆ 
 「6年ぶり?に種々溜っていた原稿ファイルを少し整理。本にする前でそのままになってきた原稿が大量に。忘れていたファイルも再発見。例えば『私的所有論 第2版』で加えた文献リスト→http://www.arsvi.com/ts/2013b1b2.htm なんでこれらが?と思う人は本を。」


 「『<障害者自立支援法案>関連資料』(立岩真也+小林勇人編、2005)1つ(初めて)売れました!当時大学院後期課程1年だった小林さんは今は日本福祉大学教員。この10〜20年何が起こってきたのか、研究者求む→http://www.arsvi.com/b2000/0509kh.htm」



 「自立支援法について作ったもの→http://www.arsvi.com/b2000/0509kh.htm 電子書籍(といってもただのワードのファイルですが)にして売り出して4年たちますが
販売実績0です。2個うれたら、改訂します。もちろん2個の購入者には以後ずっと改訂版をさしあげます。」

◆2017/07/28 
 「拙著より引用ありがとうございます。すいません書名は『ALS――不動の身体と息する機械』です。立岩真也、2004、医学書院→http://www.arsvi.com/ts/2004b2.htm 引用していただいているのは第12章「さらにその先を生きること」p.374。次の第6節が「肯定に懸る負荷」。」

◆2017/07/28 
 「「以上より、本人は、病からなおりたく、他方障害についてはさほどでなく、周囲の人たちはその逆であると、大雑把に言える。/□自閉圏はどう捉えられるか[…]」「「発達」障害者支援・指導・教育の倫理」を収録した『社会モデル』増補版→http://www.arsvi.com/ts/20172390.htm」

◆2017/07/26 
 「例えば上田敏という人が「社会モデル」「的」なことを(ことも)言ったと。それをどう解するかということはいちおうあります。増補した『社会モデル』とあわせどうぞ。『リハビリテーション/批判――多田富雄/上田敏/』→http://www.arsvi.com/ts/2017m1.htm」

◆2017/07/26 
「いまはその島の印刷会社で働いていて、昨年から私の普通の出版社からは出ていない方面の資料集や冊子等の表紙を作ってくれている私の小学校来の友人は、絵は得意で、体育は全面的にだめで、そしてついに二次方程式を」→http://www.arsvi.com/ts/20172393.htm

◆2017/07/26 
「『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』は前の号から単行本仕立てになった。この116号は浜田寿美男さんの『親になるまでの時間』。本の頁は別途作るが、まずは注文→ 私はその別冊『Chio通信』に短文を載せることに」→http://www.arsvi.com/ts/20172392.htm

◆2017/07/26 
「「それ」をなくし・なおすのはよいことか…踏まえるべきことが2つある。第一、病・障害と大きく区切られるものに少なくとも5つの契機がある。第二、その各々の意味・得失が本人と…周囲の人々にとって異なる」この話『自閉症連続体の時代』他でも→http://www.arsvi.com/ts/20172391.htm


◆2017/07/26 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/890108719324901376
 「「『社会モデル』この度の増補(Ver.1.0→Ver.1.1)には、依頼されてけっこう妙に手間かかって書いた「「発達障害者」支援・指導・教育の倫理」を収録した。ということで一部紹介していく」さらさら書けなかったが間違ってはいないはず→http://www.arsvi.com/ts/20172390.htm」





◆2017/07/26 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/890024190790717441
 「上田敏はもっともなことを言う。しかしならばただ立派だと言えばよいのか。私はそう思わない。吟味し批判するべきであると思う。多田富雄が上田敏を批判していることも忘れられている」『リハビリテーション/批判――多田富雄/上田敏/』本日発行→http://www.arsvi.com/ts/2017m1.htm

◆2017/07/26 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/889997293952172032
 「この本(『相模原障害者殺傷事件――優生思想とヘイトクライム』,立岩真也・杉田俊介,青土社)については、近頃更新してませんが→http://www.arsvi.com/ts/2017b1.htm
 みやざき かつよし? @miyaya22 https://twitter.com/miyaya22/status/876818958552190976
 「【相模原障害者殺傷事件 ―優生思想とヘイトクライム―/立岩真也他】17年1月刊。立岩先生の「現代思想」掲載原稿が3篇、杉田さんの論考2篇、そしてロング対談。信頼している両名だけにあちこちで唸りま… → https://bookmeter.com/reviews/65006927 … #bookmeter」

◆2017/07/24 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/889278739896426496
 「窪田好恵博士論文「重症心身障害児者施設の歴史的背景と看護のありよう――くらしの中で福祉職と協働する看護の再定義」公聴会本日。一般公開。関連する拙文「石田圭二さんたちに聞く」「一つでよい、ただ」等→http://www.arsvi.com/ts/20170724.htm

◆2017/07/23 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/889009753292021760
 「橋口昌治(立命館・先端総合学術研究科修了者として)出演中→http://www.r-gscefs.jp/?p=2656 共著の本に『税を直す』(青土社)→http://www.arsvi.com/ts/2009b2.htm  橋口さんの担当は「格差・貧困に関する本の紹介」〜これ依然として有用。」

◆2017/07/22 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/888588704712769537
 「成年後見制度に代わるもの」報告10分終了→http://www.arsvi.com/ts/20170722.htm 関連して販売している『自己決定/パターナリズム』300円。表紙掲載されてないのに気づき掲載→http://www.arsvi.com/ts/2016m4.htm


◆2017/07/21 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/888347201050521600
 「「アミ」20周年記念集会後宴会横浜中華街的獅子舞中。今日言及した立命館・先端総合学術研究科修了者:吉村夕里さん→http://www.arsvi.com/w/yy04.htm 樋澤吉彦さん→http://www.arsvi.com/w/hy07.htm

◆2017/07/21 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/888243513346867201
 「この(『精神病院体制の終わり』に書いた)話も今日すこしでるかなと→「精神病院体制の終わり、へ」→https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/857538358024609792 … 本会場で販売。立岩真也さんが追加」
 ▽https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/857538358024609792
 「「晋精会」という――これもひどくわかりやすい名前の――精神科医による安倍の後援会が活動している…「安倍〔晋三〕首相から国民にきちんと理解してもらえるような政策を発信するよう要望された」ことになっており…日精協の山崎學会長は…」http://www.arsvi.com/ts/20172353.htm

◆2017/07/20 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/887692145984811009
 「たまたま発見。いまやってます。早川一光先生再放送〜1時までETV cf.『わらじ医者の来た道――民主的医療現代史』(早川一光・立岩真也・西沢いづみ,青土社)→http://www.arsvi.com/b2010/1509hk.htm …」

◆2017/07/18 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/887285006292234241
 「『精神』ver.1.3発行500円。ver.1.2で「施設/脱施設/病院/脱病院」追加。今回講演「引くべきところからは引くこと(再度)、他」追加→http://www.arsvi.com/ts/2016m3.htmたぶんおもしろいです。『造反有理』『自閉症連続体の時代』『精神病院体制の終わり』の前に/とともに/の後でお読みください。これはいったディスク会場販売→http://www.arsvi.com/ts/20170721.htm

◆2017/07/18 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/887221415262306304
 「2017/07/17日野原重明氏逝去。「死生学」の日本での始まりについての日野原の文章→http://www.arsvi.com/ts/20150058.htm cf.『死生の語り行い・1――尊厳死法案・抵抗・生命倫理学』(立岩真也・有馬斉)→http://www.arsvi.com/ts/2012b2.htm

◆2017/07/17 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/887221415262306304
 「明日7月18日博士論文公聴会。公開〜どうぞ。西沢いづみ→http://www.arsvi.com/ts/20170718.htm 栄セツコ→http://www.arsvi.com/ts/201707182.htm (長くすると立命館大学大学院先端総合学術研究科博士学位申請論文公聴会?)」

◆2017/07/17 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/886728720295251968
 「『社会モデル』Ver.1.1刊行。「この度の増補では、依頼されて、けっこう妙に手間かかって書いた「(発達)障害者支援・指導・教育の倫理」を収録…Ver.1.0をもっている人については無償で交換」リンク追加(196→245)。600円→http://www.arsvi.com/ts/20172387.htm

◆2017/07/16 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/886584564390313984
 「「熱心に書いたのは…「高橋修――引けないな。引いたら、自分は何のために、一九八一年から」…。…そこから何を言えるかと思って書いた。横塚晃一の本の「解説」…もそうだった…。…吉田おさみを加えて、前世紀の三人、にしてしまうこともある。」http://www.arsvi.com/ts/20172386.htm

◆2017/07/15 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/886128848437260289
 「高橋修〜優生思想に関わって。「障害っていうのが問題じゃないんだ、それを差別する社会なり、環境が悪いんだと…いうのとさ、水俣みたいな…このからだを返せという…つきあげというかさ、その絡みがいまいちはっきりしないのね」http://www.arsvi.com/ts/20172385.htm




◆2017/07/14
07/14に博士論文公聴会の梁陽日、に言及している文章。一つは『生存学の企て』中の文章。一つは「多文化主義など言うだけならいくらでも言える(西川長夫)――「身体の現代」計画補足・179」→http://www.arsvi.com/ts/20170714.htm 『生存学の企て』よろしく。

◆2017/07/13
「精神病院体制の終わり、へ」→http://www.arsvi.com/ts/20170721.htm 立岩真也,2017/07/21,全国精神障害者地域生活支援協議会結成20周年記念大会 於:横浜市 広告、朝から仕事していま送ったところ。当日話させてもらった後も売り子などしています。


本日、になりました→http://www.arsvi.com/ts/20170707.htm 『相模原障害者殺傷事件』(立岩真也・杉田俊介)書評などあるので参考になるかと→http://www.arsvi.com/ts/2017b1.htm 他になんこか持ってまいるつもり。本日、になりました→http://www.arsvi.com/ts/20170707.htm 『相模原障害者殺傷事件』(立岩真也・杉田俊介)書評などあるので参考になるかと→http://www.arsvi.com/ts/2017b1.htm 他になんこか持ってまいるつもり。




「生命の尊厳が言われる。…呼びさまされ持ち出されたのは「この子らを世の光に」と言った糸賀一雄だった。実際それに感じ入り、仕事に生きがいを感じる人はいる。…それは励ましの言葉…肯定の言葉となるかもしれない。/ただ…」『相模原障害者殺傷事件』pp.84-85→http://www.arsvi.com/ts/2017b1.htm


…そんな人たちばかりでもないし、そうでない部分がある。立派なことはずっと言われ続けながら、日常は続く。その教えを朝礼で反復すればよいだろうか。既に相手や自分に尊厳を感じられている人にはそんなものは不要だろうし、他方の人たちは、そんなことを余計だと感じるだろう。実際、尊厳があるかと問われればあるのだろうと思いながら、「利用者」あるいは親は自分の言うことを聞いてくれず、腹の立つことはある。それで怒りに向かう人もいる。
 ただ一つ、あなたがどう感じるかと生き死には関係がないのだと言うことはできる。もちろん共感は大切なものである。それを涵養することも大切だ。ただ好悪は残るだろうし、



「後に『生の技法』…にまとめられる調査を1985年に初めた。故・高橋修さんは安積遊歩がその最初のころ紹介してくれた人だった。それから何度か聞き取りさせてもらったりいろいろあって、肉屋さんの裏手の今はもうない家屋にCIL立川の事務所が置かれ…」→
http://www.arsvi.com/ts/20172383.htm


◆2017/07/05
岸政彦頁とりあえず→http://www.arsvi.com/w/km34.htm ついでに、『SYNODOS JOURNAL』に2012年に載せてもらった文章(立岩真也「私には「終末期の医療における患者の意思の尊重に関する法律案(仮称)」はわからない」)→http://synodos.jp/society/1265

、もう掲載されてないみたいなので、そのうちこちらのサイトに載せます。



◆2017/07/05
「聞く話す履歴・高橋修(1948〜1999)2」:「〔1997年8月〜9月〕総勢10人でロンドンにでかけた。車椅子を使う人が4人。50音順に高橋修さん、中西正司さん、中西由起子さん、山田昭義さん。…食事は評判通りまずかった。なんであんなにまずいのか…」http://www.arsvi.com/ts/20172382.htm
こずん





◆2017/07/01
前便誤記御免:横田晃一→横塚晃一 横田は横田弘 この二人他について書いたもの立岩真也『青い芝・横塚晃一・横田弘:1970年へ/から』→http://www.arsvi.com//ts/2016b1.htm ver.1.3 444.6kb リンク数:1301 \700 もう一つ『われらは愛と正義を否定する』http://www.arsvi.com/b2010/1603yh.htm

