HOME > Tateiwa >

0519〜0522・東京〜新潟・6:黛正

「身体の現代」計画補足・820

立岩 真也 2022/05/30
https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi/posts/3206359146297717

819 < / > 821

Tweet


表紙写真から注文できます&このHP経由で購入すると寄付されます
立岩真也『弱くある自由へ――自己決定・介護・生死の技術 増補新版』表紙   『生の技法――家と施設を出て暮らす障害者の社会学 第3版』表紙   立岩真也『介助の仕事――街で暮らす/を支える』表紙

■インタビュー記録(2022/05/30掲載)

黛 正 i2022a インタビュー・1 2022/05/21 聞き手:立岩 真也栗川 治山口 和紀 於:魚沼釜蔵新潟店(新潟市・新潟駅隣)(本頁)
黛 正 i2022b インタビュー・2 2022/05/21 聞き手:立岩 真也栗川 治山口 和紀 於:魚沼釜蔵新潟店(新潟市・新潟駅隣)
黛 正 i2022c インタビュー・3 2022/05/21 聞き手:立岩 真也栗川 治山口 和紀 於:魚沼釜蔵新潟店(新潟市・新潟駅隣)
黛 正 i2022d インタビュー・4 2022/05/21 聞き手:立岩 真也栗川 治山口 和紀 於:魚沼釜蔵新潟店(新潟市・新潟駅隣)
黛 正 i2022e インタビュー・5 2022/05/21 聞き手:立岩 真也栗川 治山口 和紀 於:魚沼釜蔵新潟店(新潟市・新潟駅隣)
黛 正 i2022f インタビュー・6 2022/05/19 聞き手:立岩 真也栗川 治山口 和紀 於:新潟市総合福祉会館
黛 正 i2022g インタビュー・7 2022/05/19 聞き手:立岩 真也栗川 治山口 和紀 於:新潟市総合福祉会館
黛 正 i2022h インタビュー・8 2022/05/19 聞き手:立岩 真也栗川 治山口 和紀 於:新潟市総合福祉会館

 

20220519〜22 しばらくぶり、東京〜新潟で話をうかがってきた。
その関係のことをしばらく。

★その録音記録は文字化してもらい、ご本人に点検していただき、HPに掲載していきます。→◇声の記録
http://www.arsvi.com/a/arc-r.htm


0519にお話をうがった2人については
http://www.arsvi.com/ts/20222815.htm
http://www.arsvi.com/ts/20222816.htm
0520は
http://www.arsvi.com/ts/20222817.htm
0521はまず
http://www.arsvi.com/ts/20222818.htm
この後、新潟に移動。新潟で話をうかがうに際して、これまで新潟での私の仕事がどんなことであったのか、調べてみた。それが
http://www.arsvi.com/ts/20222819.htm

 そして0521・1900〜飲食しながら黛正さん。翌日、0900〜黛さん続き。
http://www.arsvi.com/ts/20222820.htm

以下、おもに録音記録の文字化のために。※漢字とかわからないもの、すべてひらがなとかでだいじょうぶです。スピードを優先してください。

1981 明鏡(めいきょう)高校事件

1986 加茂高校事件
http://www.kamo-h.nein.ed.jp/

1988 栗川、新潟盲学校教諭になる

1991 障害福祉課と交渉

1993 全国連絡会交流集会 ゆいまーる

小林茂の写真

十日町 春日あらた

◇和田博夫・田中豊→別
http://www.arsvi.com/ts/20222821.htm
国立身体障害センター

中山均
https://nakayamahitoshi.com/
広島幹也 ※追悼文集あり
千草の舎(ちぐさのしゃ)

大野ひろむ

じゅんちゃん

なんばじゅんこ

田村よしたか 中核派・

○佐渡

1999 黛、佐渡に移る

巣立っこ診療所
佐渡市松ヶ崎 巣立っこ診療所
https://opd.opendata-japan.com/facility_and_place_v5s?facility_id=GV-LU4F-FMC5-VYGZ
浦ノ河内

佐渡の地名
小木(おぎ)
松ヶ崎
二見(ふたみ)
http://matinami.o.oo7.jp/kousinetu/sado-futami.html

宮本常一(民俗学者)

○その他

・四(4)トロ=第4インター
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E3%83%88%E3%83%AD
 トロは「トロツキスト・トロキズム」

・フロント(社会主義同盟)
https://www.wikiwand.com/ja/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%88_(%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E5%90%8C%E7%9B%9F)

