HOME > Tateiwa >

身体×社会アーカイブの構築

『弱くある自由へ』第二版に・補章

立岩 真也 2019/12/01 『現代思想』47-15(2019-12):209-221

Tweet


生を辿り道を探る――身体×社会アーカイブの構築

解説
 ひどく難儀したが、十一月七日に「生を辿り途を探す――身体×社会アーカイブの構築」と題した科学研究費費(基盤A)の申請書類を提出した。その全文を以下掲載する。こんなことはあまりしないのだろうが、その意義はあると考えてのことだ。なお、この書類は当方のウェブサイトにも掲載し――「生存学(http://www.arsvi.com/)」表紙からリンク、そこに多くのリンクを付し、註をつける。ここでは長い註を一つだけ付す――三回に分けて書いてきた高橋修という人のこと(を書くこと)はその註に関わる。紙数の制約から文献表は略し、やはりサイトの方に掲載する。

 人は有限の身体・生命に区切られ、他者と隔てられる。そこに連帯や支配も生じる。人々は、とくにその身体、病・障害と呼ばれるもの、性的差異、…に関わり、とくにこの国の約100年、何を与えられ、何から遠ざけられたか。何を求めたか。この時代を生きてきた人たちの生・身体に関わる記録を集め、整理し、接近可能にする。そこからこの時代・社会に何があったのか、この私たちの時代・社会は何であったのかを総覧・総括し、この先、何を避けて何をどう求めていったらよいかを探る。
 既にあるものも散逸しつつある。そして生きている間にしか人には聞けない★01。であるのに、[…]