◆2017/07/121
「悩んで沈んでしまうことはできるし、吠えるだけ吠えることもできるし、ただの実務家に徹することもできるが、高橋さんのようにやっていくのは疲れる。だがそれが大切なことがある」立岩真也2001「高橋修――引けないな。引いたら、自分は何のために…」→http://www.arsvi.com/ts/20172384.htm


◆2017/07/01
「その時期の三人をと問われたら、私は、横田晃一、高橋修、吉田おさみ…横塚は四二歳、高橋は五〇歳、吉田は五二歳で亡くなった。レーニンやガンジーやマンデラは知られているだろう。ここであげた人は、田中美津は知っている人は知っていようが、他はそうでもないだろう。」http://www.arsvi.com/ts/20172381.htm

◆2017/07/01
6月までの1年の〈arsvi.com〉ヒット数12,754,599→http://www.arsvi.com/z/h04.htm アクセス多いのはまた藤原信行作「自殺・日本語文献:論文・その他書かれたもの(著者名アルファベット順:N-R)」http://www.arsvi.com/d/s01pj-nr.htm

◆2017/06/29
「私たちの社会では一方で…善意もなにも必要とせず…それがうっとおしく感じられるような場面で、やさしさやふれあいが語られる。善意が押しつけがましく押しつけられ、それは問題にされない。他方で、生死に関わるような場面になると…」『ALS』http://www.arsvi.com/ts/2004b2.htm

◆2017/06/25 
「98年の5月に〔日本ALS協会山梨県〕支部の総会で講演を依頼されました。最初はその介護サービスの派遣制度の話だけするということで、それでOKだったんですけれども、ちょうどその時、その『仏教』の原稿を書き上げたものですから…添付」http://www.arsvi.com/ts/20172379.htm

◆2017/06/24 
「1998/04/18加藤尚武氏との対談 NHK教育TV『未来潮流』。『私的所有論』が前の年にでたことがあって、加藤さんが私に声をかけてくれた…私はしばしば http://www.arsvi.com/「内」を検索する…のだが」http://www.arsvi.com/ts/20172379.htm

◆2017/06/24 
「1987年、29歳で亡くなった福嶋あき江氏(→『現代思想』連載→http://www.arsvi.com/w/fa02.htm))に関わること、その時の「虹の会」とその後のの会との連続と不連続について、ずっと虹の会で活動してきた佐藤一成氏に23日インタビュー。機関紙の初期のものも貸していただいた。感謝。」

◆2017/06/22 
「かつて島田療育園で起こったことについて、等、東京都多摩市、石田圭二さん他へのインタビュー終わり。有益でした。三井さよさんも聞き手に鍬ってくださいました。皆様ありがとうごさいました。→http://www.arsvi.com/o/shimada.htm 本でも→http://www.arsvi.com/ts/2017b1.htm」

石田圭二/石田エリ子/……/立岩真也/三井さよ(聞き手)

言葉:島田療育園/重心(じゅうしん・重症心身障害児施設)/ちいろば/府中療育センター/
『よい支援』(本の題名)/『支援』(雑誌の題名)


登場人物:福永一江/

藤永和江



◆2017/06/20 
『身体の現代・集積(準)――試作版:被差別統一戦線〜被差別共闘/楠敏雄』(立岩真也編)http://www.arsvi.com/ts/2014b2.htm 楠敏雄について→http://www.arsvi.com/w/kt11.htm この約24万字の資料集にさらに情報を追加し収録 HTMLファイルで700円


◆2017/06/17 
「有吉&定藤本讃他(御入学関連まとめ5)――「身体の現代」計画補足・377」http://www.arsvi.com/ts/20172377.htm/明日06/18大学院(立命館大学大学院先端総合学術研究科)説明会、「公共」領域からは岸政彦→http://www.r-gscefs.jp/?p=124(御入学関連26)

◆2017/06/17 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/875868065782681600
 「『助産婦の戦後』(大林道子、勁草書房)。授業で一年に一度とりあげ、どこがよい本なのかを説明する→http://www.arsvi.com/ts/2001008.htm こういう研究したい人歓迎。明日06/18大学院(立命館・先端研)説明会→http://www.r-gscefs.jp/?p=124(御入学関連25)」

◆2017/06/16 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/875698050169163777
 「島田療育園からの脱走事件、その後の多摩でのこと、石田さんにお話伺えることに→http://www.arsvi.com/o/shimada.htm  有り難い。このできごとについては『相模原障害者殺傷事件』で→http://www.arsvi.com/ts/2017b1.htm  社会運動(史)研究者常時募集。(御入学関連24)」

◆2017/06/15 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/875299372845604864
 「「社会」のことを考えたり書こうと思ったりした…なにか「作品」に仮託してものを言うというような面倒なことをするよりも、もっと平凡に散文的に退屈に、順番通りに、書くのがよいと思った…とくに大学院生の時期には別途金を稼ぐ必要もあって…」http://www.arsvi.com/ts/20170023.htm

◆2017/06/10 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/873432221725581312
 「「筆者は、京都市内の人工透析を行なうクリニックで長いこと働いてきた看護師であり…二〇〇六年度に入学し、二〇一一年度に博士号を取得した。毎日仕事しながら六年でだから、私たちの「相場」としてはずいぶん集中的に研究された…たしか当初は」http://www.arsvi.com/ts/20130039.htm(御入学関連23)」

◆2017/06/10 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/873411382359633920
 「修了者の(博士論文→)本に書いた拙文2:有吉玲子『腎臓病と人工透析の現代史』に立岩真也「これは腎臓病何十万人のため、のみならず、必読書だと思う」→http://www.arsvi.com/ts/20130039.htm 入試説明会0618→http://www.r-gscefs.jp/?p=124 「公共」領域からは岸政彦(御入学関連22)」

◆2017/06/10 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/873339144373624833
 「東大・駒場には、後に総長などもし、また三島賞受「非文化的」続「東大・駒場には…三島賞受賞の際に小さく物議を醸したという…蓮實重彦などもいて、なかなか賑わっていた。私はそういうものがそんなに嫌いでなく、読んでいた時期もあるし、実際蓮実の映画評は実践的に役に立つのでもあった」→http://www.arsvi.com/ts/20170023.htm

◆2017/06/09 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/873158599337328640
 「修了者の(博士論文→)本に書いた拙文1:定藤邦子『関西障害者運動の現代史――大阪青い芝を中心に』に立岩真也「関西・大阪を讃える」→http://www.arsvi.com/ts/20110015.htm 入試説明会前期最後0618→http://www.r-gscefs.jp/?p=124 「公共」領域(わからん言葉だ)からは岸政彦(御入学関連21)」

◆2017/06/08 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/872772414995808256
 「「淀川長治が細々と延々と語るのに驚いて、そんなことはできないと思った。ずっと後、淀川さんけっこう同じ話を方々で話したり書いていることがわかって、すこしその驚愕の感じは減ったけれども…それでも到底近づけるものではない。」「非文化的」(立岩真也『文學界』)http://www.arsvi.com/ts/20170023.htm

◆2017/06/08 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/872653608453406720
 「「まったく普通の学園生活を送っていた少女が、ある日、スポーツをしている最中に突然倒れるところから始まります。少女はあれよあれよという間に歩けなくなってしまうのです。そして、医師から筋ジストロフィーであり…」(福嶋あき江)この多分1967年の読みきり小説?探索継続中→http://www.arsvi.com/ts/20170135.htm

◆2017/06/07 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/872418526694264832
 「本日あたり発売の『文學界』7月号に「非文化的」という雑文。「芥川賞と三島賞にノミネートされた(そして外れた)岸政彦さんがこんど同僚になった。…だから私も書く気になった、ということではない。いつ私は小説やら読むのをやめたのだろうと…」http://www.arsvi.com/ts/20170023.htm

◆2017/06/03 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/870979691376594945
 「4日の特別分科会パネルディスカッションは利光恵子(優生手術に対する謝罪を求める会)、加古雄一(神経筋疾患ネットワーク、自立生活センターアークスペクトラム)、小泉浩子(日本自立生活センター)。指定発言:岡本晃明(京都新聞社)、松田光博(ピープルファースト京都)。資料掲載→http://www.arsvi.com/ts/20172376.htm

◆2017/06/03 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/870907508012875776
「4日・京都。『私的所有論』第6章「個体への政治:複綜する諸戦略」第3節「性能への介入」1「環境・遺伝への注目と介入」2「アメリカ合衆国とドイツにおける優生学」3「優生学の「消失」」第9章「正しい優生学とつきあう」…歴史、出生前診断…http://www.arsvi.com/ts/20172375.htm

◆2017/06/03 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/870817312319733760
 「明日6月4日、いばらきキャンパスで入試説明会。私DPI予定入ったので交代してもらい(→前便)出演は美馬達哉、岸政彦、竹中悠美。参加者はたぶん『知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場』もらえます。入試関連まとめのまとめ→http://www.arsvi.com/ts/20170526.htm

◆2017/06/03 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/870794595063390208
 「DPI日本会議、明日4日京都、特別分科会「相模原事件が問いかける優生思想」。「なにかよくないことわるいことがあると、ものを書いたり話をしたりする機会が多くなる。話すべきこと書くことを話せない書けないよりはよい、とは、思う。」話します→http://www.arsvi.com/ts/20172374.htm

◆2017/06/01 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/870422483702173697
 「HPにある写真がひどいと叱られて、写真がひどいのか、そういうことではないのかは別として、別の写真を掲載してくれることになったその最初のいくつか。よりましなのであれば、いま載っているもの、差し替えてもらえるとよいです→http://www.arsvi.com/ts/p.htm

◆2017/06/01 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/870283054631182337
 「『自閉症連続体の時代』の「書評」(→https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsr/66/1/66_150/_article/-char/ja/)を書いたという人(とうぜん読んでない)が被告の裁判の傍聴にいってきた。とてもだめ。非をまともに認め、仕事できなくなっている人が仕事できるように姿を現わすべきでない場に現わさない。すぐできる。せよ。」

◆2017/06/01 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/870103203055976448
 「ありがとうございます。このサイトの年間アクセスは1300万ちかく→http://www.arsvi.com/z/h04.htm 増補の記録は「修」→http://www.arsvi.com/a/r.htm 索引は表紙から「索」→http://www.arsvi.com/a/i.htm (立岩真也・http://www.arsvi.com/ts/0.htm
 ▽ばていら? @tamakibi555
 「(参考)鈴木國男虐殺糾弾闘争(S闘争/S支闘)http://www.arsvi.com/d/skt.htm よくわからんが、この立命館大学生存学研究センター http://www.arsvi.com/index.htm のサイトってすごいな」

◆2017/05/31 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/869895889262792704
 「『現代思想』2017年6月号の特集は「変貌する人類史」。発売開始。目次、そして一部の執筆者についての頁へのリンク…からすぐに注文もできる。私が書いているのは特集とは別の連載第134回「高野岳志――生の現代のために・22」。…それを分載していく」http://www.arsvi.com/ts/20172373.htm

◆2017/05/29 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/869046619630587904
 「「非能力(dis-ability)」全般から「障害(disabilty)」を切り離すことによって…条約(および障害学全般)は、障害者差別を狭い意味のものとし、そのことによって近代・現代社会にとって本来破壊的で危険なものである障害者解放の思想を、安全な許容可能なものにしている」http://www.arsvi.com/ts/20160923.htm

◆2017/05/29 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/868996835242680320
 「「御入学関連まとめ5」「研究する人を、たくんのお金を本人に払わせて、とてもなんですが、しかし、求めてはいます。5月26日、私が出た説明会は終わりました。おおぜいどうも。さらに聞きたいことあったらメールください 前期あと2回あります」http://www.arsvi.com/ts/20172372.htm





◆2017/05/26 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/867888716076859395
 「本日入試説明会→http://www.r-gscefs.jp/?p=124 私(立岩真也)出ます。かなり古い情報を含む(私がずっと前まとめた)情報→http://www.arsvi.com/u/gsce.htm その中に「教育・研究活動のかなりの部分を、HPとMLを使って行なっています」→http://www.arsvi.com/ml/ts.htm(御入学関連20)」

