HOME > BOOK

『不如意の身体――病障害とある社会』文献表

立岩 真也 2018 青土社

Tweet





◆立岩 真也 2018 『不如意の身体――病障害とある社会』,青土社
◆立岩 真也 2018 『病者障害者の戦後――生政治史点描』,青土社 文献表

立岩真也『不如意の身体――病障害とある社会』表紙

■文献 (→『社会モデル』にも文献表あり→お求めください)

◎Abberley, Paul 1987 "The Concept of Oppression and the Development of a Social Theory of Disability", Disability, Handicap & Society 2-1:5-19 [144]
阿部あかね 2015 「精神医療改革運動期の看護者の動向」,立命館大学大学院先端総合学術研究科2014年度博士学位論文 [119]
◎安部 彰・堀田 義太郎 編 2010 『ケアと/の倫理』、立命館大学生存学研究センター、生存学研究センター報告11(希望者には送料実費負担で送付)
あべ・やすし 20150530 『ことばのバリアフリー 情報保障とコミュニケーションの障害学』,生活書院,202p. ISBN-10:4865000399 ISBN-13:978-48650003991 2000+ [amazon][kinokuniya]
◎Addlakha, Renu; Blume, Stuart, Devlieger, Patrick J.; Nagase, Osamu; Winance, Myriam eds. 2009 Disability and society: a Reader, Orient Blackswan ISBN-13: 978-81-250-3686-9 478p.
◎秋風 千惠 20130303 『軽度障害の社会学――「異化&統合」をめざして』(質的社会研究シリーズ6),ハーベスト社,189p. ※ s. ds.
◎天田 城介 20100310 『〈老い衰えゆくこと〉の社会学 増補改訂版』,多賀出版,vi+683p.
◎―――― 20110920 『老い衰えゆくことの発見』,角川学芸出版,256p. ISBN-10:4047034959 ISBN-13:978-4047034952 1,890円
◎天田 城介・立岩 真也・大谷 いづみ・小泉 義之・堀田 義太郎 2009 「生存の臨界・V」(座談会)、『生存学』1:236-264(発売:生活書院)
◎Altham, J. E. J. ; Harrison, Ross eds. 19950406 World, Mind, and Ethics: Essays on the Ethical Philosophy of Bernard Williams, Cambridge University Press, 240p. ISBN-10: 0521479304 ISBN-13: 978-0521479301 [amazon][kinokuniya] ※
◎青木 千帆子・瀬山 紀子・田中 恵美子・立岩 真也・土屋 葉 他 2019 『(題名未定)』
◎有馬 斉・天田 城介 編 2009 『特別公開企画「物語・トラウマ・倫理――アーサー・フランク教授を迎えて」』、立命館大学生存学研究センター、生存学研究センター報告5 [139]
◎有吉 玲子 20131114 『腎臓病と人工透析の現代史――「選択」を強いられる患者たち』,生活書院,336p. 3200+160 ISBN-10: 4865000178 ISBN-13: 978-4865000177 [amazon][kinokuniya] ※ a03. h.
◎浅田 美江・児玉 和夫/編集:五味 重春 1989 『脳性麻痺 第2版』,医歯薬出版,リハビリテーション医学全書15,538p. ISBN-10: 4263217756 ISBN-13: 978-4263217757 [amazon][kinokuniya] 
安積 純子 1990 「〈私〉へ――三〇年について」、安積他[1990:19-36→ 1995:19-36]
◎安積 純子・尾中 文哉・岡原 正幸・立岩 真也 1990 『生の技法――家と施設を出て暮らす障害者の社会学』、藤原書店
◎―――― 1995 『生の技法――家と施設を出て暮らす障害者の社会学 第2版』,藤原書店 [121][135][136]
◎―――― 2012 『生の技法――家と施設を出て暮らす障害者の社会学 第3版』,生活書院・文庫版 [118][121][131][135][136][145][146+]
安積 遊歩 19900415 『「障害は私の個性」――共に生き,共に学ぶ』,神奈川県高等学校教職員組合・高等学校教育会館,神高教ブックレット16,29p. ※(安積純子名)
◎―――― 1993 『癒しのセクシー・トリップ――わたしは車イスの私が好き!』,太郎次郎社,230p. ◎―――― 1999 『車椅子からの宣戦布告――私がしあわせであるために私は政治的になる』,太郎次郎社
◎―――― 2010 『いのちに贈る超自立論――すべてのからだは百点満点』、太郎次郎社エディタス
◎Ash, Adriennen 2000 「米国の障害学」,倉本・長瀬編[2000]



◎Barnes, Colin 1991 "Disabled People in Britain and Discrimination," London: Hurst and Co., in Association with the British Council of Organisations of Disabled People.〈星加108〉
◎Barnes, Colin; Mercer, Geoffrey ed. Exploring Disabilityivide, The Disability Press
◎―――― 2010 Exploring Disability, 2nd Edition, Polity Press
Barnes, Colin; Mercer, Geoffrey; Shakespeare, Tom 1999 Exploring Disability : A Sociological Introduction, Polity Press=2004 杉野昭博・松波めぐみ・山下幸子訳『ディスアビリティ・スタディーズ――イギリス障害学概論』、明石書店
◎Berube, Michael 1996 Life as We Know It: A Father, a Family, and an Exceptional Child, Pantheon
◎Bobath, Karel 1980 A Neurophysiological Basis for the Treatment of Cerebral Palsy,Mac Keith Press; 2nd edition,109p.=19850930 寺沢 幸一・梶浦 一郎 監訳 『脳性麻痺の運動障害――評価と治療の考え方』,医歯薬出版株式会社; 第2版,150p. ISBN-10:4263210352 ISBN-13:978-4263210352 2650+ [amazon][kinokuniya] ※ cp.
◎Brechin, Ann ; Liddiard, Penny ; Swain, John eds. 1981 Handicap in a Social World, Hodder and Stoughton〈星加140〉 [140]



◎Chambliss, Daniel F. 1996 Beyond Caring: Hospitals, Nurses, and the Social Organization of Ethics, The University of Chicago Press=20020301 浅野 祐子 訳,『ケアの向こう側――看護職が直面する道徳的・倫理的矛盾』,日本看護協会出版会,274p. [139]
Cohen, G. A. 1993 "Equality of What? On Welfare, Goods, and Capabilities", Nussbaum and Sen eds.[1993:9-29]
◎Coker, M. ; Shakespeare T. eds. 2002 Disability / Postmodernity: Embodying Disability Theory, Continuum
◎Coleridge, Peter 1993 Disablity, Liberation and Development, Oxfam GB.=1999 中西由起子訳『アジア・アフリカの障害者とエンパワメント』,明石書店
◎Crow, Liz 1992 "Renewing the Social Model of Dbility", Coalition July: 5-9 [137][138]
◎―――― 1996 "Including All of Our Lives : Renewing the Social Model of Disability", Morris ed.[206-226] [137][138]



◎Danagher, Nick 2000 長瀬修訳,「英国の障害者運動」,倉本・長瀬編[2000]
◎Davis, Lennard J. ed. 2010 The Disability Studies Reader, Third Edition, Routledge
出口 泰靖 2000 「「呆けゆく」人のかたわら(床)に臨む――「痴呆性老人」ケアのフィールドワーク」,好井・桜井編[2000:194-211]
◎―――― 2001 「「呆けゆく」体験の臨床社会学」,野口・大村編[2001:141-170]
◎―――― 2016 『あなたを「認知症」と呼ぶ前に――〈かわし合う〉私とあなたのフィールドワーク』,生活書院,440p. ISBN-10: 4865000585 ISBN-13: 978-4865000580 2700+ [amazon] [kinokuniya]
◎Dickens, Charles 1843 A Christmas Carol, http://www.stormfax.com/dickens.htm <188>
◎DPI日本会議編 2016 『合理的配慮、差別的取扱いとは何か――障害者差別解消法・雇用促進法の使い方』,解放出版社,245p. ISBN-10: 4759261222 ISBN-13: 978-4759261226 [amazon][kinokuniya] [144]
◎―――― 2017 『障害者が街を歩けば差別に当たる?!――当事者がつくる差別解消法ガイドライン」,現代書館,174p. ISBN-10: 4768435610 ISBN-13: 978-4768435618 [amazon][kinokuniya] [144]
◎Driedger, Diane 1988 The Last Civil Rights Movement, Hurst & Company, St.Martin's Press=2000 長瀬修訳『国際的障害者運動の誕生――障害者インターナショナル・DPI』、エンパワメント研究所、発売:筒井書房
Dworkin, Ronald 1981a "What is Equality? Part 1: Equality of Welfare", Philosophy & Public Affairs 10:185-246→Dworkin[2000:11-64]
◎―――― 1981b "What is Equality? Part 2: Equality of Resources", Philosophy & Public Affairs 10:283-385→Dworkin[2000:65-119]
◎―――― 2000 Sovereign Virtue. The Theory and Practice of Equality, Cambridge: Harvard University Press=20021010 小林 公・大江 洋・高橋 秀治・高橋 文彦 訳『平等とは何か』,木鐸社,634p. 6500 ※



◎江原 由美子 1985 『女性解放という思想』、勁草書房



◎Finkelstein, Victor 1980 Attitudes and Disabled People: Issues for Discussion, New York: International Exchange of Information in Rehabilitation.〈星加106, 108, 121〉
◎―――― 1981 "To Deny or Not to Deny Disability", Brechin, Liddiard & Swain eds.[1981:34-36]〈星加140〉 [140]
◎―――― 2000 長瀬修訳,「障害(ディスアビリティ)の共通性」,倉本・長瀬編[2000]
◎―――― 2001 "The Social Model of Disability Repossessed," paper presented to Manchester Coalition of Disabled People, December 1, 2001.〈星加95〉
Foucault, Michel 1975 Surveiller et punir: Naissance de la prison, Gallimard=1977 田村俶訳,『監獄の誕生――監視と処罰』,新潮社,318+27p. [144]
◎―――― 1976 La volonte de savoir (Histoire de la sexualite I), Gallimard=1986 渡辺守章訳,『知への意志――性の歴史I』,新潮社
◎Frank, Arthur W 1995 The Wounded Storyteller: Body, Illness, and Ethics, Chicago: The University of Chicago Press. ISBN-10: 0226259935 ISBN-13: 978-0226259932 [amazon] ※=20020215 鈴木 智之訳,『傷ついた物語の語り手――身体・病い・倫理』,ゆみる出版,ISBN-10: 4946509291 ISBN-13: 978-4946509292 2940 [amazon] ※ sm.
◎Friedson, Eliot 1970 Professional Dominance : The Social Structure of Medical Care, Atherton Press=199209 進藤 雄三・宝月 誠 訳,『医療・と専門家支配』,恒星社厚生閣,239+4p. ISBN:4-7699-0735-4 3570 [amazon][kinokuniya] ※ sm.
◎藤井 輝明 20031030 『運命の顔』,草思社,232p. ISBN-10: 4794212577 ISBN-13: 978-4794212573 [amazon][kinokuniya] ※ face. [115]
◎―――― 20041130 『さわってごらん、ぼくの顔』,汐文社,131p. ISBN-10: 4811379349 ISBN-13: 978-4811379340 1300+ [amazon][kinokuniya] ※ face. [115]
◎―――― 2005 『この顔でよかった』、ダイヤモンド社 [115]
◎―――― 2006 『笑う顔には福来る――タッチ先生の心の看護学』、日本放送出版協会 [115]
◎―――― 20080829 『あなたは顔で差別をしますか――「容貌障害」と闘った五十年』,講談社,202p. ISBN-10: 4062148528 ISBN-13: 978-4062148528 1500+ [amazon][kinokuniya] ※ face.→20111020 『笑顔で生きる――「容貌障害」と闘った五十年』,講談社+α文庫,192p. ISBN-10: 4062814463 ISBN-13: 978-4062814461 571+ [amazon][kinokuniya] ※ face.
◎藤井 達也 2001 「探究的野外調査から臨床社会学的実践へ――精神障害者福祉現場の経験」,野口・大村編[2001:53-81]
◎藤井 輝明・亀澤 裕也 2011 『てるちゃんのかお』、金の星社 [115]
◎藤井 輝明・石井 政之 編 2001 『顔とトラウマ――医療・看護・教育における実践活動』、かもがわ出版 [115]
◎福島 令子 2009 『さとし わかるか』,朝日新聞出版
福島 智  1997 『盲ろう者とノーマライゼーション――癒しと共生の社会をもとめて』,明石書店
◎―――― 1999 『渡辺荘の宇宙人――指点字で交信する日々』,素朴社
◎―――― 2010 『生きるって人とつながることだ!――全盲ろうの東大教授・福島智の手触り人生』,素朴社,236p. ISBN-10: 4903773132 ISBN-13: 978-4903773131 \1680 [amazon][kinokuniya] vh
◎―――― 2011 『盲ろう者として生きて――指点字によるコミュニケーションの復活と再生』,明石書店,520p. ISBN-10: 4750334332 ISBN-13: 978-4750334332 2800+ [amazon][kinokuniya] ※ vh. ds.
◎―――― 2015 『ぼくの命は言葉とともにある――99歳で失明、18歳で聴力も失ったぼくが東大教授となり、考えてきたこと』,致知出版社
◎―――― 2016 『ことばは光』,天理教道友社
◎船木 祝 2016 「弱い立場の人々を支える社会の倫理についての一考察――「強さの倫理」と「弱さの倫理」」,『人体科学』25-1:13−22 
古井 透 2003 「リハビリテーションの誤算」、『現代思想』31-13(2003-11):136-148
二日市 安 19791110 『私的障害者運動史』,たつまつ社,たいまつ新書61,191p. 680 [絶版]※ b d **
二日市 安 19791110 『私的障害者運動史』,たつまつ社,たいまつ新書61,191p. 680 [150]※
◎―――― 2001 「やれるときに、やれるだけのことを」,全国自立生活センター協議会編[2001:177-87] [138][150]