 →「生を辿り道を探る――身体×社会アーカイブの構築」申請書類・全文

 この他に予算案だとか分担研究者のリストなどを提出した。(当たったら)分担研究者になること承諾してくださった方々のリストもHPに掲載する。



★01 以下、亡くなった人一四〇人。三人以外については、こちらのHPにたくさんのあるいはわずかな情報がある(HPから各人の頁にリンク)。まだの人については作成し、情報は補充する。ただ私(たち)が直接に話を聞いたり話をしたりしてその記録が残っているのは、高橋 修(〜1999)、丸山一郎(〜2008)、新田勲(〜2013)、横田弘(〜2013)、大野萌子(〜2013)、楠敏雄(〜2014)、石川 左門(〜2016)、板山賢治(〜2018)、早川一光(〜2018)、古込和宏(〜2019)の十人だけ。それでも、残されたものは読めるようにしようと思っている。インタビュー記録そのものは[i2019]のように記すことは別記する。また、故人に関わり、まだ話をうかがえる人に話を伺うことも少ししてきたし、これからも続けよう(続けてもらおう)と考えている。
 新田との対談は本に収録されている(新田編[2009])。横田への三度のインタビューあるいは対談も本に収録された(横田[2004]横田・立岩・臼井[2016])。大野萌子へのインタビュー(大野[i2011])は『現代思想』に掲載された(大野[2015])。記録の全体他を収録した本を刊行する計画は実現していない。この三人が二〇一三年に亡くなった。二〇一八年に亡くなった早川へのインタビューも『現代思想』に掲載された後、早川・立岩・西沢[2015]に収録された。二〇一九年に亡くなった古込への二度のインタビューをウェブ上に掲載している(古込[i2017][i2018])。また残された文章も収録・掲載している。そして本(立岩[2018])に古込のことを書いた。
 立岩[2018]は国立療養所に暮らした/から出た筋ジストロフィーの人たちのことを書いた本でもあるが、そこには石川正一(〜1979)、山田寛之(〜1980)、山田秀人(〜1983)、高野岳志(〜1984)、福嶋あき江(〜1987)、鹿野靖明(〜2002)、山田富也(〜2010)、渡辺正直(〜2012)といった人たちが出てくる。これらの誰にも私は会うことがなかった。ただ、石川正一の父石川左門(〜2016)への(息子のことを語っている部分は少ないが)インタビューはある(石川[i2009])。福嶋に関わり、そしてその後これまでずっと「虹の会」に関わってきた佐藤一成に話を聞いた(佐藤[i2017])。山田 寛之・秀人・富也を仙台の西多賀病院に(受け入れる制度の開始の前、国立療養所で最初に)受け入れた近藤文雄(1916〜1998)も二〇年ほど前に亡くなっているが、その近藤が郷里の徳島に帰ってからの「太陽と緑の会」の活動を一緒に行ってきた杉浦良に、つい数日前、十一月八日、徳島に出向いたおりまったく予期せず話を伺うことがあった([i2019])。この記録も許可を得て手をいれていただいた後、公開する予定(杉浦[i2019])。
 金井 康治(〜1999)は障害児の普通学校・学級への就学闘争の象徴的な人だが、比較的に近いところでその闘争に関係がなくはないところにいたにもかかわらず、私はその人に会うことがなかった。金井闘争に関わり金井のことも知っている斉藤龍一郎へのインタビューの記録(斉藤[i2017][i2019])を掲載し、インタビューのために斉藤が作った詳細なメモ(斉藤[2017])を掲載している。
・以下没年順
糸賀 一雄(1914/03/29〜1968/09/18),,
江副 勉(精神神経学者/精神科医,1910〜1971),,
中田 瑞穂(脳外科医・1893〜1975),,
金沢 英児(1931〜1976/01/26),,
鈴木 国男(〜1976/02/16),,
横塚 晃一(1935/12/07〜1978/07/20),,
石川 正一(1955/11/13〜1979/06),,
神谷 美恵子(1914/01/12〜1979/10/22),,
山田 寛之(〜1980)
山田 秀人(1949/01/16〜1983/06/13),,
武見 太郎(1904/08/07〜1983/12/20),,
宇都宮 辰範(1953/06/04〜1984/02/20),,
大仏 空(1930〜1984/07/07)
吉田 おさみ(1931/01/02〜1984/11/01),,
高野 岳志(1957/06/06〜1984/12/27),,
高野 哲夫(1934〜1985/03/23),,
太田 典礼(1900〜1985/12/05)
仁木 悦子(1928/03/07〜1986/11/23),,
千葉 敦子(1940/11/06〜1987/07/09),,
福嶋 あき江(1957〜1987/07/20),,
椿 忠雄(1921/03/16〜1987/10/20),,
岡崎 英彦(医師,1922〜1987)
砂原 茂一(1908〜1988,医師),,
山田 憲吾(1911/09/01〜1990/01/19),,
荻野 恒一(1921〜1991),,
冲中 重雄(1902/10/08〜1992/04/20),,
村田 実(1939〜1992),,
小林 提樹(1908〜1993,医師・島田療育園),,
木村 資生(1924/11/13〜1994/11/13,生物学),,
川口 武久(1941〜1994 日本ALS協会)
丸木 位里(1901/06/20〜1995/10/19)
川喜田 愛郎(1909/01/29〜1996/12/06),,
長 宏(〜1997/02),,
中川 米造(1926/03/23〜1997/09/30),,
松岡 幸雄(1939〜1997/12/25、静山社・日本ALS協会)
松田 道雄(1908/10/26〜1998/06/01,医師),,
近藤 文雄(1916〜1998),,
砂原 茂一(1908〜1988,医師),,
高橋 修(1948/07/25〜1999/02/27),,
西尾 健弥(〜1999/03),,
柳澤 壽男(1916/02/24〜1999/06/16),,
金井 康治(1969〜1999/09/11),,
猪野 千代子(19360530〜1999),,
定藤 丈弘(1942〜1999,障害者福祉),,
丸木 俊(1912/02/11〜2000/01/13)
高木 仁三郎(1938/07/18〜2000/10/08),,
安 克昌(1960〜2000/12/02,精神科医),,
島 成郎(1931〜2000,医師,共産主義者同盟(ブント)書記長)..
芝田 進午(1930/03/26〜2001/03/14),,
山口 成子(〜2001/06/19),,
今井 澄(1939/11/27〜2002/09/01),,
鹿野 靖明(1959〜2002),,
西尾 等(1949〜2002),,
鎌田 竹司(〜2003/05/25),,
花田 実(〜2002/05/31),,
渓 さゆり(〜2003/06/20)
古賀 照男(〜2003),,
白木 博次(1917/10/22〜2004/02/19 医師),,
中谷 瑾子(1922/08/23〜2004/06/23,法学・生命倫理学),,
水上 勉(1919/03/08〜2004/09/08),,
高橋 晄正(1918/06/20〜2004/11/03),,
小島 純郎(〜2004),,
高 真司(1950/12/01〜2004),,
山口 衛(〜2005/09/19,日本ALS協会山梨県支部),,
田中 昌人(1932〜2005),,
鶴見 和子(1918/06/10〜2006/07/31),,
宇井 純(1932/06/25〜2006/11/11)
斎藤 茂太(1916/03/21〜2006/11/20,精神科医),,
熊谷 寿美(1950〜2006)..
飯塚 理八(1924〜2006),,
若月 俊一(1910〜2006,医師)
星野 芳郎(1922/01/13〜2007/11/08),,
秋元 波留夫(1906〜2007),,
丸山 一郎(1943〜2008/03/02),,
柳原 和子(1950/03/19〜2008/03/02),,
森 泰一郎(〜2008/03),,
土本 典昭(1928/12/11〜2008/06/24),,
小澤 勲(1938〜2008、精神科医),,
近藤 喜代太郎(1933〜2008),,
二日市 安(1929〜2008),,
岩渕 進(〜2008)
大須賀 郁夫(〜2008),,
藤沢 敏雄(精神科医,1934〜2009/03),,
川上 武(1925/11/20〜2009/07/02,医療史),,
青木 やよひ(1927/06/13〜2009/11/25),,
太田 竜(1930〜2009),,
成田 薫(〜2010/03/26),,
太田 和夫(1931/07/18〜2010/07/20),,
山田 富也(1952/04/04〜2010/09/21),,
大谷 藤郎(1924/03/27〜2010/12/07),,
浜田 晋(1926/10/23〜2010/12/20,精神科医),,
山田 富也(1952〜2010),,
多田 富雄(1934〜2010),,
唄 孝一(1924〜2011/01/11,法学),,
柴谷 篤弘(1920/08/01〜2011/03/25,生物学)
広田 伊蘇夫(1935/02/02〜2011/09/18,精神科医),,
竹村 和子(1954〜2011/12/13),,
大賀 重太郎(一九五一〜二〇一二)
原田 正純(1934/09/14〜2012/06/11,医師,水俣学),,
一番ケ瀬 康子(1927/01/05〜2012/09/05),,
宮 昭夫(〜2012/04/22),,
渡辺 正直(〜2012/10/29),,
谷中 輝雄(〜2012/12/29),,
新田 勲(1940/09/26〜2013/01/02),,
塚田 宏(〜2013/05),,
横田 弘(1933/05/15〜2013/06/03),,
なだ いなだ(1929/06/08〜2013/06/06,精神科医・作家),,
大野 萌子(1936/01/11〜2013/08/27),,
三澤 了(1942/04/01〜2013/09/30),,
澤田 隆司(1946/06/01〜2013/10/27),,
和中 勝三(〜2013/11/13)
杉江 眞人(〜2013),,
小田 晋(1933〜2013),,
岡江 晃(1946〜2013),,
入部 香代子(長沢 香代子)(〜2013)
佐々木 千津子(〜2013)
楠 敏雄(1944〜2014/02/16),,
臺 弘/台 弘(1913/11/28〜2014/04/16),,
大谷 強(1943〜2014/05/19),,
本多 節子(1932〜2014),,
石井 哲夫(1927〜2014)
副島 洋明(〜2014,弁護士),,
仲村 優一(1921/10/29〜2015/09/28)
中島 みち(1931/02/10〜2015/10/29)
松本 雅彦(精神科医,1937〜2015),,
吉川 勇一(1931〜2015)
井形 昭弘(1928/09/16〜2016/08/12)
松山 善三(1925/04/03〜2016/08/27),,
木下 安子(1927/04/28〜2016/09/05),,
石川 左門(1927〜2016)
森 修(1949〜2016)
花田 春兆(1925〜2017/05/13),,
日野原 重明(1911/10/04〜2017/07/18),,
河野 秀忠(1942/09/23〜2017/09/08)
毛利 子来(1929〜2017,小児科医),,
板山 賢治(1927/03/11〜2018/02/10),,
早川 一光(1924/01/03〜2018/06/02,医師),,
古込 和宏(1972/04/26〜2019/04/23),,
渡部 淳(1935〜2019)