◆2017/05/23 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/866998497546977280
 「生存学研究センター〜先端研(先端総合学術研究科)関連単著・共著・編書318冊・続→http://www.arsvi.com/a/b1.htm 2016年のでは小川さやか『「その日暮らし」の人類学――もう一つの資本主義経済』とか→http://www.arsvi.com/b2010/1607os.htm(御入学関連19)」

href="http://www.arsvi.com/b2010/1205td.htm">http://www.arsvi.com/b2010/1205td.htm この1年で博論書けるか。関係者書籍→https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/866994536970465280
 「生存学研究センター関連単著・共著・編書318冊→http://www.arsvi.com/a/b1.htm 各本の(多く短い)案内頁にリンク。ただまだのものもあり。今年のでリンク有例千葉雅也『勉強の哲学――来るべきバカのために』http://www.arsvi.com/b2010/1704cm.htm(御入学関連18)」

◆2017/05/22 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/866578583560437760
 「御入学関連17:13〜まとめ→http://www.arsvi.com/ts/20172370.htm 留学生、障害学生…。植村要博士論文は「視力回復手術を受けたスティーブンス・ジョンソン症候群による中途失明者のナラティブにおける「治療」についての障害学的研究――当事者性を活用したインタビュー調査から」」

◆2017/05/21 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/866267341880827904
 「「高野岳志(1957〜1984)の他、山田富也(1952〜2010)、渡辺正直(1954〜2012)、石川正一(1955〜1978)、福嶋あき江(1958〜1989)といった人たちについて…手許にある情報はわずかだ。なにかお持ちの方」http://www.arsvi.com/ts/20172369.htm



◆2017/05/21 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/866250851068780544
 「御入学関連16:「あたさたな話法」の天畠大輔は視覚障害者でもある。世界で一番障害重い大学院生かも。著書『声に出せないあ・か・さ・た・な』(生活書院)→http://www.arsvi.com/z/h04.htm 増補の記録a/b1.htm">http://www.arsvi.com/a/b1.htm」



◆2017/05/21 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/866249539220525056
 「はいそんなにわるい本じゃありません。『相模原障害者殺傷事件――優生思想とヘイトクライム』(立岩真也・杉田俊介、青土社)。関連頁(書評・関連情報・目次…)→http://www.arsvi.com/ts/2017b1.htm 誰かアマゾン平均点上げてやってください。」
 ▽」┘へりア? @suburb_tok
 「相模原障害者殺傷事件-優生思想とヘイトクライム- 立岩真也 https://www.amazon.co.jp/dp/B01N4WX9CO/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_roUfzb4TMJHYA … @amazonJPさんから レビューは低いけど、このところおもってたことが大体書いてあったな」

◆2017/05/21 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/866168742283157504
 15:「前便御入学関連14 15:視覚障害ある受け入れ院生たぶん8人。博士号2人、修士号取得2人、他在学中。博士1人が前便の韓星民、もう1人は植村要→http://www.arsvi.com/w/uk01.htm 博士論文タイトル長いので別便で。院生受け入れについてそれなりの蓄積は多分あり 入試説明会→http://www.r-gscefs.jp/?p=124

◆2017/05/21 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/866165773676314624
 14:「私が担当した韓国からの留学生6人。4人が博士号取得、1人が今年提出。博士号→書籍は1冊が紹介したクァク・ジョンナン『日本手話とろう教育』、1冊が韓星民『情報福祉論の新展開――視覚障害者用アシスティブ・テクノロジーの理論と応用』→http://www.arsvi.com/b2010/1203hs.htm

◆2017/05/20 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/865868241133895680
 13:「前便御入学関連12 09〜12のまとめ→http://www.arsvi.com/ts/20172368.htm  先端研、生存学研究センターの関係者だいぶかぶります。関係書籍一覧作成中、314冊→http://www.arsvi.com/a/b1.htm  入試説明会→http://www.r-gscefs.jp/?p=124



◆2017/05/20 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/865858756210327552
 「堀智久『障害学のアイデンティティ――日本における障害者運動の歴史から』(生活書院)→http://www.arsvi.com/b2010/1403ht.htm 学振研究員PDとして先端研に。今は名寄市立大学教員。例えば第3章「重症児の親の運動と施設拡充の政策論理――精神薄弱福祉の高度経済成長期」関係者必読。」

◆2017/05/20 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/865700354146553856
 「御入学関連11:「難病」→http://www.arsvi.com/d/n02.htm 研究する人以前まとまっていて論文等たくさんでた、がこのところ少し休止的状態。やること種々有。(金払って)研究する人求む。関連本『ALS』(立岩真也・医学書院)http://www.arsvi.com/ts/2004b2.htm

◆2017/05/18 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/865324236352638976
 「御入学関連10:「矢野亮『しかし、誰が、どのように、分配してきたのか――同和政策・地域有力者・都市大阪』(洛北出版)→http://www.arsvi.com/b2010/1603yr.htm 第2回生存学奨励賞受賞作(けして身びいきではない、です)です。立命館大学衣笠生協で生存学ブックフェア開催中2017/05/19」

◆2017/05/17 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/864880647306792960
 「研究する人を、たくんのお金を本人に払わせて、なんですが、しかし、求めてはいます(御入学関連09)→http://www.arsvi.com/ts/20172366.htm 「御入学関連まとめ2――「身体の現代」計画補足・366」」

◆2017/05/14 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/863965261648375808
 「御入学関連08:一宮茂子『移植と家族――生体肝移植ドナーのその後』(岩波書店)。著者は看護師。京都大学附属病院を定年退職後に先端研で学位取得、出版→http://www.arsvi.com/b2010/1603is.htm 入試説明会、初回5/26、立岩真也出ます→http://www.r-gscefs.jp/?p=124

◆2017/05/14 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/863618176541573120
 「御入学関連07:クァク・ジョンナン『日本手話とろう教育――日本語能力主義をこえて』生活書院→http://www.arsvi.com/b2010/1703kj.htm … 博士論文がもとになった&先端研の出版助成を受けた本。本日05/14『朝日新聞』佐伯一麦の書評→http://www.asahi.com/articles/DA3S12936492.html

◆2017/05/13 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/863350222872649730
 「本日(2017/05/13)花田春兆氏逝去。19日通夜、20日葬儀、詳細は未定とのこと。1962〜1965年に『しののめ』に掲載された文章全文を『与えられる生死:1960年代』に収録→http://www.arsvi.com/ts/2015b1.htm 花田春兆:http://www.arsvi.com/w/hs04.htm

◆2017/05/13 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/863198026319319041
 「院生年齢分布お知らせ05とすると御入学関連06(でもあり):「病者障害者運動史研究」というのが科研費もようやく当たり始まってます(というかずっとやってます)。いくらでもやることあります。今までの自分たちの、も含めまとめたいという人歓迎→http://www.arsvi.com/d/hsm.htm




◆2017/05/12 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/863023068553269249
 「とてもありがとうございます。ただ小学四年生は196704〜196803でその作品は196811のようです。違うかも。ただ、貴重な情報ですので、別途頁を作ろうと思います。さしあたり高野岳志頁(→http://www.arsvi.com/w/tt25.htm)の「1967? 少女マンガの筋ジストロフィー」に。」
 △honoca? @lotus_flower19
 「初めまして。お疲れ様です。自分で読んだわけでもなく無責任で申し訳ないのですが、集英社の『マーガレット』に掲載されていたらしい、木内千鶴子『1歩2歩3歩・・・ほら 歩ける!」ではないでしょうか?調べてみましたら、『友情のひみつ』(集英社)という単行本に収録されている様です。」

◆2017/05/12 https://twitter.com/roba_japan/status/862673368373317632
 「この3月に(立命館大学大学院先端総合学術研究科に)博士学位申請論文を提出した人は78歳。他に60台の人、さらに50台になるともっと、ごろごろ?います。ちなみに私(立岩真也)は1960年生まれ。入試説明会→http://www.r-gscefs.jp/?p=124
 △白井京月? @roba_japan
 私は56歳ですが、問題ないですか?
 △https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/862639684517625858

◆2017/05/12 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/862976843271426049
 「数えまちがえたようです。高野小学校4年生は1967年4月から1968年3月。この時期いろいろ少女マンガの難病ものはあったようなんですが。」
 △https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/862967754369843200

◆2017/05/12 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/862967754369843200
 「1969年?高野岳志「私が最初に筋ジス≠フ記述を見たのは、小学四年生のときであったと思います。それは、ある少女雑誌のマンガでした」→http://www.arsvi.com/ts/20170134.htm このマンガは何なのか? 少しみたところではわからず。これかもという方いらしたら知らせてください」

◆2017/05/12 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/862818040584388608
 「御入学関連04:本ランダム紹介続『日本の血友病者の歴史――他者歓待・社会参加・抗議運動』(北村健太郎・2014)→http://www.arsvi.com/b2010/1409kk.htm 「血友病者および血友病患者会/コミュニティの歴史を論じ…医療技術、公費負担、学校教育、マスメディア、 優生思想、感染症問題…」

◆2017/05/11 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/862645469507272704
 「書き忘れたが前便が御入学関連02。03:私が主担当教員だった人の博士論文が本になったを本ランダムに紹介していきます。『どんなムチャぶりにも、いつも笑顔で?!――日雇い派遣のケータイ販売イベントコンパニオンという労働』(田中慶子・2014)→http://www.arsvi.com/b2010/1409tk.htm

◆2017/05/11 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/862639684517625858
 「所謂先端研の博士号取得者(2015年9月まで)一覧→http://www.r-gscefs.jp/?p=88 今審査にかかっている人たちが通れば私が 主担当の人50人に(実質主担当という2人含む)。とてもまじめにやればこういう論文書け学位とれます(私はもってないが)。入試説明会→http://www.r-gscefs.jp/?p=1242017/05/12

◆2017/05/11 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/862452554340356096
 「御入学関連01:これから断続的にそういう関連情報を。私(立岩真也・立命館大学大学院先端総合学術研究科)は、こちらに来た大学院生の研究に資するであろうと思うことをMLに配信しています。そのこれまでものを読んでもらうことができます→http://www.arsvi.com/ml/ts.htm



◆2017/05/07 
 「写真集『車椅子の眼』(1971)「柳沢寿男という監督がここの病院で『ぼくの中の夜と朝』という記録映画を撮った時、わたしと写真の好きな仲間たち三人でスチール写真のお手伝いをしました。その時撮った写真を写真集にしたらという話が出て…」http://www.arsvi.com/ts/20172363.htm」


 「「この映画〔『車椅子の眼』〕で山田富也はカメラに唾を吐きかける青年として現れる。それは鈴木一誌が柳沢の映画について語る講演では次のように語られる。…映画を評論する人はきっとこのように言うだろう…。…後の山田自身の怒りを聞いたうえでも」http://www.arsvi.com/ts/20172362.htm」


 「「疚しい人は、その敵意や沈黙を向けられることによってさらに疚しくなるだろう。この後、水原〔孝〕は山田〔富也〕から「ありのまま舎」(後述)設立にあたっての支援を依頼される。この流れの中にいると、この頼みは決して断れないものになる。」http://www.arsvi.com/ts/20172361.htm」


 「記録映画『ぼくのなかの夜と朝』(1971)の「監督の柳沢(1916〜99)が自分の映画について語った講演から。ここで小川は小川紳介。柳沢は尊敬する映画監督として亀井文夫、土本典昭そして小川を挙げている」http://www.arsvi.com/ts/20172360.htm 「高野岳志/以前」より」


 「「京都市終活冊子続」「「事前指示書」について私が書いたものは、と見たら『良い死』〔筑摩書房〕第1章「私の死」第2節「自分のために自分を決めているという説について」(pp.108)に書いてあった。ごく基本的なことは書いてあった」http://www.arsvi.com/ts/20172359.htm」




◆2017/05/03 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/859745567471157249
 「「高野岳志…は一九五七年六月六日、東京生まれ…。六四年、小学校入学の前日六歳で筋ジストロフィーと診断され、九歳のとき親元を離れ、千葉県の国立療養所志津病院に入院。八一年九月に病院を出る。亡くなるのは八四年十二月」引き続き情報求む→http://www.arsvi.com/ts/20172358.htm

◆2017/05/03 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/859743898230439936
 「京都市『終活』パンフの「説明は正しくない…どんな疾患や身体状況にもあてはまる説明ではない…胃ろう〔での〕楽しい晩酌も、胃ろうや人工呼吸器を「延命治療」と呼ぶことに反対する患者や遷延性意識障害家族の思いも、刑法の問題も書いてない」http://www.arsvi.com/d/et-2017.htm