◎Gallagher, Hugh G. 1995 By Trust Betrayed: Patients, Physicians, and the License to Kill in the Third Reich, Vandamere Press=199608 長瀬修訳,『ナチスドイツと障害者「安楽死」計画』,現代書館,422p. ISBN:4-7684-6687-7 3675 [amazon][kinokuniya] ※
◎Gerland, Gunilla 1996 En riktig manniska, Stockholm, Cure, ISBN 91-972641-0-5=1997 A Real Person=2000 ニキ リンコ 訳,『ずっと「普通」になりたかった』,花風社
◎Goffman, Irving 1963 Stigma: Notes on the Management of Spoiled Identity, Prentice-Hall=1970 石黒毅訳, 『スティグマの社会学――烙印を押されたアイデンティティ』,石黒毅訳, せりか書房,293p.,=198010 『スティグマの社会学――烙印を押されたアイデンティティ』,石黒毅訳,せりか書房,293p.,=2001 改訳版,せりか書房,310p. ISBN-10: 4796700439 ISBN-13: 978-4796700436 [amazon][kinokuniya]
権藤 眞由美 2019 「(未発表)」
後藤 弘子 編 1999 『少年非行と子どもたち』,明石書店,子どもの人権双書D
後藤 吉彦 2007 『身体の社会学のブレークスルー――差異の政治から普遍性の政治へ』,生活書院
◎―――― 2009 「『介助者は、障害者の手足』という思想――身体の社会学からの一試論」,大野・小川編[2009:221-238]



◎萩野 亮・編集部 編 20120725 『ソーシャル・ドキュメンタリー――現代日本を記録する映像たち』,フィルムアート社,237p. ISBN-10: 4845912945 ISBN-13: 978-4845912940 2000+ [amazon][kinokuniya]
◎浜岡 剛 200107 「リベラルな社会における障害者の未来――H.S.Reinders, The Future of the Disabled in Liberal Societyの紹介」,『京都市立看護短期大学紀要』25:125-134
花田 春兆 「歴史は創られる」,石川・長瀬編[1999:257-284]
◎Haraway, Donna J. 1991 Simians, Cyborgs, and Women: The Reinvention of Nature, London: Free Association Books and New York: Routledge=2000 高橋さきの訳,『猿と女とサイボーグ:自然の再発明』,青土社
◎Hasegawa, Yui; Masuda, Hideaki; Nishida, Miki; Kirihara, Naoyuki; Kawaguchi, Yumiko; Tateiwa, Shinya 2017/12/09 "Achieving Independent Lives for People with ALS Connected to Artificial Respirators through the Process of Accepting Care from Non-Family Members", The 28th International Symposium on ALS/MND, The Westin Boston Waterfront, Boston [146+]
◎橋爪 大三郎 2004 「「刑法」とは何か」,呉・佐藤編[2004]
◎早川 一光・立岩 真也・西沢 いづみ 2015/09/10 『わらじ医者の来た道――民主的医療現代史』、青土社,250p.
◎早坂 裕子 20010730 「ホスピスの臨床社会学――主流医療への合流がつくりだしたもの」,野口・大村編[2001:112-139]
◎樋口 恵子 19980205 『エンジョイ自立生活――障害を最高の恵みとして』,現代書館,198p. 4-88233-045-8 1575 [amazon][kinokuniya] ※
◎日木 流奈 1998 『命のメッセージ はじめてのことば――わからんちんのコチコチ大人へ』,大和出版,174p. ISBN-10: 480476058X ISBN-13: 978-4804760582 [amazon][kinokuniya] ※
◎―――― 199808 『月のおくりもの――何があっても大丈夫よ』,大和出版,205p. ISBN-10: 4804760695 ISBN-13: 978-4804760698 [amazon][kinokuniya] ※ [150]
◎―――― 199812 『月のメッセージ――あなたはあなたのままでいい』,大和出版,140p. ISBN-10: 4804760628 ISBN-13: 978-4804760629 [amazon][kinokuniya] ※ [150]
◎―――― 2000 『ひらけ扉――ふりそそぐ光の道』,大和出版,199p. ISBN-10: 4804760776 ISBN-13: 978-4804760773 [amazon][kinokuniya] ※ [150]
◎―――― 2000 『伝わるのは愛しかないから』,ナチュラルスピリット,215p. ISBN-10: 4931449107 ISBN-13: 978-4931449107 [amazon][kinokuniya] ※ [150]
◎―――― 200008 『月のつぶやき――大いに自分を愛そうよ』,大和出版,185p. ISBN-10: 4804760849 ISBN-13: 978-4804760841 [amazon][kinokuniya] ※ [150]
◎―――― 200010 『流奈詩集――あなたの幸せがみんなを幸せにする』,大和出版,158p. ISBN-10: 4804760865 ISBN-13: 978-4804760865 [amazon][kinokuniya] ※ [150]
◎―――― 20020507 『ひとが否定されないルール――妹ソマにのこしたい世界』,講談社,246p. ISBN:4062113120 ISBN-13:978-4062113120 1575 [amazon] d/l03 d/p [150]
◎―――― 20040226 『自分を完全肯定できますか――「ひとりヨシヨシ」で生きる』,講談社,254p.ISBN:4062122758 ISBN-13:978-4062122757 1575 [amazon]d/l03 d/p [150]
◎樋口 恵子 19980205 『エンジョイ自立生活――障害を最高の恵みとして』,現代書館,198p. 4-88233-045-8 1575 [amazon][kinokuniya] ※
樋澤 吉彦 2008 「心神喪失者等医療観察法における強制的処遇とソーシャルワーク」,『Core Ethics』4:305-317  [119]
◎―――― 2011 「心神喪失者等医療観察法とソーシャルワークとの親和性について」,『生存学』3:155-173 <39> [119]
◎―――― 2017 『保安処分構想と医療観察応対正――日本精神保健福祉士協会の関わりをめぐって』,生活書院,312p. ISBN-10:4865000720 ISBN-13:978-4865000726 3000+ [amazon][kinokuniya] ※ m, u/gsce
◎Hochschild, Arlie Russell 1983 The Managed Heart: Commercialization of Human Feeling, University of California Press=2000 石川准・室伏亜希訳,『管理される心――感情が商品になるとき』,世界思想社 ※
堀 正嗣 監訳 20140325 『ディスアビリティ現象の教育学――イギリス障害学からのアプローチ』(熊本学園大学付属社会福祉研究所社会福祉叢書 24),現代書館,312p. ISBN-10:4768435319 4000 [amazon][kinokuniya] ※ ds/ds.
◎堀 智久 200706 「障害の原因究明から親・子どもの日常生活に立脚した運動へ――先天性四肢障害児父母の会の1970/80年代」『社会学評論』58-1(229):57-75→杉野編[2011] [150]
◎―――― 20140320 『障害学のアイデンティティ――日本における障害者運動の歴史から』,生活書院,224p. ISBN-10:4865000208 ISBN-13:978-4865000207 3000+tax [amazon][kinokuniya] ※ [150]
星加良司 2002 「「障害」の意味付けと障害者のアイデンティティ――「障害」の否定/肯定をめぐって」,『ソシオロゴス』26: 105-20
◎―――― 2003 「『障害の社会モデル』再考――ディスアビリティの解消という戦略の規範性について」,『ソシオロゴス』27: 54-69
◎―――― 20070225 『障害とは何か――ディスアビリティの社会理論に向けて』,生活書院,360p. ISBN-10: 4903690040 ISBN-13: 978-4903690049 3000+ [amazon][kinokuniya] ※ ds [138][140][141][142][144]
◎―――― 20130830 「社会モデルの分岐点――実践性は諸刃の剣?」,川越・川島・星加編[2013:20-40]
◎Hughes, Bill & Paterson, Kevin 1992 "Personal and Political: a Feminist Perspective on Researching Physical Disability", Disability, Handicap and Society 7-2:157-66 [138]
◎―――― 1997 "The Social Model of Disability and the Disappearing Body: Towards a Sociology of Impairment", Disability & Society 12-3:325-40 [138]
◎ヒューマンケア協会地域福祉計画策定委員会 1994 『ニード中心の社会政策――自立生活センターが提唱する福祉の構造改革』、ヒューマンケア協会
堀 智久 2007 「障害の原因究明から親・子どもの日常生活に立脚した運動へ――先天性四肢障害児父母の会の1970/80年代」、『社会学評論』58-1(229): 57-75(日本社会学会)
◎―――― 2008 「障害をもつ子どもを迎え入れる親の実践と優生思想――先天性四肢障害児父母の会の1970/80」、『ソシオロゴス』32(ソシオロゴス編集委員会)→ ◎―――― 201103 『障害者運動における専門家と家族の歴史的考察――障害児者がいることと、そのありのままの肯定へ』筑波大学人文社会科学研究科、博士号取得
◎―――― 201104 「専門性のもつ抑圧性の認識と臨床心理業務の総点検――日本臨床心理学会の1960/70」『障害学研究』障害学会、第7号、pp.249-274
◎―――― 201309 「専門職であることの否定から専門性の限定的な肯定あるいは資格の重視へ――日本臨床心理学会の1970/80年代」『社会学評論』日本社会学会、第254号(Vol.64, No.2)、pp.257-274
◎―――― 2014 『障害学のアイデンティティ――日本における障害者運動の歴史から』,生活書院,224p. ISBN-10:4865000208 ISBN-13:978-4865000207 3000+tax [amazon][kinokuniya]



◎市川 浩  19750310  『精神としての身体』,勁草書房,228+10p. [139]
◎――――  19841115  『<身>の構造――身体論を超えて』,青土社,218p. [139]
市野川 容孝 「優生思想の系譜」,石川・長瀬編[1999:127-158]
◎伊芸 研吾 201604 「障害とは何か――ケイパビリティアプローチの視点から」,『開発協力文献レビュー』6 
飯田 亘之 編 1994 『プラクティカルエシックス研究』、千葉大学教養部倫理学教室
◎飯野 由里子・川越 敏司・川島 聡杉野 昭博中根 成寿星加 良司 2013 「ディスカッション――「社会」に開かれた障害学の可能性」,川越・川島・星加編[2013:131-179]
◎池原 毅和 2011 『精神障害者法』,三省堂 <37> [119]
◎生井 久美子 2015 『ゆびさきの宇宙――福島智・盲ろうを生きて』,岩波書店 ◎Illich, Ivan 1976 Limits to Medicine: Medical Nemesis, The Expropriation of Health,London: Boyars=1979 金子嗣郎訳,『脱病院化社会――医療の限界』,晶文社 [138]
◎稲場 雅紀・立岩 真也 2008/11/30 「アフリカ/世界に向かう」,稲場・山田・立岩[2008:14-148] [142]
◎稲場 雅紀・山田 真・立岩 真也 2008 『流儀――アフリカと世界に向い我が邦の来し方を振り返り今後を考える二つの対話』、生活書院 [142]
◎稲原 美苗 2017 「障害とスティグマ――嫌悪感から人間愛へ」,『思想』1118:42-54
◎稲毛 和子 2018 「「存在意義の獲得」――線維筋痛症患者のエピファニー体験から」,『障害学研究』13:249-272
井上 彰 20170623 『正義・平等・責任――平等主義的正義論の新たなる展開』,岩波書店,230p. ISBN-10:400061200X ISBN-13:978-4000612005 4800+ [amazon][kinokuniya] ※ p
◎井上 武史 2018 インタビュー 聞き手:立岩真也 2018/05/18 
◎石島 健太郎 2018 「介助者を手足とみなすとはいかなることか――70年代青い芝の会における「手足」の意味の変転」,『障害学研究』13:169-194
◎石部 元雄・柳本 雄次 編 1998 『障害学入門』,福村出版,236p. ISBN-10: 4571120893 ISBN-13: 978-4571120893 [amazon][kinokuniya]
◎―――― 20020401 『ノーマライゼーション時代における障害学』,福村出版,237p. ISBN-10: 4571120990 ISBN-13: 978-4571120992 2730 [amazon] ※ d01 t02
◎石井 政之 1999 『顔面漂流記――アザをもつジャーナリスト』、かもがわ出版 [115]
◎―――― 2001 『迷いの体――ボディイメージの揺らぎと生きる』、三、輪書店 [115]
◎―――― 2003 『肉体不平等――ひとはなぜ美しくなりたいのか?』、平凡社新書 [115]
◎―――― 2004a 『顔面バカ一代――アザをもつジャーナリスト』,講談社文庫 [115]
◎―――― 2004b 『顔がたり――ユニークフェイスな人びとに流れる時間』、まどか出版 [115]
◎―――― 2005 『人はあなたの顔をどう見ているか』、ちくまプリマー新書 [115]
◎石井 政之・藤井 輝明・松本 学 編 2001 『見つめられる顔――ユニークフェイスの体験』、高文研 [115]
◎石井 政之・石田 かおり 2005 『「見た目」依存の時代――「美」という抑圧が階層化社会に拍車を掛ける』、原書房 [115]
◎石川 洋明 2001 「子ども虐待防止の臨床社会学――困難と可能性」,野口・大村編[2001:223-255]
◎石川 准  1992 『アイデンティティ・ゲーム――存在証明の社会学』,新評論
◎―――― 1999 『人はなぜ認められたいのか――アイデンティティ依存の社会学』,旬報社
◎―――― 1999 「障害、テクノロジー、アイデンティティ」,石川・長瀬編[1999:41-77]
◎―――― 2000 「平等派でもなく差異派でもなく」,倉本・長瀬編[2000]
◎―――― 2002a 「まえがき」石川・倉本編[2002:003-009] 
◎―――― 2002b 「ディスアビリティの削減、インペアメントの変換」,石川・倉本編[2002:17-46]
◎―――― 20040113 『見えないものと見えるもの――社交とアシストの障害学』,医学書院,270p. 2100 [amazon]/[kinokuniya]/[kinokuniya]/[bk1] ※ ◎石川 准倉本 智明 編 2002 『障害学の主張』、明石書店 [138][140]br> ◎石川 准・長瀬 修 編 1999 『障害学への招待』、明石書店
◎石川 准・立岩 真也 2005/08/25 「「見えないものと見えるもの」と「自由の平等」」(対談),『障害学研究』01:030-062 (2004/06/13の再録)
◎石川 憲彦 1988 『治療という幻想――障害の医療からみえること』,現代書館
◎石川 達三・戸川 エマ・小林 提樹・水上 勉・仁木 悦子 1963 「誌上裁判 奇形児は殺されるべきか」,『婦人公論』48-2:124-131→立岩編[2015]
◎石牟礼 道子・多田 富雄 200806 『言魂』、藤原書店
伊東 香純 2018a 「障害者運動と消費者運動――精神障害者の世界組織の発足過程から」『人間科学研究』37: 63-74.
◎―――― 2018b 「対立したままでの連帯――精神障害者のグローバルな草の根運動の組織構造」『Core Ethics』14: 1-10.
◎―――― 2018c 「精神障害者の社会運動のグローバルな広がり――狂気を誇りにする運動を中心に」,東アジア障害学セミナー
◎岩波書店編集部 編 19840309 『現代世界の危機と未来への展望』,岩波書店
◎岩崎 晋也 2004 「障害者施策における差別禁止戦略の有効性と限界性」,『社会政策研究』4:51-72
岩田 靖夫 198510 『アリストテレスの倫理思想』,岩波書店
◎―――― 19940426 『倫理の復権――ロールズ・ソクラテス・レヴィナス』,岩波書店,294p. ISBN-10: 4000024574 ISBN-13: 978-4000024570 5500 [amazon][kinokuniya]



