HOME > Tateiwa

NEXTフェローシップ・プログラム育成拠点落選申請書・3

「身体の現代」計画補足・754

立岩 真也 2021
https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi/posts/2988492541417713

753 < / > 755

Tweet


青木千帆子・瀬山紀子・立岩真也・田中恵美子・土屋葉『往き還り繋ぐ――障害者運動於&発福島の50年』表紙   立岩真也『病者障害者の戦後――生政治史点描』表紙   立岩真也『不如意の身体――病障害とある社会』表紙

表紙クリックで紹介頁&HP経由で購入すると寄付されます

 採択されなかったものを再掲するその心についてはまた。まずは再掲・の3。
◆2021/04/18 「2021年度「立命館大学NEXTフェローシップ・プログラム育成拠点」申請書」
 立命館大学大学院課に提出
http://www.arsvi.com/ts/20210007.htm

 「3研究プロジェクト内でのフェローシップ生の役割 200
 2人は、自らが行なう研究を上記した人たちの支援を得て進めるとともに、研究所が進めているアーカイブの仕組みの開発に寄与する。例えば*はハッシュタグデモ等の研究をさらに進めるが、それは、SNS上の情報を収集し保存し研究する仕組み・方法の開発全般に関わる。また2人は中国語での発信にも関わる。どこまでの発信、当地での受容が可能なのかを随時見極め、中国語を解する人たち全般に有用な情報を提供する役割も果たす。

 4育成計画
◇1年目
 *が進学を志望した時のテーマは「不慮の死と遺族」というものだった。その意志を尊重しつつ、その中国でのジャーナリストとしての経歴や北海道大学大学院修士課程で学んだ計量社会学の手法も活かし、まずはCOVID-19にか関わる普通でない死、死にいたる過程が、家族等の関係者・医療機関・政府においてどう流布しどう整流しようとされたかを追う。*は修士課程における研究を整理しつつ、情報収集に関わる研究も行う。各1本は論文を投稿する。
◇2年目
 *は、1年目の研究を継続しつつ、死生学、グリーフケア等についての言説も追い、一方で顕示される死や悲しみと他方での隔離と遺棄の配置について検討を進め、博士論文全体の構想を得る。*はSNSにおける運動・反対運動全般についての知見を深め、フェミニズム、そして中国がどう位置づくかを測る。やはり各々少なくとも1本は論文を投稿する。
◇3年目
 計3から4本の査読論文を提出した2人は、研究をまとめ、博士論文を執筆・提出する。」


※生存学研究所のフェイスブックにあるこの文章と同じものは
http://www.arsvi.com/ts/20212754.htm
にもある。


 [広告]
◆立岩 真也 2020/11/11 「私たちはそういうことにあまり慣れてないのだが」DPI日本会議,ご寄付、ご支援について
◆立岩 真也 2021/03/10 『介助の仕事――街で暮らす/を支える』,ちくま新書,筑摩書房,238p.


UP:2021 REV:
立命館大学大学院先端総合学術研究科  ◇生を辿り道を探る――身体×社会アーカイブの構築  ◇『介助の仕事――街で暮らす/を支える』  ◇立岩 真也  ◇Shin'ya Tateiwa 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)