◆2017/05/01 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/859182577340473344
 「筋ジストロフィー者高野岳志が国立療養所を出るにあたり(1981年)「素朴な疑問なんですが、この時点で高野は成人であったわけで、本人が退院したいときに保護者の判というものが必要なんでしょうか?」http://www.arsvi.com/ts/20172357.htm 実際のところ&法的なこととかご教示を」

◆2017/05/01 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/858942649532768256
 「1973年の『季刊福祉解体』創刊準備号、2010年にびわこ学園の職員の方が作られた聞き書き→「病者障害者運動史研究」の□新着(成果)に→http://www.arsvi.com/d/hsm.htm 前者、たして創刊号が出たのか?そういうこともわかりません。ご存知の方いらしたら教えてください。」

◆2017/05/01 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/858867051758104576
 「2017/4/27『京都新聞』「「終末期「事前指示書」回収を 京都、障害者団体が市に意見書」」「この記事(に出てくる発言)について批判の類もあるようだ。私としてはこれまで書いてきたものに加えるべきことはほとんど何もないが、依頼あれば…」http://www.arsvi.com/ts/20172356.htm

◆2017/05/01 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/858853150198976512
 「「高野岳志(1957〜1984)…山田富也(1952〜2010)、渡辺正直(1954〜2012)、石川正一(1955〜1978)、福嶋あき江(1958〜1989)…手許にある情報はわずか…お持ちの方、ください…知らせてください」http://www.arsvi.com/ts/20172355.htm

.◆2017/04/30 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/858497780431560706
 「京都市長寿すこやかセンター『終活――人生の終末期に向けての備え』に対する増田英明のコメントと日本自立生活センター→京都市長2017/04/27「終活リーフレットの配布中止を求める要望書」と新聞報道を掲載しました→http://www.arsvi.com/d/et-2017.htm 拡散歓迎」

◆2017/04/30 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/858451320507744256
 「『現代思想』2017月5月号。特集=障害者――思想と実践。続き:…/瀬山紀子/大野更紗/佐藤きみよ/上岡陽江/アサダワタル/渡邉琢/齋藤陽道/牧原依里 私は連載第133回「高野岳志/以前」。いつもより長くなりました。関連で情報求む→http://www.arsvi.com/ts/20172354.htm

◆2017/04/29 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/858277472952999944
 「入試説明会→http://www.r-gscefs.jp/?p=124  にはまだですが立岩一身上の都合で先端総合学術研究科「公共」領域は0526金(衣笠)美馬達哉、0604日(いばらき)立岩真也+岸政彦、0618日(衣笠)岸となるはず。連絡立岩まで→tae01303@nifty.ne.jp」

◆2017/04/29 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/858260773599969280
 「『現代思想』2017月5月号発売開始。特集=障害者――思想と実践。熊谷晋一郎/杉田俊介/八木下浩一/齋藤雅哉/山下浩志/猪瀬浩平/斎藤縣三/花田昌宣/坂川亜由未/坂川智恵/湯浅誠/荒井裕樹/米津知子/大橋由香子…一部人頁にリンク→http://www.arsvi.com/ts/20172354.htm



◆2017/04/27 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/857538358024609792
 「「晋精会」という――これもひどくわかりやすい名前の――精神科医による安倍の後援会が活動している…「安倍〔晋三〕首相から国民にきちんと理解してもらえるような政策を発信するよう要望された」ことになっており…日精協の山崎學会長は…」http://www.arsvi.com/ts/20172353.htm

◆2017/04/26 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/857062620280479747
 「「日本精神科病院協会(日精協)」会長の山崎學が…支援してきた安倍晋三…らの党が与党となり安倍が総理大臣他になったこと等を素直に寿ぐ…社会的需要に応える自らを世界一だと正当化し、「欧米かぶれ」他の批判者たちを罵倒する…」http://www.arsvi.com/ts/20172352.htm





入試説明会日程はそのうち→http://www.r-gscefs.jp/?p=124  ですが(立命館大学院大学院先端総合学術研究科・「公共」領域は)まず0526(金)(衣笠):美馬、0604(日)(いばらき):岸、0618(日):立岩。質問、立岩まで→tae01303@nifty.ne.jp▽
 岸政彦 @sociologbook 先端研楽しいよ。立岩真也、千葉雅也、小川さやかっていうメンバーと一緒に勉強できるのすごい楽しいぞ」


「このたびの精神保健福祉法改定の動きに「業界の力」はどのぐらい関わっているのだろう。知っている人がいたら教えてください。以下に出てくるように『精神病院体制の終わり――認知症の時代に』に書いたことの一つはその「業界の力」だった」http://www.arsvi.com/ts/20172351.htm


「有吉玲子『腎臓病と人工透析の現代史――「選択」を強いられる患者たち』〔生活書院〕に私〔立岩真也〕は「これは腎臓病何十万人のため、のみならず、必読書だと思う」という短文を書かせてもらっている」https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi/posts/1880731262193852 …

0件の返信 1件のリツイート 7 いいね
返信 リツイート 1
いいね 7 ツイートアクティビティを表示
立岩真也? @ShinyaTateiwa 4月26日
その他
「現在は、地域・在宅・福祉…はまったく否定されず、共生だとか様々よいことがいくらでも言われながら、その中で、既得のものを確保しようという努力がなされている。その分いささか複雑になっている。だからこそ、過去を辿る意味もあるということだ」http://www.arsvi.com/ts/20172350.htm
0件の返信 0件のリツイート 8 いいね
返信 リツイート
いいね 8 ツイートアクティビティを表示
立岩真也? @ShinyaTateiwa 4月24日
その他

「終活冊子 京で物議 延命治療諾否 事前選択促す 京都市、今月から配布 法律家 「弱者切り捨て」抗議へ」『京都新聞』2017-4-24朝刊。問題の京都市長寿すこやかセンター『終活――人生の終末期に向けての備え』も読めるようにしました→http://www.arsvi.com/d/et-2017.htm
0件の返信 11件のリツイート 9 いいね
返信 リツイート 11
いいね 9 ツイートアクティビティを表示
立岩真也? @ShinyaTateiwa 4月23日
その他
「まずいま起こっている「精神保健福祉法「改正」関連」の動きについては以下。…さて、文集?『精神』を昨年作って…このたび表紙ができて、そしてもう一つ「施設/脱施設/病院/脱病院…」を追加した。そのうち青土社刊の本の一部に組み込むが…」http://www.arsvi.com/ts/20172349.htm

0件の返信 14件のリツイート 14 いいね
返信 リツイート 14
いいね 14 ツイートアクティビティを表示
立岩真也? @ShinyaTateiwa 4月21日
その他
本日04/22名古屋で講演→http://www.arsvi.com/ts/20170422.htm  「道筋を何度も作ること」は『相模原障害者殺傷事件』第1部第3章の題。実際には第2章「障害者殺しと抵抗の系譜」に関わる話をしようかなと。各種様々物販します。主催は日本社会福祉学中部地域ブロック部会

0件の返信 7件のリツイート 8 いいね
返信 リツイート 7
いいね 8 ツイートアクティビティを表示
立岩真也? @ShinyaTateiwa 4月21日
その他
「障害学・社会モデルを唱える論者たちはインペアメントの契機を小さく位置づけるのではあるが…同時にそれは必須の契機でもある。そしてインペアメントがここに置かれることによって、「できないこと」について明示的に語ることをしなくてすむ」http://www.arsvi.com/ts/20172348.htm
0件の返信 0件のリツイート 14 いいね
返信 リツイート
いいね 14 ツイートアクティビティを表示
立岩真也? @ShinyaTateiwa 4月20日
その他



入試説明会日程→http://www.r-gscefs.jp/?p=124  にはまだですが、立岩一身上の都合で(先端総合学術研究科・「公共」領域は)0526金(衣笠)美馬達哉、0604日(いばらき)立岩真也+岸政彦、0618日(衣笠)岸政彦となるはず。質問、立岩まで→tae01303@nifty.ne.jp


「「晋精会」という――これもひどくわかりやすい名前の――精神科医による安倍の後援会が活動している…「安倍〔晋三〕首相から国民にきちんと理解してもらえるような政策を発信するよう要望された」ことになっており…日精協の山崎學会長は…」http://www.arsvi.com/ts/20172353.htm



入試説明会日程はそのうちここに→http://www.r-gscefs.jp/?p=124 ですが(立命館大学院大学院先端総合学術研究科・「公共」領域は)まず0526(金)(衣笠):美馬、0604(日)(いばらき):岸、0618(日):立岩。質問、立岩まで→tae01303@nifty.ne.jp


◆2017/04/26
「「日本精神科病院協会(日精協)」会長の山崎學が…支援してきた安倍晋三…らの党が与党となり安倍が総理大臣他になったこと等を素直に寿ぐ…社会的需要に応える自らを世界一だと正当化し、「欧米かぶれ」他の批判者たちを罵倒する…」http://www.arsvi.com/ts/20172352.htm

◆2017/04/26
「このたびの精神保健福祉法改定の動きに「業界の力」はどのぐらい関わっているのだろう。知っている人がいたら教えてください。以下に出てくるように『精神病院体制の終わり――認知症の時代に』に書いたことの一つはその「業界の力」だった」http://www.arsvi.com/ts/20172351.htm

◆2017/04/26
「有吉玲子『腎臓病と人工透析の現代史――「選択」を強いられる患者たち』〔生活書院〕に私〔立岩真也〕は「これは腎臓病何十万人のため、のみならず、必読書だと思う」という短文を書かせてもらっている」https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi/posts/1880731262193852


 ……

●◆2017/04/26 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/857035261883990016
 「「現在は、地域・在宅・福祉…はまったく否定されず、共生だとか様々よいことがいくらでも言われながら、その中で、既得のものを確保しようという努力がなされている。その分いささか複雑になっている。だからこそ、過去を辿る意味もあるということだ」http://www.arsvi.com/ts/20172350.htm

◆2017/04/24 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/856467947602063360
 「「終活冊子 京で物議 延命治療諾否 事前選択促す 京都市、今月から配布 法律家 「弱者切り捨て」抗議へ」『京都新聞』2017-4-24朝刊。問題の、京都市長寿すこやかセンター『終活――人生の終末期に向けての備え』も読めるようにしました→http://www.arsvi.com/d/et-2017.htm

●◆2017/04/23 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/856114585798979584
 「「まずいま起こっている「精神保健福祉法「改正」関連」の動きについては以下。…さて、文集?『精神』を昨年作って…このたび表紙ができて、そしてもう一つ「施設/脱施設/病院/脱病院…」を追加した。そのうち青土社刊の本の一部に組み込むが…」http://www.arsvi.com/ts/20172349.htm

◆2017/04/22 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/855562896650100737
 「本日04/22名古屋で講演→http://www.arsvi.com/ts/20170422.htm 「道筋を何度も作ること」は『相模原障害者殺傷事件』第1部第3章の題。実際には第2章「障害者殺しと抵抗の系譜」に関わる話をしようかなと。各種様々物販します。主催は日本社会福祉学中部地域ブロック部会」

◆2017/04/21 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/855382813419241472
 「「障害学・社会モデルを唱える論者たちはインペアメントの契機を小さく位置づけるのではあるが…同時にそれは必須の契機でもある。そしてインペアメントがここに置かれることによって、「できないこと」について明示的に語ることをしなくてすむ」http://www.arsvi.com/ts/20172348.htm

◆2017/04/21 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/855208051854385152
 「数年で1冊とか0冊とかというものもあるので、販促のために、資料集冊子…に表紙を作ってもらいました。http://www.arsvi.com/ts/sale.htm にも https://gumroad.com/shinya にも。例えば1994年、ヒューマンケア協会『ニード中心の社会政策』。けっこうまっとう。解説はまた。」

……

◆2017/04/20 
 「「身体に関わり、その中で障害に関わる契機の中で「社会モデル」がそのうちの何を問題にしているのか(していないのか)は簡単に確認しておく。それは「インペアメント」の軽視という批判をどのように解するのかということにもつながる。」→http://www.arsvi.com/ts/20172347.htm」

◆2017/04/19 
「障害の社会モデル(social model of disability)」という主張がある。私はその主張を基本的に支持する立場に立つ。だがその社会モデルとは何か。あるいはどのようなものと考えたらよいのか。…」『社会モデル』あります→http://www.arsvi.com/ts/20172346.htm

◆2017/04/19 
「文集『精神』ver.1.2本日リリース。…売り物です。さて以下は、松山善三1961「小児マヒと闘う人々」の最後の部分。松山…は「名もなく貧しく美しく」「典子は、今」といった映画で知られている。」&04/22(土)名古屋で話します→http://www.arsvi.com/ts/20172345.htm