◎人工呼吸器をつけた子の親の会<バクバクの会> 2010/10/01 「対談「『医療的ケア』が繋ぐもの」――バクバクの会のこれまでの活動について」
◎―――― 2011, 2012 「人工呼吸器をつけた子の親の会<バクバクの会>の成り立ちと現在 第一部・第二部」(公開インタビュー),『季刊福祉労働』133:8-31,134



◎廉田 俊二 2018 [インタビュー 聞き手:権藤 眞由美
◎甲斐 更紗 2013 「高齢聴覚障害者の自分史構築と語り」,『立命館人間科学研究』27:61-74 ※ [150]
◎―――― 2015 「日本における手話と聴覚障害教育」,『生存学』8:195-206 [150]
◎穐山 富太郎 1986 「脳性麻痺のリハビリテーション」、上田・大川・明石編[1986:233-251] [150]
◎―――― 2001 『脳性まひ・精神遅滞の予防と家庭療育』,医歯薬出版,254p. ISBN-10: 4263211154 ISBN-13: 978-4263211151 [amazon][kinokuniya] ※ [150]
◎穐山 富太郎・川口 幸義 編 2002 『脳性麻痺ハンドブック――療育にたずさわる人のために』,医歯薬出版,394p. ISBN-10: 4263211294 ISBN-13: 978-4263211298 [amazon][kinokuniya] ※ [150]
◎神島 裕子 20130910 『マーサ・ヌスバウム――人間性涵養の哲学』,中央公論社
◎金生 由紀子・渡辺 慶一郎・土橋 圭子 編 2016/12/10 『新版 自閉スペクトラム症の医療・療育・教育』,金芳堂,320p. ◎管 孝行 1982 『関係としての身体』,れんが書房新社
金澤 貴之 1999 「聾教育における「障害」の構築」,石川・長瀬編[1999:185-218]
◎柏葉 武秀 2008 「倫理学は障害学に届きうるのか――リベラリズムとディスアビリティ」 、障害学会第5回大会 於:熊本学園大学 http://www.jsds.org/jsds2008/2008html/d_kashiwaba.htmhttp://www.jsds.org/jsds2008/2008_genko/d2-kashiwaba_genko.txt
◎―――― 201003 「リベラリズムと障害者」,『応用倫理』3:34-44 
◎―――― 201110 「配分的正義と障害学――ケイパビリティ・アプローチの再検討」,『西日本哲学年報』19:73-90 
◎―――― 201603 「障害は除去されるべき特質なのか」,『宮崎大学教育文化学部紀要』33・34:47-58
◎樫村 愛子  1998 『ラカン派社会学入門』,世織書房
◎――――― 2000 「「自己啓発セミナー」の臨床社会学」,大村・野口編[2000:]
◎加藤 秀一 1991 「リプロダクティヴ・フリーダムと選択的中絶」,『年報社会学論集』4:1-12
加藤 秀一 編 2010 『生――生存・生き方・生命』,岩波書店,シリーズ自由への問い・8(近刊)
片山 知哉 2010/02/26 「養育関係内における多文化主義――子どもの文化選択をめぐる規範理論への予備的考察」安部・堀田編[2010:145-166]
◎―――― 2011a 「ネオ・リベラリズムの時代の自閉文化論」,『生存学』3: 106-116
◎―――― 2011b 「文化の分配、所属の平等――デフ・ナショナリズムの正当化とその条件」,『障害学研究』7 pp.185-218
◎―――― 2014 「所与の選択――こどもの文化選択をめぐる規範理論」,立命館大学大学院先端総合学術研究科2013年度博士学位論文
葛城 貞三 2017 「滋賀における難病患者運動の歴史 1983年〜2015年」,立命館大学大学院先端総合学術研究科2017年度博士学位論文
◎―――― 2018 『●』,生活書院
◎川越 敏司 20130830 「障害の社会モデルと集団的責任論」,川越・川島・星加編[2013:52-76]
◎川越 敏司・川島 聡星加 良司 編 20130830  『障害学のリハビリテーション――障害の社会モデルその射程と限界』,生活書院,192p. ISBN-10: 4865000135 ISBN-13: 978-4865000139 2000+tax [amazon] ※ [138]
◎河合 翔 2011 「アテトーゼ型脳性麻痺における“不随意運動”の身体論的考察――過剰適応と癒着化からの自由」,大阪大学大学院人間科学研究科2010年度修士論文 [amazon][kinokuniya] <58,59,63,65,320> ※
◎川本 隆史 編 2005 『ケアの社会倫理学――医療・看護・介護・教育をつなぐ』,有斐閣
川島 聡 201106 「差別禁止法における障害の定義――なぜ社会モデルに基づくべきか」,松井・川島・長瀬編[2011:289-320]
◎川島 聡・星加 良司 2013 「障害学の「リハビリテーション」という企て」,川越・川島・星加編[2013]
◎―――― 20130830 「権利条約時代の障害学――社会モデルを活かし、越える」,川越・川島・星加編[2013:90-117]
木村 晴美 2002 「ろう文化とろう者コミュニティ」,倉本・長瀬編[2000:●]
◎木下 康仁 2001 「老いとケアの臨床社会学」,野口・大村編[2001:084-109]
桐原 尚之 2016 「精神障害による辛さの社会モデル」,障害学会第13回大会報告  [139]
◎北島 加奈子 2018 「インペアメントの意味――アイデンティティとの関係に着目して」,『Core Ethics』14:35-45
◎―――― 2019 「(題名未定)」
◎北田 暁大 20031025 『責任と正義――リベラリズムの居場所』,勁草書房,398+36p. ISBN:4326601604 4900 [amazon][kinokuniya] ※
◎Kittay, Eva Feder 1999 Love's Labor: Essays on Women, Equality, and Dependency, Routledge.=20100910 岡野 八代・牟田 和恵監訳,『愛の労働あるいは依存とケアの正義論』, 白澤社,443p. ISBN-10:4768479359 ISBN-13:978-4768479353 \4620 [amazon][kinokuniya] ※
◎小林 敏昭 2011/03 「可能性としての青い芝運動――「青い芝=健全者手足論」批判をてがかりに」,『人権教育研究』19:21-33(花園大学人権教育研究センター)
◎小浜 逸郎  1999 『「弱者」とはだれか』,PHP新書
小泉 義之 2006 『病いの哲学』,ちくま新書,236p.
◎―――― 2012 『生と病の哲学――生存のポリティカルエコノミー』,青土社,384p.
◎小泉 義之・安部 彰・堀田 義太郎 2010 「ケアと生存の哲学」(鼎談)、安部・堀田編[2010:14-76]
◎高齢者リハビリテーション研究会 200401 『高齢者リハビリテーションのあるべき方向――高齢者リハビリテーション研究会報告書』、社会保険研究所
◎小泉 義之・立岩 真也 2004 「生存の争い」(小泉義之との対談),『現代思想』32-14(2004-11):36-56→松原・小泉[2005]
熊谷 晋一郎 20091215 『リハビリの夜』,医学書院,260p. ISBN-10: 4260010042 ISBN-13: 978-4260010047 2100 [amazon]//[kinokuniya] ※ b02. [150]
◎―――― 20120831 「戦後のリハビリ史」,中邑・福島 智編[2012:229-231]* [150]
◎―――― 201406 「自己決定論、手足論、自立概念の行為論的検討」,田島編[2014:15-35]
◎―――― 2016 「事件の後で」,『現代思想』44-19(2016-10) [150]
◎倉本 智明 1999 「異形のパラドックス――青い芝・ドッグレッグス・劇団態変」,石川・長瀬編[1999:219-255]
◎―――― 2000 「障害学と文化の視点」,倉本・長瀬編[2000:90-119]
◎―――― 2002 「欲望する、<男>になる」,石川・倉本編[2002:119-144]
倉本智明 編 2005 『セクシュアリティの障害学』、明石書店 [139]
◎―――― 20100715 『手招くフリーク――文化と表現の障害学』,生活書院,312p. ISBN-10:4903690571 ISBN-13:9784903690575 2520 [amazon][kinokuniya] ※
◎倉本 智明・長瀬 修 編 2000 『障害学を語る』,エンパワメント研究所,発売:筒井書房
◎呉 智英・佐藤 幹夫 編 2004 『刑法三九条は削除せよ! 是か非か』,洋泉社,新書y,236p. ISBN: 489691855X [amazon][kinokuniya] ※ i01,
◎栗原彬・小森陽一・佐藤学・吉見俊哉 編 2000 『語り:つむぎだす』(越境する知・2)、東京大学出版会
◎黒田 浩一郎 編 19950425 『現代医療の社会学』,世界思想社,278+7p. ISBN:4-7907-0546-3 1988 [amazon][kinokuniya][bk1] ※ sm
 http://www.sekaishisosha.co.jp [144]
草山太郎 2005 「介助と秘めごと――マスターベーション介助をめぐる介助者の語り」、倉本編[2005] [138]
◎クァク・ジョンナン 20170322 『日本語手話とろう教育――日本語能力主義をこえて』,生活書院 [144]



◎Lane,Harlan 1999 The Mask of Benevolence:Disabling the Deaf Community = 20070920 長瀬 修『善意の仮面――聴能主義とろう文化の闘い』,現代書館,462p. ISBN-10: 476843469X ISBN-13: 978-4768434697 3780, [amazon][kinokuniya] ※
◎LeWinn, E. B. 1969 Human Neurological Organization, Charles C. Thomas=19830315 つくも幼児教室編訳,『ドーマン法の基礎――発達評価の理論と方法』,風媒社,249p. ※