◆2019/11/10 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/1193328724919242752
 「生年没年伺い:たのしい仕事ではないのですが arsvi.com/d/cp.htm それから arsvi.com/w/index.htm 等で生年没年を確認していく作業をしています。明日朝までです。追加情報おもちの方教えてください。アーカイブ関連です→arsvi.com/a/arc.htm

◆2019/11/11 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/1193682641616130055
 「一昨日午後から昨日、ひたすら物故者のリスト作成。糸賀一雄(1914/03/29〜1968/09/18)江副勉(1910〜1971)中田瑞穂(1893〜1975)金沢英児(1931〜1976/01/26)鈴木 国男(〜1976/02/16)横塚晃一(1935/12/07〜1978/07/20)石川正一(1955/11/13〜1979/06)…解説→arsvi.com/a/arc.htm#n01

◆2019/11/11 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/1193724828307476480
 「続き(没年順)神谷美恵子(1914/01/12〜1979/10/22)山田寛之(〜1980)山田秀人(1949/01/16〜1983/06/13)武見太郎(1904/08/07〜1983/12/20)宇都宮辰範(1953/06/04〜1984/02/20)大仏空(1930〜1984/07/07)吉田おさみ(1931/01/02〜1984/11/01)ただ並べても仕方ない→arsvi.com/a/arc.htm#n01