◆2017/04/18 
「渡部昇一が死んだそうだ。生存学研究センターのMLに「 [mlst-ars-vive: 17482] 「神聖な義務」」。「…みょうにリツィートとかあるので、かな、と思ったら、そうでした。/没したようです。頁は北村(健)さん作です。立岩」と知らせた。」→http://www.arsvi.com/ts/20172344.htm

◆2017/04/17 
前便URL間違い御免→http://www.arsvi.com/ts/20172343.htm 松山善三「普通いわれる小児マヒは脊髄性小児マヒといい、患者は運動筋が弛緩してダラダラした感じになるが、CPは反対に硬直する。しかも、これがほとんど全身を襲うので肢体不自由児の中でも悲惨な例が多い」

◆2017/04/16 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/853582879917395968
「「小児マヒよりもっと恐ろしい病気がある。脳性小児マヒがそれである」…まで引用した松山善三1961「小児マヒと闘う人々」の冒頭の次の部分。小児マヒはポリオ。脳性小児マヒは脳性まひ(マヒ・麻痺)、CP」『与えられる生死:1960年代』http://www.arsvi.com/ts/20172342.htm

◆2017/04/15 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/853187807262547968
 「忘れたほうがよいこと…知らなくてもよいこともたくさんある。ただ、社会福祉(学)を教えたりする側にいる人はいちおうのことを知っていた方がよくて、知っているなかから、教えることを、自分が習ったのとはすこし違うようにした方がよいなどと…」http://www.arsvi.com/ts/20172342.htm」


 「「七〇年はたしかに大切な年であり、私もそのことを幾度か書いてきた…。ただそれを、それ以後のことを捉え考えるためにも、その数年前のできごとを、誰がどのような語り口で何を語ったのかを知る意味がある」『与えられる生死:1960年代』http://www.arsvi.com/ts/20172341.htm」


 「04/22(土)日本社会福祉学中部地域ブロック部会主催2017年度春季研究例会研究例会 「相模原障害者 殺傷事件から問い直す『社会』と福祉」で講演。於名古屋。「道筋を何度も作ること」。たぶん歴史の話をする。関連した本・冊子がいくつか→http://www.arsvi.com/ts/20172340.htm」



 「『生の技法――家と施設を出て暮らす障害者の社会学 第3版』(安積純子・尾中文哉・岡原正幸・立岩真也)。新学期始まりましたが、授業とか演習とかでもどうぞ。数年前は一橋大学の学部で使ってもらいました。文庫本にして安くなってますし→http://www.arsvi.com/ts/2012b3.htm」


 「『税を直す』(立岩真也・村上慎司・橋口昌治、青土社)はじつはだいぶよい本だと思います→http://www.arsvi.com/ts/2009b2.htm cf.2010年の『朝日新聞』掲載原稿〜いくらか変わろうとした事態はその時は変わらなかったのだが→http://www.arsvi.com/ts/20100013.htm」


お世話になりました。『ベーシックインカム――分配する最小国家の可能性』(立岩真也・齊藤拓、青土社)→http://www.arsvi.com/ts/20172338.htm & http://www.arsvi.com/ts/20172339.htm こういう主題については面倒でも論点を一つずつつぶしていかないとなりません。

◆2017/04/06
 「『ベーシックインカム』「副題の「分配する最小国家」という語は私が以前に使った語だが、斎藤は…「最大限に分配する最小国家」がよいと言う。ただその点についても私にそう異論はなく、そんな姿勢があまりBIの主張にないのはいやだと思っている」→http://www.arsvi.com/ts/20172339.htm」

◆2017/04/06
ベーシックインカム:「一人月5万だか8万だかを出して…終わりというような手切れ金のようなものであるなら…財源として税率一定の所得税(フラット税)あるいは消費税を使うというのであれば…また今ある制度をよりましにする方がましである」→http://www.arsvi.com/ts/20172338.htm

◆2017/04/06
明後日04/08午後、吹田市スタジオシチズンで「ベーシックインカムと人間の生存」(貰った題)。話すこと考えます。聞かれれば応えられること応えます。立岩真也・齊藤拓『ベーシックインカム――分配する最小国家の可能性』等々割引販売します→http://www.arsvi.com/ts/20170408.htm


「地域移行に取り組みはじめ約2年… 3月29日に、介護保障獲得を支援する弁護団と、昨年の秋に地元で立ち上がったチーム…のメンバーが金沢市役所に出向き介護支給量申請をしている頃、私は入院先で…」古込和宏「伴走者とともに」→http://www.arsvi.com/2010/20170401fk.htm


『相模原障害者殺傷事件――優生思想とヘイトクライム』(立岩真也・杉田俊介、青土社)についての『図書新聞』『東京新聞』に掲載されたもの以外の書評・紹介→http://www.arsvi.com/ts/2017b1.htm 『現代思想』1月号に掲載された「補遺」も読んでもらえます。


本日4/1ETV「こんなはずじゃなかった ~在宅医療 ベッドからの問いかけ~」午後11時→早川一光・立岩真也・西沢いづみ『わらじ医者の来た道――民主的医療現代史』「あとがき」http://www.arsvi.com/ts/20172337.htm 早川先生→http://www.arsvi.com/w/hk10.htm



◆2017/03/30 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/847756295146840065
 「「代わりに死の対象・主体になったのは、できない人、異なる人であったし、それを受け止めて批判したのも、そのことを自らのことして受け止めた人たちだった。脳性まひの人たちはうまく動かない人であるだけでなく、異形の人だった★06。」http://www.arsvi.com/ts/20172336.htm」

◆2017/03/30 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/847431371244961793
 「生きている限り、生きることとともに付き纏われる記憶を消去したいという場合があり、それで実際、極限の記憶から逃れられずまたときには逃れてはならないと思って、自死した人はいる。しかしそんな人たちの生死について言えることはほとんどない…」http://www.arsvi.com/ts/20172336.htm

◆2017/03/29 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/847030276207230976
 「立岩真也『青い芝・横塚晃一・横田弘:1970年へ/から』ver1.3本日刊行700円。2002年の横田弘との対談も収録。これが掲載された本はアマゾン古本で16351円!。追加1「自らを否定するものには怒りを――横田弘らが訴えたこと」→http://www.arsvi.com/ts/2016b1.htm」

◆2017/03/29 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/847009040332816384
 「「62年の4月30日…の『しののめ』、特集は「安楽死をめぐって」で、その全文を…この資料集に入れました。…障害者、殺される側の人たちが、この主題について活字という媒体で議論する…これは世界で初めてだったかもしれない」(鼎談で)→http://www.arsvi.com/ts/2015b1.htm」


◆2017/03/29 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/846966554642317313
 「立岩真也編2015『与えられる生死:1960年代――『しののめ』安楽死特集/あざらしっ子/重度心身障害児/「拝啓池田総理大学殿」他』Ver1.5本日発売→http://www.arsvi.com/ts/sale.htm Gumroad経由販売一覧→https://gumroad.com/shinya」

◆2017/03/28 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/846700820330532865
 「「語られ書かれることの多くは使えないと思うし、諸党派の主張の差異等に私はまったく関心がない。しかし「体制」の問題として施設を、政策を捉えることは、基本的にはまちがっていないと考えている。ただそれはそう単純に言えないことであり…」→http://www.arsvi.com/ts/20172335.htm」

◆2017/03/27 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/846308736587083778
 「全国精神障害者地域生活支援協議会20170317「精神保健福祉法改正の検討経過ならびに法改正に関する見解」/日本精神神経学会20170318「精神保健福祉法改正に関する学会見解」いずれも全文掲載→「精神障害/精神医療:2017」http://www.arsvi.com/d/m2017.htm」

◆2017/03/26 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/845931050282901504
 「社会開発懇談会が一九六五年に「中間報告」…。その報告を受けて七一年に知的障害児の施設「国立のぞみの園」が開設される。重心、筋ジストロフィー、国立療養所を巡る動きと時期が重なっているだけではない。この時期の動きに関わっている人が…」http://www.arsvi.com/ts/20172334.htm

◆2017/03/26 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/845920818857074688
 「「七〇年代…障害者運動に新左翼運動が関わってきた…前者は、後者の影響力を弱めようとしてきたが、それでも諸党派が関わった…関わったがそこから離れようとした」cf.『身体の現代・記録(準)――試作版:被差別統一戦線〜被差別共闘/楠敏雄』http://www.arsvi.com/ts/20172333.htm」

◆2017/03/25 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/845500610350845952
 「「本屋さんは休みのようですが本日「消えた「社会的入院」問題――「重度かつ慢性」基準化で始まる新たな長期入院」始まりました→http://www.arsvi.com/ts/20170325.htm 『相模原障害者殺傷事件』第1部第1章「精神医療のほうに行かない」→http://www.arsvi.com/ts/2017b1.htm」
 ▽Junktion+瞎驢庵? @InfoJunktion 3月23日
  本日も皆様のお越しを切にお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。
 なお、明日24日(金)、明後日25日(土)は臨時休業の予定です。
 【今日の一冊】立岩真也+杉田俊介『相模原障害者殺傷事件――優生思想とヘイトクライム』(青土社、2017年1月刊)」

◆2017/03/23 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/844807257665646592
 「「3月24日、金沢で…「障害ある人に/と地域社会に/と大学は何ができるか」…医王病院で暮らしてきた古込さんがこのたびそこを出て暮らすことになって…古込さんからその集まりのための文章をもらって当日、みなさんにお配りすることにした」→http://www.arsvi.com/ts/20172332.htm」

◆2017/03/20 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/843802125570252800
 「日本精神保健福祉協会03/06「『精神保健及び障害者福祉に関する法律の一部を改正する法律案』に対する見解」◇全国「精神病」者集団02/28「精神保健福祉法改正案に関する緊急声明」◇02/28精神保健福祉法改定案全文→http://www.arsvi.com/d/m2017.htm 拡散歓迎」

◆2017/03/20 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/843795003541401600
 「「許していいのか?精神保健福祉法改悪」〜賛同者を募っています◇03/24「こんどの精神保健福祉法[改正]案は絶対におかしい!!」3.24緊急院内集会◇大阪精神医療人権センター03/17「精神保健福祉法『改正』に反対する意見書」→http://www.arsvi.com/d/m2017.htm」

◆2017/03/20 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/843790709350055936
 「3月25日(土)「消えた「社会的入院」問題――「重度かつ慢性」基準化で始まる新たな長期入院」立命館大学朱雀キャンパス→私も出るはず→http://www.arsvi.com/ts/20170325.htm まずは「「重度かつ慢性」基準化/治療抵抗性」ご覧を→http://www.arsvi.com/d/m2017p1.htm」

◆2017/03/19 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/843436630111277056
 「「八二年に島田療育園から出ようという人がい…た。…家族は捜索願いを出し連れ戻される。「家出」を支援した職員は懲戒解雇処分になる。それに抗議した職員は訴訟を起こすが、その公判で施設側は斉藤に「意思能力」「同意能力」がないことを主張した」http://www.arsvi.com/o/shimada.htm」

◆2017/03/18 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/842951043268788226
 「「岩橋誠治さんより…「この〔島田療育園からの脱走を支援した〕職員を様々な人が支え、「多摩市共に生きる会」があって、そこから今の多摩の様々な取り組みへと発展していくのでした。 」というコメントをいただきました。」→http://www.arsvi.com/ts/20172330.htm 」

◆2017/03/18 
 「荒井裕樹『差別されてる自覚はあるか』の紹介→http://www.arsvi.com/ts/20170012.htm  立岩真也・杉田俊介『相模原障害者殺傷事件』http://www.arsvi.com/ts/2017b1.htm  『週刊新潮』『週刊朝日』『毎日新聞』での紹介掲載、『図書新聞』のはなし〜お買い求めを。
 ▽Yuu_kiyohara @Yuu_kiyo
 青い芝の会と横田弘さんの障害者運動を研究している荒井裕樹さんのインタビュー、立岩真也・杉田俊介著『相模原障害者殺傷事件』の書評、日野行介・尾松亮著『フクシマ6年後 消されゆく被害』の書評など。 pic.twitter.com/2uyd4qVaeB

◆2017/03/16 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/842356864541061120
 「「命が惜しければ、医療はいらないとまで言う人は少ない。むしろ減らされている中でその確保を求めている。ただ他方で、病院・施設が身体の健康・安全を理由にして種々を制約し、そのなかに不要と思われることがあって、やはりそれを…」→http://www.arsvi.com/ts/20172329.htm」