前田 拓也 2005 「パンツ一枚の攻防――介助現場における身体距離とセクシュアリティ」、倉本編[2005] [138]
◎―――― 2009 『介助現場の社会学――身体障害者の自立生活と介助者のリアリティ』、生活書院 [138]
◎増田 洋介 2019 「(未発表)」 [150]
松枝 亜希子 2008 「向精神薬への評価――一九六〇年代から八〇年代の国内外における肯定的評価と批判」、『Corethics』4:465-473
◎―――― 2009 「抗うつ剤の台頭――一九五〇年代〜七〇年代の日本における精神医学言説」、『Core Ethics』5:293-304
◎―――― 2010 「トランキライザーの流行――市販向精神薬の規制の論拠と経過」、『Core Ethics』6:385-399
松原 洋子・小泉 義之 編 20050225 『生命の臨界――争点としての生命』,人文書院,306p. [139]
◎松井 彰彦・川島聡長瀬修 編 2011 『障害を問い直す』,東洋経済新報社 [144]
◎Matsui, Akihiko; Nagase, Osamu; Sheldon, alison; Goodley, Dan; Sawada, Yasuyuki; Kawashima Satoshi eds. 2012 Creating a Society for all: Disability and Economy, Disability Press, University of Leeds,200p. ISBN-10: 0954902661 ※
◎松本 学・石井 政之・藤井 輝明 編 2001 『知っていますか?ユニークフェイス一問一答』、解放出版社 [115]
◎McMurrin, Sterling M. ed. 1980 Tanner Lectures on Human Values, Volume 1, Cambridge University Press.
三橋 修 1982 『翔べない身体――身体性の社会学』,三省堂,294p.
三村 洋明 20100120 『反障害原論――障害問題のパラダイム転換のために』,世界書院,257p.,2400円+税
◎―――― 20160623 『反差別論序説草稿 第三版』 [PDF]
◎港 美雪 201406 「「すべての「働きたい」を肯定する地域をつくる」,田島編[2014:63-81]
三井 絹子 2006 『抵抗の証 私は人形じゃない』、「三井絹子60年のあゆみ」編集委員会・ライフステーションワンステップかたつむり、発売:千書房
◎見附 陽介 2016 「社会的排除と身体制度――「障害の社会的構成」に関するもう一つの視点について」,『障害学研究』11:132-155
◎三輪 妙子 編 1989 『わいわいがやがや女たちの反原発』,労働教育センター,230p. [138]
宮 昭夫 20010501 「視労協がやってきたこと、考えてきたこと」,全国自立生活センター協議会編[2001:89-97]
◎宮本 真巳 20010730 「臨床社会学の体験と方法――精神看護の実践・研究・教育を通して」,野口・大村編[2001:25-51]
◎宮原 浩二郎・荻野 昌弘 編 1997 『変身の社会学』、世界思想社
◎森 正司 1999 「障害個性論――知的障害者の人間としての尊厳を考える」
森 壮也 1999 「ろう文化と障害、障害者」,石川・長瀬編[1999:159-184]
森岡 正博 編 1994 『「ささえあい」の人間学』、法藏舘
◎森戸英幸・水町勇一郎編 2008 『差別禁止法の新展開』、日本評論社 [115]
◎森戸英幸 2008 「美醜・容姿・服装・体型――「見た目」に基づく差別」,森戸・水町編[2008] [115]
◎Morris, Jenny 1991  Pride Against Prejudice, London: The Women's Press [138]
◎―――― 1992 "Personal and Political: a Feminist Perspective on Researching Physical Disability", Disability, Handicap and Society, 7-2:157-66 [138]
◎Morris, Jenny ed. 1996 Encounters with Strangers: Feminism and Disability, London: The Women's Press [138]



◎長瀬 修  1996 「<障害>の視点から見たろう文化」,『現代思想』24-5:46-51(臨時増刊:総特集=ろう文化)
◎――――  1997 「ろう児の人工内耳手術の問題点」,『生命倫理』8*
◎――――  1998 「障害の文化、障害のコミュニティ」,『現代思想』26-2(1998-2):204-215
◎――――  1999 「障害学に向けて」,石川・長瀬編[1999:11-39]
◎――――  2000 「障害学・ディスアビリティスタディーズへの導入」,倉本・長瀬編[2000]
◎長瀬 修・東 俊裕川島 聡 編 2008  『障害者の権利条約と日本――概要と展望』,生活書院,307p.ISBN-10:4903690237 ISBN-13: 9784903690230 2940 [amazon][kinokuniya]※ undc
◎―――― 20121020 『[増補改訂] 障害者の権利条約と日本――概要と展望』,生活書院,404p. ISBN-10:4903690989 ISBN-13:978-4903690988 2800円+税 [amazon][kinokuniya] ◎長瀬 修・桐原 尚之・伊東 香純 編 2017 『障害学国際セミナー 2016――法的能力(障害者権利条約第 12 条)と成年後見制度』,生存学研究センター報告29
◎―――― 2012 『増補改訂 障害者の権利条約と日本――概要と展望』,生活書院 [118]
長瀬 修 監訳・石川 ミカ 訳 2013 『世界障害報告書』 明石書店 [118]
永山 昌彦 2018 「(インタビュー)」 [150]
◎中河 伸俊・渡辺 克典 編 20150522 『触発するゴフマン――やりとりの秩序の社会学』新曜社.(担当:「はじめに」(中河伸俊と共著)i-viii頁,「ゴフマネスク・エスノグラフィー」26-45頁.) [amazon][kinokuniya] ※
◎中邑 賢龍・福島 智 編 20120831 『バリアフリー・コンフリクト――争われる身体と共生のゆくえ』,東京大学出版会,272p.,ISBN-10: 4130520245 ISBN-13: 978-4130520249 2900+ [amazon][kinokuniya] ※ a01. ds. [150]
◎中村 うさぎ・石井 政之 2004 『自分の顔が許せない!』、平凡社新書 [115]
◎中西 正司 2014 『自立生活運動史――社会変革の戦略と戦術』,現代書館,258p. ISBN-10: 4768435270 ISBN-13: 978-4768435274 [amazon][kinokuniya] ※
中西 正司上野 千鶴子 20031021 『当事者主権』,岩波新書新赤860,216p. ISBN-10: 4004308607 ISBN-13: 978-4004308607 700 [amazon][kinokuniya]
日本臨床心理学会 編 1987 『「早期発見・治療」はなぜ問題か』,現代書館,445p. [150]
◎日本社会臨床学会 編 2000 『カウンセリング・幻想と現実』,現代書館
◎新原 道信 2001 「”内なる異文化”への臨床社会学――”臨床の智”を身につけた社会のオペレーターのために」,野口・大村編[2001:255-284]
◎ニキ リンコ 2002 「所属変更あるいは汚名返上としての中途診断――人が自らラベルを求めるとき」,石川・倉本編[2002:175-222]
◎西倉 実季 20090731 『顔にあざのある女性たち――「問題経験の語り」の社会学』,生活書院.
◎―――― 20110623 「顔の異形は「障害」である――障害差別禁止法の制定に向けて」松井・川島・長瀬編[2011:25-54]
◎―――― 2018 「「統合」「異化」の再検討――容貌障害の経験をもとに」,『障害学研究』13:56-72
◎西沢 いずみ 2019 『(題名未定)』
◎新田 勲 20010501 「障害者に生まれて幸福だったと自分を偽るな。本音で生きろ!」,全国自立生活センター協議会 編[2001]
野辺 明子 1982 『どうして指がないの?』、技術と人間
◎―――― 1993 『魔法の手の子どもたち――「先天異常」を生きる』、太郎次郎社
◎―――― 2000 「障害をもついのちのムーブメント」、栗原他編[2000:105-129]
野口 裕二 20010730 「集団療法の臨床社会学」,野口・大村編[2001:1-23]
野口 裕二大村 英昭 編 2001 『臨床社会学の実践』、有斐閣 [138]
◎野島 那津子 2017 「診断のパラドックス――筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群及び線維筋痛症を患う人々における診断の効果と限界」、『保健医療社会学論集』27-2:77-87 [144]
野崎 泰伸 2011 『生を肯定する倫理へ――障害学の視点から』,白澤社,216p. ISBN-10: 4768479391 ISBN-13: 978-4768479391 2200+ [amazon][kinokuniya] ※ ds.
◎―――― 2015 『「共倒れ」社会を超えて――生の無条件の肯定へ!』,筑摩書房(筑摩選書),240p. ISBN-10: 448001618X ISBN-13: 978-4480016188 1500+ [amazon][kinokuniya] ※ ds.
◎Nozick, Robert 1974 Anarchy, State, and Utopia, New York: Basic Books=1992 嶋津格訳,『アナーキー・国家・ユートピア』,木鐸社〈星加112, 144, 162, 316〉
◎Nussbaum, Martha C. 19950406 "Aristolle on Human Nature and the Foundations of Ethics", Altham ; Harrison eds.[1995:86-131]
◎―――― 2000 Women and Human Development, Cambridge: Cambridge U. P.
◎―――― 2006 Frontiers of Justice: Disability, Nationality, Species Membership, Harvard University Press, 512p. ISBN-10: 0674024109 ISBN-13: 978-0674024106 [amazon][kinokuniya] ※=20120808 神島裕子訳,『正義のフロンティア――障碍者・外国人・動物という境界を越えて』,法政大学出版局,568p. ISBN-10: 4588603256 ISBN-13: 978-4588603259 [amazon][kinokuniya] [142]
◎Nussbaum, Martha C. & Sen, Amartya eds. 1993 The Quality of Life, Clarendon Press <329>



◎大庭 健・鷲田 清一 編 2000 『所有のエチカ』,ナカニシヤ出版
◎織田 淳太郎 2012 『なぜ日本は、精神科病院の数が世界一なのか』,宝島社新書
小川 喜道杉野 昭博 編> 20140430 『よくわかる障害学』(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ) ,ミネルヴァ書房,190p. ISBN-10:4623067947 2592  [amazon][kinokuniya] ※ ds.
◎荻上 チキ・立岩 真也・岸 政彦 2018 「事実への信仰――ディテールで現実に抵抗する」『現代思想』2018-2 [142]
岡部 耕典 20060605 『障害者自立支援法とケアの自律――パーソナルアシスタンスとダイレクトペイメント』,明石書店,161p. ASIN: 4750323551 2100 [amazon][kinokuniya][kinokuniya] ※ d c04,
◎岡部 耕典 編 2017 『パーソナルアシスタンス――障害者権利条約時代の新・支援システムへ』,生活書院
◎岡原 正幸 1990 「コンフリクトへの自由――介助関係の模索」,安積他[1990:●→1995:●→2012:●]
◎岡原 正幸・立岩 真也 1990 「自立の技法」,安積他[1990:147-164→1995:147-164→2012:●]
◎岡村 青 1988 『脳性マヒ者と生きる――大仏空の生涯』,三一書房 <91>
◎岡野 高明・ニキ リンコ 2002 『教えて私の「脳みそ」のかたち――大人になって自分のADHD、アスペルガー障害に気づく』,花風社
◎岡崎 伸郎+岩尾 俊一郎 編 20060210 『「障害者自立支援法」時代を生き抜くために』,批評社,メンタルヘルス・ライブラリー15,176p. 1900+ ISBN4-8265-0436-5 C3047 pp.43-54 [kinokuniya][amazon] ※,
大川弥生 2004 「高齢者リハビリテーション研究会報告を読む」、『週刊医学界新聞』2581 http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2004dir/n2581dir/n2581_03.htm
Oliver, Michael 1983 Social Work with Disabled People, Macmillan
◎―――― 1990 The Politics of Disablement, Macmillan=2006 三島亜紀子・山岸倫子・山森亮・横須賀俊司訳『障害の政治――イギリス障害学の原点』、明石書店
◎―――― 1996a Understanding Disability : From Theory to Practice, Macmillan.
◎―――― 1996b "Defining Impairment and Disability: Issues at Stake", Barnes & Mercer ed.[1996;29-54]
◎―――― 2009 Understanding Disability: From Theory to Practice (Second Edition), Palgrave Macmillan, 232p. ISBN-10: 0230220282 ISBN-13: 978-0230220287 [amazon]
◎Oliver, Michael; Sapey, Bob 2006 Social Work with Disabled People (Third Edition), Palgrave Macmillan, 231p. ISBN-10: 1403918384 ISBN-13: 9781403918383 [amazon]= 20100530 野中 猛監訳・河口 直子訳,『障害学にもとづくソーシャルワーク――障害の社会モデル』,金剛出版,256p. ISBN-10: 4772411127 ISBN-13: 9784772411127 3800+税 [amazon][kinokuniya]  ※ ds
大村 英昭 20010730 「死(デス)と喪失(ロス)に向かいあう」,野口・大村編[2001:285-315]
◎大野 道邦・小川 信彦 編 2009 『文化の社会学――記憶・メディア・身体』,文理閣
尾上 浩二 20161001 「相模原障害者虐殺事件を生み出した社会 その根底的な変革を」,『現代思想』44-19(2016-10):70-77 [127][150]
大野真由子 2011a(/03/31 「「認められない」病いの社会的承認を目指して――韓国CRPS患友会の軌跡」,『Core Ethics』Vol.7 pp11-22.  [139]
◎―――― 2011b 「難病者の就労をめぐる現状と課題――CRPS 患者の語りからみえる『制度の谷間』とは」,『障害学研究』障害学会, Vol. 7, pp. 219-248.  [139]
◎―――― 2011c 「難病者の「苦しみとの和解」の語りからみるストレングス・モデルの可能性――複合性局所疼痛性症候群患者の一事例を通して」,『人間科学研究』(立命館大学人間科学研究所)23:11-24 [139]
◎―――― 2012 「複合性局所疼痛症候群患者の支援に関する一考察――「認められない」病いの現状と課題」,立命館大学先端総合学術研究科博士論文 [139]
◎―――― 2013 「慢性疼痛と「障害」認定をめぐる課題――障害者総合支援法のこれからに向けて」「『障害学国際セミナー2012――日本と韓国における障害と病をめぐる議論』,生存学研究センター報告20 [139]
◎長田 弘 1971 『ねこに未来はない』,昌文社→1975 角川文庫
◎大澤 真幸 編 2000 『社会学の知33』,新書館
◎乙武 洋匡 1998 『五体不満足』、講談社、271p.
◎Ouellette, Alicia 2011 Bioethics and Disability: Toward a Disability-Conscious Bioethics,Cambridge University Press,386p.=20141025 安藤 泰至 ・児玉 真美 訳 『生命倫理学と障害学の対話――障害者を排除しない生命倫理へ』,生活書院,384p. ISBN-10:4865000313 ISBN-13: 978-4865000313 3000+ [amazon][kinokuniya] ※ be ds