◆2019/11/13 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/1194368737954000896
 「物故者続:大仏空(1930〜1984/07/07)吉田おさみ(1931/01/02〜1984/11/01)高野岳志(1957/06/06〜1984/12/27)高野哲夫(1934〜1985/03/23)太田典礼(1900〜1985/12/05)仁木悦子(1928/03/07〜1986/11/23)。「濃い」人たち多い→arsvi.com/a/arc.htm#n01

◆2019/11/13 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/1194425776340258816
 「物故者続:千葉敦子(1940/11/06〜1987/07/09)福嶋あき江(1957〜1987/07/20)椿忠雄(1921/03/16〜1987/10/20)岡崎英彦(1922〜1987)。うち3人『病者障害者の戦後』に出てきます。→arsvi.com/a/arc.htm#n01

◆2019/11/13 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/1194560420444422144
 「物故者続:砂原茂一(1908〜1988)山田憲吾(1911/09/01〜1990/01/19)荻野恒一(1921〜1991)冲中重雄(1902/10/08〜1992/04/20)村田実(1939〜1992)小林提樹(1908〜1993)。村田実以外は医師。小林提樹〜島田療育園については『病者障害者の戦後』でも。→arsvi.com/a/arc.htm#n01

◆2019/11/13 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/1194560420444422144
 「物故者続:砂原茂一(1908〜1988)山田憲吾(1911/09/01〜1990/01/19)荻野恒一(1921〜1991)冲中重雄(1902/10/08〜1992/04/20)村田実(1939〜1992)小林提樹(1908〜1993)。村田実以外は医師。小林提樹〜島田療育園については『病者障害者の戦後』でも。→arsvi.com/a/arc.htm#n01

◆2019/11/16 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/1195568161396912130
 「物故者続:木村資生(1924/11/13〜1994/11/13)川口武久(1941〜1994)丸木位里(1901/06/20〜1995/10/19)川喜田愛郎(1909/01/29〜1996/12/06)。川口武久は日本ALS協会の最初の会長。『ALS』に出てきます→arsvi.com/a/arc.htm#n01

■文献表(作成途上・『現代思想』では略)
◆古込 和宏 i2017 インタビュー 2017/12/30 聞き手:坂野久美 於:金沢
◆古込 和宏 i2018 インタビュー 2018/01/30 聞き手:立岩真也,於:石川県金沢市
◆早川 一光・立岩 真也・西沢 いづみ 2015 『わらじ医者の来た道――民主的医療現代史』,青土社 [120]
◆石川 左門 i2009 インタビュー 2009/07/19 於:東京
◆新田 勲・立岩 真也 2009 「立岩真也氏との対話」,新田勲編[2009:124-148]『足文字は叫ぶ!――全身性障害のいのちの保障を』,現代書館 [118]
◆新田 勲 編 20091110 『足文字は叫ぶ!――全身性障害のいのちの保障を』,現代書館,270p. [118][131]
◆2011/10/01 「大野萌子さんインタビュー」
 於:障害学会大会会員控室  聞き手:桐原・立岩・七瀬
◆2014/05/01 大野萌子「私の筋が通らない、それはやらないと」(インタビュー 聞き手:立岩・桐原尚之・安原壮一),『現代思想』42-8(2014-5):-
◆佐藤 一成 i2017 インタビュー 2017/06/23 聞き手:立岩真也 於:埼玉・虹の会事務所 ※
◆立岩真也 2018 『病者障害者の戦後――生政治史点描』,青土社
◆横田 弘  2004 『否定されるいのちからの問い――脳性マヒ者として生きて 横田弘対談集』,現代書館 [118][121]
◆横田弘・立岩真也 2002a 「対談1」→横田・立岩・臼井[2016:72-126]
◆―――― 2002b 「対談2」 → 2004 「差別に対する障害者の自己主張をめぐって」,横田[2004:5-33] [118][121]
◆―――― 2008 「対談3」→横田・立岩・臼井[2016:176-211] [121][122]
◆横田弘・立岩真也・臼井正樹 2016 『われらは愛と正義を否定する――脳性マヒ者 横田弘と「青い芝」』,生活書院,250p.


立岩 真也 2018/11/30 『不如意の身体――病障害とある社会』,青土社 文献表
立岩 真也 2018/12/20 『病者障害者の戦後――生政治史点描』,青土社 文献表
 →刊行記念セール続行中

立岩真也『不如意の身体――病障害とある社会』表紙 立岩真也『病者障害者の戦後――生政治史点描』表紙 立岩真也『不如意の身体――病障害とある社会』表紙 立岩真也『病者障害者の戦後――生政治史点描』表紙
[表紙写真クリックで紹介頁へ]


UP:2019 REV:20191114, 16
高橋 修  ◇生を辿り道を探る――身体×社会アーカイブの構築  ◇病者障害者運動史研究  ◇立岩真也:青土社との仕事  ◇立岩 真也  ◇Shin'ya Tateiwa 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)