・中島孝(新潟病院)
http://www.arsvi.com/w/nt01.htm
https://niigata.hosp.go.jp/shinryou/04shinkei_naika_doctor.html

○黛が出てくるインタビュー
http://www.arsvi.com/2010/20180131tk.htm
http://www.arsvi.com/2010/20180630ss.htm
http://www.arsvi.com/2010/20191104st.htm

http://www.arsvi.com/2010/20180131tk.htm
田中 あそこの浅木さんと言う事務局長さんと会いました?女性で、小さい人。あの人は事務局長で。
立岩 ちゃんと話を聞くのもあれだと思って、コーヒーを出していただいて、最後に名刺だけ渡して。どういう人やろなと気にはなってたんですよ、ちらちらと。パソコン仕事ずっとなさってて。殆どお茶をいただいたぐらいで何のあれもなかったんですけど、最後に本田実子さんがいると、電話番号何番だったっけ、ということを平井さんがおっしゃって、それが出てきたときに、あれ結構この人知ってるんやなみたいなというので、駆け出しの事務局員というわけじゃないんだなというのが、終わりごろに分かりました。
田中 浅木さんは平井さんの一大傑作です。浅木裕美さん。福祉短大を出て、ちょうど2000年スタートの時に平井さんが私費をはたいて自立センターをつくったんですよ。その時はまだNPOではなかったので。その時に平井さんのところに浅木さんは就職してきたというのかな。で、浅木さんを平井さんはめっちゃくちゃ集会とかいろんなところに連れて行って。浅木さんはあれだけ若いけど、意識は全障連そのものなんです。
立岩 なんかそんな感じでした。ちょっと見そんな感じじゃないじゃないですか。だからつい数年前からパソコンの仕事してます的な人なのかなと最初は思ったんだけど、どうやら終り頃になって、平井さんとのちょっとしたやり取りですよ、どうもそういう手の人ではない、なんだこれみたいな。
田中 平井さんは自立センター富山の後継者をしっかりつくってます。
立岩 後継者がねぇと言ってたけどね。でもそれだって僕らも30年前も同じことを年寄りに言われてたじゃないですか。結局30年経ってなんとかなるんですよと言って、帰って来たんですよ。彼はぼやきながらも育ててきてるわけですね。そうか、そういう出自の人なんですか、彼女は障害でいったら何の?
田中 脳性マヒ。今4級なんですけど。
立岩 3時間経って、平井さんにたくさん喋ってもらって、帰るころにその彼女がちょっとそういう話になってて、黛という新潟の変な医者がいるんですけど、最後にその話になったりして。その人は新潟でいろいろやってて、佐渡になぜかいる。
田中 見たことある、絶対見たことある。
立岩 天皇制反対とかTシャツ着てるそういう人。
田中 わし、黛さんとはどこで会ったやろ?全障連大会でも会ってるような気がする。
立岩 会ってると思いますよ、その手の人だから。その話が出て、なんでこの人がそんなに知ってるの?と。

http://www.arsvi.com/2010/20180630ss.htm
佐藤:黛(まゆずみ)※先生、よく知っています。
立岩:黛さん知ってるんですか?
佐藤:僕が施設に入っていたとき、はまぐみ学園※っていう施設にいたんですけど、その時の医者が黛先生だったんです。主治医でした。
立岩:主治医ですか?
佐藤:そうでした。僕の方が先輩で、まだ学生だったんですよ。学生でたまに遊びに来てて。
立岩:黛さんが?
佐藤:医学部で、卒業して、あの人8年ぐらい行ってたんかな。それで卒業して医者になって、はまぐみに来たんですよ。だから僕の方が先輩です。
立岩:そうなんだ。あいつは、(笑)あいつはっていうか、後輩なんだ。
佐藤:はい。
立岩:僕も新潟で、佐渡島の出身なんだけど、黛って変な医者は、今は小木っていうね、佐渡の島で、爺さん婆さんしかいないみたいなところにいるらしいんだよ。
佐藤:(笑)

http://www.arsvi.com/2010/20191104st.htm
たくさん出てくる


◇「新潟県における障害者運動/自立生活運動」(作成:山口和紀)
 http://www.arsvi.com/d/d00sm-niigata.htm


 生存学研究センターのフェイスブックにあるこの文章と同じものは
http://www.arsvi.com/ts/20222820.htm
にもある。


UP:2022 REV:
声の記録(インタビュー記録他)  ◇生を辿り道を探る――身体×社会アーカイブの構築  ◇『介助の仕事――街で暮らす/を支える』  ◇立岩 真也  ◇Shin'ya Tateiwa 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)