◎Pogge, Thomas W. 2008 World Poverty and Human Rights: Cosmopolitan Responsibilities and Reforms, second expanded edition, Cambridge, Polity Press.=2010 立岩真也監訳/安部彰・池田浩章・石田知恵・岩間優希・齊藤拓・原佑介・的場和子・村上慎司 訳『なぜ遠くの貧しい人への義務があるのか――世界的貧困と人権』、生活書院 [142]



◎Ranjchman, J. & West, C. eds. Post-Analytic Philosophy, Columbia University Press
◎Rawls, John 1971 A Theory of Justice. Harvard University Press,=1979 矢島鈞次・篠塚慎吾・渡辺茂訳,『正義論』,紀伊國屋書店,482p. <281-284,313> ※
◎―――― 1975 "A Kantian Conception of Equality", Cambridge Review 96(2225,February 1975): 94-99→Ranjchman & West eds.[1985:201-213],→Rawls[1999]
◎―――― 1984 藤原保信訳,「秩序ある社会」,岩波書店編集部編[1984:●]
◎―――― 1992 Handout in Rawls' Lecture on "Political Philosophy" (mimeography), Harvard University
◎―――― 1993 Political Liberalism, Columbia Univ. Press
◎―――― 1999a A Theory of Justice Revised Edition, Harvard University Press=2010 川本隆史訳,『●』,紀伊国屋書店
◎―――― 1999 Collected Papers, Freeman, S. ed., Cambridge: Harvard U. P.
◎―――― 2001 Justice as Fairness: A Restatement, Cambridge: Harvard U. P.=200408 田中 成明・亀本 洋・平井 亮輔 訳,『公正としての正義 再説』,岩波書店,402+24p. ISBN:4-00-022846-3 3570 [amazon][kinokuniya] ※
◎―――― 2005 Political Liberalism, expanded edition, N. Y.: Columbia U. P.
◎Reinders, Hans S. 2000 Future of the Disabled in Liberal Society: An Ethical Analysis, Univ of Notre Dame Pr
◎Rieff, David 2008 Swiming in a Sea of Death: A Son's Memoir, Simon & Schuster, Inc.=20090324 上岡 伸雄 訳,『死の海を泳いで――スーザン・ソンタグ最期の日々』,岩波書店,178p.
◎リハビリ診療報酬改定を考える会 2006 「声明文」(二〇〇六年六月三〇日)→多田[200712:69,21]
◎立命館大学生存学研究センター 編 20140319 『日韓研究交流活動2013報告書』,立命館大学生存学研究センター [150]
◎―――― 20160331 『生存学の企て――障老病異と共に暮らす世界へ」,生活書院 [138][139][150]
Roemer, John E. 1996 Theories of Distributive Justice, Harvard University Press=2001 木谷忍・川本隆史訳『分配的正義の理論――経済学と倫理学の対話』,木鐸社



