HOME > Tateiwa >

医療は強権を行使しているというより逃げを打っているのではないか

立岩 真也 2022/02/18
田中雅美「最重度障害のある子どもの「最善の利益」を問う母親――母親の経験の現象学的記述」公聴会

Tweet


※録音記録あり→[voice]
◆申し込み
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdhimNJ6tBRgBZlq5G3Nm-3s2Ps5_5TRLQjbC9pQ7vIRM-blg/viewform

◆SNSでのアナウンス
https://twitter.com/experimentphilo/status/1471059672270766085



Subject: [mlst-ars-vive: 22967] 0218阪大博論公聴会
Date: Tue, 15 Feb 2022 12:42:20 +0900
From: TATEIWA Shinya <tae01303@nifty.ne.jp>
Reply-To: mlst-ars-vive@ml.ritsumei.ac.jp


Zoomで1300〜
田中雅美「最重度障害のある子どもの「最善の利益」を問う母親――母親の経験の現象学的記述
大阪大学大学院人間科学研究科人間科学専攻基礎人間学講座 哲学と質的研究
私、審査員ということですこし話します。
公聴会というぐらいだから公開だと思います(思ってきました)が、主査の村上靖彦さん cf.
http://www.arsvi.com/o/s27.htm
に聞いてまたお知らせします。

立岩
http://www.arsvi.com/ts/0.htm

■cf.

 ※ずばり、ではないが、関係する本のための連載をしています。よろしくです。
立岩 真也 2022/**/** 『人命の特別を言わず*言う』,筑摩書房


UP:20211204 REV:20220218
立岩 真也  ◇Shin'ya Tateiwa  ◇生を辿り道を探る――身体×社会アーカイブの構築 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)