◆2017/03/16 
 「この本の紹介の全文(と掲載に至る幾つかの版)→http://www.arsvi.com/ts/20170012.htm 横田弘・立岩真也・臼井正樹『われらは愛と正義を否定する――脳性マヒ者 横田弘と「青い芝」』(生活書院)もよろしく→http://www.arsvi.com/ts/2017b1.htm」

◆2017/03/16 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/842335069217869825
 「「引き継がれた施設は〔国立〕療養所、医療施設だった。それには筋ジストロフィー児や「重心」の児童が病弱な人たちで医療が必要であるからということはたしかに語られるし、それはそれとして当たってはいたのだろう。ただ、それだけのことではない。」→http://www.arsvi.com/ts/20172328.htm」








「国立療養所にずっと長くいる人たちがたくさんいて、ずっとそこにいたいわけでない人たちがたくさんいること。差別解消とか言って差別事例とかを探しにいくというその手前で、こういう現実がずっと続いていること。しかしどうにもならないわけではないこと」
http://www.arsvi.com/ts/20172327.htm


読んでいただけるとのことありがとうございます。『相模原障害者殺傷事件』(立岩真也・杉田俊介、青土社)関連情報→http://www.arsvi.com/ts/2017b1.htm 「『相模原障害者殺傷事件』補遺」全文→http://www.arsvi.com/ts/20170129.htm

◆2017/03/13
児玉真美/渡邊十絲子『週刊新潮』/『毎日新聞』/つるたまさひで/若林良『週刊朝日』の立岩真也・杉田俊介『相模原障害者殺傷事件』書評・紹介:http://www.arsvi.com/ts/2017b1.htm#a からリンク。この本巡業先でも販売してます→http://www.arsvi.com/ts/0.htm

◆2017/03/13
関係者が関係あって病院のMSW、施設の相談員とときどき会うことあり。「重度訪問」のことまずご存知ない。どこでも話に行きます。『生の技法』とHP見てください。本日豊中で講演・シンボジウム「みんなで語ろう 相模原事件から見た命」→http://www.arsvi.com/ts/20170312.htm

「脱施設はまったく当たり前の言葉になり、その時には『アサイラム』等が引かれる。それはそれでよいのだが…実際あった施設化と脱施設化を巡る言説と実践とについてはさほどのことは語られていない」ゴフマンのその本『精神病院時代の終わり』で紹介→http://www.arsvi.com/ts/20172326.htm

相模原障害者殺傷事件

『週刊朝日』2017年3月17日号掲載の、「読後感は重いが、目を背けてはならない一冊だ」と終わる、『相模原障害者殺傷事件――優生思想とヘイトクライム』(立岩真也・杉田俊介、青土社)書評紹介してもらっていました→http://www.arsvi.com/ts/2017b1.htm#a 

「匿名の人から…「歴史に残る北全病院の病院長比田勝孝昭は未だ存命。精神科医として千葉県芝山町の[…]病院にて現役」とあり、住所も記されてあった。北全病院ロボトミー訴訟(札幌ロボトミー事件)については『造反有理』。」」→http://www.arsvi.com/ts/20172326.htm

『生存権――いまを生きるあなたに』(同成社)まだ新本購入できます→立岩真也「「目指すは最低限度」じゃないでしょう?」/尾藤廣喜「じゃ、社会っていうのはなんのためにあるのか」/尾藤廣喜「弱者に冷酷な世の中(それは自分に返ってくる)」→http://www.arsvi.com/b2000/0903ts.htm


。はい。『税をなおす』(立岩真也・村上慎司・橋口昌治)読んでいただければと→http://www.arsvi.com/ts/2009b2.htm

◆2017/03/07 
03/12(日)「みんなで語ろう 相模原事件から見た命」於:豊中市蛍池公民館(阪急・モノレール蛍池池隣接ビル4階)主催:CIL豊中→http://www.arsvi.com/ts/20170312.htm 1時間ほど話させていただきます。

◆2017/03/07 
ありがとうございます。立岩真也・杉田俊介『相模原障害者殺傷事件』書評・紹介:http://www.arsvi.com/ts/2017b1.htm#a からリンクさせてもらいました。質問への返答は別便で。/第1部第2章→島田療育園からの脱走事件→https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi

◆2017/03/05 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/838165722471645185
「八二年に島田療育園から出ようという人がいて、それが阻まれることがあった。一月一六日に斉藤秀子(当時三二歳、脳性まひ)が施設を出る。家族は捜索願いを出し連れ戻される。「家出」を支援した職員は懲戒解雇処分になる。それに抗議した職員は」→http://www.arsvi.com/ts/20172324.htm

◆2017/03/04 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/837990895798513664
 「「『相模原障害者殺傷事件』補遺」全文→「学者は後衛であり、学者の仕事は落ち穂拾いであると思っているところがある…今年提出した書類「病者障害者運動史研究――生の現在までを辿り未来を構想する」…書類は…HPでご覧になれる」→http://www.arsvi.com/ts/20170129.htm
 ▽【相模原障害者殺傷事件 ―優生思想とヘイトクライム―/立岩真也 他】を読みたい本に追加 →http://bookmeter.com/b/4791769651 #bookmete」

◆2017/03/04 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/837964772410679298
 「「府中療育センター闘争「後に(九九年)東京都知事であった石原慎太郎がそこを訪問した時に「この人たちに人格はあるのか」と言ったことが一部で記憶されているその施設で、処遇の改善等を求め、都庁前にテントを張っての闘争が行なわれた」→http://www.arsvi.com/ts/20172323.htm」

◆2017/03/04 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/837848620846067712
 「本日13時半〜松本文六「医療制度「改革」と、いのちの切り捨て」於亀戸→http://www.arsvi.com/w/mb01.htm  講演概要「安倍政権は…2016年度より3年間に亘って、社会保障費を毎年5000億円圧縮するという途方もない政治を始めています。…これらに対して私たちは」

◆2017/03/02 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/837265849870245888
 「古込和宏「病院からの発信」等よく読まれています。本日新しい文章を掲載→http://www.arsvi.com/w/fk03.htm 国立療養所と筋ジストロフィーのことは『現代思想』での連載でも。最新は「施設/脱施設/病院/脱病院」→http://www.arsvi.com/ts/20170131.htm」

◆2017/03/02 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/837240359063183360
 「特集:社会学の未来。『現代思想』3月号。大澤真幸/岸政彦/桜井厚/西倉実季/天田城介/倉石一郎/中村和生/石岡丈昇/吉川徹/浅野智彦/筒井淳也/太郎丸博/岩崎学/北田暁大/小松丈晃/出口剛司→http://www.arsvi.com/ts/20172322.htm 同じもの:https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi/posts/1853555024911476」

◆2017/03/02 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/837199846255665152
 「『現代思想』3月号の特集は「社会学の未来」…私の連載は第131回。「施設/脱施設/病院/脱病院――生の現代のために・19」。これを分載していくが、長くかかる。『現代思想』買ってください…」http://www.arsvi.com/ts/20172322.htm  3月号目次も掲載。リンクはまだのものあり。」

◆2017/03/02 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/836192948807057408
 「「『相模原障害者殺傷事件』補遺」全文掲載。「近頃は「社会防衛」とは言わない。「支援」と言う。それは人を欺く言葉であり、そしてたぶん報告書を書いた当人たちはそのことに自覚的でない。このことは記事に書いた。けれど」→http://www.arsvi.com/ts/20170129.htm▽
pp8140 @pay0418 『相模原障害者殺傷事件』(立岩真也・杉田俊介)をようやく読み終わる。スッキリとしたわかりやすさを拒否する、回り道の多い文章に、立岩さんの思いが滲んでいるように思う。杉田さんの対談中の発言や文章には、僕自身が探していたけど見つけられなかった言葉や思いを発見できた。いい本だ。」


本日14時〜立命館大学大阪茨木キャンパスB棟3階「津久井やまゆり園事件を考える2・26大阪集会」講演:原昌平(新聞記者/精神保健福祉士) 基調:小泉浩子(日本自立生活センター)・西定春(社会福祉法人すばる福祉会)。おいでください本も安売り→http://www.arsvi.com/ts/20170226.htm


「府中療育センター闘争(に関わった人)に関わる本としては三井絹子『抵抗の証 私は人形じゃない』新田勲『足文字は叫ぶ!』『愛雪』深田耕一郎『福祉と贈与』…『愛雪』は生前の新田勲さんからたくさん預かったものを委託販売している…発送します」→http://www.arsvi.com/ts/20172320.htm


――全身性障害者・新田勲と介護者たち』
http://www.arsvi.com/b2010/1310fk.htm
これらも上記のリストに載っている。また


本日14時〜「中国における障害者の権利:最新動向と将来展望」立命館大学朱雀キャンパス 3階307教室 通訳あり〜お金かかってます〜いらしてくださいまし。生存をめぐる制度・政策 連続セミナー「障害/社会」第10回。→http://www.arsvi.com/ts/20170225.htm


「難病看護(学)の中心人物であってきた川村佐和子へのインタビューが川口[2014]に収録されている。そうした動き、動きの輝かしさを象徴するのが「朝日訴訟」であったりする。『患者運動』の著者でもある長宏もその運動の中心人物の一人であり」http://www.arsvi.com/ts/20172319.htm


生存学研究センター・アーカイブ→「人文社会系の「センター」がある物理的な空間を有することの大きな、唯一と言ってよいかしれない機能はそこにあると思う。…/文部省の科学研究費のような外部資金がとれている何年かの間だけというのでは意味がない。」→http://www.arsvi.com/ts/20170001.htm



やめないこと、続けることに決定的な意義がある。それは、簡単になくならないはずの恒常的な組織、そして「学術」をもって社会に貢献する組織、そしてなにがしかの金をその貢献に投ずることのできる組織としての大学ができる事業だと考える。


「津久井やまゆり園事件を考える2・26大阪集会」於:立命館大学いばらきキャンパス。次の日曜。お待ちしとります。講演:原昌平(新聞記者/精神保健福祉士) 基調:小泉浩子(日本自立生活センター)・西定春(社会福祉法人すばる福祉会)→http://www.arsvi.com/ts/20170226.htm


皆が悲しいことを知っているというのも悲しいことでよくないと思うが、それでも、いくらかのことをいくらかの割合の人たちが知ってよいと思って、『相模原障害者殺傷事件』第1部第2章「障害者殺しと抵抗の系譜」→http://www.arsvi.com/ts/2017b1.htm


高野岳志→http://www.arsvi.com/w/tt25.htm 1984年に逝去された筋ジストロフィーの人。1981年に千葉市に宮崎障害者生活センター設立。病者障害者運動史研究現代思想連載〜情報収集→http://www.arsvi.com/d/hsm.htm 御教示戴ければ感謝。他にもたくさんの人

◆2017/02/20 
「健康被害について…運動が起こる。…被害者・原告側の間に分裂があった。…そんなことがなぜ起こるか、基本的にどう考えるべきかについては『自閉症連続体の時代』の補章「争いと償いについて」に述べたが、それはそれとして、まず、その差異…」→https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi/posts/1849440561989589

◆2017/02/20 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/833531363600986112
「争いについて考えるためには、争いが起こる前のことを知るべきだ。薬害エイズに関する書籍もたいへんたくさん出ているが、北村[2014]〔北村健太郎『日本の血友病者の歴史――他者歓待・社会参加・抗議運動』〕の意義はそんなところにもある」→http://www.arsvi.com/ts/20172317.htm

◆2017/02/17 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/832560415490011136
「インクルーシブ教育 全ての子、普通学級で学ぶ意義 あす豊中でシンポ」『毎日新聞』「障害のあるなしで学ぶ場を分けるのではなく、すべての子が地域の普通学級で学ぶ意義について話し合う…毎日新聞社、豊中市教職員組合主催)が18日午後1時半」http://www.arsvi.com/ts/20170218.htm#m

◆2017/02/17 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/832550966524211200
「「病者障害者運動史研究」がいくらか複雑なものの組み合わせを見て行く必要があること…でないといろいろと見誤ることになる。…『相模原障害者殺傷事件』で…杉田はB親たちの運動(他)とその後それを批判して現れたものを並べている。それは…」→http://www.arsvi.com/ts/20172316.htm