最首 悟 1969 「玉砕する狂人といわれようと――自己を見つめるノンセクト・ラジカルの立場」、『朝日ジャーナル』1969-1-19:99-103(非常事態宣言下の東大・その2)
◎――――  1998 『星子が居る――言葉なく語りかける重複障害の娘との二〇年』,世織書房
◎齋藤 有紀子 編 2002 『母体保護法とわたしたち――中絶・多胎減数・不妊手術をめぐる制度と社会』,明石書店
◎坂井 めぐみ 2018 「●」,立命館大学大学院先端総合学術研究科2017年度博士論文
◎酒井 直樹 1996 『死産される日本語・日本人――「日本」の歴史−地政的位置』,新曜社
◎榊原 賢二郎 20161110 『社会的包摂と身体――障害者差別禁止法制後の障害定義と異別処遇を巡って』,生活書院,398p. [138][142][144]
◎―――― 2018 「立岩真也『社会的包摂と身体』書評へのリプライ」、『障害学研究』14[144]
◎坂本 徳仁 2011/07/22 「障害者差別禁止法の経済効果」,坂本・櫻井編[2011:179-188] [150]
坂本 徳仁櫻井 悟史 編 20110722 『聴覚障害者情報保障論―─コミュニケーションを巡る技術・制度・思想の課題』,生存学研究センター報告16,254p. ISSN 1882-6539 [150]
◎佐藤 久夫 2013 「障害者権利条約実行のツール――社会モデルか統合(ICF)モデルか」,川越・川島・星加編[2013:118-130]
佐藤 純一 1995 「医学」,黒田編[1995:2-32]
◎佐藤 幹夫 20050317 『自閉症裁判――レッサーパンダ帽男の「罪と罰」』 ,洋泉社,318p. ISBN: 4896918983 2310 [amazon][kinokuniya] ※ i01,
◎―――― 20070727 『裁かれた罪裁けなかった「こころ」――17歳の自閉症裁判』,岩波書店,280p. ISBN-10: 4000230190 ISBN-13: 978-4000230193 2520 [amazon][kinokuniya] ※ m
◎盛山 和夫・土場 学・野宮 大志郎・織田 輝哉 編 20050825 『〈社会〉への知/現代社会学の理論と方法(上)――理論知の現在』,勁草書房,201p. ISBN-10: 4326601884 ISBN-13: 9784326601882 \3500 [amazon][kinokuniya]
Sen, Amartya 1980 "Equality of What?", McMurrin ed.[1980]→Sen[1982:353-369]
◎―――― 1982 Choice, Welfare and Measurement, Harvard U. P.
◎―――― 1987 The Standard of Living, Cambridge University Press〈星加142〉
◎―――― 1992 Inequality Reexamined, Clarendon Press, ISBN: 0674452569 [amazon]=19990715 池本幸生・野上裕・佐藤仁訳, 『不平等の再検討――潜在能力と自由』, 岩波書店, 263+63p., \3150, ISBN: 4000028782 [amazon]
先天性四肢障害児父母の会 1999 『これがぼくらの五体満足』、三省堂
◎―――― 2003 『わたしの体ぜんぶだいすき』、三省堂
◎先天性四肢障害児父母の会 編 1982a 『シンポジウム先天異常I――人類への警告』、批評社
◎―――― 1982b 『シンポジウム先天異常II――いのちを問う』、批評社
◎瀬山 紀子 20021031 「声を生み出すこと――女性障害者運動の軌跡」、石川・倉本編[2002:145-173]
◎進藤 雄三・黒田 浩一郎 編 1999 『医療社会学を学ぶ人のために』,世界思想社
◎篠原 睦治 19860120 『「障害児の教育権」思想批判――関係の創造か、発達の保障か』,現代書館, 222p. ISBN-10: 476843343X ISBN-13: 978-4768433430 2500→3000 [amazon] ※/神奈川 A271-424 e19. cp.
◎―――― 2000 「ピア・カウンセリングを考える」,日本社会臨床学会編[2000]
◎志澤 佐夜 編 201011 『「共に学ぶ」教育のいくさ場――北村小夜の日教組教研・半世紀』,現代書館,178p. ISBN-10: 4768435092 ISBN-13: 978-4768435090 [amazon][kinokuniya] ※ [150]
◎障害学研究会中部部会 編 20150325 『愛知の障害者運動――実践者たちが語る』,現代書館,304p. ISBN-10:4768435386 ISBN-13:978-4768435380 2500+ [amazon][kinokuniya] ※ ds. sm02.
◎白石 嘉治 他 編 2005 『ネオリベ現代生活批判示序説』,新評論
◎白田 幸治 2014-2016 「福障害の社会モデルは精神障害を包摂しうるか――社会の生きづらさか病のつらさか」,日本学術振興会特別研究員奨励費 [139]
Shakespeare, Tom 2006 Disability Rights and Wrongs, Routledge, 240p. ISBN-10: 9780415347181 ISBN-13: 978-0415347181 ASIN: 0415347181 [amazon][kinokuniya] ※ ds.
◎―――― 2010 "The Social Model of Disability", Davis ed.[2010:266-273]
◎品川 哲彦 20071025 『正義と境を接するもの――責任という原理とケアの倫理』,ナカニシヤ出版,325p. ISBN-10: 4779501644 ISBN-13: 978-4779501647 5040 [amazon] ◎Silvers, Anita 1998 "Formal Justice", Silvers et al.[1998]
◎Silvers, Anita ; Wasserman, David ; Mahowald, Mary B. 1998 Disability, Difference, Discrimination, Rowman & Littlefield, 351p. ISBN-10: 0847692221 ISBN-13: 978-0847692224 [amazon][kinokuniya] ※
Singer, Peter 1993 Practical Ethics, 2nd Edition, Cambridge Univ. Press=1999 山内友三郎・塚崎智監訳 1993 『実践の倫理[新版]』、昭和堂
◎Solden, Sari 1995 Women with Attention Deficit Disorder: Embracing Disorganization at Home and in the Workplace, Underwood Books=2000 ニキ・リンコ訳,『片づけられない女たち』,WAVE出版
◎Sontag, Susan 1978 Illness as Metaphor,Farrar, Straus and Giroux=1982 富山 太佳夫 訳 『隠喩としての病い』,みすず書房,157p. ISBN-10: 4622010828 ISBN-13: 978-4622010821 [amazon][kinokuniya] ※ →1978,1989 Illness as Metaphor ; Aids and Its Metaphor, Farrar, Straus and Giroux=1992 富山 太佳夫 訳,『隠喩としての病い エイズとその隠喩』、みすず書房 [139]
◎―――― 1989 Aids and Its Metaphor,Farrar, Straus and Giroux=1990 富山 太佳夫 訳 『エイズとその隠喩』,みすず書房,152p.→1978,1989 Illness as Metaphor ; Aids and Its Metaphor, Farrar, Straus and Giroux=1992 富山 太佳夫 訳,『隠喩としての病い エイズとその隠喩』 みすず書房. [139]
◎―――― 2003 Regarding the Pain of Others, Farrar, Straus and Giroux=20030708 北条 文緒 訳,『他者の苦痛へのまなざし』,みすず書房,155p. [139]
◎Stone, Deborah A. 1984 The Disabled State, Temple University Press
◎Sudnow, David 1967 The Social Organzation of Dying, Prentice-Hall=19920706 岩田 啓靖・志村 哲郎・山田 富秋 訳,『病院でつくられる死――「死」と「死につつあること」の社会学』,せりか書房,312p. [139]
杉原 努 201009 「障害者雇用における合理的配慮――経緯と日本への導入視点」,立命館大学大学院先端総合学術研究科2010年度博士論文 [150]
・立岩真也(聞き手) 2010 「「医療的ケア」が繋ぐもの」(インタビュー)、『現代思想』38-3(2010-3):52-81
杉野昭博 2002 「インペアメントを語る契機――イギリス障害学理論の展開」、石川・倉本編[2002:251-280]
◎―――― 200706 『障害学――理論形成と射程』、東京大学出版会
◎杉野 昭博 編 2011 『障害者と福祉』(リーディングス 日本の社会福祉・7),日本図書センター,[amazon][kinokuniya] ※ [150]
◎水津 嘉克 20010730 「「死別」と「悲嘆」の臨床社会学」,野口・大村編[2001:197-222]
◎鈴木 絹江 2001 「「障害者は生きているのが仕事だ」ってね」,全国自立生活センター協議会編[2001]
◎――――2015 『放射能に追われたカナリア――災害と障がい者の避難』,解放出版社
◎鈴木 良 20101215 『知的障害者の地域移行と地域生活――自己と相互作用秩序の障害学』,現代書館,332p. ISBN-10: 4768435106 ISBN-13: 978-4768435106 3360 [amazon][kinokuniya] ※ i01
◎Swain, John; French, Sally; Barnes, Colin; Thomas, Carol 2004 Disabling Barriers: Enabling Environments, 2nd ed., Sage=20101015 竹前 栄治 監訳 田中 香織 訳 『イギリス障害学の理論と経験――障害者の自立に向けた社会モデルの実践』,明石書店,528p.ISBN-10: 4750332798 ISBN-13: 978-4750332796 5040  [amazon][kinokuniya]  ※ ds
多田 富雄 199304 『免疫の意味論』,青土社,236p. ASIN: 4791752430 2310 [kinokuniya][amazon]
◎―――― 199512 『生命へのまなざし――多田富雄対談集』、青土社
◎―――― 199702 『生命の意味論』、新潮社
◎―――― 199909 『独酌余滴』、朝日新聞社
◎―――― 200604 「「リハビリ中止は死の宣告」」、『朝日新聞』2006-4-8→多田[200712:43-46]、多田[200707:127-129]
◎―――― 200611a 「患者から見たリハビリテーション医学の理念」、『現代思想』34-14(2006-11)(特集:リハビリテーション)→多田[200712:●]
◎―――― 200611b 「老人が生き延びる覚悟――往復書簡・第三信」、『環』27→石牟礼・多田[200806:42-58]
◎―――― 200612 「リハビリ制限は、平和な社会の否定である」、『世界』2006-12→多田[2007:111-124]
◎―――― 200704 「ユタの目と第三の目――往復書簡・第五信」、『環』29→石牟礼・多田[2008:95-114]
◎―――― 200707 『寡黙なる巨人』、集英社
◎―――― 200712 『わたしのリハビリ闘争――最弱者の生存権は守られたか』、青土社
◎―――― 200803 「死に至る病の諸相」、『現代思想』36-3(2008-3):40-47(特集:患者学――生存の技法)→多田[201005:140-156]
◎―――― 200909 「疑念を招く李下の冠――冠落葉隻語・15」,『読売新聞』2009-3-3夕刊→多田[201005:63-66]
◎―――― 201005 『落葉隻語 ことばのかたみ』、青土社
◎―――― 201605 『多田富雄のコスモロジー――科学と詩学の統合をめざして』,藤原書店(編集:藤原書店編集部)
◎―――― 2017a (20170510 『自己とは何か――免疫と生命』(多田富雄コレクション1),藤原書店,342p. ISBN-10:4865781218 ISBN-13:9784865781212 2800+ [amazon][kinokuniya] ※ w/tt04(中村 桂子・吉川 浩満 解説) 
◎―――― 2017b 『生の歓び――食・美・旅』((多田富雄コレクション2),藤原書店 (解説: 池内 紀)
◎―――― 2017c (201709 『多田富雄コレクション3 人間の復権――リハビリと医療』,藤原書店
◎―――― 2017d 『死者との対話――能の現代性』(多田富雄コレクション4),藤原書店 (解説:赤坂 真理)
◎―――― 2017e 『寛容と希望――未来へのメッセージ』(多田富雄コレクション5),藤原書店 (解説:最相 葉月)
◎多田 富雄・鶴見 和子 200306 『邂逅』、藤原書店
◎多田 富雄・山折 哲雄 200004 『人間の行方――二十世紀の一生、二十一世紀の一生』、文春ネスコ
◎多田 富雄・柳沢 桂子 200404 『露の身ながら――往復書簡いのちへの対話』、集英社
◎田垣 正晋 20071020 『中途肢体障害者における「障害の意味」の生涯発達的変化――脊髄損傷者が語るライフストーリーから』 ナカニシヤ出版,111p.  ISBN-10: 4779501822 ISBN-13: 978-4779501821 4200 [amazon]/[kinokuniya]
田垣 正晋 編 20060831 『障害・病いと「ふつう」のはざまで――軽度障害者どっちつかずのジレンマを語る』,明石書店,246p. ISBN-10: 4750323918 ISBN-13: 978-4750323916 2400+税 [amazon][kinokuniya] ※ b ds
田島 明子 2006a 「リハビリテーション臨床における「障害受容」の使用法――臨床作業療法士へのインタビュー調査の結果と考察」,『年報筑波社会学(第二期)』1:78-100
◎―――― 2006b 「リハビリテーション領域における「障害受容」に関する言説・研究の概括」、『障害学研究』2
◎―――― 2009a 「「寝たきり老人」と/のリハビリテーション――特に一九九〇年以降について」、『生存学』1:308-347
◎―――― 2009b 『障害受容再考――「障害受容」から「障害との自由」へ』、三輪書店
◎―――― 2013 『日本における作業療法の現代史――対象者の「存在を肯定する」作業療法学の構築に向けて』 生活書院,272p.  ISBN-10: 4865000097 ISBN-13: 9784865000092  \3000+tax [amazon]
◎―――― 2014a 「「存在を肯定する」作業療法へのまなざし」,田島編[2014:1-13]
◎―――― 2014b 「「存在を肯定する」作業療法へのまなざし●」,田島編[2014:137-149]
◎田島 明子 編 2014 『「存在を肯定する」作業療法へのまなざし――なぜ「作業は人を元気にする!」のか』,三輪書店 [138]
◎―――― 20151030 『障害受容からの自由――あなたのあるがままに』,シービーアール,224p. ISBN-10: 490808307X ISBN-13: 978-4908083075 1,800+ [amazon] [kinokuniya]
◎高橋 隆雄・浅井 篤 編 2007 『日本の生命倫理――回顧と展望』、九州大学出版会、熊本大学生命倫理論集1
◎武井 麻子 2001 『感情と看護――人とのかかわりを職業とすることの意味』,医学書院
◎竹内 章郎 19991220 『現代平等論ガイド』,青木書店,222p. ISBN-10: 4250990494 ISBN-13: 978-4250990496 2200 [amazon][kinokuniya] ※
◎滝本 太郎・石井 謙一郎 編 20020628 『異議あり!「奇跡の詩人」』,同時代社,237p. ISBN-10:4886834752 ISBN-13:978-4886834751 1300+ [amazon][kinokuniya] ※ m/nhk, d00b, cp, c07 [150]
◎玉地 雅浩 201406 「あなたと私のやりとりを支え、交流し続ける身体の営み」,田島編[2014:109-136]
◎田中 順子 201406 「存在を肯定する作業」,田島編[2014:83-108]
玉井 真理子 1999 「「障害」と出生前診断」,石川・長瀬編[1999:109-126]
田中 耕一郎 2005 『障害者運動と価値形成――日英の比較から』、現代書館
◎―――― 2017 『英国「隔離に反対する身体障害者連盟(UPIAS)」の軌跡――〈障害〉の社会モデルをめぐる「起源の物語」』、現代書館
◎田中 紗織 2002 「障害と道徳――身体環境への配慮」,千葉大学文学研究科2001年度修士論文
田中 多賀子 2013 「日本の聴覚障害教育における人工内耳の受けとめ方の変遷――1980年代から2000年代(2009年まで)の小児人工内耳受容史」,『生存学』6:50-72.
◎―――― 2014 「日本における人工内耳(治療)の導入が聴覚障害教育に与えた影響」,『コアエシックス』10
◎―――― 2015 「人工内耳の健康保険適用に影響を与えた当事者活動――1980年代から1994年までの日本の状況」,『医療福祉研究』9
立岩 真也 198707** 「個体への政治――西欧の2つの時代における」,『ソシオロゴス』11:148-163 [144]
◎―――― 198712 「FOUCAULTの場所へ――『監視と処罰:監獄の誕生』を読む― 」,『社会心理学評論』6:91-108 [144]
◎―――― 199010  「はやく・ゆっくり――自立生活運動の生成と展開」、安積他[1990:165-226→1995:165-226→2012:258-353] [150]
◎―――― 199412 「労働の購入者は性差別から利益を得ていない」,『Sociology Today』5:46-56→立岩・村上[201112]
◎―――― 199505 「私が決め,社会が支える,のを当事者が支える――介助システム論」,安積他[1995:227-265]
◎―――― 199505b 「自立生活センターの挑戦」,安積他[1995:267-321]
◎―――― 199709 『私的所有論』,勁草書房,445+66p. ISBN:4000233874 6300 [amazon][kinokuniya] [138][139][140][142][144]
◎―――― 199801 「都合のよい死・屈辱による死――「安楽死」について」,『仏教』42→立岩[200010b:51-63]
◎―――― 199802 「一九七〇年――闘争×遡行の始点」、『現代思想』26-2(1998-2):216-233→
立岩[200010:87-118] [144][150]
◎―――― 199805 「近代/脱近代という正しさ/危うさ」,日本保健医療社会学会シンポジウム「医療における近代と脱近代」,於:東京学芸大学
◎―――― 199807 「空虚な〜堅い〜緩い・自己決定」,『現代思想』26-7(1998-7):57-75(特集:自己決定権)→立岩[2000f]
◎―――― 199809 「未知による連帯の限界――遺伝子検査と保険」,『現代思想』26-9(1998-9):184-197(特集:遺伝子操作)→立岩[2000c:197-220] <531>
◎―――― 199903 「自己決定する自立――なにより、でないが、とても、大切なもの」、石川・長瀬編[1999:79-107]
◎―――― 199907 「(乙武洋匡『五体不満足』に関するコメント)」,『Los Angels Times』
◎―――― 199908 「子どもと自己決定・自律――パターナリズムも自己決定と同郷でありうる,けれども」,後藤編[1999:21-44]
◎―――― 199910 「資格職と専門性」,進藤・黒田編[1999:139-156]
◎―――― 200002 「選好・生産・国境――分配の制約について」,『思想』908(2000-2):65-88,909(2000-3):122-149 ★
◎―――― 200003 「遠離・遭遇――介助について」,『現代思想』28-4(2000-3):155-179,28-5(2000-4):28-38,28-6(2000-5):231-243,28-7(2000-6):252-277→立岩[200010b] [142]
◎―――― 200004 「正しい制度とは、どのような制度か?」,大澤編[2000:232-237]
◎―――― 200011 「たぶんこれからおもしろくなる」,『創文』426(2000-11):1-5→立岩[200607:●]
◎―――― 200006 「こうもあれることのりくつをいう――という社会学の計画」,『理論と方法』27:101-116(日本数理社会学会、特集:変貌する社会学理論)→[200508]
◎―――― 200010  『弱くある自由へ――自己決定・介護・生死の技術』、青土社 [138][142][150]
◎―――― 200010b 「死の決定について」,大庭・鷲田編[2000:149-171]
◎―――― 200011 「手助けを得て、決めたり、決めずに、生きる――第3回日本ALS協会山梨県支部総会での講演」,倉本・長瀬編[2000:●]→立岩[200809:●]◎
◎―――― 200103-200303 「自由の平等」『思想』922(2001-3):54-82, 924(2001-5):108-134, 927(2001-8):98-125, 930(2001-11):101-127, 946(2003-02):95-122, 947(2003-03):243-249→立岩[200401]
◎―――― 200104 「書評:石井政之『迷いの体――ボディイメージの揺らぎと生きる』(2001年,三輪書店)」『週刊読書人』2382:6 [115]
◎―――― 200105 「書評:石井政之『迷いの体――ボディイメージの揺らぎと生きる』,『ターミナルケア』(三輪書店) [115]
◎―――― 200107 「なおすことについて」野口・大村編[2001:171-196] 【●】
◎―――― 200112 「できない・と・はたらけない――障害者の労働と雇用の基本問題」、『季刊社会保障研究』37-3:208-217→立岩[2006] [138]
◎―――― 200202- 「生存の争い――医療の現代史のために・3」,『現代思想』30-2(2002-2):150-170,30-4(2002-4):●-●,30-7(2002-6):41-56
◎―――― 200203 「パターナリズムについて――覚え書き」
 『法社会学』56(日本法社会学会) ISBN10:4641027757 ISBN13:9784641027756 [amazon]
◎―――― 200204 「医療社会学の本・2――ゴッフマン『アサイラム』」(医療と社会ブックガイド・15),『看護教育』2002-04→立岩[201511:●]
◎―――― 200206 「臨床社会学」(医療と社会ブックガイド・17),『看護教育』43-6(2002-6):494-495→立岩[201511:●]
◎―――― 200209 「確かに言えること と 確かには言えないこと」,斎藤編[2001]
◎―――― 200210 「ないにこしたことはない、か・1」石川・倉本編[2002:47-87] 【●】
◎―――― 200301a 「生存の争い――医療の現代史のために・9」、『現代思想』2003-1→立岩編[201609]
◎―――― 200301b 「サバイバーの本の続き・3」(医療と社会ブックガイド・23),『看護教育』44-1(2003-1):48-49→ ◎―――― 200401 『自由の平等――簡単で別な姿の世界』,岩波書店 [142]
◎―――― 200402 「問題集――障害の/と政策」『社会政策研究』04:008-025 [了:20030904]
◎―――― 200407 「摩耗と不惑についての本」(医療と社会ブックガイド・40),『看護教育』45-07:(医学書院)→立岩[20170816] [139]
◎―――― 200411 『ALS――不動の身体と息する機械』、医学書院 [138]
◎―――― 200412 「社会的――言葉の誤用について」,『社会学評論』55-3(219):331-347→立岩[200607:236-281] [140][142]
◎―――― 200505 「死/生の本・5――『性の歴史』」(医療と社会ブックガイド・49),『看護教育』46-05:(医学書院)→立岩[20170816] [138]
◎―――― 200508 「共同連のやろうとしていることはなぜ難しいのか、をすこし含む広告」,『共同連』100→立岩[2006
◎―――― 200508 「こうもあれることのりくつをいう――境界の規範」,盛山他編[2005]
◎―――― 200508b 「学校で話したこと――1995〜2002」,川本編[:307-332]
◎―――― 200510- 連載、『現代思想』33-11(2005-10):8-19〜
◎―――― 200511 「書評:佐藤幹夫『自閉症裁判――レッサーパンダ帽男の「罪と罰」』」,『精神看護』08-06(2005-11):110-116→立岩[201510]
◎―――― 200607 『希望について』、青土社 [140][142]
◎―――― 200612 「『障害の政治』――医療と社会ブックガイド・66」、『看護教育』47-11(2006-12) 【●】
◎―――― 200612b 「政策に強い障害学も要る」,『障害学研究』2(シンポジウムの記録)
◎―――― 200703 「障害の位置――その歴史のために」高橋・浅井編[2007:108-130]
◎―――― 200708 「多言語問題覚書――ましこひでのり編『ことば/権力/差別――言語権からみた情報弱者の解放』の書評に代えて」,『社会言語学』7 (英訳版あり)
◎―――― 200711-201709 「もらったものについて・1〜17」、『そよ風のように街に出よう』75:32-36〜91:60-67 [140]
◎―――― 200801 「働いて得ることについて・案――連載 28」,『現代思想』36-1(2008-1):32-43 [142]
◎―――― 200807-201005 「身体の現代・1〜19」,『みすず』2008-7〜2010-5 [138]
◎―――― 200809 『良い死』、筑摩書房 [138][139]
◎―――― 200810a(20081001 「楽観してよいはずだ」,上野・中西編[2008:220-242]*
◎―――― 20081010 「争いと争いの研究について」山本・北村編[2008:163-177] [139]
◎―――― 20081128 「繰り返しすぐにできることを述べる」、『神奈川大学評論』61:66-74(特集:「『生きにくさの時代』のなかで――ソリダリティへの眼差し」)
◎―――― 2008-2010 「身体の現代 1〜19」、『みすず』2008-7〜2010-5〔→2014 『自閉症連続体の時代』、みすず書房〕 [138]
◎―――― 20090325 『唯の生』、筑摩書房 [139]
◎―――― 20090310 「「目指すは最低限度」じゃないでしょう?」、立岩・岡本・尾藤[2009:9-47] [142]
◎―――― 20090910 「軸を速く直す――分配のために税を使う」、立岩・村上・橋口[2009:11-218] [142]
◎―――― 201001(20100119 「ただ進めるべきこと/ためらいながら進むべきこと」、Special Education and Multi-Knowledge Convergence 於:韓国・大邱大学 [English][Korean]
◎―――― 201001b(20100125 "On "Undominated Diversity"",The Second Workshop with Professor Philippe Van Parijs [Japanese] [142]
◎―――― 201003(20100325 「思ったこと+あとがき」,Pogge[2008=2010:387-408] [English] ※ [142]
◎―――― 201003b(201003 「この時代を見立てること」、『福祉社会学研究』7:7-23(福祉社会学会、発売:東信堂)
◎―――― 201004 「BIは行けているか?」、立岩・齊藤[2010:11-188] [142]
◎―――― 201007 「留保し引き継ぐ――多田富雄の二〇〇六年から」、『現代思想』38-9(2010-7):196-212→立岩編[201707]
◎―――― 201007b 「どのようであることもできるについて」、加藤編[2010]
◎―――― 201008 『人間の条件――そんなものない』、理論社、よりみちパン!セ
◎―――― 201009a 「障害者運動/学於日本・1――始まり」 http://www.arsvi.com/ts/20100091.htm
◎―――― 201009d 「障害者運動/学於日本・2――人々」 http://www.arsvi.com/ts/20100092.htm
◎―――― 201009c 「障害者運動/学於日本・3――税を使い自ら運営する」 http://www.arsvi.com/ts/20100093.htm
◎―――― 201009d 「障害者運動/学於日本・4――ダイレクト・ペイメント」 http://www.arsvi.com/ts/20100094.htm
◎―――― 201009e 「障害者運動/学於日本・5――障害学/障害学会」 http://www.arsvi.com/ts/20100095.htm
◎―――― 201009f 「障害者運動/学於日本・6――京都で・生存学」 http://www.arsvi.com/ts/20100096.htm
◎―――― 201009g 「障害者運動/学於日本・7――韓国の人たちと」 http://www.arsvi.com/ts/20100097.htm
◎―――― 201009h 「障害者運動/学於日本・8――「生命倫理」との関わり 」 http://www.arsvi.com/ts/20100098.htm
◎―――― 201009i 「障害者運動/学於日本・9――女性たち」 http://www.arsvi.com/ts/20100099.htm
◎―――― 20101016(2010m 「なんのための「緩和」?」、『日本医事新報』
◎―――― 201012 「ためらいを一定理解しつつ税をなおす」,『生活協同組合研究』2010-12(419):13-21
◎―――― 20101225(2010c 「政治に関わるに際して」、『季刊福祉労働』129
◎―――― 201105 「障害論」,戸田山・出口編[2011:220-231]* [138]
◎―――― 201108 "On "the Social Model"",Ars Vivendi Journal1:32-51
◎―――― 201109- 「好き嫌いはどこまでありなのか――境界を社会学する 1〜」,河出書房新社HP http://mag.kawade.co.jp/shakaigaku/ [139]
◎―――― 201206 「差異とのつきあい方」,立岩・堀田[2012
◎―――― 201207a 「これからのためにも、あまり立派でなくても、過去を知る」『精神医療』6
7:
◎―――― 201207b 「『精神』――社会学をやっていることになっている者から」,萩野・編集部編[2012:190-197]→立岩[2015:393-398] [119]
◎―――― 201209 「書評:松井彰彦・川島聡・長瀬修編『障害を問い直す』」,『季刊社会保障研究』48-2(Autumn 2012):240-243
◎―――― 201212 「多様で複雑でもあるが基本は単純であること」,安積他[2012:499-548]
◎―――― 201212b 「共助・対・障害者――前世紀末からの約十五年」,安積他[2012:549-603]
◎―――― 201301 「素朴唯物論を支持する――連載 85」,『現代思想』41-1(2013-1):14-26 cf.前の本
◎―――― 201305 『私的所有論 第2版』,生活書院 [127]
◎―――― 201305b 「ごく単純な基本・確かに不確かな境界――第2版補章・1」,立岩[201305]
◎―――― 201305c 「いきさつ・それから――第2版補章・2」,立岩[201305]
◎―――― 201312 『造反有理――精神医療現代史へ』、青土社 [138]
◎―――― 201403 「障害者差別禁止の限界と可能性」,立命館大学生存学研究センター編[2014:17-25, 26-33](pp.26-33はコリア語訳) [150]
◎―――― 201404 「この問いはかなりきっちり考えて複数の答しか出ない」,『日本労働研究雑誌』646(2014-5):3 [150]
◎―――― 201406 「存在の肯定、の手前で」田島編[2014:38-62] 【●】
◎―――― 201408 『自閉症連続体の時代』,みすず書房,352p. [138][139][140][144]
◎―――― 201410 「そもそも難病って?だが、それでも難病者は(ほぼ)障害者だ」,難病の障害を考える研究集会 [142][144]
◎―――― 201511 『精神病院体制の終わり――認知症の時代に』,青土社,433p.
◎―――― 201602 「生きて在るを学ぶ――「生存学」という未来へのアーカイブ」(インタビュー),『考える人』2016年冬号:42-45 特集:病とともに生きる [150]
◎―――― 201603 「補章」立命館大学生存学研究センター編[2016] [138]
◎―――― 201609 On Private Property, English VersionKyoto Books
◎―――― 201609b 「七・二六殺傷事件後に」,『現代思想』44-17(2016-09):196-213→立岩・杉田[2017](「精神医療の方に行かない」と改題) [127]
◎―――― 201609c 「成年後見制度に代わるもの」,障害学国際セミナー 2016「法的能力(障害者権利条約第12条)と成年後見制度」→2017 長瀬他編[2017] ※
◎―――― 201612 「障害者支援・指導・教育の倫理」,金生他編[2016] 【●】
◎―――― 201701 「精神医療の方に行かない」,立岩・杉田[2017:]
◎―――― 201707 「高額薬価問題の手前に立ち戻って考えること」,『Cancer Board Square』3-2:81-85(253-257) [142]
◎―――― 201707b (20170731 「障害(学)は近代を保つ部品である、しかし」、東アジア障害学セミナー・報告要旨
◎―――― 201708 立岩真也『生死の語り行い・2――私の良い死を見つめる本 etc.』Kyoto Books [139]
◎―――― 201709 「リハビリテーション専門家批判を継ぐ」、多田[201709] 【●】
◎―――― 201710 「近代は続く、そして障害は近代だから正当なものとして存在する差別であり、同時に近代を保つ部品である、が」,於:韓国・順天郷大学 [144]
◎―――― 201710b 「考究と協力の方向を展望する」,於:韓国・順天郷大学
◎―――― 201710c 「成年後見制度後見に代わるもの」,明治安田こころの健康財団編『研究助成論文集・第52号』 
◎―――― 201804 「でも、社会学をしている」,若林・立岩・佐藤編[2018]
◎―――― 201805 『、人間の条――そんなものない 増補新版』,新曜社 [142]
◎―――― 201807 「毛利子来さんのこと――何がおもしろうて読むか書くか 第6回」,『Chio通信』7(『Chio』1219号別冊)
◎―――― 201810 "Ability, Capability, Disability and Quality of Life", ●
◎―――― 201811 
『生政治史点描――病者障害者の戦後』(仮題)、青土社
◎―――― 201812 「書評:榊原賢二郎『社会的包摂と身体――障害者差別禁止法制後の障害定義と異別処遇を巡って』」、『障害学研究』 [144]
◎立岩 真也・天田 城介 2011a 「生存の技法/生存学の技法――障害と社会、その彼我の現代史・1」『生存学』3:6-90 [150]
◎―――― 2011b 「生存の技法/生存学の技法――障害と社会、その彼我の現代史・2」『生存学』4:6-37 [150]
◎立岩 真也・有馬 斉 20121031 『生死の語り行い・1――尊厳死法案・抵抗・生命倫理学』生活書院,241p. [139]
◎立岩 真也・堀田 義太郎 2012 『差異と平等――障害とケア/有償と無償』、青土社 [139][142]
◎立岩 真也・村上 潔 20111205 『家族性分業論前哨』、生活書院,360p. [144]
◎立岩 真也・村上 慎司・橋口 昌治 2009 『税を直す』、青土社 [142]
◎立岩 真也・岡本 厚・尾藤 廣喜 2009 『生存権――いまを生きるあなたに』、同成社 [142]
◎立岩 真也・岡崎 勝 2016/03/25 「まわりにいる人が楽になる、力をぬくための心がまえ」『おそい・はやい・ひくい・たかい』90:46-50
◎立岩 真也・齊藤 拓 20100410 『ベーシックインカム――分配する最小国家の可能性』、青土社 [139][142]
◎立岩 真也・杉田 俊介 2017 『相模原障害者殺傷事件――優生思想とヘイトクライム』青土社,260p.
◎立岩 真也・山森 亮 2010 「ベーシックインカムを要求する」(対談)、『現代思想』38-8(2010-6):38-49
◎立岩 真也 編 20150531- 『与えられる生死:1960年代――『しののめ』安楽死特集/あざらしっ子/重度心身障害児/「拝啓池田総理大学殿」他』Kyoto Books 1000 ※r.
◎―――― 201604- 『青い芝・横塚晃一・横田弘:1970年へ/から』Kyoto Books
◎―――― 201609- 『加害について』Kyoto Books
◎―――― 201610- 『社会モデル』Kyoto Books [138][140][144]
◎―――― 201611- 『精神』Kyoto Books
◎―――― 201612- 『自己決定/パターナリズム』Kyoto Books
◎―――― 201710- 『リハビリテーション/批判――多田富雄/上田敏/…』Kyoto Books [150]『運動・国境――2005年前後のエイズ/南アフリカ+国家と越境を巡る覚書 第2版』,Kyoto Books,100p. MS Word:800円 [142]
◎立岩 真也・小林 勇人 編 200509 『<障害者自立支援法案>関連資料』,Kyoto Books
天畠 大輔 2012 『声に出さない あ・か・さ・た・な――世界にたった一つのコミュニケーション』,生活書院 [150]
◎―――― 2013 「天畠大輔におけるコミュニケーションの拡大と通訳者の変遷――「通訳者」と「介助者」の「分離二元システム」に向けて」,『Core Ethics』9:63-174  [150]
◎―――― 2019 「(題名未定)」,審査中 [150]
◎天畠 大輔・黒田 宗矢 2014 「発話困難な重度身体障がい者における通訳者の「専門性」と「個別性」について――天畠大輔の事例を通して」,『Core Ethics』10:155-166 [150]
◎天畠 大輔・村田 桂一・嶋田 拓郎・井上 恵梨子 2013 「発話障がいを伴う重度身体障がい者のSkype 利用 : 選択肢のもてる社会を目指して」,『立命館人間科学研究』28:13-26 [150]
◎天畠 大輔・嶋田 拓郎 2017 「発話困難な重度身体障がい者における「他者性を含めた自己決定」のあり方――天畠大輔を事例として」,『障害学研究』12:30-57
寺本晃久 2002a 「犯罪・障害・社会の系譜」,好井・山田編[2002:206-227]
◎―――― 2002b 「能力と危害」,石川・倉本編[2002:223-249]
◎戸田山 和久・出口 康夫 編 20110520 『応用哲学を学ぶ人のために』,世界思想社,380p. ISBN-10: 4790715272 ISBN-13: 978-4790715276 2940 [amazon][kinokuniya] ※ p. [138]
◎富田 三樹生 2000 『東大病院精神科の30年――宇都宮病院事件・精神衛生法改正・処遇困難者専門病棟問題』,青弓社
◎遠山 真世, 2004a, 「障害者の就業問題と社会モデル――能力をめぐる試論」,『社会政策研究』4: 163-82.〈星加156, 209〉
◎豊田 正弘  1996 「「障害個性」論批判」,『わだち』37:14-37
◎Tremain, S. 2002 "On the Subject of Impairment", Coker & Shakespeare eds.[2002:32-47]
◎―――― 2017, Foucault and Feminist Philosophy of Disability, University of Michigan Press
土屋貴志 1994a 「”シンガー事件”後のシンガー――『実践的倫理学』第2版における障害者問題の扱い」、飯田編[1994:135-146]
◎―――― 1994b 「障害が個性であるような社会」、森岡編[1994:244-261] [138]
◎津田 英二 1996  「障害者差別解放過程の理論化のために」,『生涯学習・社会教育学研究』20: 31-9.〈星加152, 153〉
◎―――― 2006 『知的障害のある成人の学習支援論――成人学習論と障害学の出会い』,学文社
◎―――― 2012 『物語としての発達/文化を介した教育――発達障がいの社会モデルのための教育学序説』,生活書院
鶴見和子 199805 『脳卒中で倒れてから――よく生き よく死ぬために』、婦人生活社
◎―――― 200106 『歌集 回生』、藤原書店
◎―――― 200608 「老人リハビリの意味」、『環』26→[2007:169-171]
◎―――― 200701 『遺言―――斃れてのち元まる』、藤原書店
◎鶴見 和子・大川 弥生・上田 敏 199805 『回生を生きる――本当のリハビリテーションに出会って』、三輪書店
◎―――― 200708 『回生を生きる――本当のリハビリテーションに出会って 増補版』、三輪書店
◎鶴見 和子・上田 敏 200307 『患者学のすすめ――“内発的”リハビリテーション 鶴見和子・対話まんだら 上田敏の巻』、藤原書店
◎―――― 201601 『患者学のすすめ〈新版〉――“人間らしく生きる権利”を回復する新しいリハビリテーション』、藤原書店
堤愛子  1988 「ミュータントの危惧」、『クリティーク』1988-7→1989 三輪編[1989] [138]
◎―――― 1989 「「あたり前」はあたり前か?――「障害者」が生まれるから「原発に反対」は悪質なスリカエ論法だ!!」、『地域闘争』1989-12:32-35 [138]



