HOME > Tateiwa >

御挨拶

立岩 真也 2019/12/15
シンポジウム「安楽死・尊厳死問題を考える――公立福生病院事件と反延命主義」,於:東京大学駒場キャンパス

Tweet


 障害学会はこの集会の共催団体ですが、現在その会長を務めている私、立岩真也は、今日は京都でベーシックインカム学会というところで講演をせねばならず、欠席せざるをえません。おわびします。また私個人としても残念です。
 公立福生病院での事件について私が書いたものが『バズフィード(buzzfeed)』に掲載されており、現在でも全文をご覧になれます。ひどく苦労して書いたものです。読んでいただければ幸いです。行なうべきこと、行なわざるをえないことは、皆さんとともに、やっていこうと思います。関連する情報を私どものウェブサイトからご覧になれます。
 学会としてもなにかしらのことはしようと思っています。そこで、一つ、ずっとやろうと思って、2月も前に途中まで原案を作って、書くのがいやで挫折したものを、昨日ようやくなんとかごくごく短くしまうことで、とにかく終わらせ、障害学会理事会に諮って承諾をいただき障害学会理事会名の文書としました。許しを得られれば、短いものですので、代読していただきます。この文書もウェブサイトで読めます。→読む※

※障害学会理事会 2019/12/15 「NHK「彼女は安楽死を選んだ」に対する指摘への応答を求める(案)」


◆立岩 真也 2019/03/25 「人工透析を中止し患者が死亡 提案する医師とその選択を支持する声に反論する」
 https://www.buzzfeed.com/jp/shinyatateiwa/

◆立岩 真也 2019/12/15 「今般どこから何を話すのがよいだろう」(講演)
 日本ベーシックインカム学会第2回年次大会,於:立命館大学朱雀キャンパス


UP:20191214 REV:
安楽死尊厳死:2019  ◇人工透析/人工腎臓/血液透析 2019・福生病院での透析中止  ◇障害学会  ◇立岩 真也 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)