◆2017/02/16 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/832208723426758657
「〔『相模原障害者殺傷事件』に〕読んでくださいと書いたのは、『ハフィントン・ポスト』…に載った[2016/11/25]。長谷川豊…が「自己責任」の腎臓病患者は人工透析を受けず死ぬべきだといった…インタビュー…は…杉田との対談の前 」http://www.arsvi.com/ts/20160039.htm
 ▽ハフィントンポスト日本版認証済みアカウント?@HuffPostJapan
 【もう一度読んで欲しい】#長谷川豊 アナ「殺せ」ブログと相模原事件、社会は暴論にどう対処すべきか? #立岩真也」

◆2017/02/16 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/832197269709430784
 「「日患同盟機関紙と朝日訴訟関係…日本患者同盟関係資料集成」…在庫無しとなっているもの…が…各300万円、セットで1200万円…柏書房の営業の方が営業に来てくださったが、ここのセンターは」http://www.arsvi.com/ts/20172315.htm/http://www.arsvi.com/d/hsm.htm」

◆2017/02/16 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/832150826109972480
 「「患者の運動と障害者運動の「ある部分」とはなんとなく分かれている。そのある部分については、『生の技法』にそれまでにあったもののあらかたを…あげた。その第3版…で2012年までに出た文献を加えた…その後に出た書籍をリスト◇に書き出した」http://www.arsvi.com/ts/20172314.htm」

◆2017/02/16 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/832112911099179008
 「「全文掲載・〜1970's」→http://www.arsvi.com/a/d1970.htm  こういう地味地味した仕事が大切だと思ってやっているのです。協力歓迎です。cf.「病者障害者運動史研究」→http://www.arsvi.com/d/hsm.htm  もと資料も収集中(古い市販本等含め)寄贈歓迎です。」

◆2017/02/15 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/831662871704592386
 「今週末02/18(土)インクルーシブ教育を考えるシンポジウム,於:豊中市立大池小学校。主催:毎日新聞社、大阪府豊中市教職員組合。講師パネリスト:立岩真也/鍛治克哉/花原さおり/阪本珠生/遠藤哲也、プロフィール掲載。物販します拡散歓迎→http://www.arsvi.com/ts/20170218.htm」

◆2017/02/14 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/831483518249099264
 「難病(者)本3:多発性硬化症/ハンチントン病/フォン・ヒッペル・リンドウ病/ミトコンドリア病/ムコ多糖症/もやもや病/溶血性貧血→http://www.arsvi.com/ts/20172308.htm (高くない)本を集めています→「病者障害者運動史研究」→http://www.arsvi.com/d/hsm.htm」

◆2017/02/14 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/831480636657381376
 「02/25(土)連続セミナー「障害/社会」第10回「中国における障害者の権利:最新動向と将来展望」於京都、14時〜。私司会。2015年中国で話した話はPA (Personal Assistance) 英語版&日本語版 おいでください→http://www.arsvi.com/ts/20170225.htm」

◆2017/02/14 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/831441700950151169
 「「以下に出てくる渡部沙織(大野更紗)…は、『生の技法』の文庫版(第3版)の解説も書いてくれている。この第3版、文献紹介含めけっこう書き足されている。値段も安くなっていますし、お買い求めください」『現代思想』2月号掲載連載紹介第13回→http://www.arsvi.com/ts/20172313.htm」

◆2017/02/13 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/831104698107039744
 「「一九八〇年代の初めに国立療養所を出て「自立生活」を始めた〔筋ジストロフィーの〕人の書きものがある。しかしそれを始めた人たちは亡くなってしまう。私はそれらを八〇年代の終わりに知っ…たが…以来そのような動きについて書かれたものはない」http://www.arsvi.com/ts/20172312.htm」

◆2017/02/13 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/830921750082834432
 「難病(者)本:重症筋無力症(MG)/神経線維腫症/スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)/成人スティル病/脊髄性筋萎縮症(SMA)〜ウエルドニッヒ・ホフマン病/脊髄小脳変性症/線維筋痛症/全身性エリテマトーデス(続く)→http://www.arsvi.com/ts/20172308.htm」

◆2017/02/12 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/830625863326584834
 「『われらは愛と正義を否定する――脳性マヒ者 横田弘と「青い芝」』→http://www.arsvi.com/b2010/1603yh.htm … ご覧ください&『青い芝・横塚晃一・横田弘:1970年へ/から』(立岩真也、2016)→http://www.arsvi.com/ts/2016b1.htm  荒井裕樹さん新刊は別途紹介。
 ▽障害者ニュース速報 @syougai_news
【障害者書籍ベストセラー】 #9: われらは愛と正義を否定する――脳性マヒ者 横田弘と「青い芝」: われらは愛と正義を否定する――脳性マヒ者 横田弘と「青い芝」 横田弘 (著), 立岩真也… http://dlvr.it/NLg10s #障害者書籍 #障がい者書籍 #障害本」

◆2017/02/12 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/830558866735722496
 「難病(者)本:アーノルド・キアリ奇形/アミロイドーシス・骨髄腫/遠位型ミオパチー/ギラン・バレー症候群/クローン病/骨形成不全症/再発性多発軟骨炎/サルコイドーシス/シェーグレン症候群/視神経脊髄炎/シャイドレーガー症候群(続く)→http://www.arsvi.com/ts/20172308.htm」




◆2017/02/11 
 「生活の仕方の多様性を認めるべきだということもある。自制や反省を求めるために制裁を課す、社会は負担しないという場面は狭く限定した方がいいんです。好きなものを飲み食いしてもたまたま健康でいられたら、その人はなんのおとがめもない…。他方」http://www.arsvi.com/ts/20160039.htm」
 ▽KURIKURI @_KURIKURI_
 「…誰にもどんな人であろうと生きる、殺されない、ちゃんと暮らせるようにすればよいし、それはまったく可能です。『足りない』という危機感が過剰に煽られるから、『悪いところのない僕たちに、しわ寄せがきて大変』という言論になる」(立岩真也) http://www.arsvi.com/ts/20160039.htm」






「薄命であること、悲しいことについての社会的需要は常に一定ある…『1リットルの涙――難病と闘い続ける少女亜也の日記』…『瞳に涙が光っていたら――クリーゼとたたかう青春の詩』…『母さんより早く死にたい――愛の詩』(1976)…『父ちゃんのポーが聞こえる――則子・その愛と死』(松本則子[1971])。

◆2017/02/08
「『自閉症連続体の時代』…では一九八八年から二〇一四年までに出た九五冊を一覧にした。その前、『ALS』…本のたいがいを…あげた。それにあげなかったものを調べたら…計三四冊」(連載130「生の現代のために・18:資料について」)→http://www.arsvi.com/ts/20172310.htm


◆2017/02/08
『われらは愛と正義を否定する』→http://www.arsvi.com/b2010/1603yh.htm 臼井正樹・荒井裕樹さんとの鼎談を近く掲載予定。関連して『青い芝・横塚晃一・横田弘:1970年へ/から』→http://www.arsvi.com/ts/2016b1.htm 買えなくなっている本にある横田さんとの対談も収録


http://www.arsvi.com/ts/20100119.htm
「筋ジストロフィーについて…リストには八七冊…『たとえぼくに明日はなくとも――車椅子の上の一七才の青春』(石川正一[1973])、『隣り合せの悲しみ――死を見つめながら生きる筋ジストロフィー症者の青春記』(山田富也[1975])…」→http://www.arsvi.com/ts/20172311.htm


◆2017/02/08
「反論はまずはごく簡単に可能だが、もう少し行くと実はすこし複雑なことを言わねばならない…。…相手方〔長谷川豊〕がいくらか「高級」なことを言っているということではまったくない。ただ…「返し」にはいくらか頭を使わねばならない…」→http://www.arsvi.com/ts/20160039.htm

◆2017/02/07
「長谷川豊…が「自己責任」の腎臓病患者は人工透析を受けず死ぬべきだといったことを何回も書いた。…記者のインタビューを受けた。それは、十一月八日、杉田〔俊介〕との対談の前…に行なわれた。…かなりの時間をかけて手をいれたものを送った」→http://www.arsvi.com/ts/20160039.htm

◆2017/02/07
http://www.arsvi.com/ts/sale.htm→当方「電子書籍」一覧。ご覧いだければ。『毎日新聞』02/05での紹介、渡邊十絲子02/02書評『週刊新潮』掲載。立岩真也・杉田俊介『相模原障害者殺傷事件――優生思想とヘイトクライム』→http://www.arsvi.com/ts/2017b1.htm#a

◆2017/02/07
「優れた著作に『こんな夜更けにバナナかよ――筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』(渡辺一史[2003])があるが、その本に出てくる鹿野も、周囲の人たちが亡くなっていく病院での経験を語っていた。そして…伊藤佳世子の書いたものがある。」→http://www.arsvi.com/ts/20172311.htm


◆2017/02/07
「数を並べていくといくらか傾向のようなものが見えることもあり…変化が追えることがある。私はそんなことを幾度かやってみた。『自閉症連続体の時代』…では一九八八年から二〇一四年までに出た九五冊を一覧にした。その前、『ALS』に」→http://www.arsvi.com/ts/20172310.htm

◆2017/02/07 
前便URL間違い御免→http://www.arsvi.com/ts/20172308.htm/「『まぁ空気でも吸って』(海老原宏美・けえ子)…海老原宏美が出てくる映画は『風は生きよという』…『現代思想』2017年2月号…連載に対応する文献表」(分載第9回)→http://www.arsvi.com/ts/20172309.htm

◆2017/02/07 
「それはこの国では「闘病記」と呼ばれる領域を作っている。…行政語としての難病、そしてそこからいくらか広げ、行政範疇としての難病に入ることが望まれているもの等、本のリスト◇を作った(スモン、ALS、筋ジストロフィー以外で六五冊)」→http://www.arsvi.com/ts/20172307.htm


◆2017/02/07 
「病とされるものも障害ともされるものもケアの対象になるから、とくにその日本的な展開においてそれは障害学の対象ともなる。そして、病だから…むしろ障害がきついといった事情が入ってきて、より面倒な部分も含むものがある。私の周囲にも…」→http://www.arsvi.com/ts/20172307.htm

◆2017/02/06 
立岩真也02/18(土)「ともに地域で生きること、学校で学ぶこと――相模原事件と命の重み」於豊中市→http://www.arsvi.com/ts/20170218.htm 関連する講演に韓国・テグ大学での「ただ進めるべきこと/ためらいながら進むべきこと」→http://www.arsvi.com/ts/20100119.htm


◆2017/02/06 
「『小児がん病棟の子どもたち』(田代順[2003])といった価値ある本はある。ただ多くの場合には書くことがない。書きようがない。生死の間は「死生学」の対象になったりはするが、その学自体がすぐに反復し共感しあう世界になる。」→http://www.arsvi.com/ts/20172306.htm

◆2017/02/05 
『毎日新聞』02/05朝刊、今週の本棚・新刊、渡邊十絲子02/02書評『週刊新潮』全文掲載。立岩真也・杉田俊介『相模原障害者殺傷事件――優生思想とヘイトクライム』(青土社)→http://www.arsvi.com/ts/2017b1.htm#a 「苦労しても、読む価値のある本です」(渡邊)

◆2017/01/31 
「争いがあるから書かれることもあるのだが、あるために書かれないこともある。…例えば『造反有理』。精神医療業界・学界における造反について、争いに破れたり疲れたり、とんでもないと思った人たちは書かない。また…『生の技法』も…」→http://www.arsvi.com/ts/20172304.htm

◆2017/01/30 
この部分含む『相模原障害者殺傷事件』(立岩真也・杉田俊介、青土社)「はじめに」全文掲載。続きは「面倒な話をすると言われる私は、いつも謝ってまわっているのだが、このたびはすこし居直ろうと思った。…」→http://www.arsvi.com/ts/2017b1.htm#p


◆2017/01/30 
日本社会福祉学中部地域ブロック部会主催2017年度春季研究例会「相模原障害者 殺傷事件から問い直す『社会』と福祉」,於:名古屋 講演:立岩真也、パネル:木全和巳氏・森口弘美氏・辻直哉氏、コーディネーター:河口尚子氏 チラシ届いたので→http://www.arsvi.com/ts/20170422.htm


「スモン関連書籍・22冊、『ALS』の後に出た本、『ALS』の文献表に出てこない本:前者28冊、後者が4冊、計32冊、筋ジストロフィー:62冊(ありのまま舎関係別掲)、以上以外の「難病」関連:65冊、「難病看護」関連等のリスト」→http://www.arsvi.com/ts/20172303.htm


◆2017/01/27
 「そよ風が残したもの――障害者殺傷事件の波紋」→http://www.arsvi.com/m/s01.htm 正式?には29日午前1時48分とのことでこれからのようです。関西テレビ、2017年1月28日(土)深夜1:48〜2:43 『そよ風のように街に出よう』編集部/石地かおる/梅谷尚司/北村佳那子」