◎上田 真理子 201007 『脳梗塞からの再生=\―免疫学者・多田富雄の闘い』、文藝春秋
上田敏 1971 「リハビリテーション医学の諸問題」、『新しい医師』1971-3-1
◎―――― 1983 『リハビリテーションを考える――障害者の全人間的復権』、青木書店、障害者問題双書
◎―――― 1994 『目でみるリハビリテーション医学 第2版』、東京大学出版会 [150]
◎上田 敏・大川嗣雄・明石謙 編/津山直一 監修 1986 『標準リハビリテーション医学』、医学書院 [150]
◎上田 敏・鶴見 和子 20160130 『患者学のすすめ 新版――人間らしく生きる権利≠回復する新しいリハビリテーション』、藤原書店、238p.
◎植木 是 2019 「……」(◆)
上野 千鶴子・中西 正司 編 20081001 『ニーズ中心の福祉社会へ――当事者主権の次世代福祉戦略』,医学書院,296p. ISBN-10: 4260006436 ISBN-13: 9784260006439 2310 [amazon][kinokuniya] ※ a02 a06 d00
上農 正剛 20031101 「医療の論理、言語の論理――聴覚障害児にとってのベネフィットとは何か」,『現代思想』31-13(2003-11):166-179
◎―――― 2009 「聴覚障害児医療の再検討」,立命館大学大学院立命館大学大学院先端総合学術研究科博士論文
◎―――― 2010 「人工内耳は聴覚障害者の歌を聴くか?」,『現代思想』38-3:152-166. ISBN-10: 4791712099 ISBN-13: 978-4791712090 \1300 [amazon][kinokuniya] ※
◎Union of the Physically Impaired Against Segregation(UPIAS) 1976 Fundamental Priciples of Disability http://www.leeds.ac.uk/disability-studies/archiveuk/archframe.htm→http://www.leeds.ac.uk/disability-studies/archiveuk/finkelstein/UPIAS%20Principles%202.pdf
植村 要 2011- 「ドーマン法」,http://www.arsvi.com/d/d09.htm
◎―2018/09/04――― 2014 「視力回復手術を受けたスティーブンス・ジョンソン症候群による中途失明者のナラティブにおける「治療」についての障害学的研究――当事者性を活用したインタビュー調査から」、立命館大学大学院先端総合学術研究科2014年度博士論文
◎上野 千鶴子・中西 正司 編 20081001 『ニーズ中心の福祉社会へ――当事者主権の次世代福祉戦略』,医学書院,296p. ISBN-10: 4260006436 ISBN-13: 9784260006439 2310 [amazon][kinokuniya] ※ a02. a06. d00. t07. ds. [142]
臺弘(台弘) 1984 「生活療法の復権」,『精神医学』26(8):803-841→臺[1991:135-159](全文掲載)
◎―――― 1991 『分裂病の治療覚書』,創造出版



◎Van Parijs, Philippe 1995 Real Freedom for All-What (if Anything) Can Justify Capitalism? Oxford University Press=20090610 後藤 玲子・齊藤 拓 訳『ベーシック・インカムの哲学――すべての人にリアルな自由を』、勁草書房 [142]



◎若林 克彦 1986 『軌跡――青い芝の会・ある脳性マヒ者運動のあゆみ』,脳性マヒ者の生活と労働・4,19lp.
◎若林 幹夫・立岩 真也・佐藤 俊樹 編 2018 『社会が現れるとき』、東京大学出版会 [142]
◎若子 理恵・土橋 圭子 編(篠田 達明 監修) 2005 『自閉症スペクトラムの医療・療育・教育』,金芳堂,241p. ISBN-10: 4765311929 ISBN-13: 978-4765311922 [amazon][kinokuniya] ※
◎Wasserman, David 1998 "Distributive Justice", Silvers et al.[1998]
◎渡辺 克典 編 2017 『知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場』,ハーベスト社
◎渡辺 邦夫 20111201「ヌスバウム「相対的ではない徳――アリストテレス的アプローチ」の要点と批評」,「貢献する気持ち」研究レポート集 
◎―――― 2012 『アリストテレス哲学における人間理解の研究』,東海大学出版会,413p. ISBN-10: 4486019180 ISBN-13: 978-4486019183 [amazon][kinokuniya] ※
◎―――― 20130607 「倫理、身体、教育――反相対主義的徳倫理の構築に向けて」,「貢献する気持ち」研究レポート集 http://www.homo-contribuens.org/wp/wp-content/uploads/2016/04/thesis_taki_035.pdf



◎矢吹 康夫 20171030 『私がアルビノについて調べ考えて書いた本――当事者から始める社会学』,生活書院,424p. ISBN-10:4865000739 ISBN-13:978-4865000733 2700+ [amazon][kinokuniya] ※ ds/ds, s [144]
◎山田 真・立岩 真也(聞き手) 20080201 「告発の流儀――医療と患者の間」(インタビュー),『現代思想』36-2(2008-2):120-142→稲場・山田・立岩[2008]
山田 富秋 1999 「障害学から見た精神障害 ――精神障害の社会学」,石川・長瀬編[1999:285-]
山口 真紀 2008 「「傷」と共にあること――事後の「傷」をめぐる実践と議論の考察」,立命館大学大学院先端総合学術研究科博士予備論文 [139]
◎―――― 2009a 「「証言」をめぐる倫理への問い――語ることの負担から」,天田・有馬編[2009:47-51]
◎―――― 2009b 「〈自己物語論〉再考――アーサー・フランクの議論を題材に」,『Core Ethics』5:351-360  [139]
◎―――― 2012 「書評 出来事を思う「位置」と「距離」――宮地尚子『環状島=トラウマの地政学』みすず書房、2007 年、228p.」『Core Ethics』8, p.525  [139]
山本 勝美 19990625 『共生へ――障害をもつ仲間との30年』,岩波書店,248p. 1800 ※ [150]
◎―――― 2018 「(インタビュー)」 [150]
◎山本 崇記・北村 健太郎 編 2008 『不和に就て――医療裁判×性同一性障害/身体×社会』、生存学研究センター報告3
山下恒男 1977 『反発達論――抑圧の人間学からの解放』、現代書館 [139]
◎横田 弘 2004 『否定されるいのちからの問い――脳性マヒ者として生きて 横田弘対談集』、現代書館 ◎横田 弘・立岩 真也 2002a 「対談1」→横田・立岩・臼井[2016:72-126] ◎―――― 2002b 対談2 → 2004 「差別に対する障害者の自己主張をめぐって」、横田[2004:5-33] ◎―――― 2008 「対談3」→横田・立岩・臼井[2016:176-211] ◎横田 弘・立岩 真也・臼井 正樹 201603 『われらは愛と正義を否定する――脳性マヒ者 横田弘と「青い芝」』,生活書院,250p.,2200+ ISBN-10: 4865000534 ISBN-13: 978-4865000535 [amazon][kinokuniya] ※ o/a01
◎横塚 晃一 1975 『母よ! 殺すな』,すずさわ書店
◎―――― 1981 『母よ!殺すな 増補版』、すずさわ [118]書店 [118]
◎―――― 2007 『母よ!殺すな 第3版』,生活書院 [118]
◎―――― 2010 『母よ!殺すな 第4版』,生活書院 [115][118]
◎頼尊 恒信 201503** 『真宗学と障害学――障害と自立をとらえる新たな視座の構築のために』,生活書院,330p. ISBN-10:4865000372 ISBN-13:978-4865000375 3000+ [amazon][kinokuniya] ※ ds
吉田 おさみ 198101 『”狂気”からの反撃――精神医療解体運動への視点』,新泉社,276p. ISBN: 4787780085 1575 [品切] [amazon] m.
◎―――― 1983 『「精神障害者」の解放と連帯』,新泉社
◎好井 裕明 20021031 「障害者を嫌がり、嫌い、恐れるということ」石川・倉本編[2002:089-117]
◎好井 裕明・桜井 厚 編 2000 『フィールドワークの経験』,せりか書房
好井裕明山田富秋 編 2002 『実践のフィールドワーク』、せりか書房
吉本 隆明 197610 『最後の親鸞』,春秋社→吉本[1987]
◎―――― 198712 『宗教』,大和書房,吉本隆明全集撰5,526p.
吉村夕里 2009 『臨床場面のポリティクス――精神障害をめぐ(以降随→更新履歴参照のこと)時更新るミクロとマクロのツール』、生活書院 [144]



◎全国自立生活センター協議会 編 20010501 『自立生活運動と障害文化――当事者からの福祉論』,発行:全国自立生活センター協議会,:発売:現代書館,480p. [138][150]

■雑誌

◎『現代思想』 1998年2月号 特集:身体障害者
◎―――― 2003年11月号 特集:争点としての生命
◎―――― 2006年10月号 脳科学の現在
◎―――― 2006年11月号 特集:リハビリテーション
◎―――― 2006年12月号 特集:自立を強いられる社会
◎―――― 2008年3月号 特集:患者学――生存の技法
◎―――― 2010年3月号 特集:医療現場への問い――医療・福祉の転換点で
◎―――― 2010年7月号 特集:免疫の意味論――多田富雄の仕事
◎―――― 2016年10月号 緊急特集:相模原障害者殺傷事件
■初出

◆2017/09/01 「『障害/社会』準備の終わりから3――連載・137」
 『現代思想』45-(2017-9):-
◆2017/10/01 「どこから登っていくか――連載・138」
 『現代思想』45-(2017-10):-
◆2017/11/01 「不如意なのに/だから語ること――連載・139」
 『現代思想』45-(2017-10):-
◆2017/12/01 「星加良司『障害とは何か』の1――連載・140」
 『現代思想』45-(2017-10):-
◆2018/01/01 「星加良司『障害とは何か』の2――連載・141」
 『現代思想』46-(2018-01):-
◆2018/02/01 「社会科学する(←星加良司『障害とは何か』の3)――連載・142」
 『現代思想』46-(2018-02):-
◆2018/03/01 「労働の場の編成等:星加良司『障害とは何か』の4――連載・143」
 『現代思想』46-5(2018-3):215-229
◆2018/04/01 「榊原賢二郎『社会的包摂と身体』――連載・144」
 『現代思想』46-(2018-03):-
◆2018/09/01 「連載・149」
 『現代思想』46-(2018-09):-


……
◆2010/07/01 「留保し引き継ぐ――多田富雄の二〇〇六年から」
 『現代思想』38-9(2010-7):196-212 資料
◆2010/08/01 「「社会モデル」・序――連載・57」
 『現代思想』38-10(2010-8):22-33 [amazon][kinokuniya] ※
 http://www.seidosha.co.jp/index.php?%A5%C9%A5%E9%A5%C3%A5%AB%A1%BC
◆2010 09/01 「「社会モデル」・1――連載 58」
 『現代思想』38-11(2010-9):
◆2010/10/01 「「社会モデル」・2――連載 59」
 『現代思想』38-(2010-10):→社会モデル
◆2010/11/01 「社会派の行き先・1――連載 60」

 21→54→109[138]→137[139]→139[140]→145[141]→161[142]→181[144]
 確定◎:25→136(20180721)→200(20180725)→236(20180728)→305(20180729)→360(20180730)→389(20180731)→403(20180813)→409(20180815)→424(20180818)→437(20180819)→453(20180828)→459(20180829)→471(20180830)→486(20180831)→489(20180901)→491(20180903)→507(20180904)→532(0910/150)→535(0911)→536(0912)→563(0914)→628(0915, 150&151)→631(0916)→635(0919)→646(0921)→672(0924)/676→(0930)/→


UP:201707 REV:201708, 0910, 1025 .. 20180107, 13, 0209, 0720, 21(上記), 26, ... 20181015, 1112
立岩 真也  ◇Shin'ya Tateiwa 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)