◆2017/01/24 
法政大学大原社会問題研究所環境アーカイブズのニューズレター掲載予定の草稿にリンク等追加。熊本学園大学水俣学研究センター、薬害スモン、水俣病、サリドマイドについての(あまり中身ないもの含む)頁、連載「生の現代のために」、ヒット数頁にリンク等→。→http://www.arsvi.com/ts/20170001.htm

◆2017/01/23 
法政大学大原社会問題研究所環境アーカイブズの依頼で書いた文章にリンク等追加。環境アーカイブのHP、ツィッター、当方の資料受け入れに関する情報、古賀照男頁、病者障害者運動史研究頁、連載130「生の現代のために・18:資料について」等→http://www.arsvi.com/ts/20170001.htm

◆2017/01/22 https://twitter.com/ShinyaTateiwa
法政大学大原社会問題研究所「「環境アーカイブズ」のことはたぶん偶然に知って、素晴らしいと思って…その公開資料一覧の最初から、薬害スモン、水俣病、サリドマイド…とあり、0008は薬害スモンで最高裁まで争った古賀照男の資料である。」→http://www.arsvi.com/ts/20170001.htm

◆2017/01/22 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/823086247358803968
「肯定したいものは肯定すればよい。…むしろ、そのためにどのように距離をとるか、別の見方ができる可能性を考えることが必要になってくる。その魅力を伝えたいなら、読んで恥ずかしいあるいは白けてしまうものだったら逆効果ということになる。」http://www.arsvi.com/ts/20172301.htm

◆2017/01/22 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/823084625488531456
「なぜどのようにこの研究が必要なのか?」(「病者障害者運動史研究」頁内)更新→http://www.arsvi.com/d/hsm.htm#b 「立命館大学生存学研究センターによるアーカイビング」『法政大学原社会問題研究所環境アーカイブズニュレター』2掲載予定の草稿等にリンク。

◆2017/01/22 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/823076652712243200
間違いです。『私的所有論 第2版』補章1「ごく単純な基本・確かに不確かな境界」第2節「人に纏わる境界」→http://www.arsvi.com/ts/2013b1.htm 『唯の生』第1章「人命の特別を言わず/言う」→http://www.arsvi.com/ts/2009b1.htm 等々。普通に論理的に書いています。

◆2017/01/22 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/823067287867359232
 「『相模原障害者殺傷事件――優生思想とヘイトクライム』(立岩真也・杉田俊介、青土社)についてのフェイスブックでのお知らせ、2017年分とりあえず掲載→http://www.arsvi.com/ts/2017b1.htm#a 他の人たちが書いたもの呟いたものも、余力あれば。」

◆2017/01/22 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/822971611917656067
八木慎一は「「人工呼吸器をつけた子の親の会〈バクバクの会〉」について調べることがあって、論文を書いている…。この会のことは、誰か書いておいた方がよい。そんなことも思って、このセンターの企画で公開インタビューをして…」http://www.arsvi.com/ts/20172300.htm

◆2017/01/20 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/822263862141456384
「被害者たちが起こさざるをえない争い(を巡る争い)について私がまず考えたことについては『自閉症連続体の時代』の補章「争いと償いについて」をご覧ください。こういうことも「病者障害者運動史研究」で調べて考えていこうと考えている。」→http://www.arsvi.com/ts/20172299.htm

◆2017/01/19 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/822062825023541248
 「「『津久井やまゆり園事件を考える』1.26神奈川集会案内掲載しています→http://www.arsvi.com/2010/20160726ts.htm 「この事件を決して風化させないためにも、地元である神奈川県の皆さんはもちろんのこと、全国のみなさん、どうぞご参加ください!」拡散歓迎。」

◆2017/01/19 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/822042596746760193
 「「『現代思想』の来月号…は、葛城〔貞三〕が3月に提出する博士…論文の「先行研究」をどうしたものかということもあって、書いた…そこにスモンについての書籍一覧も置いた。またスモン他については『流儀』における山田真との対談にも出てくる」→http://www.arsvi.com/ts/20172298.htm

◆2017/01/19 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/821989661950111744
 「「中村雅也も(途中から)全盲の人だが…視覚障害のある学校の教師たちのことを調べている。…こういう類の書き物は、長尺になってはじめておもしろさがわかるところがあると述べた…ただ、投稿論文には制限字数があり…「起承転結」のようなものが」→http://www.arsvi.com/ts/20172297.htm

◆2017/01/19 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/821966429935177728
 「今度一緒に仕事をすることになる岸政彦さん(いただいて書庫にあるのは――ひさしぶりに通して読んだ本だった――『断片的なものの社会学』http://www.arsvi.com/b2010/1505km.htm)は、芥川賞とるんでしょうか。」

◆2017/01/17 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/821339728993628162
 「前便は↓見かけて。障大連・大阪障害者自立セミナー2016「相模原事件を考える」での話→http://www.arsvi.com/ts/20161211.htm はチラシ&参考まで。話の中身を『まねき猫通信』さんが長い記事にしてくれました。事前に原稿貰いましたが手は入れずそのまま。そのうちHP掲載できればと」

◆2017/01/17 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/821319468529815554
 「障大連・大阪障害者自立セミナー2016「相模原事件を考える−地域での共生を目指して」での話→http://www.arsvi.com/ts/20161211.htm はチラシ&参考まで、というもの。話の中身を『まねき猫通信』さんが長い記事にしてくれました。事前に原稿もらいましたが、そのまま。そのうちHP掲載できれば。」

◆2017/01/16 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/820896520291500032
 「「『現代思想』来月号掲載分は本を集めて並べることについて。文献表はHPに掲載。スモン関連22冊、『ALS』の文献表に出てこない32冊、筋ジストロフィー62+冊、以上以外の「難病」関連:65冊…計240冊ほど。リンクこれからのもの多数→http://www.arsvi.com/ts/20170130.htm

◆2017/01/15 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/820414033987715075
 「「岸田典子は…1970年代以降の障害者運動を率いた…盲人であった楠〔敏雄〕について書こうとしている。…ただやっかいなのは、その対象=主人公であった楠が2013年に亡くなってしまったことだ。…そこでどうするかを考えながら…」→http://www.arsvi.com/ts/20172296.htm

◆2017/01/13 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/819847859163926528
 「匿名の年賀状に「歴史に残る北全病院の病院長比田勝孝昭は未だ存命。精神科医として千葉県芝山町の…病院にて現役…」。北全病院ロボトミー訴訟(札幌ロボトミー事件)→http://www.arsvi.com/d/m01h1973h.htm  &『造反有理』第7章第7節→http://www.arsvi.com/ts/2013b2.htm

◆2017/01/11 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/819151923995516928
「「広い意味での「防衛」のやむをえぬ必要が言われる。多くの人たちが不安と諦めとを感じている。かつて優生思想といった言葉によって指弾された力がこれから最も強く作動する時期に入っていく。それに運動はどう対しているか」科研費書類→『相模原』→http://www.arsvi.com/ts/2016a06.htm

◆2017/01/11 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/818989130780590080
 「「「社会福祉事業史」と括れるような領域には人物伝のようなものもある。…それはたいがい偉人の話で、偉人を偉人に描く。偉い人のことを偉いと書くのはもちろん間違っていないのだが、その上で…何を書くかとなると、すこし工夫がいる。」→http://www.arsvi.com/ts/20172295.htm

◆2017/01/09 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/818432245530693633
 「「矢野亮『しかし、誰が、どのように、分配してきたのか――同和政策・地域有力者・都市大阪』は第2回生存学奨励賞受賞作です&立岩真也「2016年読書アンケート」『みすず』に金森修編『昭和後期の科学思想史』で&『生存学の企て』で紹介→http://www.arsvi.com/b2010/1603yr.htm

◆2017/01/08 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/818237363449040897
 「「何十年もあるいはもっと長くどうにもなっていないことについて、16000字や20000字でなにか「展望」を示せると思うことの方が倒錯しているし、実際にそんなふうに書いてあるものの多くは、空疎である。まずは「ことに即する」ことだ。」→http://www.arsvi.com/ts/20172294.htm

◆2017/01/08 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/818236613943664641
 「「民族学級はいくつかあったとして、梁〔陽日(ヤン・ヤンイル)〕が書こうとするのは梁がじかに関わった場である。その「一つ」について(初めて)書く人は、そこから別の人が何かを考えるためにも、その一つの全体を示してほしいと思う。」→http://www.arsvi.com/ts/20172293.htm

◆2017/01/08 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/818013072786759681
 「前便URL間違い御免。正→http://www.arsvi.com/ts/20172292.htm 『生存学の企て』補章分載再開3です。」

◆2017/01/08 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/818012465149546496
 「「身体障害の人の介助というと何をするかわりあいはっきりしているのだが、知的障害・発達障害・精神障害となるとどうか。…これはかなりおもしろい。…自ら状態・必要を示す、示さざるをえないとされるという事態をどう考えるかということにも関わる。」→補章分載再開3→http://www.arsvi.com/ts/20172291.htm

◆2017/01/06 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/817328221410557952
 「「「障害者アート」…はいかにも胡散臭いのだが、しかし名前はなんであれ実際にすごいものはあって、そしてそれは障害の有無と関係ない、と言えるかというと、そんなことはない、関係があると思われる」『生存学の企て』(生活書院)補章分載再開2→http://www.arsvi.com/ts/20172291.htm

◆2017/01/06 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/817263862630129664
 「「即効の答が…ないということになるとあきらめて…思考を停止する…。それは最悪につまらない…。面倒な話をすると言われる私は、いつも謝ってまわっているのだが、このたびはすこし居直ろうと思った」『相模原障害者殺傷事件』「はじめに」全文掲載→http://www.arsvi.com/ts/2017b1.htm

◆2017/01/05 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/816975812855414784
 「『相模原障害者殺傷事件』(立岩真也・杉田俊介、青土社)紹介頁から、『現代思想』今月号に掲載されている「補遺」(をHP&FBに分載してきたもの)を読めるようにしてあります。ご参考まで→http://www.arsvi.com/ts/2017b1.htm

◆2017/01/05 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/816823677484306432
 「「普通の世界」は書かないほうがよいということではまったくない。うまく書ければ、それがいちばんかっこがよいのである。渡辺克典が共編者となっている本…が出ているゴッフマンという人はそんな人であったかもしれない。ただ、それは「芸」でもある→http://www.arsvi.com/ts/20172290.htm

◆2017/01/04 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/816641820801122304
 「北山駅近くにて偶々、の学生さんの卒論のテーマであるという「自立(生活(運動))」について http://www.arsvi.com/d/il.htm  ありますが、今さらだし、あまりまとまってないので、おすすめできるようなものでないです。とにかくできてしまいだされてしまいますよう。」

◆2017/01/04 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/816533015325077505
 「原稿仕事のために作業始めたら泥沼に。「難病」関係。情報わずかずつなれど、再生不良性貧血/脊髄性筋萎縮症(SMA)/全身性エリテマトーデス/重症筋無力症(MG)/多発性硬化症(MS)/モヤモヤ病… 更新記録は「病者障害者運動史研究」→http://www.arsvi.com/d/hsm.htm

◆2017/01/03 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/816112919150592000
 「筋ジストロフィー本100冊→http://www.arsvi.com/d/md-b.htm 増補整理作業中(ゆえリンク先ない頁有〜乞御容赦)。「難病」文献→http://www.arsvi.com/d/n02b.htm 本年も「病者障害者運動史研究」御支援よろしく→http://www.arsvi.com/d/hsm.htm

◆2017/01/02 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/815840372366544896
 「「「能力主義」が批判されたんですから…その主張・運動は、そもそも狭義の障害者専用ではないわけで、その道を行けばよい…(…『私的所有論』英語版序文…)。…所得保障…にしても、社会サービス…にしても…」『相模原障害者殺傷事件』補遺終→http://www.arsvi.com/ts/20162289.htm

◆2017/01/01 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/815509534391169024
 「長年の懸案だった『私的所有論 英語版』をようやく電子書籍…で刊行できた(…日本語HTML版同包、一〇$)。ただ、なかなか知ってもらえないこともあり、販売には難儀している。今年の一番の課題は、新しい本を出すよりも…」「今年の執筆予定」http://www.arsvi.com/ts/20170003.htm


UP:201603 REV:

立岩 真也  ◇Shin'ya Tateiwa 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)